Loading…

Flash Player 9 (or above) is needed to view presentations.
We have detected that you do not have it on your computer. To install it, go here.

Like this presentation? Why not share!

「パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援」( World IA Day 2013)

on

  • 5,546 views

「パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援」(井庭 崇)

「パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援」(井庭 崇)
at World IA Day 2013 Tokyo(東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター)

Statistics

Views

Total Views
5,546
Views on SlideShare
3,630
Embed Views
1,916

Actions

Likes
24
Downloads
41
Comments
0

14 Embeds 1,916

http://sprmario.hatenablog.jp 964
http://www.future-proof.jp 702
https://twitter.com 162
http://lanyrd.com 33
http://eventifier.co 26
http://flavors.me 14
http://us-w1.rockmelt.com 7
http://rssc.dokoda.jp 2
https://twimg0-a.akamaihd.net 1
http://tweetedtimes.com 1
http://webcache.googleusercontent.com 1
http://es.flavors.me 1
http://jp.flavors.me 1
http://feedly.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

「パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援」( World IA Day 2013) Presentation Transcript

  • 1. World IA Day 2013 Tokyoパターン・ランゲージによる 自生的秩序の支援 Spontaneous Order with Pattern Languages 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba
  • 2. 『プレゼンテーション・パターン:創造を誘発する表現のヒント』(井庭崇+井庭研究室, 慶應義塾大学出版会)
  • 3. 『プレゼンテーション・パターン:創造を誘発する表現のヒント』(井庭崇+井庭研究室, 慶應義塾大学出版会)2013年2月5日
  • 4. World IA Day 2013 Tokyoパターン・ランゲージによる 自生的秩序の支援 Spontaneous Order with Pattern Languages 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba
  • 5. パターン・ランゲージによる 自生的秩序の支援自生的秩序(Spontaneous Order)• 外部からトップダウンに形成される秩序ではなく、自分自身で成長し、形成される秩序• 単なるボトムアップの集合ではない• 秩序をゆるやかに束ねる抽象的な枠組みが重要 F・A・ハイエク『法と立法と自由 I ─ ルールと秩序』(春秋社、2007)
  • 6. 自生的秩序(Spontaneous Order)• 外部からトップダウンに形成される秩序ではなく、自分自身で成長し、形成される秩序 『The Nature of Order』 (C.Alexander)• 単なるボトムアップの集合ではない• 秩序をゆるやかに束ねる抽象的な枠組みが重要 『A Pattern Language』http://stephania32.wordpress.com/ クリストファー・アレグザンダー (C.Alexander)
  • 7. 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長)
  • 8. パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援井庭 崇(Takashi Iba) @ World IA Day 2013 Tokyo 1. パターン・ランゲージの考え方 2. 人間行為のパターン・ランゲージ 3. パターン・ランゲージの使い方 4. パターン・ランゲージのつくり方 5. これから取り組みたいこと 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長)
