Your SlideShare is downloading. ×
0
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門 (2/3)

1,662

Published on

デブサミ2014 2月14日 14-E-3 「アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門」 (2/3) 講演資 …

デブサミ2014 2月14日 14-E-3 「アプリケーションエンジニアのためのクラウドインフラ再入門」 (2/3) 講演資
吉田さん、曽我部、輿水さんの順で発表した資料の2つめ(OpenStack編)になります
輿水さんの資料: http://www.slideshare.net/samemoon/20140214-dev-summit20140214

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,662
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
23
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 14-E-3 #devsumi アプリケーションエンジニア のためのクラウドインフラ再入門 Takashi Sogabe
  • 2. 自己紹介 • 曽我部 崇(Takashi Sogabe) – @rev4t – IIJでソフトウェアの開発をしています – 大好きなソフトウェア • OpenStack, OpenContrail, Riak, mruby – 最近の興味分野 • Open Compute Project
  • 3. 何故OpenStackを使うべきなの? • ブラックボックスは怖い – 中身がブラックボックスだからと言っても、中身を 知らなくても良いということではない – C言語,マシン語 vs. Python,Ruby • Private Cloud うまく使うと便利でお得 – Hybrid Cloud
  • 4. OpenStack 概要 • 出来ること – AWSみたいなインフラを簡単に構築できる • 特長 – オープンソース • 誰でも開発に参加できる – コンポーネント • IaaS(Nova)やObject Storage(Swift)など、機能毎に細か くコンポーネント化されている • APIが標準化されているため、各コンポーネントを他の システムと差し替えることが出来る
  • 5. OpenStack アーキテクチャ • 主要なコンポーネント Horizon WebUI 1. Neutron 4. Volume提供 Cinder 3. VM Image提供 VMの プロビジョニング Nova 2. 認証 Keystone Volumeバックアップ Image保存 Glance 5. Swift
  • 6. OpenStackを使うメリット(1) • クラウドサービスの設計理念が分かる – 性能のボトルネックはどこにある? – AWS EC2 何故Multicast が通らないの? • スケールアウト性能の高いソフトウェアの作り 方が分かる – Message Queuing – 単一障害点の排除
  • 7. OpenStackを使うメリット(2) • プライベートクラウド – パブリッククラウドサービスは、沢山使うと割高 – 余った機材やNotePCでも簡単に使える – 欲しい機能が無ければ、自分で開発できる • パブリッククラウドだと、カスタマサポートにお願いして 待つのみ • OpenStackであれば、成果を世界中でシェアすることも できる
  • 8. ユーザ事例 • 自社での利用(プライベートクラウド) – Cisco – PayPal – GREE • OpenStack Days Tokyo 基調講演 • IaaSとして利用(パブリッククラウド) – – – – IO.Cloud RackSpace HP GMOインターネット
  • 9. 簡単に使えるの? • VMwareやVirtualBox上でも動 きます – UbuntuやRedHat/CentOSパッ ケージもある – devstack を使えば、コマンド一発 で構築完了
  • 10. Horizon (Web UI)にログイン
  • 11. インスタンスの起動
  • 12. コマンドラインからも操作可能 動作中のインスタンス一覧 sogabe@gasgas:~/src-github/devstack$ nova list +--------------------------------------+------+--------+------------+-------------+--------------------+ | ID | Name | Status | Task State | Power State | Networks | +--------------------------------------+------+--------+------------+-------------+--------------------+ | 54961fa5-145f-423f-aecc-081626293968 | test | ACTIVE | | Running | private=172.31.0.2 | +--------------------------------------+------+--------+------------+-------------+--------------------+ sogabe@gasgas:~/src-github/devstack$ nova image-list OSイメージ一覧 +--------------------------------------+---------------------------------+--------+--------+ | ID | Name | Status | Server | +--------------------------------------+---------------------------------+--------+--------+ | 6d48012a-66ca-4a03-b70b-f8dea7e3412a | cirros-0.3.1-x86_64-uec | ACTIVE | | | b008dc1f-e764-4f69-9535-92487424d4d5 | cirros-0.3.1-x86_64-uec-kernel | ACTIVE | | | 2b76c843-80f9-4690-8245-04f1c03d2d9a | cirros-0.3.1-x86_64-uec-ramdisk | ACTIVE | | | 93fc1f37-9517-45e1-a156-22dd42e9ff47 | ubuntu-server | ACTIVE | | +--------------------------------------+---------------------------------+--------+--------+ 動作中のサービス一覧 sogabe@gasgas:~/src-github/devstack$ nova-manage service list | more Binary Host Zone nova-conductor gasgas internal nova-cert gasgas internal nova-network gasgas internal nova-scheduler gasgas internal nova-compute gasgas nova nova-consoleauth gasgas internal Status enabled enabled enabled enabled enabled enabled State :-) :-) :-) :-) :-) :-) Updated_At 2014-02-10 2014-02-10 2014-02-10 2014-02-10 2014-02-10 2014-02-10 02:36:00 02:36:01 02:36:03 02:36:04 02:35:58 02:35:59
  • 13. 最新動向(1) • Heat – 複数のインスタンスで構成されるシステムを templateで一括Deploy • Ceilometer – 課金などに必要な、利用状況を集計する – クラウド事業者だけでなく、プライベートクラウドで も役立つ
  • 14. 最新動向(2) • Open Compute Project (OCP) – ハードウェアにも OpenStack の理 念を導入 – 全レイヤのホワイトボックス化 • サーバ、ストレージ、スイッチ、ラック、 Data Center – OpenStackとの連携が急速に進行 中
  • 15. 今後の展開 Series • リリース次期は、年2回 • Havana – 現在の安定板 – 2013年10月リリース • Icehouse Status Releases Date Folsom End of Life 2012.2 2012.2.1 2012.2.2 2013.2.3 2013.2.4 Sep 27, 2012 Nov 29, 2012 Dec 13, 2012 Jan 13, 2013 Apr 11, 2013 Grizzly Securitysupported 2013.1 2013.1.1 2013.1.2 2013.1.3 2013.1.4 Apr 4, 2013 May 9, 2013 Jun 6, 2013 Aug 8, 2013 Oct 17, 2013 Havana Current stable release, securitysupported 2013.2 2013.2.1 Oct 17, 2013 Dec 16, 2013 IceHouse Under Developme nt Due Apr 17, 2014 – 2014年4月リリース予定
  • 16. まずはユーザ会に参加しましょう! • 日本OpenStackユーザ会(JOSUG) – http://openstack.jp/ • 毎月勉強会やっています – 普通の勉強会 – ハッカソン – コードリーディング

×