宇宙文明発見チームMarsface Project
月や火星の画像を顔認識して、宇宙文明の痕跡を探せるのではないか?我々はそう考えてプロジェクトをはじめました。
先行研究:GeofaceProject産総研栗原一貴氏Google Mapの画像を顔認識https://sites.google.com/site/geofaceproject/
Geoface Project栗原一貴氏からも(イグノーベル賞受賞者)プロジェクトに支援いただきました
宇宙とユーモアを愛する人たちからの支持ありがとうございます。
人力とクラウドを組み合わせた手法高解像度の月・火星画像を人間が選別Windows azureクラウド50台にて顔認識人間がイケてる顔画像をレーティング発見された顔画像をレーティングシステム入れるhttp://210.129.195.216/
Alien Detector 3つの手法3種類のobject detectorを宇宙画像向けに改良。高精度に宇宙文明の軌跡を発見することを目指す宇宙画像 エイリアン画像High-Performance Rotation InvariantMul...
Alien Detector 3つの手法3種類のobject detectorを宇宙画像向けに改良。高精度に宇宙文明の軌跡を発見することを目指す宇宙画像 エイリアン画像High-Performance Rotation InvariantMul...
発見した宇宙文明の痕跡不気味な仮面 原人グレイ不気味な仮面
発見した宇宙文明の痕跡不気味な仮面 原人グレイ不気味な仮面先人類(アウストラロピテクス)
発見した宇宙文明の痕跡不気味な仮面 原人グレイ不気味な仮面先人類(アウストラロピテクス)
発見した宇宙文明の痕跡不気味な仮面 原人グレイ不気味な仮面先人類(アウストラロピテクス)グレイ
海外から新たなコンタクトベンガル科学技術大学卒インド石油でエンジニアを務める Sohamさんからシュメール文明の「ザカリヤシッチン文書」に、地球外の人々からのコンタクトについて触れられている。私もプロジェクトに参加したい
そして、Sohamから恐るべき秘密がもうひとつ質問があるアメリカ政府が隠している秘密について聞いたことはあるか?なんでしょう?
我々はすでに地球外生命体からのコンタクトを受け取っている。アメリカは月と火星の画像にエイリアンの証拠を見つけている。しかしそれを編集し、一般の人が見られないように
我々はすでに地球外生命体からのコンタクトを受け取っている。アメリカは月と火星の画像にエイリアンの証拠を見つけている。しかしそれを編集し、一般の人が見られないようにアメリカ政府が月と火星の顔画像をわれわれ一般人が触れられないように隠しているんだ!
なっ なんだってーーー!!!!恐るべきアメリカ政府の陰謀!しかし、我々は挑戦を続けました。なぜか…
なぜなら我々は、皆さんと同じく、チャレンジするために、Hackするためにここに来てハッカソンのためにここにいるのです。惑わされず、真実を見つけましょう!どうもありがとうございました!
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

宇宙文明発見チーム MarsfaceProject

17,440

Published on

プレゼン:
http://ustre.am/_29eRj:1shF
見事、東京のSpace Apps Challengeにて、3位に輝きました!
表彰式:
http://www.ustream.tv/recorded/31758793/highlight/347245

月や火星の画像を顔認識して、 宇宙文明の痕跡を探せるのではないか?
我々はそう考えてプロジェクトを はじめました。

Lead: @ksasao
Members: Yamamoto Mitsuo Takayuki Narabu, hiroyuki yamamoto, hal seki, takayuki narabu,Masakazu Tks Takasu(@tks).
takasumasakazu[at]gmail.com

Project web
http://marproject.org/
Geoface Project
https://sites.google.com/site/geofaceproject/
https://sites.google.com/site/geofaceproject/jp/

contact to marsfaceproject gmail.
slide in english
http://www.slideshare.net/takasu/marsface-project

Published in: Technology
1 Comment
19 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
17,440
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
1
Likes
19
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