  • 9. パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援井庭 崇(Takashi Iba) @ World IA Day 2013 Tokyo 1. パターン・ランゲージの考え方 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長)
  • 10. Light
  • 11. alive wholeeternal Quality Without A Name comfortable egoless free exact
  • 12. 「いきいきとした全体」を実現するための “要素” はなにか→ 「パターン」(pattern)
  • 13. A Pattern Language: Towns, Buildings, ConstructionChristopher Alexander, Sara Ishikawa, Murray SilversteinOxford University Press, 1977『パタン・ランゲージ:環境設計の手引き』クリストファー・アレグザンダーほか, 鹿島出版会, 1984
  • 14. パターン・ランゲージとはパターン・ランゲージは、いきいきとした全体を実現するための共通言語。パターンは、「デザインの知」(問題発見+問題解決の知)。 ・どのような状況(Context)のときに ・どのような問題(Problem)が生じやすく ・それをどのように解決すればよいのか(Solution) 状況 問題発見 デザイン (design) = (Problem Finding) 問題 問題解決 (Problem Solving) 解決 C. Alexander, Notes on the Synthesis of Form, Harvard University Press, 1964 『形の合成に関するノート』(クリストファー・アレグザンダー, 稲葉武司 訳, 鹿島出版会, 1978)
  • 15. 「いきいきとした全体」を実現するための “要素”→ 「パターン」(pattern) パターンは、「デザインの知」(問題発見+問題解決の知)。「いきいきとした全体」が実現されているということは、それがパターン(デザインの知)を実現・体現しているということである。 状況 問題発見 デザイン (design) = (Problem Finding) 問題 問題解決 (Problem Solving) 解決
  • 16. パターン・ランゲージによる 自生的秩序の支援自生的秩序(Spontaneous Order)• 外部からトップダウンに形成される秩序ではなく、自分自身で成長し、形成される秩序• 単なるボトムアップの集合ではない• 秩序をゆるやかに束ねる抽象的な枠組みが重要 F・A・ハイエク『法と立法と自由 I ─ ルールと秩序』(春秋社、2007)
  • 17. 建築のパターン・ランゲージによる支援 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) 住人参加の 建築の 「名づけ得ぬ質」 まちづくり・家づくり パターン・ランゲージ を持つ まち・家
  • 18. パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援井庭 崇(Takashi Iba) @ World IA Day 2013 Tokyo 2. 人間行為のパターン・ランゲージ 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長)
  • 19. 「いきいきとした全体」を実現するための “要素” はなにか→ 「パターン」(pattern) Quality Without A Name
  • 20. 井庭研では、人間行為のパターン・ランゲージを制作 ジェネレイティブ・ ビューティー パターン 0 創造的コラボレーション Collaboration Patterns : コラボレーション・パターン ̶ 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ (ver. 0.60) 1 未来への使命感 2 方法のイノベーション 3 伝説をつくる 4 成長のスパイラル 0 創造的コラボレーション Collaboration Patterns : コラボレーション・パターン ̶ 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ (ver. 0.60) 5 共感のチームづくり 6 レスポンス ラリー ・ 1 未来への使命感 7 一体感をつくる 2 方法のイノベーション A Pattern Language for Creative Presentations 8 貢献の領域 3 伝説をつくる プレゼンテーション・パターン 9 成長のリターン コラボレーション・パターン 4 成長のスパイラル 10 自発的なコミットメント 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ 5 共感のチームづくり 11 ゆるやかなつながり 6 レスポンス ラリー ・ 12 弱さの共有 7 一体感をつくる 13 感謝のことば 8 貢献の領域 9 成長のリターン コラボレーション・パターン 10 自発的なコミットメント 14 創発的な勢い 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ 11 ゆるやかなつながり 15 まとまった時間 12 弱さの共有 16 創造の場づくり 13 感謝のことば 17 活動の足あと 18 意味のある混沌 14 創発的な勢い 15 まとまった時間 19 アイデアをカタチに 16 創造の場づくり 20 インサイド イノベーター ・ 17 活動の足あと 21 ゴールへの道のり 18 意味のある混沌 22 臨機応変な動き 19 アイデアをカタチに 23 飛躍のための仕込み 20 インサイド イノベーター ・ 21 ゴールへの道のり 22 臨機応変な動き 24 世界を変える力 23 飛躍のための仕込み 25 クオリティ ライン ・ 26 こだわり合う 24 世界を変える力 27 一度こわす 25 クオリティ ライン ・ 26 こだわり合う 28 期待を超える 27 一度こわす 29 ファンをつくる 28 期待を超える 30 広がりの戦略 29 ファンをつくる Ver. 0.60 31 世界の文脈 30 広がりの戦略 November, 2012 Ver. 0.50 32 つく り続ける強さ 31 世界の文脈 Ver. 0.60 Collaboration Patterns Project November, 2012 Presentation Patterns Project 33 感性を磨く http://collabpatterns.sfc.keio.ac.jp 32 つくり続ける強さ Collaboration Patterns Project Ver. 0.60 33 感性を磨く http://collabpatterns.sfc.keio.ac.jp http://twitter.com/collabpatterns Ver. 0.60 collabpatterns@sfc.keio.ac.jp Collaboration Patterns Project http://twitter.com/collabpatterns collabpatterns@sfc.keio.ac.jp Collaboration Patterns Project ラーニング プレゼンテーション コラボレーション チェンジメイキング パターン パターン パターン パターン
  • 21. 学びのパターン・ランゲージによる支援 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) 学びの 「名づけ得ぬ質」 学び手の個性や状況 パターン・ランゲージ を持つ 学び
  • 22. プレゼンテーションのパターン・ランゲージによる支援 A Pattern Language for Creative Presentations プレゼンテーション・パターン 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ Ver. 0.50 Presentation Patterns Project 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) プレゼンテーションの 「名づけ得ぬ質」を持つ 内容や語り手の個性 パターン・ランゲージ プレゼンテーション
  • 23. コラボレーションのパターン・ 0 創造的コラボレーション Collaboration Patterns : コラボレーション・パターン ̶ 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ (ver. 0.60)ランゲージによる支援 1 未来への使命感 2 方法のイノベーション 3 伝説をつくる 4 成長のスパイラル 5 共感のチームづくり 6 レスポンス ラリー ・ 7 一体感をつくる 8 貢献の領域 9 成長のリターン コラボレーション・パターン 10 自発的なコミットメント 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ 11 ゆるやかなつながり 12 弱さの共有 13 感謝のことば 14 創発的な勢い 15 まとまった時間 16 創造の場づくり 17 活動の足あと 18 意味のある混沌 19 アイデアをカタチに 20 インサイド イノベーター ・ 21 ゴールへの道のり 22 臨機応変な動き 23 飛躍のための仕込み 24 世界を変える力 25 クオリティ ライン ・ 26 こだわり合う 27 一度こわす 28 期待を超える 29 ファンをつくる 30 広がりの戦略 Ver. 0.60 31 世界の文脈 November, 2012 32 つくり続ける強さ Collaboration Patterns Project 33 感性を磨く http://collabpatterns.sfc.keio.ac.jp Ver. 0.60 http://twitter.com/collabpatterns collabpatterns@sfc.keio.ac.jp Collaboration Patterns Project 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) 参加者の個性や コラボレーションの 「名づけ得ぬ質」を持つ テーマ パターン・ランゲージ コラボレーション
  • 24. 「いきいきと美しく生きる」ための パターン・ランゲージによる支援 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) 自分らしい生き方や 「いきいきと美しく生きる」 「名づけ得ぬ質」 好み ためのパターン・ランゲージ を持つ 生き方
