DOI勉強会@NII    武田英明 takeda@nii.ac.jp
あらまし• DOIのレイヤー – Handle System、DOI、CrossRef• DOI/CrossRefの働き、使い方• DOI/CrossRefの仕組み – 組織、技術、ビジネスモデル
検索容易性、本文到達性    IDの利用        CrossRef       DOI (IDF)  Handle System (CNRI)
Handle system• デジタルオブジェクトの識別子とその解  決を行うサービス  – 識別子の付与  – デジタルオブジェクトの識別子から存在する    URIへの変換• 分散型管理• Corporation for National ...
Handle Systemでの問い合わせ         http://hdl.handle.net/2241/103601                                              https://www.tu...
DOI (Digital Object Identifier)• 識別子(DOI name)からデジタルオブジェクトが  存在するURIに変換するサービス• International DOI Foundation(IDF)が運営するサー  ビ...
DOIの働き、使い方
DOIの働き                        DOI DBが正しく更新されていれば                              Web上で本体が移動していても大                            ...
DOI• DOI: Prefix ”/” suffix  – 10.1000/182 prefix-> 10.1000, suffix-> 182                (DOI registry prefix-> 10)• DOIのU...
DOI• DOIの存在意味(Handle system単独と比較し  て) – 永続する管理主体 – 運営ルール – システム拡張• DOIのメリット(Handle system単独と比較し  て) – サービス提供 – 持続性   • 識別子...
類似のサービス• 短縮URL – https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241   /103601   ↓ – http://bit.ly/NgEpKq –   持続性(管理者がいつまで...
基本的なDOI/CrossRefの使い方• 論文にDOIを振って論文公開(出版社)• 引用文献にもDOIを振って論文公開(出版  社)[CrossRef]• 利用時・引用時にDOIを付記する(論文利  用者・引用者) – Web環境下ならハイパ...
DOI/CrossRefのメリット• 論文著者 – 自論文が読まれやすく・引用されやすくなる• 論文読者 – 確実に論文の本文テキストにたどり着ける – 引用文献の本文テキストにたどり着ける[CrossRef]                 ...
使い方
DOI/CrossRefの運営の仕組み
IDF(International DOI Foundation)• DOIシステムはIDF (International DOI  Foundation)によって運営• IDFに直接DOIをデポジットできない• DOIはRegistratio...
Registration Agencies• CrossRef    – 学術的な専門的な研究コンテンツ    – 雑誌論文、図書、学会予稿など    – 引用リンク、検索可能なメタデータデータベース• mEDRA    – インターネット上の...
DOIの技術的仕組み        メタデータDOI登録             DOI検索         検索   CrossRef                         Global      DB               ...
CrossRef•   STM出版における引用関係を管理する仕組み•   2000年~•   DOIのRA•   機能    – DOIへ登録(DOI Resolution可能)    – Reverse look up:メタデータを検索して、...
CrossRef• 4000万論文の登録 (2010年2月5日)• 2900出版社、20000誌、100  000冊    87%          http://www.crossref.org/01company/pr/news020210...
CrossRefの会費2012 Annual Fees - Total Publishing Revenue<$1 million                                     $275$1 million - $5 ...
CrossRefの会費CrossRef Service deposit fees Per DOIAll Current records (2010-2012) unless specifiedbelow. Book titles. Journa...
CrossRefの統計情報
メタデータ検索http://www.crossref.org/guestquery/
検索結果
CrossRef入力XML例http://www.crossref.org/oai-handler_sample.xml
まとめとDOIの今後• ジャーナル論文についてはほぼ完結  (CrossRef)• ジャーナル論文以外の資料やデータにつ  いてはまだ模索• 新しい試み:CrossRefのLinked Dataによる  data sharing• で、JaLCは?
<http://dx.doi.org/10.1527/tjsai.21.251>  <http://purl.org/dc/terms/identifier> "10.1527/tjsai.21.251";  <http://www.w3.or...
DOI勉強会@nii
DOI勉強会@nii
DOI勉強会@nii
DOI勉強会@nii
DOI勉強会@nii
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

DOI勉強会@nii

1,940 views

Published on

2012/06/25 NII所内勉強会資料

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,940
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
39
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

