最先端学術情報基盤(Csi)委託事業報告交流会パネル
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,654
On Slideshare
1,654
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 学術情報流通とIR研究者とIR
    武田 英明
    国立情報学研究所
    takeda@nii.ac.jp
  • 2. 国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター長
    学術情報流通の一環として、機関リポジトリを推進する立場
    国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授
    人工知能、Web情報学の研究者
    私の立場
  • 3. 国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター長
    学術情報流通の一環として、機関リポジトリを推進する立場
    国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授
    人工知能、Web情報学の研究者
    私の立場
  • 4. 大競争時代
    学術コンテンツサービスの今
  • 5. e-science
    学術コンテンツサービスの今
    分析サービス
    著者同定
    論文検索
    電子出版
    電子ジャーナル
    オープンアクセス
  • 6. 国立情報学研究所(NII)の学術情報サービスの概要
    Scholarly information services in NII
    Projects
    Books
    People
    Papers
    WebcatPlus
    ResearchMap
    Researchers profiles
    and SNS
    CiNii
    InformaticsSquare
    NACSIS
    CAT
    ResearcherName
    Resolver
    KAKEN
    indexing service for academic papers
    12 million records
    Book Catalogs
    108 million +α
    records
    JAIRO
    Society support with publishing and
    communication in Informatics area
    Resolving and linking
    service for
    researchers' names
    0.15 million
    researchers
    Official reports of
    Grants-in-aid
    For scientific
    research
    0.61 million reports
    Powered by
    Comprehensive
    metadata harvester for Japanese IRs0.5 million articles
    R&D Center for Scientific Information Resources
    Scholarly and Academic Information Division
    ReaD
    (JST)
    Google
    Scholar
    Academic Society
    Google
    J-Stage
    (JST)
    Academic Society
    NDL
    NII-ELS
    NII-REO
    CrossRef
    Academic Society
    Other Services
    InstitutionalRepository
    OLCer
    InstitutionalRepository
    Springer
    InstitutionalRepository
    UniversityLibrary
    InstitutionalRepository
    Refereed and
    Un-refereed
    articles from societies or bulletins
    3.4 million articles
    Electronic journal repositories foruniversities
    3.5 million articles
    UniversityResearcher
    Database
    UniversityLibrary
    InstitutionalRepository
    Other DB Services
    UniversityResearcher
    Database
    UniversityLibrary
    InstitutionalRepository
    UniversityResearcher
    Database
    UniversityLibrary
    InstitutionalRepository
    UniversityResearcher
    Database
    UniversityLibrary
    InstitutionalRepository
    UniversityResearcher
    Database
    UniversityLibrary
    InstitutionalRepository
    UniversityResearcher
    Database
    UniversityLibrary
    InstitutionalRepository
    UniversityLibrary
    Information on Papers
    UniversityLibrary
    UniversityLibrary
    (43 organizations)
    Information on Researchers
    (130 organizations)
    Information on Books
    Universities and Institutes
  • 7. 分散、多様、オープンなサービスの連携としての研究情報の流通
    (海外論文DB)
    大学業績DB
    機関リポジトリ
    論文投稿査読システム
    研究者SNS
    論文データベース
    研究資金公募システム
    ユーザ認証連携
    個人論文管理
    データ連携
  • 8. メタデータのハーベスティング、API◎
    大学業績DBなど大学内システムとの連携△
    大学外のシステムとの連携
    研究者同定と研究者ID連携△
    学術情報流通の円環の要素としてIRの期待
  • 9. 国立情報学研究所 学術コンテンツサービス研究開発センター長
    学術情報流通の一環として、機関リポジトリを推進する立場
    国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系 教授
    人工知能、Web情報学の研究者
    私の立場
  • 10. 利用側:アクセスは問題ない
    CiNiiのアクセスは急増中
    2009.4
    新CiNii公開
    2007.4
    Google連携
  • 11. 研究者にとってIRは新しい公開ルート
    たぶん、多くの研究者はその意味は理解できていない。
    学術雑誌論文、国際会議論文
    商業誌記事、著書
    紀要、テクニカルレポート
    Web
    機関リポジトリ???
    研究者の立場で
  • 12. 情報提供側:研究者にとってIR
    機関リポジトリ
    既存の公開方法
    自由に
    今すぐ公開
    (研究活動の一環)
    アーカイブ(研究者にとって雑務)
    セルフアーカイブ
    オープンアクセス
  • 24. 一次資料(データ)
    研究者の直接のニーズ:自由に/早く
    研究者の背後のニーズ:安定運用/長期保存
    一次資料(論文、著書)
    研究者の直接のニーズ:カタログ登録
    研究者の背後のニーズ:安定運用/長期保存
    二次資料
    研究者の直接のニーズ:安定運用/長期保存
    研究者の背後のニーズ:
    研究者が(Webじゃなくて)IRを使う理由
    クラウド化
    e-Scienceのツールとしての役割
    研究のインフラ
    書籍の電子化の流れ
    “電子出版社”としての役割
    IRの光↑と影↓
    これはわかりずらい
    “アーカイブ”としての役割
  • 25. 情報流通の円環の要素としてのIRの機能強化
    IRの役割に応じた機能強化とPR
    まとめ