  • 25. 36 Context 自分のある一面だけが 強調されて、いろんな自分らしさ 定着してしまっている。自然体でのびのびと。 Problem それに当てはまらない印象を与えるようなことが できなくなり、気持ちに無理が生じてしまう。 Solution 周りのイメージにとらわれず、 自分の持っているいろんな面を 出していく。 例えば、しっかり者のイメージを もたれていたら、悩みをうちあけてみたり、 何かを頼ってみたりする。 そうすることで、周りのイメージに縛られずに、 自然体でいられるようになる。 そして、自分で自分に枠をはめるのではなく、 いろんな感情を含む人間味が深まっていく。 ▶ 11. イメチェン 13. 素顔メイク
  • 26. 井庭研では、人間行為のパターン・ランゲージを制作 ジェネレイティブ・ ビューティー パターン 0 創造的コラボレーション Collaboration Patterns : コラボレーション・パターン ̶ 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ (ver. 0.60) 1 未来への使命感 2 方法のイノベーション 3 伝説をつくる 4 成長のスパイラル 0 創造的コラボレーション Collaboration Patterns : コラボレーション・パターン ̶ 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ (ver. 0.60) 5 共感のチームづくり 6 レスポンス ラリー ・ 1 未来への使命感 7 一体感をつくる 2 方法のイノベーション A Pattern Language for Creative Presentations 8 貢献の領域 3 伝説をつくる プレゼンテーション・パターン 9 成長のリターン コラボレーション・パターン 4 成長のスパイラル 10 自発的なコミットメント 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ 5 共感のチームづくり 11 ゆるやかなつながり 6 レスポンス ラリー ・ 12 弱さの共有 7 一体感をつくる 13 感謝のことば 8 貢献の領域 9 成長のリターン コラボレーション・パターン 10 自発的なコミットメント 14 創発的な勢い 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ 11 ゆるやかなつながり 15 まとまった時間 12 弱さの共有 16 創造の場づくり 13 感謝のことば 17 活動の足あと 18 意味のある混沌 14 創発的な勢い 15 まとまった時間 19 アイデアをカタチに 16 創造の場づくり 20 インサイド イノベーター ・ 17 活動の足あと 21 ゴールへの道のり 18 意味のある混沌 22 臨機応変な動き 19 アイデアをカタチに 23 飛躍のための仕込み 20 インサイド イノベーター ・ 21 ゴールへの道のり 22 臨機応変な動き 24 世界を変える力 23 飛躍のための仕込み 25 クオリティ ライン ・ 26 こだわり合う 24 世界を変える力 27 一度こわす 25 クオリティ ライン ・ 26 こだわり合う 28 期待を超える 27 一度こわす 29 ファンをつくる 28 期待を超える 30 広がりの戦略 29 ファンをつくる Ver. 0.60 31 世界の文脈 30 広がりの戦略 November, 2012 Ver. 0.50 32 つく り続ける強さ 31 世界の文脈 Ver. 0.60 Collaboration Patterns Project November, 2012 Presentation Patterns Project 33 感性を磨く http://collabpatterns.sfc.keio.ac.jp 32 つくり続ける強さ Collaboration Patterns Project Ver. 0.60 33 感性を磨く http://collabpatterns.sfc.keio.ac.jp http://twitter.com/collabpatterns Ver. 0.60 collabpatterns@sfc.keio.ac.jp Collaboration Patterns Project http://twitter.com/collabpatterns collabpatterns@sfc.keio.ac.jp Collaboration Patterns Project ラーニング プレゼンテーション コラボレーション チェンジメイキング パターン パターン パターン パターン
  • 27. パターン・ランゲージ 3.0
  • 28. パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援井庭 崇(Takashi Iba) @ World IA Day 2013 Tokyo 3. パターン・ランゲージの使い方 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長)
  • 29. パターン・ランゲージ ・コミュニケーション・メディア ・クリエイティブ・メディア(発見メディア) コミュニケーションの連鎖 発見の連鎖
