経験を語るメディアとしての パターン・ランゲージ
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

経験を語るメディアとしての パターン・ランゲージ

  • 2,115 views
Uploaded on

日本マーケティングサイエンス学会研究部会における講演

日本マーケティングサイエンス学会研究部会における講演

More in: Design , Education , Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
2,115
On Slideshare
2,115
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
27
Comments
0
Likes
3

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 経験を語るメディアとしての パターン・ランゲージ 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba
  • 2. Takashi Iba 井庭 崇 Associate Professor, Faculty of Policy Management Ph.D. in Media and GovernanceResearch Interests- Theory and methodology of creative processesTeaching- Social Systems Theory- Simulation Design- Pattern Language- Complex System TheoryResearch Project- Making New Pattern Languages- Social Analysis with Social Systems Theory
  • 3. 世界の構成要素
  • 4. http://articles.sfgate.com/2006-02-03/entertainment/17283368_1_mathematical-practical-architecture Chronicle / Jerry Telfer Christopher Alexander
  • 5. the most basic problem of a building or town: What is it made of?What is its structure? What is its physical essence? What are thebuilding blocks of which its space is made?建物や町をつくるものは何か、それはどんな構造なのか、その物理的な本質は何か、その空間を組み立てる積み木とはどんなものであろうか ブロック C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 6. the “elements,” which seem like elementary building blocks, keepvarying, and are different every time that they occur.「要素」は単純な積み木に見えても、実は変化しつづけ、現れるたびに異なる C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 7. If the elements are different every time that they occur, evidentlythen, it cannot be the elements themselves which are repeating in abuilding or a town: these so-called elements cannot be the ultimate“atomic” constituents of scape.要素自体が毎回変化するとなれば、もはやそれは建物や町にくり返し発生する要素にはなり得ない。つまり、この要素と称するものは空間を構成する究極の「原子」とは言えないのである。 C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 8. We may notice first that over and above the elements, there arerelationships between the elements which keep repeating too, justas the elements themselves repeatまず注目したいのは、要素と要素との関係も、要素そのもの以上にくり返し発生するということである。 C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 9. Beyond its elements each building is defined by certain patterns ofrelationships among the elements.個々の建物は、その要素以上に、各要素間の関係の一定のパタンによって定義される。 C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 10. When we look closer still, we realize that even this view is still notvery accurate. For it is not merely true that the relationships areattached to the elements: the fact is that the elements themselvesare patterns of relationships.さらに詳しく見ていくと、このような見方ですらまだ十分に正確とは言えないことが分かる。つまり、関係が要素の属性であるばかりか、実は要素そのものが関係のパタンなのである。 C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 11. And finally, the things which seem like elements dissolves, andleave a fabric of relationships behind, which is the stuff thatactually repeats itself, and gives the structure to a building or atown.結局、初めは要素と思えたものが消滅し、後に関係という骨組みが残り、それこそが実際にくり返し発生する特性であり、建物や町に構造をもたらすのである。 C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 12. 関係性
  • 13. 問題発見・問題解決
  • 14. At the moment when a person is faced with an act of design, hedoes not have time to think about it from scratch.設計行為に直面する時、わざわざ白紙から考え出すような暇な人間はいない。 C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 15. the only way of acting fast is to rely on the various rules of thumbwhich he has accumulated in his mind. In short, each one of us, nomatter how humble, or how elevated, has a vast fabric of rules ofthumb, in our minds, which tell us what to do when it comes timeto act.迅速に行動する唯一の方法は、自分の頭に蓄積されたさまざまな経験則に頼ることである。要するに、私たち一人一人の頭の中には、慎ましいものであれ高尚なものであれ、おびただしい数の経験則が織り込まれており、行動の時がくれば何をすべきかを教えてくれるのである。 C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 16. When a person is faced with an act of design, what he does is governedentirely by the pattern language which he has in his mind at thatmoment. Of course, the pattern languages in each mind are evolving allthe time, as each person’s experience grows. But at the particularmoment he has to make a design, he relies entirely on the patternlanguage he happens to have accumulated up until that moment.設計行為に直面した人のとる行動は、その時点での自分の頭にあるパタン・ランゲージに支配されている。もちろん、各人の記憶にあるパタン・ランゲージは、各人の体験の成長とともにつねに進化する。だが、彼に設計の必要が生じる特定の時点では、たまたまその時点までに集積されたパタンに全面的に頼らねばならない。 C. Alexander, The Timeless Way of Building, Oxford University Press, 1979.http://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Alexander 『時を超えた建設の道』(C・アレグザンダー, 鹿島出版会, 1993)
  • 17. 問題発見・問題発見のコツに名前をつける
  • 18. 問題発見・問題発見のコツに名前をつけるパターン・ランゲージ Pattern Language
  • 19. パターン・ランゲージ とは‣ ある特定の領域における「デザインの知」(design knowledge;問題発 見+問題解決の知)が記述された言語。‣ どのような「状況」(context) で、どのような「問題」(problem) が生じ やすく、それをどう「解決」(solution) すればよいのかが記述される。‣ デザイン行為と、デザインに関するコミュニケーションを支援する目的 で作成される。‣ 単なるノウハウの記述ではなく、生き生きとした「全体性」や「質」を 生み出すための生成的な構造・過程の探究・再現を目指した建築家 クリ ストファー・アレグザンダーによって考案された方法・道具。
  • 20. デザインとは、問題発見・解決である。 design Context Problem Finding Problem Problem Solving Solution C. Alexander, Notes on the Synthesis of Form, Harvard University Press, 1964 『形の合成に関するノート』(クリストファー・アレグザンダー, 稲葉武司 訳, 鹿島出版会, 1978)
  • 21. Context Problem Finding Problem design Problem Solving Solution “design knowledge”!"#7!"# !"#$%& $"%&"%()*+,)%"%-./0%+&%1+(%2".3%4"//.&+2%5"3%6),3&)3*# 8".%(,9)%,63),:2%5".&:%()%4,&:+:,)%4"//.&+2%"5%6),3&)3*%3)6,):%"%2".3% +&)3)**# ()"%*+,%-./00%1)"2.3"0%45,.5,+%.5,%6)##"/.7%/-%+,*007%-"/.*20,%3)+% 7)"8 pattern language designer % %".*+:)# % %+*%&"%.&+6%2".%6),3&%(,%2".%3),662%.&:)3*,&:%1(,%2".%1,&):%"% 6),3&#% %;()3)5"3) !"#$%/%.5,%6)##"/.7%3)+%7)"+%0,*+/98 !"#$%&$()%*+,-+.$%/+$.%0+)%.$)%)+%1+2%3$*(4.$%#$%5.%50.-5$/6%34)%3$7 *+,$.%50.-5$/%3$*(4.$%#$%5.%1+250&89%:%;0$.)%<$1,(0 % !=(2$%4-%>+4%,50/%)+%(*)%/$*5/$/?>%(0/%)(2$%)#$%*+0.$@4$0*$.8%<+%&++/% % <=*)39)%()%)9)&*%(,%(,00)&%()3)%,&:%6),3&%53"/%()%/)/=)3*# 5.%$A$%/+0$%50%)#5.%1+?/%3>%#$.5)()5+089%:%"#+,(.%B4C?$> % >&?,?)%+&%()%,4+9+2%1+(%,66%2".3%)55"3%,*%0"**+=6)# % @5)3% ,% 0)3+":% "5% +/)% (,*% )6,0*):A% 3)56)4% "&% 2".3% :)4+*+"&% "5% ()% !D+4%0$A$%20+1%1#()%>+4%*(0%/+%)5??%>+4%)>89%:%E+A$3 4"//.&+2%,&:%3)/,B)%,%06,&%"5%6),3&+&?#
  • 22. C. Alexander, S. Ishikawa, M. Silverstein,A Pattern Language: Towns, Buildings, Construction,Oxford University Press, 1977 http://stephania32.wordpress.com/ Christopher Alexander
  • 23. アレグザンダーの問題意識 Design under Complexity デザイン行為にあたり、複雑さにどう対峙すれば よいのか? Living & Growing Whole 「生き生き」とし、多様性がありながら、調和が とれている全体を、どうつくることができるのか? User-Controlled Design 住人たちが、自分たちでつくり、自分たちで育て ることができるためには、どうすればよいか?http://www.anus.com/zine/articles/alexis/beauty/
  • 24. A Pattern Language: Towns, Buildings, ConstructionChristopher Alexander, Sara Ishikawa, Murray SilversteinOxford University Press1977
  • 25. 121. Path Shape * 121. 歩行路の形 * 街路は、今日見られるような単なる通過空間では なく、人の留まれる場所にせねばならない。  何世紀ものあいだ、都市生活者にとって家のす ぐ外で利用できる公共空間は街路であった。とこ ろが現代都市の街路は、数々の狡猾な手段で、 「留まる」場所ではなく「通り過ぎる」場所にさ せられている。これを助長したのは、ぶらぶら歩 きを犯罪と見なす規制、街路の外側に比べて街路 自体の魅力の欠如、自宅に閉じ込もらざるを得な いほどの街路の吸引力の不足などである。Streets should be for staying in, and not justfor moving through, the way they are today. For centuries, the street provided city dwellerswith usable public space right outside theirhouses. Now, in a number of subtle ways, themodern city has made streets which are for“going through,” not for “staying in.” This isreinforced by regulations which make it a crimeto loiter, by the greater attractions inside the sideitself, and by streets which are so unattractive tostay in, that they almost force people into theirhouses.