DOI勉強会@nii

  1. 1. DOI勉強会@NII 武田英明 takeda@nii.ac.jp
  2. 2. あらまし• DOIのレイヤー – Handle System、DOI、CrossRef• DOI/CrossRefの働き、使い方• DOI/CrossRefの仕組み – 組織、技術、ビジネスモデル
  3. 3. 検索容易性、本文到達性 IDの利用 CrossRef DOI (IDF) Handle System (CNRI)
  4. 4. Handle system• デジタルオブジェクトの識別子とその解 決を行うサービス – 識別子の付与 – デジタルオブジェクトの識別子から存在する URIへの変換• 分散型管理• Corporation for National Research Initiatives (CNRI)が提供
  5. 5. Handle Systemでの問い合わせ http://hdl.handle.net/2241/103601 https://www.tulips.tsukuba.ac.j p/dspace/handle/2241/103601 https://www.tulips.tsukuba.ac.j p/dspace/handle/2241/103601 103601 Local Handle ServiceGlobal Handle Registry https://www.tulips.tsukuba.ac.j p/dspace/handle/2241/103601 X大学機関リポジトリ CNRI リポジトリのLHSが落ちる Handle prefix/suffix と大変! Prefixとサーバの関係はCRNIのサーバが管理 SuffixとURLの関係は各ローカルサーバが管理
  6. 6. DOI (Digital Object Identifier)• 識別子(DOI name)からデジタルオブジェクトが 存在するURIに変換するサービス• International DOI Foundation(IDF)が運営するサー ビス• 元々は出版社が識別子を共有するにつくった制 度であるが、現在はより広範に様々なデジタル オブジェクトの識別子を提供する制度になって いる。• 1998年~• Handle systemを利用
  7. 7. DOIの働き、使い方
  8. 8. DOIの働き DOI DBが正しく更新されていれば Web上で本体が移動していても大 丈夫 DOI name: type: data: 10.1000/123 URL http://www.oldco.com 古いURL DOI Service DOI name: type: data: 10.1000/123 URL http://www.newco.com 新しいURL [Paskin2010] Paskin, N. “Digital Object Identifier (DOI) System,” Encyclopedia of Library and Information Sciences, Third Edition (2010). DOI: 10.1081/E-ELIS3-120044418
  9. 9. DOI• DOI: Prefix ”/” suffix – 10.1000/182 prefix-> 10.1000, suffix-> 182 (DOI registry prefix-> 10)• DOIのURL化 http://dx.doi.org/”DOI” -> http://dx.doi.org/10.1000/182
  10. 10. DOI• DOIの存在意味(Handle system単独と比較し て) – 永続する管理主体 – 運営ルール – システム拡張• DOIのメリット(Handle system単独と比較し て) – サービス提供 – 持続性 • 識別子が有効性を維持 – 一貫性
  11. 11. 類似のサービス• 短縮URL – https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241 /103601 ↓ – http://bit.ly/NgEpKq – 持続性(管理者がいつまであるか) – 一意性(複数短縮URLの可能性) – 一貫性(何を指すかは無保証) – 変更可能性(通常はできない)
  12. 12. 基本的なDOI/CrossRefの使い方• 論文にDOIを振って論文公開(出版社)• 引用文献にもDOIを振って論文公開(出版 社)[CrossRef]• 利用時・引用時にDOIを付記する(論文利 用者・引用者) – Web環境下ならハイパーリンクとして • 例)http://dx.doi.org/10.1000/182 – それ以外の環境ならテキストで • 例) DOI: 10.1000/182
  13. 13. DOI/CrossRefのメリット• 論文著者 – 自論文が読まれやすく・引用されやすくなる• 論文読者 – 確実に論文の本文テキストにたどり着ける – 引用文献の本文テキストにたどり着ける[CrossRef] 出版社サイト誘• 出版社 導という批判あ り – 確実に自社サイトに誘導できる – 引用文献の同定が楽になる[CrossRef]• 資金提供者、大学管理者 – 業績確認のために論文の有無が簡単にわかる
  14. 14. 使い方
  15. 15. DOI/CrossRefの運営の仕組み
  16. 16. IDF(International DOI Foundation)• DOIシステムはIDF (International DOI Foundation)によって運営• IDFに直接DOIをデポジットできない• DOIはRegistration Agencyを通じてのみ可能• Registration Agencyの役割 – Prefix登録、DOI登録維持業務 – IDFの運営協力(資金) • 年額約600万円程度かかる – 対象分野ごと
  17. 17. Registration Agencies• CrossRef – 学術的な専門的な研究コンテンツ – 雑誌論文、図書、学会予稿など – 引用リンク、検索可能なメタデータデータベース• mEDRA – インターネット上の文書のための永続的引用システム – 知的所有実体(intellectual property entities)相互の関係トラッキング – タイムスタンプや電子署名の認定• OPOCE (Office des publications EU) – EU 配下組織の出版物のためのDOI 管理を通じ、EU の公式パブリッシャーとして機能• R.R. Bowker – 図書出版、雑誌出版のためのマーケティングサービス – 電子版の権利関係のための識別とトラッキングツール – 資源の利用促進のための図書館や出版社へのサービス – DOI とISBN とのひもづけ• DataCite – データセットに関する学術基盤構築。ベストプラクティスの共有、 – 識別や名前解決の課題などへの取り組み• EIDR – 映画、テレビ番組、商業音声/映像資料へのレジストリ• Wanfang Data Co., Ltd. – 中国語雑誌のリンキングサービス構築と、中国の科学データ管理• Airiti, Inc – 繁体中国語資料へのDOI• Japan Link Center (JaLC) NEW
  18. 18. DOIの技術的仕組み メタデータDOI登録 DOI検索 検索 CrossRef Global DB Handle Registry Local Local Local Local Handle ミラーリング Handle Handle Handle Service Service Service Service CrossRef DataCite CrossRef IDF/CNRI
  19. 19. CrossRef• STM出版における引用関係を管理する仕組み• 2000年~• DOIのRA• 機能 – DOIへ登録(DOI Resolution可能) – Reverse look up:メタデータを検索して、対応す るDOIを返す • この機能を用いて、出版社は個々の引用文献にDOIを 付与することができる。