  • 30. Workshop in the COINs2011 Conference
  • 31. Dialogue Workshop (Video)
  • 32. クリエイティブ・メディアとしてのパターン・ランゲージ(1)問題発見 (今の自分の状況に似ている) 関連づけ 見い出す アイデア (そういう「問題」が生じるのか!) (パターンの「状況」 に対する「問題」) 状況 問題発見 デザイン (Problem Finding) 問題 (design) = 問題解決 (Problem Solving) 解決
  • 33. クリエイティブ・メディアとしてのパターン・ランゲージ(2)問題解決 (今自分が直面している問題  に似ている) 関連づけ 見い出す アイデア (パターンの「問題」 (そういう「解決」があるのか!)  に対する「解決」) 状況 問題発見 デザイン (Problem Finding) 問題 (design) = 問題解決 (Problem Solving) 解決
  • 34. クリエイティブ・メディアとしてのパターン・ランゲージ(3)認識のメガネ (このパターンで言っていることだ!) 関連づけ 見い出す アイデア (そういうことをしている・ (他の人の実践や  していたんだ!)  自分の経験) 状況 問題発見 デザイン (Problem Finding) 問題 (design) = 問題解決 (Problem Solving) 解決
  • 35. クリエイティブ・メディアとしてのパターン・ランゲージ(4)デザイン (いま取り組んでいる  デザインに活かせる!) 関連づけ 見い出す アイデア (そういうことをしている・ (パターン)  していたんだ!) 状況 問題発見 デザイン (Problem Finding) 問題 (design) = 問題解決 (Problem Solving) 解決
  • 36. パターン・ランゲージ 関連づけ Related Pattern 見い出す アイデア 状況 問題発見 デザイン (Problem Finding) 問題 (design) = 問題解決 (Problem Solving) 解決
  • 37. プレゼンテーションのパターン・ランゲージによる支援 A Pattern Language for Creative Presentations プレゼンテーション・パターン 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ Ver. 0.50 Presentation Patterns Project 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) プレゼンテーションの 「名づけ得ぬ質」を持つ 内容や語り手の個性 パターン・ランゲージ プレゼンテーション
  • 38. パターン・ランゲージ ・コミュニケーション・メディア ・クリエイティブ・メディア(発見メディア) コミュニケーションの連鎖 発見の連鎖
  • 39. パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援井庭 崇(Takashi Iba) @ World IA Day 2013 Tokyo 4. パターン・ランゲージのつくり方 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長)
  • 40. The Making ofCollaboration Patterns (Video)
  • 41. パターン・ランゲージのつくり方1. Element Mining 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) テーマについての ブレイン・ストーミング そのテーマについての 具体的な経験と秘訣 型のプロセス 「名づけ得ぬ質」の共有
  • 42. パターン・ランゲージのつくり方2. Visual Clustering 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) 具体的な経験・秘訣 「名づけ得ぬ質」を KJ法のプロセス 同士の関係性 構成するパターンの把握
  • 43. パターン・ランゲージのつくり方Structure Design●「3つ」でまとめる ・全体を3分割 ・パターンを3つで束ねる 7. 一体感をつくる 10. 自発的なコミットメント●中心をつくる(No.0) 6. レスポンス・ラリー 8. 9. 成長のリターン 貢献の領域 ・そのランゲージの説明を内部にもつ 5. 12. 共感のチームづくり 弱さの共有 11. ゆるやかなつながり 13. 感謝のことば 4. 成長のスパイラル 1. 15.●パターンの順序 未来への使命感 14. まとまった時間 創発的な勢い 2. 16. 33. 方法のイノベーション 創造の場づくり 感性を磨く 0. 創造的コラボレーション 17. 18. 活動の足あと 21. 意味のある混沌 ・前から読むことができる 32. つくり続ける強さ 3. 伝説をつくる ゴールへの道のり 22. 19. 臨機応変な動き アイデアをカタチに 30. 31. ・重要なものから 広がりの戦略 29. 世界の文脈 24. 世界を変える力 23. 飛躍のための仕込み 20. ファンをつくる インサイド・イノベーター 28. 期待を超える 25. クオリティ・ライン 26. こだわり合う 27. 一度こわす