宇宙文明発見チーム MarsfaceProject

  1. 1. 宇宙文明発見チームMarsface Project
  2. 2. 月や火星の画像を顔認識して、宇宙文明の痕跡を探せるのではないか?我々はそう考えてプロジェクトをはじめました。
  3. 3. 先行研究:GeofaceProject産総研栗原一貴氏Google Mapの画像を顔認識https://sites.google.com/site/geofaceproject/
  4. 4. Geoface Project栗原一貴氏からも(イグノーベル賞受賞者)プロジェクトに支援いただきました
  5. 5. 宇宙とユーモアを愛する人たちからの支持ありがとうございます。
  6. 6. 人力とクラウドを組み合わせた手法高解像度の月・火星画像を人間が選別Windows azureクラウド50台にて顔認識人間がイケてる顔画像をレーティング発見された顔画像をレーティングシステム入れるhttp://210.129.195.216/
  7. 7. Alien Detector 3つの手法3種類のobject detectorを宇宙画像向けに改良。高精度に宇宙文明の軌跡を発見することを目指す宇宙画像 エイリアン画像High-Performance Rotation InvariantMultiview Face DetectionVector Boostingのdetectorを採用顔の左右の回転に強いOpenCV human face & body DetectorHaar-like特徴を利用。認識率がかなり高くロバストAnime face Detectorヒストグラム特徴量を用いることにより、平坦な色彩の顔画像抽出が得意引用図の著作権は各論著者が所有します
  8. 8. Alien Detector 3つの手法3種類のobject detectorを宇宙画像向けに改良。高精度に宇宙文明の軌跡を発見することを目指す宇宙画像 エイリアン画像High-Performance Rotation InvariantMultiview Face DetectionVector Boostingのdetectorを採用顔の左右の回転に強いOpenCV human face & body DetectorHaar-like特徴を利用。認識率がかなり高くロバストAnime face Detectorヒストグラム特徴量を用いることにより、平坦な色彩の顔画像抽出が得意引用図の著作権は各論著者が所有します総探索Pixel数約120億Pixel11,829,761,106 pixels火星 10059979678 pixels月 533491975 pixelsその他 1236289453 pixels
  9. 9. 発見した宇宙文明の痕跡不気味な仮面 原人グレイ不気味な仮面
  10. 10. 発見した宇宙文明の痕跡不気味な仮面 原人グレイ不気味な仮面先人類(アウストラロピテクス)
  11. 11. 発見した宇宙文明の痕跡不気味な仮面 原人グレイ不気味な仮面先人類(アウストラロピテクス)
  12. 12. 発見した宇宙文明の痕跡不気味な仮面 原人グレイ不気味な仮面先人類(アウストラロピテクス)グレイ
  13. 13. 海外から新たなコンタクトベンガル科学技術大学卒インド石油でエンジニアを務める Sohamさんからシュメール文明の「ザカリヤシッチン文書」に、地球外の人々からのコンタクトについて触れられている。私もプロジェクトに参加したい
  14. 14. そして、Sohamから恐るべき秘密がもうひとつ質問があるアメリカ政府が隠している秘密について聞いたことはあるか?なんでしょう?
  15. 15. 我々はすでに地球外生命体からのコンタクトを受け取っている。アメリカは月と火星の画像にエイリアンの証拠を見つけている。しかしそれを編集し、一般の人が見られないように
  16. 16. 我々はすでに地球外生命体からのコンタクトを受け取っている。アメリカは月と火星の画像にエイリアンの証拠を見つけている。しかしそれを編集し、一般の人が見られないようにアメリカ政府が月と火星の顔画像をわれわれ一般人が触れられないように隠しているんだ!
  17. 17. なっ なんだってーーー!!!!恐るべきアメリカ政府の陰謀!しかし、我々は挑戦を続けました。なぜか…
  18. 18. なぜなら我々は、皆さんと同じく、チャレンジするために、Hackするためにここに来てハッカソンのためにここにいるのです。惑わされず、真実を見つけましょう!どうもありがとうございました!
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×