  20. 20. CrossRef• 4000万論文の登録 (2010年2月5日)• 2900出版社、20000誌、100 000冊 87% http://www.crossref.org/01company/pr/news020210.html
  21. 21. CrossRefの会費2012 Annual Fees - Total Publishing Revenue<$1 million $275$1 million - $5 million $550$5 million - $10 million $1,650$10 million - $25 million $3,900$25 million - $50 million $8,300$50 million - $100 million $14,000$100 million - $200 million $22,000$200 million - $500 million $33,000> $500 million $50,000
  22. 22. CrossRefの会費CrossRef Service deposit fees Per DOIAll Current records (2010-2012) unless specifiedbelow. Book titles. Journals/working papers: volume,issue and article. Conference proceedings, conference $ 1.00papers, databases, standards, technical reports,theses and dissertations.Backfile (all content types) $ 0.15Components, Data Sets and Data Elements (current $ 0.06and backfile)Book Chapters (exclusive of conference proceedings)Chapters/entries in books with up to 250 chapters $ 0.25(each).Chapters/entries in books with more than 250 $ 0.15chapters (each).*Journal Titles free
  23. 23. CrossRefの統計情報
  24. 24. メタデータ検索http://www.crossref.org/guestquery/
  25. 25. 検索結果
  26. 26. CrossRef入力XML例http://www.crossref.org/oai-handler_sample.xml
  27. 27. まとめとDOIの今後• ジャーナル論文についてはほぼ完結 (CrossRef)• ジャーナル論文以外の資料やデータにつ いてはまだ模索• 新しい試み:CrossRefのLinked Dataによる data sharing• で、JaLCは?
  28. 28. <http://dx.doi.org/10.1527/tjsai.21.251> <http://purl.org/dc/terms/identifier> "10.1527/tjsai.21.251"; <http://www.w3.org/2002/07/owl#sameAs> <info:doi/10.1527/tjsai.21.251>, <doi:10.1527/tjsai.21.251>; <http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.1/doi> "10.1527/tjsai.21.251"; <http://purl.org/ontology/bibo/doi> "10.1527/tjsai.21.251"; <http://purl.org/dc/terms/date> "2006"; <http://purl.org/ontology/bibo/volume> "21"; <http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.1/volume> "21"; Linked Data の例 <http://purl.org/ontology/bibo/pageStart> "251"; <http://purl.org/ontology/bibo/pageEnd> "256"; <http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.1/startingPage> "251"; <http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.1/endingPage> "256"; <http://purl.org/dc/terms/title> "Building Community Web Platform"; <http://purl.org/dc/terms/publisher> "Japanese Society for Artificial Intelligence"; a <http://purl.org/ontology/bibo/Article>; <http://purl.org/dc/terms/isPartOf> <http://id.crossref.org/issn/1346-0714>; <http://purl.org/dc/terms/creator> <http://id.crossref.org/contributor/ikki-ohmukai-3nyeo2l7b51fx>, <http://id.crossref.org/contributor/yutaka-matsuo-3nyeo2l7b51fx>, <http://id.crossref.org/contributor/naohiro-matsumura-3nyeo2l7b51fx>, <http://id.crossref.org/contributor/hideaki-takeda-3nyeo2l7b51fx> .<http://id.crossref.org/issn/1346-0714> <http://purl.org/dc/terms/title> "Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence"; <http://purl.org/ontology/bibo/issn> "1346-0714"; <http://purl.org/ontology/bibo/eissn> "1346-8030"; <http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.1/issn> "1346-0714"; <http://prismstandard.org/namespaces/basic/2.1/eIssn> "1346-8030"; <http://purl.org/dc/terms/hasPart> <http://dx.doi.org/10.1527/tjsai.21.251>; a <http://purl.org/ontology/bibo/Journal>; <http://www.w3.org/2002/07/owl#sameAs> <urn:issn:1346-0714>; <http://purl.org/dc/terms/identifier> "1346-0714" .<http://id.crossref.org/contributor/ikki-ohmukai-3nyeo2l7b51fx> <http://xmlns.com/foaf/0.1/name> "Ikki OHMUKAI"; <http://xmlns.com/foaf/0.1/givenName> "Ikki"; <http://xmlns.com/foaf/0.1/familyName> "OHMUKAI"; a <http://xmlns.com/foaf/0.1/Person> .<http://id.crossref.org/contributor/yutaka-matsuo-3nyeo2l7b51fx> <http://xmlns.com/foaf/0.1/name> "Yutaka MATSUO";

×