  • 44. ラーニング・パターン No.21 No.23 隠れた関係性から学ぶ 鳥の眼と虫の眼 No.20 広がりと掘り下げの「T字」 No.24 量は質を生む No.19 No.22 フロンティアンテナ 右脳と左脳のスイッチ No.18 偶有的な出会い No.26 目的へのアプローチ No.16 No.17 動きのなかで考える No.27 No.25 捨てる勇気 フィールドに飛び込む 自分で考える No.15 No.2 学びのなかの遊び No.29 研究プロジェクト中心 「はなす」ことでわかる No.13 No.28 No.14 アウトプットから始まる学び 学びの共同体をつくる プロトタイピング No.30 No.0 ライバルをつくる 学びのデザイン No.12 No.1 No.3 言語のシャワー SFC マインドをつかむ SFC をつくる No.10 No.32 身体で覚える 外国語の普段使い No.11 No.31 成長の発見 教えることによる学び No.33 小さく生んで大きく育てる No.7 No.9 まずはつかる 教わり上手になる No.35 No.8 No.34 「書き上げた」は道半ば 「まねぶ」ことから 魅せる力 No.4 No.37 No.36 学びの竜巻 セルフプロデュース ゴール前のアクセル No.6 研究への情熱 No.38 No.5 断固たる決意 知のワクワク! No.39 突き抜ける
  • 45. プレゼンテーション・パターン 11. 12. 魅力のちょい足し 10. 適切な情報量 31. 独自性の追求 ぶんび両道 9. はてなの扉 14. リアリティの演出 8. 驚きの展開 15. 参加の場づくり 13. イメージの架け橋 7. メリハリ 16. 細部へのこだわり 2. 心に響くプレゼント 6. 図のチカラ 17. 表現のいいとこどり 5. ことば探し 0. 創造的プレゼンテーション 18. 不快感の撲滅 4. ストーリーライン 33. 生き方の創造 1. メインメッセージ 3. 成功のイメージ 19. スキマをつくる 30. 終わりが始まり 22. 場の仕上げ 20. きっかけスイッチ 29. 即興のデザイン 21. テイクホームギフト 23. 成功のリマインド 28. 世界 への導き 24. 自信感の構築 32. 魅せ方の美学 27. ひとりひとりに 26. 25. キャスト魂 最善努力
  • 46. コラボレーション・パターン 7. 一体感をつくる 10. 自発的なコミットメント 6. 9. レスポンス・ラリー 成長のリターン 8. 貢献の領域 5. 12. 共感のチームづくり 弱さの共有 11. ゆるやかなつながり 13. 感謝のことば 4. 成長のスパイラル 1. 15. 未来への使命感 14. まとまった時間 創発的な勢い 2. 16. 33. 方法のイノベーション 創造の場づくり 感性を磨く 0. 創造的コラボレーション 17. 18. 活動の足あと 21. 意味のある混沌 ゴールへの道のり 32. 3. つくり続ける強さ 伝説をつくる 22. 19. 臨機応変な動き アイデアをカタチに 30. 31. 広がりの戦略 世界の文脈 24. 世界を変える力 23. 29. 飛躍のための仕込み 20. ファンをつくる インサイド・イノベーター 28. 期待を超える 25. クオリティ・ライン 26. こだわり合う 27. 一度こわす
  • 47. コラボレーション・パターン 7. 一体感をつくる 10. 自発的なコミットメント 6. 9. レスポンス・ラリー 成長のリターン 8. 貢献の領域 5. 12. 共感のチームづくり 弱さの共有 11. ゆるやかなつながり 13. 感謝のことば 4. 成長のスパイラル 1. 15. 未来への使命感 14. まとまった時間 創発的な勢い 2. 16. 33. 方法のイノベーション 創造の場づくり 感性を磨く 0. 創造的コラボレーション 17. 18. 活動の足あと 21. 意味のある混沌 ゴールへの道のり 32. 3. つくり続ける強さ 伝説をつくる 22. 19. 臨機応変な動き アイデアをカタチに 30. 31. 広がりの戦略 世界の文脈 24. 世界を変える力 23. 29. 飛躍のための仕込み 20. ファンをつくる インサイド・イノベーター 28. 期待を超える 25. クオリティ・ライン 26. こだわり合う 27. 一度こわす
  • 48. ジェネレイティブ・ビューティー・パターンGenerative 24 運命的な出会い 25 好きなものに囲まれるBeauty 26 ブランドがもつ世界観 27 おしゃれの隠し味 28 おしゃれ発散日Patterns 29 なんでもできる日 30 恋を楽しむ 01 メイクの魔法 02 チャームポイント 31 気分回復 03 モデル気分 32 テンションアップ 04 コーディネートの出発点 33 やる気のスイッチ 05 仕上げのアクセント 34 聞き役からはじめる 06 季節との一体感 35 相手の世界に飛び込む 07 流行のアレンジ 36 いろんな自分らしさ 08 お気に入りポイント 09 おすみつきのおしゃれ 10 身近なヒント 37 ぼーっと時間 11 イメチェン 38 原点にもどる 12 シンデレラモード 39 過去のパワー 13 素顔メイク 40 ロールモデル 14 小さな達成感 41 自分らしい輝き方 15 自分のための時間 42 マイ・ストーリー 16 プラス思考 17 振り切る勇気 18 相性チェック 43 丁寧な生き方 19 買物上手 44 知性を磨く 20 お手入れ上手 45 穏やかな深み 21 バランスごはん 46 素直な共感 22 からだリズム 47 気づきのこころ 23 未来へのかたちづくり 48 陽だまりづくり
