サービスプラットフォームのタイムマシン効果
端末メーカーの
競争力価値

サービスプラットフォームは
技術のコモディティー化促進により
メリット最大化する

サービスプラットフォーム
の運用効率

デバイスメーカーは、技術のコモディティーサ
イ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

サービスプラットフォームのタイムマシン効果 抜粋 研究・技術計画学会_発表資料_2013_pub

197 views
163 views

Published on

研究・技術計画学会2013総会での発表資料からの抜粋です。

サービスプラットフォームのタイムマシン効果を図示しています。

急速に普及するサービスのバリューネットワークの端末提供プレーヤーは、通常よりも早くコモディティー化の影響を受け、イノベーションのメリットを短期間で失い、一方サービスプラットフォームのオーナーはプラットフォームが早期に効率化するので、プラットフォームのメリットを短期間に得られると推察しています。

デバイスや技術などをサービスプラットフォーム提供する場合、 サービスプラットフォームの運用効率、サービス品質を高めるために、デバイスや技術などのパフォーマンスの平準化、均一化が求められます。

他の競合する端末または技術供給者よりも優れた技術を有していても、
モジュール化によるコモディティー化を早期に進めたいサービスプラットフォームオーナーの意思により、端末や技術を提供するプレーヤーは本来であれば得られた技術イノベーションのメリットを失うことがある。

失われたメリットは、サービスプラットフォームオーナーがプラットフォームの効率運用、サービス品質の均一化というメリットとして早期に受け取ることになる。

デメリットとメリットの交換がされている。

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
197
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

サービスプラットフォームのタイムマシン効果 抜粋 研究・技術計画学会_発表資料_2013_pub

  1. 1. サービスプラットフォームのタイムマシン効果 端末メーカーの 競争力価値 サービスプラットフォームは 技術のコモディティー化促進により メリット最大化する サービスプラットフォーム の運用効率 デバイスメーカーは、技術のコモディティーサ イクルが短くなることで、 イノベーションのメリットを失う コモディティー化 T1 T2 1

×