  • 26. 121. Path Shape * 121. 歩行路の形 * From an environmental standpoint, the essence  環境的な見地から見ると、問題の本質は、街路がof the problem is this: streets are “centrifugal” 「遠心的」であって「求心的」でないということにnot “centripetal”: they drive people out instead なる。つまり、人びとを引きつける代りに追い出しof attracting them in. In order to combat thiseffect, the pedestrian world outside houses must てしまうのである。このような効果に対抗するにbe made into the kind of place where you stay, は、屋外の歩行世界を、移行の場所ではなく留まるrather the kind of place you move through. It 場所にせねばならない。要するに、単なる街路よりmust, in short, be made like a kind of outsidepublic room, with a greater sense of enclosure も包囲感の大きいある種の公共戸外室のような空間then a street. にする必要がある。 This can be accomplished if we make  これは、たとえば住宅地域の街路に、平面的に微residential pedestrian streets subtly convex inplan with seats and galleries around the edges, 妙なふくらみをつけ、周囲に腰掛けや外廊を設け、and even sometimes roof the streets with beams 場合によっては梁や格子棚を上に渡せば、達成できor trelliswork. る。 Therefore: したがって、 Make a bulge in the middle of public path, 公共歩行路の中間部にふくらみをつけ、端部はしぼ and make the ends narrower, so that the path forms an enclosure which is a place to ること。そうすれば、囲われた場所が形成され、人 stay, not just a place to pass through. がただ通り過ぎるだけでなく留まる場所になる。
  • 27. 124. Activity Pockets ** 124. 小さな人だまり ** 公共広場の生活は、自然にその外縁部に形成され る。外縁に失敗すると、けっして生き生きとした 広場空間にはならない。 より詳しく言えば、人は自然に公共空間の外縁に 集まり、だだっ広い空間ではぶらつかないという ことである。広場の外縁に自然にぶらつける場所 を用意しないと、その空間は立ち止まる場所では なく、通りぬけの場所になってしまう。したがっ て、公共空間の周りには小さな人だまり、つまり 店、屋台、ベンチ、展示物、手すり、中庭、新聞 販売器などが必要になるのは明白である。要するThe life of a public square forms naturally に、広場の外縁部は貝がら型にせねばならないのaround its edge. If the edge fails, then thespace never becomes lively. である。・・・In more detail: people gravitate naturally towardthe edge of public spaces. They do not linger outin the open. If the edge does not provide themwith places where it is natural to linger, the spacebecomes a place to walk through, not a place tostop. It is therefore clear that a public squareshould be surrounded by pockets of activity:shops, stands, benches, displays, rails, courts,gardens, new racks. In effect, the edge must bescalloped.
  • 28. 124. Activity Pockets ** 124. 小さな人だまり **Therefore: したがって、Surround public gathering places with 公衆の集まる場所は、小さな人だまり̶̶外縁部pockets of activity --- small, partly enclosed の部分的に囲われた小さな場所̶̶で取り囲むこareas at the edges, which jut forward intothe open space between the paths, and と。そこは人の経路から外れた場所であり、人びcontain activities which make it natural for とが立ち止まり、そこの活動に自然に係わり合えpeople to pause and get involved. るような場所である。
  • 29. 30. Activity Nodes ** 30. 活動の節点 ** 都市全域にばらばらに散在するコミュニティ施設 は、都市生活の何の寄与もしない。 したがって、 コミュニティ全域にわたり、ほぼ300ヤード (270m)ごとに活動の節点を設けること。まず、 コミュニティ内で現在、自然に活動が集中している 地点を確認すること。次に、コミュニティ内の歩行 路の割り付けを修正し、できるだけ多くの歩行路が この地点を通過するようにすること。そうすれば、 Community facilities scattered individually 各地点が歩行路のネットワークの節点として機能す through the city do nothing for the life of るようになる。さらに、各節点の中央に小さな公共 the city. 広場をつくり、その周囲に相互に支え合うコミュニTherefore: ティ施設や商店を組み合せて配置する。Create nodes of activity throughout thecommunity, spread about 300 yard apart.First identify existing spots in the communitywhere action seems to concentrate itself.Then modify the layout of the paths in thecommunity to bring as many of themthrough these spots as possible. This makeseach spot function as a “node” in the pathnetwork. Then, at the center of each node,make a small public square, and surround itwith a combination of community facilitiesand shops which are mutually supportive.
  • 30. 18. Network of Learning * 18. 学習のネットワーク * 教えることを重視する社会では、子供や学生̶̶ また大人でさえ̶̶が受動的になり、自分で考え たり行動できなくなる。教えることではなく、学 ぶことを重視する社会になってはじめて、創造的 で活動的な個人が育つ。 In a society which emphasizes teaching, children and students --- and adults --- become passive and unable to think or act for themselves. Creative, active individuals can only grow up in a society which emphasizes learning instead of teaching.
  • 31. 18. Network of Learning * 18. 学習のネットワーク * Therefore: したがって、 Instead of the lock-step of compulsory 固定した場所で軍隊行進のような義務教育をする代 schooling in a fixed place, work in piecemeal りに、教育プロセスを少しずつ分散化し、都市全域 ways to decentralize the process of learning and enrich it through contact with many の多くの場所や人びとの触れ合いで、それを豊かな places and people all over the city: ものにしていくこと。つまり、作業場、家庭にいる workshops, teachers at home or walking 教師や町を歩き回る教師、進んで若者を助手に雇う through the city, professionals willing to take on the young as helpers, older children 職業人、幼い子供を教える年長の子供、美術館、若 teaching younger children, museums, youth 者のグループ旅行、学究的なセミナー、産業研究 groups traveling scholarly seminars, 会、老人などである。これらのすべての状況が学習 industrial workshops, old people, and so on. Conceive of all these situations as forming プロセスの中軸を形成するものと見なすこと。すべ the backbone of the learning process; survey てを観察し、記述し、都市の「カリキュラム」とし all these situations, describe them, and て出版すること。さらに、学生、子供、家族などが publish them as the city’s “curriculum”; then let students, children, their families and 自ら自分の「学校」を組織できるようにし、コミュ neighborhoods weave together for themselves ニティ税でまかなわれる公認キップで授業料を納め the situations that comprise their “school” るようにすること。このようなネットワークを発展 paying as they go with standard vouchers, raised by community tax. Build new させ、充実させるような新しい教育施設を建てるこ educational facilities in a way which extends と。 and enriches this network.
  • 32. 73. Adventure Playground 73. 冒険遊び場 子供が力を合わせて、ダンボール、石ころ、古い 枝などを使い自分の手でつくったお城は、子供用 に工場製作された、細部が完璧で、仕上の正確な お城よりはるかに価値がある。  遊びには多くの機能がある。それは子供に仲間 どうしで集まる機会を与え、さらに身体を使い、 筋力を鍛え、新しい技能を試す機会を与える。だ が何にも増して、遊びの機能は想像力にある。子 供の遊びは、自己の成長にたいする子供なりの対 処法であり、緊張をほぐし、未来を模索する道なA castle, made of cartons, rocks, and old のである。・・・大人が遊びと称するこの想像力branches, by a group of children for themselves, の冒険により、子供は世界と折り合いをつけ、子is worth a thousand perfectly detailed, exactly 供なりの世界像と格闘し、それを改変していくのfinished castles, made for them in a factory. である。 Play has many functions; it gives children a chanceto be together, a chance to use their bodies, to buildmuscles, and to test new skills. But above all, playis a function of the imagination. A child’s play is hisway of dealing with the issues of his growth, ofrelieving tensions and exploring the future. Itreflects directly the problems and joys of his socialreality. Children come to terms with the world,wrestle with their pictures of it, and reform thesepictures constantly, through those adventures ofimagination we call play.
  • 33. 73. Adventure Playground 73. 冒険遊び場 Any kind of playground which disturbs, or 想像力の役割を妨げて弱めて、子供を受動的にし、他 reduces, the role of imagination and makes the 人の想像力の受け手にしてしまうような遊び場は、ど child more passive, more the recipient of someone んなに上品で、清潔で、安全で、健康に見えようと else’s imagination, may look nice, may be clean, may be safe, may be health --- but it just cannot も、遊び本来の基本的な要求は満たせない。・・・ satisfy the fundamental need which play is all  冒険的かつ想像的遊びにたいする要求は、小さな町 about. And, to put it bluntly, it is a waste of time and money. Huge abstract sculptured playlands are や田舎では、容易に満足される。子供たちの手近に、 just as bad as asphalt playgrounds and jungle 素材、空間、全体像のつかみやすい環境などが、いく gyms. They are not just sterile; they are useless. らでもあるからである。しかし都市では、それは緊急 The functions they perform have nothing to do with the child’s most basic needs. ... を要する問題である。個人的な玩具とアスファルトの This need for adventurous and imaginative play 遊び場といった世界では、この種の遊びにふさわしい is taken care of handily in small towns and in the 舞台にはならないのである。・・・ countryside, where children have access to raw materials, space, and a somewhat comprehensible environment. In cities, however, it has become a したがって、 pressing concern. The world of private toys and 近隣ごとに子供の遊び場を設けること。アスファルト asphalt playgrounds does not provide the proper やブランコで完璧に仕上げた遊び場ではなく、子供た settings for this kind of play. ちが自分の遊び場をくり返し創造できるように、あり とあらゆる素材̶̶ネット、箱、たる、木、ロープ、Therefore:Set up a playground for the children in each 簡単な道具、骨組、草、水など̶̶を用意した場所にneighborhood. Not a highly finished すること。playground, with asphalt and swings, but aplace with raw materials of all kinds --- nets,boxes, barrels, trees, ropes, simple tools,frames, grass, and water --- where childrencan create and re-create playgrounds of theirown.
  • 34. 129. Common Areas at the 129. 中心部の共域 **Heart ** どんな人間集団 ̶ 家庭、職場、学校 ̶ でも、そのNo social group --- whether a family, a work 成員間に形式ぬきの触れ合いがなければ、長続きしgroup, or a school group --- can survive ない。without constant informal contact among itsmembers. したがって、Therefore: 個々の生活集団ごとに唯一の共域を設けること。そCreate a single common area for every socialgroup. Locate it at the center of gravity of all の集団が占有する空間全体の重心に共域に接するよthe spaces the group occupies, and in such a うにすること。way that the paths which go in and out of thebuilding lie target to it.
  • 35. 36. Degrees of Publicness ** 36. 公共度の変化 ** 人間は多様である。そして近隣内のどこに自宅を 置きたいかちうのは、最も基本的な相違点の一つ である。 したがって、 3タイプの家を明確に差別化すること̶̶つま り、静かな奥にある家、にぎやかな街路に面する 家、ほぼその中間にある家である。静かな奥にあ る家は、曲りくねった歩行路に面し、家自体が物People are different, and the way they want 理的に隔離されているかどうか確認すること。よto place their houses in a neighborhood is one り公的な家は、終日人通りのはげしいにぎやかなof the most basic kinds of difference. 街路に面し、家自体が通行人の目にさらされていTherefore: るかどうか確認すること。また中間的な家は、両Make a clear distinction between three kinds 者を結ぶ歩行路の途中に位置するであろう。あらof homes-those on quiet backwaters, those on ゆる近隣に、この3タイプの家をほぼ同数用意すbusy streets, and those that are more or lessin between. Make sure that those on quiet ること。backwaters are on twisting paths, and thatthese houses are themselves physicallysecluded; make sure that the more publichouses are on busy streets with many peoplepassing by all day long and that the housesthemselves are relatively exposed to thepasser-by. The in-between houses may thenbe located on the paths half-way between theother two. Give every neighborhood aboutequal numbers of these three kinds of homes.
  • 36. 159. Light on Two Sides of 159. どの部屋も2面採光 **Every Room ** 選択の自由があれば、人はつねに2つの壁面から採 光のある部屋に引かれ、採光が1面だけの部屋は使 おうとせず、寄り付かないであろう。 このパタンは、おそらく他のどのパタンよりも部屋 の正否を左右するであろう。室内の昼光配分と2壁 面の窓は、部屋づくりの基本である。・・・When they have a choice, people will alwaysgravitate to those rooms which have light ontwo sides, and leave the rooms which are litonly from one side unused and empty. したがって、 各部屋の少なくとも2面が屋外空間に接するようにThis pattern, perhaps more than any other singlepattern, determines the success or failure of a 配置し、さらに少なくとも2方向以上から自然光がroom. The arrangement of daylight in a room, 入るよう外壁に窓を設けること。and the presence of windows on two sides, isfundamental.Therefore:Locate each room so that it has outdoor spaceoutside it on at least two sides, and then placewindows in these outdoor walls so that naturallight falls into every room from more than onedirection.
  • 37. 139. Farmhouse Kitchen ** 139. 農家風キッチン ** 家族から離れて孤立した台所は、効率はよくても 楽しくない食品工場と見なせる。それは召使の時 代の遺物であり、また女性が召使の代役を喜んで 引き受けたその後の時代の遺物でもある。 ・・・ 自ら調理することが自分で食事をすることと同じ ように生活の一部だということを、家族全員が認 めるようになれば、ようやくこの状況を取り巻く 困難を克服できよう。The isolated kitchen, separate from the familyand considered as an efficient but unpleasantfactory for food I as hangover from the daysof servants; and the more recent days whenwomen willingly took over the servants’ role.The difficulties which surround the situation willonly disappear, finally, when all the members ofthe family are able to accept, fully, the fact thattaking care of themselves by cooking is as mucha part of life as taking care of themselves byeating.