  • 49. パターン・ランゲージのつくり方Structure Design 7. 一体感をつくる 10. 自発的なコミットメント 6. 9. レスポンス・ラリー 成長のリターン 8. 貢献の領域 5. 12. 共感のチームづくり 弱さの共有 11. ゆるやかなつながり 13. 感謝のことば 4. ●「3つ」でまとめる 成長のスパイラル 1. 未来への使命感 14. 15. まとまった時間 創発的な勢い 2. 16. 33. 方法のイノベーション 創造の場づくり 感性を磨く 0. ● 中心をつくる(No.0) 創造的コラボレーション 17. 18. 活動の足あと 21. 意味のある混沌 ゴールへの道のり 32. 3. つくり続ける強さ 伝説をつくる 22. 19. 臨機応変な動き アイデアをカタチに 30. ● パターンの順序 31. 広がりの戦略 世界の文脈 24. 世界を変える力 23. 29. 飛躍のための仕込み 20. ファンをつくる インサイド・イノベーター 28. 期待を超える 25. クオリティ・ライン 26. こだわり合う 27. 一度こわす 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長) パターン同士 パターン・ランゲージ 「3つ」でまとめる の関係性 の体系
  • 50. パターン・ランゲージによる自生的秩序の支援井庭 崇(Takashi Iba) @ World IA Day 2013 Tokyo 5. これから取り組みたいこと 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長)
  • 51. これから取り組みたいこと◎ さらに新しい分野のパターン・ランゲージの制作 防災 / 「なつかしい未来」 / グローバルな生き方 / ……◎ パターン・ランゲージをつくる人をつくる, 新しい仕組みづくり 政策 / 教育 / 経営 / ……◎ パターン・ランゲージの活用を支援 情報システム / 映像 / ……
  • 52. 1月21日 (月) @ λ23教室 6限 Creative Media Lab: 創造社会を支える方法・道具をつくる ※履修希望者は、 どちらかの説明会に必ず参加してください。の作成)ジの作成)成) & 新しい政策形成の仕組みづくり)くり)ゲージの作成 & 新しい教育の仕組みづくり) 新しい領域で、ークショップの開発) クリエイティブ・メディアをつくる構築)
  • 53. Creative Media Lab: 創造社会を支える方法・道具をつくる■ 創造的な生き方 ̶ Ways of Creative Living (1) Survival Language Project(大地震で生きのびるためのパターン・ランゲージの作成) (2) “old good future” Project(”古き良き未来”をつくるためのパターン・ランゲージの作成) (政策デザインのためのパターン ランゲージの作成 & 新しい政策形成の仕組みづく ・ り) (3) Global (つくることによる学びを支援するパターン・ランゲージの作成 & 新しい教育の仕組みづくり) Life Project(グローバルな時代の生き方のパターン・ランゲージの作成)■ 創造的な社会のあり方 ̶ Foundation for Creative Society (4) Policy Language Project(政策デザインのためのパターン・ランゲージと仕組みづくり) (5) Creative Management Project(企業・組織の創造性を高めるための仕組みづくり) (6) Creative Education Project(つくることによる学びの支援と仕組みづくり)■ 漸進的成長の仕組み ̶ Tools for Piecemeal Growth (7) Generative Beauty Project( いきいきとした美の発見を支援するシステムの開発) (8) Diagnosis Systems Project( 漸進的成長を支援するパターン診断システムの構築) (9) Pattern Filming Project( パターン・ランゲージに関する映像制作)
  • 54. 具体的なボトムアップ × 抽象的な枠組み → 自生的秩序 (自由・多様) (制約) (成長)
  • 55. パターン・ランゲージによる 自生的秩序の支援自生的秩序(Spontaneous Order)• 外部からトップダウンに形成される秩序ではなく、自分自身で成長し、形成される秩序• 単なるボトムアップの集合ではない• 秩序をゆるやかに束ねる抽象的な枠組みが重要 F・A・ハイエク『法と立法と自由 I ─ ルールと秩序』(春秋社、2007)
  • 56. World IA Day 2013 Tokyoパターン・ランゲージによる 自生的秩序の支援 Spontaneous Order with Pattern Languages 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba