Your SlideShare is downloading. ×
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Workshop Design #1・2 ワークショップのつくり方「全体を分化させていく」

2,933

Published on

Published in: Design
0 Comments
27 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,933
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
53
Comments
0
Likes
27
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Workshop Design Keio SFC 2014 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba ©Takashi Iba, 2014 2014年4月7日 #1・2
  • 2. ワークショップをつくる Workshop Design
  • 3. ワークショップをつくる いきいきとした創造的な
  • 4. Dialogue Workshop with the Presentation Patterns プレゼンテーションについての 対話ワークショップ ワークショップ体験
  • 5. 慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス) 総合政策学部 1年生 約450人 学びの対話ワークショップ 環境情報学部 1年生 約450人
  • 6. Ver. 0.50 Presentation Patterns Project 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations 1. メインメッセージ 2. 心に響くプレゼント 3. 成功のイメージ 4. ストーリーライン 5. ことば探し 6. 図のチカラ 7. メリハリ 8. 驚きの展開 9. はてなの扉 10. ぶんび両道 11. 適切な情報量 12. 魅力のちょい足し 13. イメージの架け橋 14.リアリティの演出 15. 参加の場づくり 16. 細部へのこだわり 17. 表現のいいとこどり 18. 不快感の撲滅 19. スキマをつくる 20. きっかけスイッチ 21. テイクホームギフト 22. 場の仕上げ 23. 成功のリマインド 24. 自信感の構築 25. キャスト魂26. 最善努力 27. ひとりひとりに 28. 世界 への導き 29. 即興のデザイン 30. 終わりが始まり 31. 独自性の追求 32. 魅せ方の美学 33. 生き方の創造 0. 創造的プレゼンテーション プレゼンテーション・パターン 創造的プレゼンテーション のパターン・ランゲージ
  • 7. イメージの架け橋 リアリティの演出 参加の場づくり 細部へのこだわり 表現のいいとこどり 不快感の撲滅 スキマをつくる きっかけスイッチ テイクホームギフト 場の仕上げ 成功のリマインド 自信感の構築 キャスト魂 最善努力 ひとりひとりに 世界 への導き 即興のデザイン 終わりが始まり 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations 創造的プレゼンテーション メインメッセージ 心に響くプレゼント 成功のイメージ ストーリーテリング ことば探し 図のチカラ メリハリ 驚きの展開 はてなの扉 ぶんび両道 適切な情報量 魅力のちょい足し 独自性の追求 魅せ方の美学 生き方の創造 名前 経験あり→ パターン名を    で囲む 取り入れたい → パターン名の横に を書く
  • 8. 【準備】自分が「経験したことがあるパターン」(具体的事例が
 思い出せるもの)をすべて「丸」で囲む。 Dialogue Workshop with the Presentation Patterns プレゼンテーションについての 対話ワークショップ + 未経験のもののなかで、 「これから取り入れたいと思 うパターン」を選んで、 「☆」印をつける。 イメージの架け橋 リアリティの演出 参加の場づくり 細部へのこだわり 表現のいいとこどり 不快感の撲滅 スキマをつくる きっかけスイッチ テイクホームギフト 場の仕上げ 成功のリマインド 自信感の構築 キャスト魂 最善努力 ひとりひとりに 世界 への導き 即興のデザイン 終わりが始まり 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations 創造的プレゼンテーション メインメッセージ 心に響くプレゼント 成功のイメージ ストーリーライン ことば探し 図のチカラ メリハリ 驚きの展開 はてなの扉 ぶんび両道 適切な情報量 魅力のちょい足し 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 独自性の追求 魅せ方の美学 生き方の創造 31 32 33 名前 名前 ※「プレゼンテーション」 =広い意味での表現・発表
  • 9. イメージの架け橋 リアリティの演出 参加の場づくり 細部へのこだわり 表現のいいとこどり 不快感の撲滅 スキマをつくる きっかけスイッチ テイクホームギフト 場の仕上げ 成功のリマインド 自信感の構築 キャスト魂 最善努力 ひとりひとりに 世界 への導き 即興のデザイン 終わりが始まり 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations 創造的プレゼンテーション メインメッセージ 心に響くプレゼント 成功のイメージ ストーリーテリング ことば探し 図のチカラ メリハリ 驚きの展開 はてなの扉 ぶんび両道 適切な情報量 魅力のちょい足し 独自性の追求 魅せ方の美学 生き方の創造 名前 経験あり→ パターン名を    で囲む 取り入れたい → パターン名の横に を書く
  • 10. No. Creative Presentation 創造的プレゼンテーション プレゼンテーションとは、 単なる 伝達 ではなく、 創造 の営みである。 No.0
  • 11. No. Main Message メインメッセージ 今、最も伝えたいことは何だろうか? No.1
  • 12. No. Touching Gift 心に響くプレゼント プレゼンテーションは、聞き手へのプレゼント。 No.2
  • 13. Image of Success 成功のイメージ プレゼンテーションによって聞き手がどうなることが 理想なのか。そのイメージを持つ。 No.3
  • 14. Dramatic Modulation メリハリ 変化に富むリズムで、時間展開をデザインする。 No.7
  • 15. Unexpected Evolution 驚きの展開 ときには、聞き手の予想の外側へ。 No.8
  • 16. Doors of Mystery はてなの扉 次々と謎が解決していく爽快感を。 No.9
  • 17. Participation Driver 参加の場づくり 聞き手とともにつくり上げるプレゼンテーション。 No.15
  • 18. Quality in Details 細部へのこだわり 全体のクオリティは細部に宿る。 No.16 DINOSAUR グッド グレート
  • 19. Significant Void スキマをつくる 意味のある省略をする。 No.19 『空』は完全な『無』と概念的に混同されやすいが、実際には無限の可能性を蔵している。ー
  • 20. Activation Switch きっかけスイッチ 次の行動に移すためのきっかけづくり。 No.20
  • 21. Take-Home Gift テイクホームギフト 自分の考え・アイデアが自然に広まる「お土産」をつくる。 No.21
  • 22. Invitation to the World 世界 への導き 徹底した世界観が聞き手の感動を生む。 No.28
  • 23. Improvised Presentation 即興のデザイン 「即興」と「行き当たりばったり」は、まったく違う。 No.29
  • 24. イメージの架け橋 リアリティの演出 参加の場づくり 細部へのこだわり 表現のいいとこどり 不快感の撲滅 スキマをつくる きっかけスイッチ テイクホームギフト 場の仕上げ 成功のリマインド 自信感の構築 キャスト魂 最善努力 ひとりひとりに 世界 への導き 即興のデザイン 終わりが始まり 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations 創造的プレゼンテーション メインメッセージ 心に響くプレゼント 成功のイメージ ストーリーテリング ことば探し 図のチカラ メリハリ 驚きの展開 はてなの扉 ぶんび両道 適切な情報量 魅力のちょい足し 独自性の追求 魅せ方の美学 生き方の創造 名前 経験あり→ パターン名を    で囲む 取り入れたい → パターン名の横に を書く
  • 25. 自分が「取り入れたいパターン」を、すでに経験している人を 探す。見つけたら、その人の経験談を聞く。 逆に、自分の「経験したパターン」を取り入れたい人がいたら、 その人に、経験談を話す。 Dialogue Workshop with the Presentation Patterns プレゼンテーションについての 対話ワークショップ ルール:知らない人と話す
  • 26. イメージの架け橋 リアリティの演出 参加の場づくり 細部へのこだわり 表現のいいとこどり 不快感の撲滅 スキマをつくる きっかけスイッチ テイクホームギフト 場の仕上げ 成功のリマインド 自信感の構築 キャスト魂 最善努力 ひとりひとりに 世界 への導き 即興のデザイン 終わりが始まり 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations 創造的プレゼンテーション メインメッセージ 心に響くプレゼント 成功のイメージ ストーリーテリング ことば探し 図のチカラ メリハリ 驚きの展開 はてなの扉 ぶんび両道 適切な情報量 魅力のちょい足し 独自性の追求 魅せ方の美学 生き方の創造 名前 経験あり→ パターン名を    で囲む 取り入れたい → パターン名の横に を書く
  • 27. 0" 5" 10" 15" 20" 25" 30" 35" 40" 45" 50" 55" 60" 創造的プレゼンテーション メインメッセージ 心に響くプレゼント 成功のイメージ メリハリ 驚きの展開 はてなの扉 参加の場づくり 細部へのこだわり スキマをつくる きっかけスイッチ テイクホームギフト 世界 への導き 即興のデザイン 各パターンの経験者人数@Workshop Design 2014
  • 28. Dialogue Workshop with the Presentation Patterns プレゼンテーションについての 対話ワークショップ 解剖・分析
  • 29. ワークショップをつくる いきいきとした創造的な
  • 30. ワークショップのつくり方
  • 31. 部分を足していく ワークショップのつくり方
  • 32. 全体を分化させていく ワークショップのつくり方
  • 33. ワークショップのつくり方 「いきいきとしたワークショップ」を ひとつの「まとまり」(全体: whole) としてイメージする 全体を分化させていく
  • 34. 「いきいきとしたワークショップ」を ひとつの「まとまり」(全体: whole) としてイメージする ワークショップのつくり方 そのワークショップにおける 「中心的なこと」(strong center) は何かを考える 全体を分化させていく
  • 35. ワークショップのつくり方 「いきいきとしたワークショップ」を ひとつの「まとまり」(全体: whole) としてイメージする そのワークショップにおける 「中心的なこと」(strong center) は何かを考える その「中心的なこと」を 支えるもの・ことを考える 全体を分化させていく
  • 36. ワークショップのつくり方 「いきいきとしたワークショップ」を ひとつの「まとまり」(全体: whole) としてイメージする そのワークショップにおける 「中心的なこと」(strong center) は何かを考える その「中心的なこと」を 支えるもの・ことを考える それぞれのこと・もののなかで 大切なことを詰めていく全体を分化させていく
  • 37. 全体を分化させていく ワークショップのつくり方
  • 38. 全体を分化させていく ワークショップのつくり方 やるべきことをこの通りにやるときに、 どうやったら、盛り上がるか? いきいきとしたワークショップを 具体的にどう実践するか? 部分を足していく
  • 39. ワークショップのつくり方 プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 40. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 41. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 42. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 43. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 44. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 45. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 46. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 47. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 48. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 49. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 50. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 51. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 52. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 53. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 54. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 55. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 56. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 57. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 58. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 59. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 60. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 61. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 62. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 63. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 64. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 65. 全体を分化させていく プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 66. Autopoiesis Wholeness Francisco Varela Humberto Maturana Niklas Luhmann Christopher! Alexander Autopoietic systems
  • 67. 「部分」は「全体」により導かれ、「全体」からつくり出 される 「全体」が「部分」からつくり出されるのではありません。 花は花びらからつくられるのではありません。花びらは花に おける位置とその役割によってつくり出されているのです。 これは、私たちがこれまで慣れ親しんできたものごとの概念 とは、全く異なります。この新しい概念では、「全体」が常 に存在し、まず、構造としての「全体性」から考えていくの です。 全体性は部分でできており、「『部分』は『全体性』からつ くり出される」―――この一見矛盾する(安易に表現される ために、矛盾したように見えるだけなのですが)論理こそが、 「全体性」の本質を根源的に表現している、と言えるのです。 「全体性」を理解するためには、まず「部分」と「全体」が このような全一的関係によって作用するという概念を持たな ければなりません。 『ザ・ネイチャー・オブ・オーダー:建築の美学 と世界の本質 ― 生命の現象』(クリストファー・ アレグザンダー, 鹿島出版会, 2013) Christopher Alexander, The Nature of Order, BOOK ONE: The Phenomenon of Life, The Center for Environmental Structure, 2002
  • 68. 1. スケールの段階性(Levels Of Scale) 2. 力強いセンター(Strong Centers) 3. 境界(Boundaries) 4. 交互反復(Alternating Repetition) 5. 正の空間(Positive Spaces) 6. 良い形(Good Shape) 7. 局所的に現れるシンメトリー(Local Symmetries) 8. 深い相互結合と両義性(Deep Interlock and Ambiguity) 9. 対比(Contrast) 10. 段階的変容(Gradients) 11. 粗っぽさ(Roughness) 12. 共鳴(Echoes) 13. 空(くう)(TheVoid) 14. 簡潔さと静謐さ(Simplicity and Inner Calm) 15. 不可分であること(Not-Separateness) 15の基本特性 『ザ・ネイチャー・オブ・オーダー:建築の美学 と世界の本質 ― 生命の現象』(クリストファー・ アレグザンダー, 鹿島出版会, 2013) Christopher Alexander, The Nature of Order, BOOK ONE: The Phenomenon of Life, The Center for Environmental Structure, 2002
  • 69. Levels Of Scale Boundaries 1. スケールの段階性 3. 境界 Strong Centers 2. 力強いセンター Alternating Repetition Good Shape 4. 交互反復 6. 良い形 Positive Spaces 5. 正の空間 Local Symmetries Contrast 7. 局所的に現れるシンメトリー 9. 対比 Deep Interlock and Ambiguity 8. 深い相互結合と両義性 Gradients Echoes 10. 段階的変容 12. 共鳴 Roughness 11. 粗っぽさ Not-SeparatenessThe Void 13. 空(くう) Simplicity and Inner Calm 14. 簡潔さと静謐さ 15. 不可分であること パターン・ランゲージ Reality リアリティ プラス Pattern Languages 創造的な未来をつくるための言語 中 埜 博 NakanoHiroshi 江 渡 浩 一 郎 EtoKoichiro 中 西 泰 人 NakanishiYasuto 竹 中 平 蔵 TakenakaHeizō 羽 生 田 栄 一 EiitiHanyuda 井 庭 崇[ 編 著 ] IbaTakashi パ タ ー ン・ ラ ン ゲ ー ジ 定価(本体 2,400円+税) 創造的な社会へ 応急処置的な社会から、 中埜 博 江渡浩一郎 中西泰人 竹中平蔵 羽生田栄一 井庭 崇 パターン・ランゲージによって、私たちはどのような未来をつくることができるのか? 気鋭の社会学者・井庭崇が、中埜博、江渡浩一郎、中西泰人、竹中平蔵、羽生田栄一 という各界のフロントランナーを迎え、徹底討論。 読者のリアリティに、新たな知をプラスする [ 編 著 ] パ タ ー ン・ ラ ン ゲ ー ジ !! 『パターン・ランゲージ:創造的な未来を つくるための言語』(井庭 崇 編著, 中埜博, 江渡浩一郎, 中西泰人, 竹中平蔵, 羽生田栄一, 慶應義塾大学出版会, 2013)p.327 15の基本特性のイメージ
  • 70. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合
  • 71. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合 Strong Centers 2. 力強いセンター
  • 72. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合 Alternating Repetition 4. 交互反復 Local Symmetries 7. 局所的に現れるシンメトリー Roughness 11. 粗っぽさ
  • 73. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合 Deep Interlock and Ambiguity 8. 深い相互結合と両義性 Echoes 12. 共鳴
  • 74. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合 Boundaries 3. 境界
  • 75. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合 Contrast 9. 対比
  • 76. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合 The Void 13. 空(くう)
  • 77. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合 Deep Interlock and Ambiguity 8. 深い相互結合と両義性 Positive Spaces 5. 正の空間 Levels Of Scale 1. スケールの段階性
  • 78. プレゼンテーションについての 対話ワークショップの場合 Not-Separateness 15. 不可分であること
  • 79. Levels Of Scale Boundaries 1. スケールの段階性 3. 境界 Strong Centers 2. 力強いセンター Alternating Repetition Good Shape 4. 交互反復 6. 良い形 Positive Spaces 5. 正の空間 Local Symmetries Contrast 7. 局所的に現れるシンメトリー 9. 対比 Deep Interlock and Ambiguity 8. 深い相互結合と両義性 Gradients Echoes 10. 段階的変容 12. 共鳴 Roughness 11. 粗っぽさ Not-SeparatenessThe Void 13. 空(くう) Simplicity and Inner Calm 14. 簡潔さと静謐さ 15. 不可分であること 15の基本特性
  • 80. 全体を分化させていく ワークショップのつくり方
  • 81. 第1回 イントロダクション (4/7) 第2回 ワークショプと設計意図 (4/7) ! 第3回 ゲスト・ファシリテーターによるワークショップ実践 (4/14) 第4回 ゲスト・ファシリテーターによるワークショップ解説 (4/14) ! 第5回 ワークショップの設計 (4/21) 第6回 振り返りと評価の設計 (4/21) ! 第7回 プロトタイプ・ワークショップの実践(1) (4/28) 第8回 プロトタイプ・ワークショップの実践(2) (4/28) ! 第9回 ワークショップ・ファシリテーション実践(1) (5/12) 第10回 ワークショップ・ファシリテーション実践(2) (5/12) ! 第11回 ワークショップ・ファシリテーション実践(3) (5/19) 第12回 ワークショップ・ファシリテーション実践(4) (5/19) ! 第13回 ワークショップ・ファシリテーション実践(5) (5/26) 第14回 振り返りと総括 (5/26) Workshop Design 2014
  • 82. パターン・ランゲージは、いきいきとした「質」を生み出す創造の言語。 ! 過去の成功に潜む共通パターンを言語化する。 ! パターンには、「デザインの知」(問題発見+問題解決の知)が記述される。 ・どのような状況(Context)のときに ・どのような問題(Problem)が生じやすく ・それをどのように解決すればよいのか(Solution) 状況 問題 解決 問題発見 (Problem Finding) 問題解決 (Problem Solving) デザイン (design) Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem SolutionContext Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern パターン・ランゲージ
  • 83. Pattern Name Problem Solution Context Forces ConsequenceActions この状況 において これらの力 が働くので そこで その結果 例えば POSITIVE NEGATIVE Image (Pattern Name の案) Pattern Writing Sheet 井庭 崇(Takashi Iba)作の「Pattern Writing Sheet」は、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。ライセンスについての詳細は、http://creativecommons.jp/ licenses/ をご参照ください。営利利用をご希望の方は、メールにて事前のご相談をお願いします。なお、 非営利の活用・実践事例もぜひご報告いただければと思います。【連絡先】contact@creativeshift.jp Ver.0.90 Takashi Iba, 2014 Subject 3 5 7 4-1 4-2 1 2-1 6-1 2-2 6-2 何の分野・行為における「いきいきとした質」 を実現するためのパターンを書きたいのか? それ(Solution)をしないと、 どのような問題が生じてしまうのだろうか? なぜその問題(Problem)が生じてしまうのだろうか? その背後にはどのような「力」が働いているのだろうか? この問題(Problem)が生じるのは、 どのような状況(文脈)だろうか? このパターンの本質を「象徴的」かつ「端的」に表す名前をつける。 原則として「名詞+名詞」か「形容・限定する言葉+名詞」の造語。 共通言語として使えそうか、実際に口に出して確かめる。 それをより具体的に 言うと、例えば… その結果、どうなるのだろうか? +:問題が解決されるポジティブな結果(いきいきした状態) ー:副作用として生じるネガティブな結果(他のパターンへ) このパターンにはどのような 要素があり、どのような動きを 含んでいるのか、図や絵で描く。 パターン名 の決定! パターンの本質を イメージで捉える。 その分野・行為 において、とて も大切だと思う こと、こだわり、 秘訣は何だ ろうか? 自分の後輩・新人にどうしても伝えたいと思うことは何か? そのひとつをここに書く。 パターンの 本質を表す 言葉をつくる。 フォース(力)とは、変えることができない 法則や傾向のこと。相異なる方向性の複数の フォースが働いているために問題が生じる。 つまり、それを 抽象的に言うと… 状況(文脈)が変われば、問題は生じなくなる。 問題が生じるのはどういうときなのかを特定する。 イメージもパターン名の参考にする。 with Instructions
  • 84. パターン・ランゲージ Reality リアリティ プラス Pattern Languages 創造的な未来をつくるための言語 中 埜 博 NakanoHiroshi 江 渡 浩 一 郎 EtoKoichiro 中 西 泰 人 NakanishiYasuto 竹 中 平 蔵 TakenakaHeizō 羽 生 田 栄 一 EiitiHanyuda 井 庭 崇[ 編 著 ] IbaTakashi パ タ ー ン・ ラ ン ゲ ー ジ 定価(本体 2,400円+税) 創造的な社会へ 応急処置的な社会から、 中埜 博 江渡浩一郎 中西泰人 竹中平蔵 羽生田栄一 井庭 崇 パターン・ランゲージによって、私たちはどのような未来をつくることができるのか? 気鋭の社会学者・井庭崇が、中埜博、江渡浩一郎、中西泰人、竹中平蔵、羽生田栄一 という各界のフロントランナーを迎え、徹底討論。 読者のリアリティに、新たな知をプラスする [ 編 著 ] パ タ ー ン・ ラ ン ゲ ー ジ !! 『パターン・ランゲージ:創造的な未来を つくるための言語』(井庭 崇 編著, 中埜博, 江渡浩一郎, 中西泰人, 竹中平蔵, 羽生田栄 一, 慶應義塾大学出版会, 2013)p.327 『ザ・ネイチャー・オブ・オーダー: 建築の美学と世界の本質 ― 生命の現象』 (クリストファー・アレグザンダー, 鹿 島出版会, 2013) 『社会システム理論:不透明な社会 を捉える知の技法』(井庭 崇 編著, 宮台 真司. 熊坂 賢次, 公文 俊平, 慶應 義塾大学出版会, 2011)

×