  • 38. 139. Farmhouse Kitchen ** 139. 農家風キッチン ** これに対する解答が、昔の農家の台所の形式にある We are convinced that the solution lies in the と考えている。農家の台所では、1つの大部屋で台 pattern of the old farmhouse kitchen. In the farmhouse kitchen, kitchen work and family 所仕事と家族の活動が、完全に統合されていた。台 activity were completely integrated in one big 所の真ん中の大テーブルに家族の活動が集中してお room. The family activity centered around a big り、そこで食べ、トランプをし、ちょっとした下ご table in the middle: here they ate, talked, played cards, and did work of all kinds including some しらえなどすべての作業をしたのである。台所仕事 of the food preparation. The kitchen work was は、テーブルと壁ぞいのカウンターの双方で行われ done communally both on the table, and on る家族の共同作業であった。そして部屋の隅には、 counters round the walls. And there might have been a comfortable old chair in the corner だれかが仕事をしている間、ずっと眠り込めるよう where someone could sleep through the な心地よい椅子が置いてあったに違いない。 activities. したがって、 台所はやや広めにし、「家族室」空間をとり込める Therefore: Make the kitchen bigger than usual, big ようにすること。さらに普通の台所のように家の奥 enough to include the “family room” space, ではなく、共用部分の中心近くに台所を配置するこ and place it near the center of the commons, と。かなり大きなテーブルと、硬軟とり混ぜた椅子 not so far back in the house as an ordinary kitchen. Make it large enough to hold a が置ける広さにし、部屋の壁ぞいにカウンター、調 good big and chairs, some soft and some 理コンロ、流しなどを置くこと。しかも明るく居心 hard, with counters and stove and sink 地のよい部屋にすること。 around the edge of the room; and make it a bright and comfortable room.
  • 39. A Pattern Language: Towns, Buildings, ConstructionChristopher Alexander, Sara Ishikawa, Murray SilversteinOxford University Press1977
  • 40. Kent Beck & Ward Cunningham, “Using Pattern Languagesfor Object-Oriented Program”, OOPSLA 87, 1987 http://commons.wikimedia.org/wiki/ http://commons.wikimedia.org/wiki/ File:Kent_Beck_no_Workshop_Mappin File:Ward_Cunningham_at_Wikim g_XP.jpg ania_2006.jpg Kent Beck Ward Cunningham
  • 41. Erich Gamma, Richard Helm, Ralph Johnson, John M. Vlissides,Design Patterns: Elements of Reusable Object-Oriented Software,Addison-Wesley Professional, 1994 http://researchweb.watson.ibm.com/designpatterns/pubs/ddj- Gang of Four (GoF)
  • 42. 建築分野で生まれたパターン・ランゲージの考え方と方法は、ソフトウェアデザインに導入・応用され、大きな成功を収めた。現在では、 より広いデザイン領域での展開が始まっている。
  • 43. Learning PatternsA Pattern Language for Creative Learning !"#$%&%()#**"$%+(,((-()#**"$%(!#%.#"(/0$(1$"#*&2"(!"#$%&%(32"$4(54657 5 E"+&%(F0.$(!"#$%&% ? G#C&%(H::0$*.%&*&"+ > 1$"#*&2"()$0D"B* ^ H:"%I)$0B"++(!"#$%&% _ J.;:(K% ` !"#$%&%(<L(K;&*#*&0% a M//"B*&2"(-+C&% b H.*:.*IE$&2"%(!"#$%&% 6 N0$"&%(!#%.#"(M2"$L(E#L c )@#L/.@(!"#$%&% ?5 M;<0O&"O(9C&@@+ 5465 ?? !#%.#"(9P0Q"$ 2"$4( ?> R#%&<@"()&@"+ ?^ R0$%#O0(0/(!"#$%&% ?_ R$&#%@"(9B#@&% ?` 1P#&%(0/(MSB&*";"%*T( ?a RP&%C&%(&%(-B*&0% ?b )$0*0*L:&% ?6 N&"@O(E&2&% ?c G.@*&I1#;"$#(9P00*&% >5 -(U&$OV+I(W(U.V+IML"(8&"Q >? X&OO"%(10%%"B*&0%+ >> N$0%*&"$(N&%O"$ >^ 1$"#*&2"(9Q&*BP >_ N$.&*(N#$;&% >` K%&*&#@(E$#/*(H%@L(X#@/Q#L >a -**$#B*&2"(MS:$"++&0% >b -BB"@"$#*&0%(*0(Y"S* >6 10;;.%&*L(0/(!"#$%&% >c Z00O([&2#@+ ^5 10%+"."%*&#@(M%B0.%*"$ ^? N&$;(E"*"$;&%#*&0% ^> R#@C&%(RP&%C"$ ^^ !"#$%&%(<L(R"#BP&% ^_ H<2&0.+(["#+0% 1$%%&(2 ^` [&P*(]#L ^a ^b U$#2"(1P#%" MS:@0$"$V+()#++&0% !"#$%%&(")$(*+$*& ^6 ^c 9"@/I)$0O.B&% U"(MS*$";"T 8"$4(5465 9":*";<"$=(>5?? ,-".&$%/0&")&$(/(* !"#$%&%()#**"$%+()$0D"B* @"#$%&%:#**"$%+A+/B4C"&04#B4D: The tool for thinking and communicating how to learn.
  • 44. 学習パターンLearning Patterns学びのパターン・ランゲージ自分で自分の学びをデザインするための全く新しい「学び方を学ぶ」メディア。「パターン・ランゲージ」の考え方と形式にもとづく。2008年度 :慶應義塾大学 井庭研究室で制作。2009年度∼:慶應義塾大学SFCの全学部生に配布。2010年度∼:ワークショップの実施・展開
  • 45. Learning How To Learn 「学び方」を学ぶ 各人の自律性・多様性・創発性を奪わずに どのように支援できるのか?自律的な学び 多様な状況・個性 学びのコミュニティの創発
  • 46. No.21 No.23 隠れた関係性から学ぶ 鳥の眼と虫の眼学習パターンの全体像 No.20 広がりと掘り下げの「T字」 No.24 量は質を生む No.19 No.22 フロンティアンテナ 右脳と左脳のスイッチ No.18 偶有的な出会い No.26 目的へのアプローチ No.16 No.17 動きのなかで考える No.27 No.25 捨てる勇気 フィールドに飛び込む 自分で考える No.15 No.2学習パターン冊子には、40個のパターン 学びのなかの遊び No.29 研究プロジェクト中心 「はなす」ことでわかる No.13 No.28 No.14 アウトプットから始まる学び 学びの共同体をつくる プロトタイピング No.30 No.0 ライバルをつくる(学び方のコツ)が収録されている。 学びのデザイン No.12 No.1 No.3 言語のシャワー SFC マインドをつかむ SFC をつくる No.10 No.32 身体で覚える 外国語の普段使い No.11 No.31 成長の発見 教えることによる学び No.33 小さく生んで大きく育てる No.7 No.9 まずはつかる 教わり上手になる No.35 No.8 No.34 「書き上げた」は道半ば 「まねぶ」ことから 魅せる力 No.4 No.37 No.36 学びの竜巻 セルフプロデュース ゴール前のアクセル No.6 研究への情熱 No.38 No.5 断固たる決意 知のワクワク! No.39 突き抜ける
  • 47. 学習パターンの例
  • 48. 学習パターンの例
  • 49. 学習パターンの例
  • 50. 学習パターンの例
  • 51. 学習パターンの冊子の構成 問題 No.7 迷っているだけでは、何も始まらない。 パターン名 まずはつかる • 人は、わからないことに対しては、消極的になりがちである。 • 物事には、実際に取り組んでみて初めてわかることがある。 フォース • 最初は直感で決めたことでも、やってみるとそう決めた理由が見えてくること !"#$%&%(() がある。 よくわからないからこそ、 ▼ まずはどっぷりつかってみよう。 興味・関心があることは、とりあえず始めてみる。そして、始めるからには、しっ かりと取り組む。 解決 • まずは大雑把に研究テーマを決める。この段階で、たとえ明確な理由が見えな くても、自分の直感を信じてみる。 • 興味・関心がある研究テーマに近い研究会に入り、研究を始める。また、フィ ールドに飛び込み、そのなかで過ごしてみる。 アクション • その過程でわかったことや考えたことを踏まえて、今後の研究・活動について 再考する。 ▼ 考えてから動くのではなく、動きのなかで考える(No.16)。これが、まずはつかるの基本精 神である。新しく研究や勉強を始めるときには、 先人たちのやり方を「まねぶ」 ことから (No.8) 始め、 研究の対象のフィールドに飛び込む(No.17) 教わり上手になる(No.9)とよい。また、 ことで、現場の問題を肌で感じることができるだろう。 関連パターン ・これから研究を始めるとき 状況 ・これから勉強を始めるとき ・授業や研究会を始めるとき ・特定の分野で突き抜けたいとき ・フィールドワークをしているとき 34 35
  • 52. 学習パターンによる学びの支援◎ 自律的な学びを支援する 学習パターンを知ることで、「学び方」に ついての視野・発想が広がる。また、自分 の学びを考える際には、 個々のパターン が、「学び方」に関するビルディング・ブ ロックとなる。
  • 53. 学習パターンによる学びの支援◎ 多様な状況・個性に柔軟に対応 学習パターンは、自分の状況や個性に合 わせて、自由に組み合わせて使うことが できる。また、解決策は抽象的に書かれ ているので、それを具体化するときに は、各人の思考・創造性が求められる。
  • 54. 学習パターンによる学びの支援◎ 学びのコミュニティの創発 学習パターンは、「言語」(ランゲージ) であり、他者とのコミュニケーションの なかで用いることができる。学習パター ンによって、学び方について「語る」こと が容易になり、そのことにより、学びの コミュニティの創発を促す。
  • 55. 学びの対話ワークショップExperience Mining and Dialogueswith Learning Patterns
  • 56. 自分が体験したことがある これから取り入れたい学習パターンのリスト(すべて) 学習パターンのリスト(5つ)
  • 57. 学びの対話ワークショップExperience Mining and Dialogueswith Learning Patterns 取り入れたいパターンを、すでに体験している人を探す。 見つけたら体験談を聞く。 逆に、自分の体験したパターンを取り入れたい人がいた ら、その人に、体験談を他の人に話す。
  • 58. Experience Mining and Dialogues 経験を掘り起こし、対話の俎上に載せる。
  • 59. Let’s Try!学習パターンを用いた 対話ワークショップ
  • 60. 学習パターンを用いた 対話ワークショップ【準備】1. 指定された15個のパターン(No.10∼14、20∼24、No.30∼34)のパターンのなかで、自分が経験しているパターンにチェック(レ 印)をつける。2. これから取り入れたいパターンを3つ選び、パターン名を○で囲む。【対話】3. 取り入れたいパターンを、すでに体験している人を探す。見つけたら体験談を聞く。4. 逆に、自分の体験したパターンを取り入れたい人がいたら、その人に、体験談を他の人に話す。
  • 61. 【準備】1. 指定された15個のパターン(No.10∼14、20∼24、No.30∼34)のパターンのなかで、自分が経験しているパターンにチェック(レ 印)をつける。2. これから取り入れたいパターンを3つ選び、パターン名を○で囲む。 レ レ レ レ レ レ レ
  • 62. 【準備】1. 指定された15個のパターン(No.10∼14、20∼24、No.30∼34)のパターンのなかで、自分が経験しているパターンにチェック(レ 印)をつける。2. これから取り入れたいパターンを3つ選び、パターン名を○で囲む。 問題 No.7 迷っているだけでは、何も始まらない。パターン名 まずはつかる • 人は、わからないことに対しては、消極的になりがちである。 • 物事には、実際に取り組んでみて初めてわかることがある。 • 最初は直感で決めたことでも、やってみるとそう決めた理由が見えてくること フォース !"#$%&%(() がある。 よくわからないからこそ、 ▼ まずはどっぷりつかってみよう。 興味・関心があることは、とりあえず始めてみる。そして、始めるからには、しっ かりと取り組む。 解決 • まずは大雑把に研究テーマを決める。この段階で、たとえ明確な理由が見えな くても、自分の直感を信じてみる。 • 興味・関心がある研究テーマに近い研究会に入り、研究を始める。また、フィ ールドに飛び込み、そのなかで過ごしてみる。 • その過程でわかったことや考えたことを踏まえて、今後の研究・活動について アクション 再考する。 ▼ 考えてから動くのではなく、動きのなかで考える(No.16)。これが、まずはつかるの基本精 神である。新しく研究や勉強を始めるときには、 先人たちのやり方を「まねぶ」 ことから (No.8) 始め、 研究の対象のフィールドに飛び込む(No.17) 教わり上手になる(No.9)とよい。また、 ことで、現場の問題を肌で感じることができるだろう。 関連パターン ・これから研究を始めるとき ・これから勉強を始めるとき状況 ・授業や研究会を始めるとき ・特定の分野で突き抜けたいとき ・フィールドワークをしているとき 34 35
  • 63. 学習パターンを用いた 対話ワークショップ【準備】1. 指定された15個のパターン(No.10∼14、20∼24、No.30∼34)のパターンのなかで、自分が経験しているパターンにチェック(レ 印)をつける。2. これから取り入れたいパターンを3つ選び、パターン名を○で囲む。【対話】3. 取り入れたいパターンを、すでに体験している人を探す。見つけたら体験談を聞く。4. 逆に、自分の体験したパターンを取り入れたい人がいたら、その人に、体験談を他の人に話す。
  • 64. 【対話】3. 取り入れたいパターンを、すでに体験している人を探す。見つけたら、体験談を聞く。4. 逆に、自分の体験したパターンを取り入れたい人がいたら、体験談を話す。
  • 65. 学習パターンを用いた 対話ワークショップ【準備】1. 指定された15個のパターン(No.10∼14、20∼24、No.30∼34)のパターンのなかで、自分が経験しているパターンにチェック(レ 印)をつける。2. これから取り入れたいパターンを3つ選び、パターン名を○で囲む。【対話】3. 取り入れたいパターンを、すでに体験している人を探す。見つけたら体験談を聞く。4. 逆に、自分の体験したパターンを取り入れたい人がいたら、その人に、体験談を他の人に話す。
  • 66. EXPLORING ENVIRONMENT AND INFORMATION STUDIES, 2011 Fall
  • 67. 学習パターンワークショップこれまでの最大参加人数 約450人!
  • 68. Workshop in the class of Pattern Language2010@Keio University
  • 69. How many participants have experience of each pattern?@ The Class of Pattern Language, 2010 体験したパターンとその人数(全学年) 1年 2年 3年 4年 人数 0! 5! 10! 15! 20! 25! 30! 0 学びのデザイン! 1 SFCマインドをつかむ! 2 研究プロジェクト中心! 3 SFCをつくる! 4 学びの竜巻! 5 知のワクワク!! 6 研究への情熱! 7 まずはつかる! 8 「まねぶ」ことから! 9 教わり上手になる! 10 身体で覚える! 11 成長の発見! 12 言語のシャワー! 13 アウトプットからはじまる学び! 14 プロトタイピング! 15 学びのなかの遊び! 16 動きのなかで考える! 17 フィールドに飛び込む! 18 偶有的な出会い! 19 フロンティアンテナ! 20 広がりと掘り下げの「T字」! 21 隠れた関係性から学ぶ! 22 右脳と左脳のスイッチ! 23 鳥の眼と虫の眼! 24 量は質を生む! 25 自分で考える! 26 目的へのアプローチ! 27 捨てる勇気! 28 学びの共同体をつくる! 29 「はなす」ことでわかる! 30 ライバルをつくる! 31 教えることによる学び! 32 外国語の普段使い! 33 小さく生んで大きく育てる! 34 魅せる力! 35 「書き上げた」は道半ば! 36 ゴール前のアクセル! 37 セルフプロデュース! 38 断固たる決意! 39 突き抜ける!
  • 70. Co-occurrence network of patterns@ The Class of Pattern Language, 2010
  • 71. Co-occurrence network of participants@ The Class of Pattern Language, 2010
  • 72. Workshop in the COINs2011 Conference
  • 73. How many participants have experience of each pattern?@ COINs2011 Conference !" #" $" %" &" " (" )" *" +" #!" ##" #$" #%" #&" #" #(" #)" #* ,-./"01" 23451617"89"0.6:4;<1" =>3?;@3"ABC617" D-:/-:EF56@31"23451617" G<53671"2417-473"=@359"F49" HI49J-I"23451617" =.8<K63K"LC6IIB" 2417-473"LM<N35" O41768I3"H6I3B" O<514K<"<J"23451617" O56417I3"L?4I617" PM461"<J"=Q?6:3.31:R" OM61C617"61"A?;<1" H5<:<:9/617" G63IK"F6@617" S-I;EP4.354"LM<<;17" A"T65KUBE"V"T-7UBE=93"W63N" X6KK31"P<113?;<1B" G5<1;35"G61K35" P534;@3"LN6:?M" G5-6:"G45.617" 016;4I"F54Y"D1I9"X4IJN49" AZ54?;@3"=Q/53BB6<1" A??3I354;<1":<"[3Q:" P<..-16:9"<J"23451617" <<K"]6@4IB" P<1B3^-31;4I"=1?<-1:35" G65."F3:35.614;<1" O4IC617"OM61C35" 23451617"89"O34?M617" D8@6<-B"]34B<1" ]67M:"_49" T54@3"PM4173" =Q/I<535UB"H4BB6<1" L3IJEH5<K-?617" T3"=Q:53.3R"
  • 74. Co-occurrence network of patterns@ COINs2011 Conference Triangle Scaling Hidden Connections Field Diving Learning Creative by Switch Imitation Prototyping Acceleration to Next Playful Firm Learning Language Frontier Determination Shower Finder Obvious Initial Reason Draft Foreign Only Effective Language Halfway Asking Every Right Day Talking Way Good Thinker Rivals Fruit Tornado Farming of Multi Camera Embodied Learning Be Shooting Thinking Skills Extreme! in Attractive Action Output Driven Expression Learning Brave Change Learning by Explorer’s A Teaching Passion Bird’s & Tangible Self Producing Eye Bug’s Piles Consequential View Encounter Jump In Chain of Excitement! Community of Learning
  • 75. Co-occurrence network of participants@ COINs2011 Conference Maria Julia Joanna Lyisoureutoy Sibashicu Melina Chris Miller Allycia No Yang Jones Takis name 1 Catherine Walthard Olav Karsten Jansen Thomas Peter Fundnerder Gloor Misali Salasez Robin Ricjardson Matthaus Ralf Zylka Jermain Kaminski
  • 76. 学習パターンの研修への適用河合昭男, 「SFC学習パターンを新人研修に適用する:暗黙知と形式知」,連載:オブジェクト指向の世界(30), @IT情報マネジメント, 2010年12月http://www.atmarkit.co.jp/im/carc/serial/world/30/01.html 河合昭男(2010)より 河合昭男(2010)より
  • 77. Learning Patterns Project2008∼2009@Keio University
  • 78. Learning Patterns Project2008∼2009@Keio University
  • 79. Learning Patterns Project2008∼2009@Keio University
  • 80. Learning Patterns Project2008∼2009@Keio University
  • 81. Learning Patterns Project2008∼2009@Keio University
  • 82. Learning Patterns Project2008∼2009@Keio University
  • 83. Learning Patterns Project2008∼2009@Keio University
  • 84. Learning Patterns ProjectOct.1,2008Oct.8,2008Oct.15,2008Oct.29,2008
  • 85. Learning Patterns ProjectNov.5,2008Nov.7,2008Nov.12,2008Nov.26,2008
  • 86. Learning Patterns ProjectDec.3,2008Dec.12,2008Dec.17,2008Dec 21,2008
  • 87. Learning Patterns Project Jan.7,2009Jan.14,2008Jan.21,2008
  • 88. Learning Patterns ProjectWriting Process of the pattern “Learning by Teaching” “How to Write Tacit Knowledge As a Pattern Language: Media Design for Spontaneous and Collaborative Communities” (Takashi Iba, Mami Sakamoto, and Toko Miyake, COINs2010)
  • 89. No.2「研究プロジェクト中心」No.0「学びのデザイン」 No.1「SFCマインドをつかむ」 No.3「SFCをつくる」 No.4「学びの竜巻」 09/02/07 08/12/17 08/12/17 08/12/21 09/01/04 09/01/07 09/02/09 09/02/09 09/02/05 09/02/07 09/02/09 09/02/09 09/01/04 08/12/10 08/12/21 08/12/25 09/02/07 09/02/09 09/02/09 08/10/28 08/12/10 08/12/17 09/01/06 09/02/07 09/02/09 09/02/09 08/10/28 08/10/28 09/02/11 09/02/11 08/12/31 井庭 井庭 井庭 井庭 井庭 加藤 加藤 加藤 加藤 加藤 小林 小林 小林 小林 小林 下西 下西 下西 下西 下西 三宅 三宅 三宅 三宅 三宅 花房 花房 花房 花房 花房 四元 四元 四元 四元 四元 飯田 飯田 飯田 飯田 飯田 坂本 坂本 坂本 坂本 坂本 No.5「知のワクワク!」 No.9「教わり上手になる」 No.6「研究への情熱」 No.7「まずはつかる」 No.8「「まねぶ」ことから」 09/01/04 09/03/06 09/03/06 08/12/10 08/12/10 08/12/17 08/12/21 08/12/27 08/12/31 09/01/07 09/02/11 09/02/11 09/01/04 08/11/20 08/11/24 09/01/07 09/02/11 09/02/11 08/11/20 08/11/22 09/01/05 09/03/06 09/03/07 09/03/09 08/10/30 08/11/01 08/11/05 08/11/05 08/11/12 08/11/12 08/11/12 08/11/12 09/03/06 09/03/07 09/03/09 09/01/04 09/01/02 08/11/20 08/12/10 08/12/21 08/12/27 08/12/31 09/01/07 09/03/06 09/03/07 09/03/09 09/03/07 09/03/07 井庭井庭 井庭 井庭 井庭 加藤 加藤 加藤加藤 加藤 小林 小林 小林小林 小林 下西 下西 下西下西 下西 三宅 三宅 三宅三宅 三宅 花房 花房 花房花房 花房 四元 四元 四元四元 飯田 四元 飯田 飯田飯田 坂本 飯田 坂本 坂本坂本 坂本 No.10「身体で覚える」 No.11「成長の発見」 No.12「言語のシャワー」 No.14「プロトタイピング」 No.13「アウトプットからはじまる学び」 09/03/07 09/01/04 09/03/07 08/11/05 08/11/05 08/11/26 08/12/23 09/01/04 09/01/07 09/03/06 09/03/07 09/03/09 09/01/04 08/12/20 08/12/21 08/12/21 08/12/24 09/01/05 09/03/07 09/03/08 09/03/09 08/10/31 08/11/05 08/11/05 08/12/23 09/01/07 09/03/06 09/03/07 09/03/09 09/01/02 08/11/02 08/11/05 09/01/10 09/01/12 09/03/07 09/03/08 09/03/09 09/01/02 09/03/08 09/03/08 08/12/31 09/03/07 08/11/26 08/12/03 08/12/10 08/12/21 08/12/27 09/01/04 09/01/07 09/03/07 09/03/08 09/03/09 井庭 井庭井庭 井庭 09/03/08 加藤 井庭 加藤加藤 加藤 加藤 小林 小林小林 小林 小林 下西 下西下西 下西 下西 三宅 三宅 三宅三宅 三宅 花房 花房 花房花房 花房 四元 四元 四元四元 四元 飯田 飯田 飯田飯田 飯田 坂本 坂本 坂本坂本 坂本 No.18「偶有的な出会い」 No.15「学びのなかの遊び」 No.19「フロンティアンテナ」 No.16「動きのなかで考える」 No.17「フィールドに飛び込む」 09/03/11 09/03/09 09/01/04 09/03/09 09/01/04 09/03/09 08/10/28 08/10/29 09/03/09 09/03/12 08/11/26 08/12/10 08/12/27 09/01/07 09/03/09 09/03/09 08/12/10 08/12/10 08/12/17 08/12/21 08/12/27 09/01/07 09/03/09 09/03/12 09/03/09 08/12/31 09/03/07 08/10/26 08/10/28 08/10/28 08/10/28 08/11/12 09/03/09 09/03/09 09/03/09 08/12/30 09/03/09 08/12/31 09/03/11 08/11/26 08/12/03 08/12/10 08/12/21 08/12/27 09/01/04 09/01/07 09/03/07 09/03/08 09/03/09 井庭 井庭 井庭 09/03/08 井庭井庭 加藤 加藤 加藤 加藤加藤 小林 小林 小林 小林小林 下西 下西 下西下西 下西 三宅 三宅 三宅三宅 花房 三宅 花房花房 花房 四元 花房 四元四元 飯田 四元 飯田 四元飯田 飯田 坂本 坂本 飯田坂本 坂本 坂本 No.21「隠れた関係性から学ぶ」 No.23「「鳥の眼」と「虫の眼」」 No.26「量は質を生む」 No.22「右脳と左脳のスイッチ」 No.20「広がりと掘り下げの「T字」」 09/03/11 09/03/11 08/11/23 08/12/21 08/12/25 09/01/02 09/01/05 09/03/10 09/03/11 09/03/12 09/01/04 09/03/10 09/03/11 09/01/04 09/03/11 08/11/20 08/12/17 08/12/22 09/01/07 09/03/10 09/03/12 09/03/11 09/03/10 08/12/31 09/03/11 09/03/10 09/03/10 08/12/17 08/12/21 09/01/04 09/01/07 09/03/09 09/03/09 09/03/12 09/03/10 08/12/10 08/12/17 08/12/21 08/12/27 09/01/07 09/03/10 09/03/10 09/03/12 08/10/31 08/10/31 08/11/05 08/11/08 08/11/10 09/03/10 09/03/11 09/03/12 09/03/11井庭 井庭 09/03/10 井庭 井庭 井庭加藤 加藤 加藤 加藤 加藤小林 小林 小林 小林 小林下西 下西 下西 下西 下西三宅 三宅 三宅 三宅 三宅花房 花房 花房 花房 花房四元 四元 四元 四元 四元飯田 飯田 飯田 飯田坂本 坂本 飯田 坂本 坂本 坂本No.25「自分で考える」 09/03/10 No.27「捨てる勇気」 No.28「学びの共同体をつくる」 No.26「目的へのアプローチ」 No.29「「はなす」ことでわかる」 09/03/10 09/03/11 09/03/10 09/03/10 08/11/12 09/03/10 09/03/12 09/03/11 09/03/11 09/03/10 09/03/11 08/12/21 08/12/27 09/01/07 09/03/10 09/03/10 09/03/12 09/03/11 09/03/10 09/03/11 08/11/02 08/11/05 08/11/10 08/11/12 09/03/10 09/03/10 09/03/12 09/03/11 09/03/10 09/03/11 08/12/03 08/12/17 08/12/21 08/12/21 08/12/27 09/01/04 09/01/07 09/03/10 09/03/11 09/03/12 09/03/10 井庭 井庭 09/03/10 08/11/07 08/11/26 08/12/21 08/12/21 08/12/27 08/12/31 09/01/07 09/03/10 09/03/11 09/03/12 09/03/10 井庭 09/03/10 井庭 加藤 井庭 加藤 加藤 加藤 加藤 小林 小林 小林 小林 小林 下西 下西 下西 下西 下西 三宅 三宅 三宅 三宅 三宅 花房 花房 花房 花房 花房 四元 四元 四元 四元 四元 飯田 飯田 飯田 飯田 飯田 坂本 坂本 坂本 坂本 坂本 No.31「教えることによる学び」No.30「ライバルをつくる」 No.32「外国語の普段使い」 No.33[「小さく産んで大きく育てる」 No.34「魅せる力」 09/03/11 09/0310 09/01/14 09/01/21 09/03/10 09/03/12 09/03/12 09/03/12 09/0311 08/12/10 08/12/21 09/01/04 08/12/27 09/01/07 09/03/12 09/03/12 09/03/13 09/03/12 09/0310 08/12/31 08/11/20 08/12/24 08/12/31 09/01/06 09/03/12 09/03/13 09/03/12 09/03/12 08/11/07 08/12/17 08/12/21 08/12/21 08/12/27 08/12/31 09/01/07 09/03/12 09/03/12 09/03/13 09/01/14 09/01/21 09/03/12 09/03/12 09/03/13 09/03/12 井庭 井庭 井庭 井庭 井庭 加藤 加藤 加藤 加藤 加藤 小林 小林 小林 小林 小林 下西 下西 下西 下西 下西 三宅 三宅 三宅 三宅 三宅 花房 花房 花房 花房 花房 四元 四元 四元 四元 四元 飯田 飯田 飯田 飯田 坂本 飯田 坂本 坂本 坂本 坂本 No.36「ゴール前のアクセル」 No.37「セルフプロデュース」 No.39「突き抜ける」 No.38「断固たる決意」 No.35「書き上げたは道半ば」 09/03/12 09/01/04 09/03/12 09/03/12 09/03/12 08/12/25 09/01/04 09/01/05 09/03/12 09/03/13 09/03/13 09/03/12 09/01/02 08/11/12 08/12/21 09/03/12 09/03/12 09/03/12 08/12/17 08/12/17 08/12/21 09/01/04 09/01/07 09/03/12 09/03/12 09/03/13 08/12/10 09/01/07 09/03/12 09/03/13 08/12/10 08/12/22 08/12/31 09/01/07 09/03/12 09/03/13 08/10/31 08/11/02 08/11/01 08/11/07 08/11/09 08/11/11 08/11/12 09/03/12 09/03/12 09/03/13 08/11/26 09/01/04 09/03/12 09/03/13 09/03/13 09/03/12 09/03/12 09/03/12 井庭 井庭 井庭井庭 井庭 加藤 加藤 加藤加藤 加藤 小林 小林小林 小林 小林下西 下西 下西 下西 下西三宅 三宅 三宅 三宅 三宅花房 花房 花房 花房 花房四元 四元 四元 四元 四元飯田 飯田 飯田 飯田 飯田坂本 坂本 坂本 坂本 坂本 “How to Write Tacit Knowledge As a Pattern Language: Media Design for Spontaneous and Collaborative Communities” (Takashi Iba, Mami Sakamoto, and Toko Miyake, COINs2010)
  • 90. 方法としてのパターン・ランゲージの進化 2000 年代後半∼ 1990 年代後半∼ パターンランゲージ 3.0 1980 年代後半∼ パターンランゲージ 2.0 1970 年代後半∼ パターンランゲージ 1.0
  • 91. パターンランゲージ パターンランゲージが支援する パターンランゲージの パターンランゲージの の進化とその特徴 デザインの対象 使い方 作り方 人間行為 それぞれ異なる経験をもつ 多様なメンバーによる協働的な (例:学び , 教育 , 変革行動) 多様な人たち(行為者)をつなぐ パターンの掘り起こし/記述/改善パターンランゲージ 3.0 ? A Pattern Language 非物質的なもの デザインの熟達者と非熟達者 デザインの熟達者 によるパターンの 協働的な改善 (例:ソフトウェア , 組織) の差を埋める 掘り起こし/記述パターンランゲージ 2.0 ? A Pattern Language 物質的なもの デザインする人と使う人 デザインの熟達者による (例:建築) の断絶に橋渡しをする パターンの掘り起こし/記述/改善パターンランゲージ 1.0 A Pattern Language
  • 92. パターンランゲージ パターンランゲージが支援する パターンランゲージの パターンランゲーの進化とその特徴 デザインの対象 使い方 作り方 人間行為 それぞれ異なる経験をもつ 多様なメンバーによる (例:学び , 教育 , 変革行動) 多様な人たち(行為者)をつなぐ パターンの掘り起こし/パターンランゲージ 3.0 ? 非物質的なもの デザインの熟達者と非熟達者 デザインの熟達者 によるパターンの 協 (例:ソフトウェア , 組織) の差を埋める 掘り起こし/記述パターンランゲージ 2.0 ? 物質的なもの デザインする人と使う人 デザインの熟達者に (例:建築) の断絶に橋渡しをする パターンの掘り起こし/パターンランゲージ 1.0
  • 93. パターンランゲージパターンランゲージが支援する パターンランゲージが支援する パターンランゲージの パターンランゲージの パターンランゲージの パターンランゲー の進化とその特徴 デザインの対象 デザインの対象 使い方 使い方 作り方 作り方 人間行為 それぞれ異なる経験をもつ 人間行為 多様なメンバーによる協働的な それぞれ異なる経験をもつ 多様なメンバーによる(例:学び , 教育 , 変革行動) 多様な人たち(行為者)をつなぐ (例:学び , 教育 , 変革行動) パターンの掘り起こし/記述/改善 多様な人たち(行為者)をつなぐ パターンの掘り起こし/ パターンランゲージ 3.0 ? A Pattern Language ? 非物質的なもの デザインの熟達者と非熟達者 非物質的なもの デザインの熟達者 デザインの熟達者と非熟達者 デザインの熟達者 によるパターンの 協働的な改善 によるパターンの 協(例:ソフトウェア , 組織) (例:ソフトウェア , 組織) の差を埋める の差を埋める 掘り起こし/記述 掘り起こし/記述 パターンランゲージ 2.0 ? A Pattern Language ? 物質的なもの デザインする人と使う人 物質的なもの デザインする人と使う人 デザインの熟達者による デザインの熟達者に (例:建築) の断絶に橋渡しをする (例:建築) パターンの掘り起こし/記述/改善 の断絶に橋渡しをする パターンの掘り起こし/ パターンランゲージ 1.0 A Pattern Language
  • 94. パターンランゲージ パターンランゲージの パターンランゲージが支援する パターンランゲージの パターンランゲージの パターンランゲー の進化とその特徴 使い方 デザインの対象 作り方 使い方 作り方 それぞれ異なる経験をもつ 多様なメンバーによる協働的な 人間行為 それぞれ異なる経験をもつ 多様なメンバーによる多様な人たち(行為者)をつなぐ パターンの掘り起こし/記述/改善 (例:学び , 教育 , 変革行動) 多様な人たち(行為者)をつなぐ パターンの掘り起こし/ パターンランゲージ 3.0 ? A Pattern Language ? デザインの熟達者と非熟達者 デザインの熟達者 非物質的なもの デザインの熟達者と非熟達者 デザインの熟達者 によるパターンの 協働的な改善 によるパターンの 協 の差を埋める (例:ソフトウェア , 組織) の差を埋める 掘り起こし/記述 掘り起こし/記述 パターンランゲージ 2.0 ? A Pattern Language ? writer’s workshop デザインする人と使う人 デザインの熟達者による 物質的なもの デザインする人と使う人 デザインの熟達者に の断絶に橋渡しをする パターンの掘り起こし/記述/改善 (例:建築) の断絶に橋渡しをする パターンの掘り起こし/ パターンランゲージ 1.0 A Pattern Language
  • 95. パターンランゲージ パターンランゲージが支援する パターンランゲージの パターンランゲージの の進化とその特徴 デザインの対象 使い方 作り方 人間行為 それぞれ異なる経験をもつ 多様なメンバーによる協働的な (例:学び , 教育 , 変革行動) 多様な人たち(行為者)をつなぐ パターンの掘り起こし/記述/改善パターンランゲージ 3.0 ? ? A Pattern A Pattern Language Language 非物質的なもの デザインの熟達者と非熟達者 デザインの熟達者 によるパターンの 協働的な改善 (例:ソフトウェア , 組織) の差を埋める 掘り起こし/記述パターンランゲージ 2.0 ? ? A Pattern A Pattern Language Language 物質的なもの デザインする人と使う人 デザインの熟達者による (例:建築) の断絶に橋渡しをする パターンの掘り起こし/記述/改善パターンランゲージ 1.0 A Pattern A Pattern Language Language
  • 96. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 97. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 98. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 99. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 100. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 101. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 102. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 103. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 104. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 105. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 106. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 107. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 108. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 109. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 110. 「ことば」にできない暗黙知を「ことば」にする。そう簡単にできるわけがない。しかし、生みの苦しみを乗り越えた「ことば」だけが、力を持つ。だから、僕らはいつも、いまある「ことば」と格闘する。よりよい「ことば」を探す。そして、新しい「ことば」を紡ぎだす。
  • 111. プレゼンテーションパターン Presentation PatternsSFC Open Research Forum(ORF2011) 11月22・23日@六本木ミッドタウン にて、公開予定!
  • 112. 創造的な学びの教育パターンwith 市川力先生(東京コミュニティスクール)T. Iba, C. Ichikawa, M. Sakamoto, T. Yamazaki,“Pedagogical Patterns for Creative Learning”,PLoP2011 1$02 ,-./0 54* ()*"+ #$%& 34* ()*"+ #$%& !" ()*"+ #$%& * -% /%. + 0%%! . ** + + "! !"#$ , %&( )
  • 113. パターンランゲージ制作方法のイノベーション
  • 114. 学習パターンカードゲーム
  • 115. パターン・ランゲージ とは‣ ある特定の領域における「デザインの知」(design knowledge;問題発 見+問題解決の知)が記述された言語。‣ どのような「状況」(context) で、どのような「問題」(problem) が生じ やすく、それをどう「解決」(solution) すればよいのかが記述される。‣ デザイン行為と、デザインに関するコミュニケーションを支援する目的 で作成される。‣ 単なるノウハウの記述ではなく、生き生きとした「全体性」や「質」を 生み出すための生成的な構造・過程の探究・再現を目指した建築家 クリ ストファー・アレグザンダーによって考案された方法・道具。
  • 116. 経験を語るメディアとしての パターン・ランゲージ 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba