ITS Closing Talk「理想を実現するコツを小さな単位で言語化する」

931 views
858 views

Published on

ITS (Inquirers Team Shonan) ミーティング
2013年5月3日(内田洋行・東京ユビキタス協創広場CANVASにて)
ITSは、学校で新しいことに取り組んでいたり取り組もうとしている小・中・高・大の教員や、学校外の新しい場をつくろうとしている方々が参加する有志の会です。

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
931
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ITS Closing Talk「理想を実現するコツを小さな単位で言語化する」

  1. 1. 井庭 崇(Takashi Iba)慶應義塾大学SFC 総合政策学部准教授takashiiba
  2. 2. 次回
  3. 3. 予告 次回
  4. 4. 井庭 崇(Takashi Iba)慶應義塾大学SFC 総合政策学部准教授takashiiba
  5. 5. つくる = 学ぶ
  6. 6. 『プレゼンテーション・パターン:創造を誘発する表現のヒント』(井庭崇+井庭研究室, 慶應義塾大学出版会, 2013)パターン・ランゲージ
  7. 7. 『プレゼンテーション・パターン:創造を誘発する表現のヒント』(井庭崇+井庭研究室, 慶應義塾大学出版会, 2013)パターン・ランゲージ
  8. 8. 慶応大学の湘南睦沢キャンパス(日FC)に通吾韓合設策学部三年、大島血字さん(羽)はインターネットのホームページ化相撲と簡の画面を作った。相撲の方には、自分で撮影した力士の写真や星取表。色は﹁一葬一事着実に歩んでいく生き方が好き﹂で、写真や亀についての情報を載せた。﹁亀の専門家とまわれたんでしょうか2憶が病気になったので治療法を教えてくれ、という電子メールが揮外白亀の飼育者から来ました﹂@すぐに自由自在i?ii;iii115;iii??i;iii;;ifi!iiiii;j!???iiii73註2:議事;TF五i民:許信号iiき弓君主荷重吉川霊弓 E喜E5竪望;5ん詰喜諒宗Uメ瓦言品告詰出sお均2誌知裏転時z詰的2詰点kμ」乙きド炉主U ; γヱ 草炉円えV雪吋空 d.LJιトいい5主九日叶W…日沿弐仔f去一E 持晶?程一2q 目 τ ョ. @ 2女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメ ー ル を 通 じ て ト ラ プ)1"こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9│瀦有志の学生がネット利用調査H運転マナlHに注意をSFC最大の特徴ともいえ一るキャンパス・ネットワーク・システム(CN日)の利用状況を今軍一月、寄志の学室たちが調査した。調査対象の九七晦が翼手メルを利用しており、六五掘が露目シス子ムに接続している。自宅にも逼信モデムやソフトを持っているのは五四持。五九婦が﹁先生にもっと電子メールを利用してほしい﹂と答えたc調査に協力した井下理教授は、メールへの反応に喜思議裂がはっきりしている点を指掃す道焼四58刊C日﹂4MGE麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4高校時代日比制作したビデオ映画す自分をアピールし、同学部民自邑推薦方式で合格した。映像制作のサークルを作ったが﹁テクニックだけあっても、伝える中身がなければ意味がない﹂と患い、サークルを解散。飲料自動販売機の横にマグカップを置く運動を始めた。﹁一日に四、五回は画面をのぞいて、電子メール者確認する。メールのない生活は考えられない﹂と語すa環場情報宇部四年の宮沢緩手さん(幻)は、米オハイオ州立大学が闘いているインターネットのホームペ1ジで友人の名前老若寛した。宮沢さんがオハイオ在住時、近くに住んでいた人四討論的哨当理想古﹂C日目、ハI勺ワークステーションやパソヨンが並...:5く鹿 士 湘 商 藤 沢 キ ャ ン パ ス の メ デ ィ ア センター。「ここに来れば友人に会える」たちだ。﹁長い間運絡をしていなかった友人の消息が分かるなんて。世界を逗︿感じる﹂。夜間も学内で作業学生が必ず立ち寄るのが日FCの中核施設、メディアセンター。インターネットなどにすぐ援臨できる約二百台のワ一!クス(ロ)るc﹁女子学生の二四部がメールを見℃泣いたことがあると答えている。メールを見て怒ったととがあるのは男女ともに六Q部以上。こんなに情緒的な度応があるとは意N円でした﹂と語す。一使い方に慣れていない一年生はメールをめぐるトラブルが比較的幸い﹂と吾一目うのは調査に番加した在学六年目の細江哲志さん(お)。﹁メールはサークルの連絡や一方的な通告には便利ですか、人を傷つ甘かねない両刃の剣でもある﹂。井下教授は﹁情報ハイウエーに合った運転技訴が必要なの比、安全運転の方法や運転マナーがまだ見えていけない﹂と指摘する包四討議時型車洋浦雪議耀冊叩樽川町特戸い仲斗。慶応大学の湘南睦沢キャンパス(日FC)に通吾韓合設策学部三年、大島血字さん(羽)はインターネットのホームページ化相撲と簡の画面を作った。相撲の方には、自分で撮影した力士の写真や星取表。色は﹁一葬一事着実に歩んでいく生き方が好き﹂で、写真や亀についての情報を載せた。﹁亀の専門家とまわれたんでしょうか2憶が病気になったので治療法を教えてくれ、という電子メールが揮外白亀の飼育者から来ました﹂@すぐに自由自在iFii;45許取;iii??i;iii;;長i;!;;:ii:11詩!iiipFjif1ii!i;jij!?i1fiiiiijj当長記号重宝きま主筆弓言語 Eiijj事。晶子場事すれ ii華社団主主女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメールを通じてトラプ) 1 / ( こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たメ- ) レを使ろととによコてキャンパスライフが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9有志の学生がネット利用調査H運転マナlHに注意をSFC最大の特徴ともいえ一るキャンパス・ネットワーク・システム(CN日)の利用状況を今軍一月、寄志の学室たちが調査した。調査対象の九七晦が翼手メルを利用しており、六五掘が露目シス子ムに接続している。自宅にも逼信モデムやソフトを持っているのは五四持。五九婦が﹁先生にもっと電子メールを利用してほしい﹂と答えたc調査に協力した井下理教授は、メールへの反応に喜思議裂がはっきりしている点を指掃す道焼四58刊C日﹂4MGE麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4高校時代日比制作したビデオ映画す自分をアピールし、同学部民自邑推薦方式で合格した。映像制作のサークルを作ったが﹁テクニックだけあっても、伝える中身がなければ意味がない﹂と患い、サークルを解散。飲料自動販売機の横にマグカップを置く運動を始めた。﹁一日に四、五回は画面をのぞいて、電子メール者確認する。メールのない生活は考えられない﹂と語すa環場情報宇部四年の宮沢緩手さん(幻)は、米オハイオ州立大学が闘いているインターネットのホームペ1ジで友人の名前老若寛した。宮沢さんがオハイオ在住時、近くに住んでいた人四討論的哨当理想古﹂C日目、ハI勺ワークステーションやパソヨンが並...:5く鹿 士 湘 商 藤 沢 キ ャ ン パ ス の メ デ ィ ア センター。「ここに来れば友人に会える」たちだ。﹁長い間運絡をしていなかった友人の消息が分かるなんて。世界を逗︿感じる﹂。夜間も学内で作業学生が必ず立ち寄るのが日FCの中核施設、メディアセンター。インターネットなどにすぐ援臨できる約二百台のワ一!クス(ロ)るc﹁女子学生の二四部がメールを見℃泣いたことがあると答えている。メールを見て怒ったととがあるのは男女ともに六Q部以上。こんなに情緒的な度応があるとは意N円でした﹂と語す。一使い方に慣れていない一年生はメールをめぐるトラブルが比較的幸い﹂と吾一目うのは調査に番加した在学六年目の細江哲志さん(お)。﹁メールはサークルの連絡や一方的な通告には便利ですか、人を傷つ甘かねない両刃の剣でもある﹂。井下教授は﹁情報ハイウエーに合った運転技訴が必要なの比、安全運転の方法や運転マナーがまだ見えていけない﹂と指摘する包四討議時型車洋浦雪議耀冊叩樽川町特戸い仲斗。慶応大学の湘南睦沢キャンパス(日FC)に通吾韓合設策学部三年、大島血字さん(羽)はインターネットのホームページ化相撲と簡の画面を作った。相撲の方には、自分で撮影した力士の写真や星取表。色は﹁一葬一事着実に歩んでいく生き方が好き﹂で、写真や亀についての情報を載せた。﹁亀の専門家とまわれたんでしょうか2憶が病気になったので治療法を教えてくれ、という電子メールが揮外白亀の飼育者から来ました﹂@すぐに自由自在iFii;45許取;iii??i;iii;;長i;!;;:ii:11詩!iiipFjif1ii!i;jij!?i1fiiiiijj当長記号重宝きま主筆弓言語 Eiijj事。晶子場事すれ ii華社団主主女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメールを通じてトラプ) 1 / ( こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たメ- ) レを使ろととによコてキャンパスライフが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9有志の学生がネット利用調査H運転マナlHに注意をSFC最大の特徴ともいえ一るキャンパス・ネットワーク・システム(CN日)の利用状況を今軍一月、寄志の学室たちが調査した。調査対象の九七晦が翼手メルを利用しており、六五掘が露目シス子ムに接続している。自宅にも逼信モデムやソフトを持っているのは五四持。五九婦が﹁先生にもっと電子メールを利用してほしい﹂と答えたc調査に協力した井下理教授は、メールへの反応に喜思議裂がはっきりしている点を指掃す道焼四58刊C日﹂4MGE麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4高校時代日比制作したビデオ映画す自分をアピールし、同学部民自邑推薦方式で合格した。映像制作のサークルを作ったが﹁テクニックだけあっても、伝える中身がなければ意味がない﹂と患い、サークルを解散。飲料自動販売機の横にマグカップを置く運動を始めた。﹁一日に四、五回は画面をのぞいて、電子メール者確認する。メールのない生活は考えられない﹂と語すa環場情報宇部四年の宮沢緩手さん(幻)は、米オハイオ州立大学が闘いているインターネットのホームペ1ジで友人の名前老若寛した。宮沢さんがオハイオ在住時、近くに住んでいた人四討論的哨当理想古﹂C日目、ハI勺ワークステーションやパソヨンが並...:5く鹿 士 湘 商 藤 沢 キ ャ ン パ ス の メ デ ィ ア センター。「ここに来れば友人に会える」たちだ。﹁長い間運絡をしていなかった友人の消息が分かるなんて。世界を逗︿感じる﹂。夜間も学内で作業学生が必ず立ち寄るのが日FCの中核施設、メディアセンター。インターネットなどにすぐ援臨できる約二百台のワ一!クス(ロ)るc﹁女子学生の二四部がメールを見℃泣いたことがあると答えている。メールを見て怒ったととがあるのは男女ともに六Q部以上。こんなに情緒的な度応があるとは意N円でした﹂と語す。一使い方に慣れていない一年生はメールをめぐるトラブルが比較的幸い﹂と吾一目うのは調査に番加した在学六年目の細江哲志さん(お)。﹁メールはサークルの連絡や一方的な通告には便利ですか、人を傷つ甘かねない両刃の剣でもある﹂。井下教授は﹁情報ハイウエーに合った運転技訴が必要なの比、安全運転の方法や運転マナーがまだ見えていけない﹂と指摘する包四討議時型車洋浦雪議耀冊叩樽川町特戸い仲斗。日本経済新聞1995年5月20日
  9. 9. 慶応大学の湘南睦沢キャンパス(日FC)に通吾韓合設策学部三年、大島血字さん(羽)はインターネットのホームページ化相撲と簡の画面を作った。相撲の方には、自分で撮影した力士の写真や星取表。色は﹁一葬一事着実に歩んでいく生き方が好き﹂で、写真や亀についての情報を載せた。﹁亀の専門家とまわれたんでしょうか2憶が病気になったので治療法を教えてくれ、という電子メールが揮外白亀の飼育者から来ました﹂@すぐに自由自在i?ii;iii115;iii??i;iii;;ifi!iiiii;j!???iiii73註2:議事;TF五i民:許信号iiき弓君主荷重吉川霊弓 E喜E5竪望;5ん詰喜諒宗Uメ瓦言品告詰出sお均2誌知裏転時z詰的2詰点kμ」乙きド炉主U ; γヱ 草炉円えV雪吋空 d.LJιトいい5主九日叶W…日沿弐仔f去一E 持晶?程一2q 目 τ ョ. @ 2女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメ ー ル を 通 じ て ト ラ プ)1"こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9│瀦有志の学生がネット利用調査H運転マナlHに注意をSFC最大の特徴ともいえ一るキャンパス・ネットワーク・システム(CN日)の利用状況を今軍一月、寄志の学室たちが調査した。調査対象の九七晦が翼手メルを利用しており、六五掘が露目シス子ムに接続している。自宅にも逼信モデムやソフトを持っているのは五四持。五九婦が﹁先生にもっと電子メールを利用してほしい﹂と答えたc調査に協力した井下理教授は、メールへの反応に喜思議裂がはっきりしている点を指掃す道焼四58刊C日﹂4MGE麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4高校時代日比制作したビデオ映画す自分をアピールし、同学部民自邑推薦方式で合格した。映像制作のサークルを作ったが﹁テクニックだけあっても、伝える中身がなければ意味がない﹂と患い、サークルを解散。飲料自動販売機の横にマグカップを置く運動を始めた。﹁一日に四、五回は画面をのぞいて、電子メール者確認する。メールのない生活は考えられない﹂と語すa環場情報宇部四年の宮沢緩手さん(幻)は、米オハイオ州立大学が闘いているインターネットのホームペ1ジで友人の名前老若寛した。宮沢さんがオハイオ在住時、近くに住んでいた人四討論的哨当理想古﹂C日目、ハI勺ワークステーションやパソヨンが並...:5く鹿 士 湘 商 藤 沢 キ ャ ン パ ス の メ デ ィ ア センター。「ここに来れば友人に会える」たちだ。﹁長い間運絡をしていなかった友人の消息が分かるなんて。世界を逗︿感じる﹂。夜間も学内で作業学生が必ず立ち寄るのが日FCの中核施設、メディアセンター。インターネットなどにすぐ援臨できる約二百台のワ一!クス(ロ)るc﹁女子学生の二四部がメールを見℃泣いたことがあると答えている。メールを見て怒ったととがあるのは男女ともに六Q部以上。こんなに情緒的な度応があるとは意N円でした﹂と語す。一使い方に慣れていない一年生はメールをめぐるトラブルが比較的幸い﹂と吾一目うのは調査に番加した在学六年目の細江哲志さん(お)。﹁メールはサークルの連絡や一方的な通告には便利ですか、人を傷つ甘かねない両刃の剣でもある﹂。井下教授は﹁情報ハイウエーに合った運転技訴が必要なの比、安全運転の方法や運転マナーがまだ見えていけない﹂と指摘する包四討議時型車洋浦雪議耀冊叩樽川町特戸い仲斗。慶応大学の湘南睦沢キャンパス(日FC)に通吾韓合設策学部三年、大島血字さん(羽)はインターネットのホームページ化相撲と簡の画面を作った。相撲の方には、自分で撮影した力士の写真や星取表。色は﹁一葬一事着実に歩んでいく生き方が好き﹂で、写真や亀についての情報を載せた。﹁亀の専門家とまわれたんでしょうか2憶が病気になったので治療法を教えてくれ、という電子メールが揮外白亀の飼育者から来ました﹂@すぐに自由自在iFii;45許取;iii??i;iii;;長i;!;;:ii:11詩!iiipFjif1ii!i;jij!?i1fiiiiijj当長記号重宝きま主筆弓言語 Eiijj事。晶子場事すれ ii華社団主主女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメールを通じてトラプ) 1 / ( こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たメ- ) レを使ろととによコてキャンパスライフが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9有志の学生がネット利用調査H運転マナlHに注意をSFC最大の特徴ともいえ一るキャンパス・ネットワーク・システム(CN日)の利用状況を今軍一月、寄志の学室たちが調査した。調査対象の九七晦が翼手メルを利用しており、六五掘が露目シス子ムに接続している。自宅にも逼信モデムやソフトを持っているのは五四持。五九婦が﹁先生にもっと電子メールを利用してほしい﹂と答えたc調査に協力した井下理教授は、メールへの反応に喜思議裂がはっきりしている点を指掃す道焼四58刊C日﹂4MGE麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4高校時代日比制作したビデオ映画す自分をアピールし、同学部民自邑推薦方式で合格した。映像制作のサークルを作ったが﹁テクニックだけあっても、伝える中身がなければ意味がない﹂と患い、サークルを解散。飲料自動販売機の横にマグカップを置く運動を始めた。﹁一日に四、五回は画面をのぞいて、電子メール者確認する。メールのない生活は考えられない﹂と語すa環場情報宇部四年の宮沢緩手さん(幻)は、米オハイオ州立大学が闘いているインターネットのホームペ1ジで友人の名前老若寛した。宮沢さんがオハイオ在住時、近くに住んでいた人四討論的哨当理想古﹂C日目、ハI勺ワークステーションやパソヨンが並...:5く鹿 士 湘 商 藤 沢 キ ャ ン パ ス の メ デ ィ ア センター。「ここに来れば友人に会える」たちだ。﹁長い間運絡をしていなかった友人の消息が分かるなんて。世界を逗︿感じる﹂。夜間も学内で作業学生が必ず立ち寄るのが日FCの中核施設、メディアセンター。インターネットなどにすぐ援臨できる約二百台のワ一!クス(ロ)るc﹁女子学生の二四部がメールを見℃泣いたことがあると答えている。メールを見て怒ったととがあるのは男女ともに六Q部以上。こんなに情緒的な度応があるとは意N円でした﹂と語す。一使い方に慣れていない一年生はメールをめぐるトラブルが比較的幸い﹂と吾一目うのは調査に番加した在学六年目の細江哲志さん(お)。﹁メールはサークルの連絡や一方的な通告には便利ですか、人を傷つ甘かねない両刃の剣でもある﹂。井下教授は﹁情報ハイウエーに合った運転技訴が必要なの比、安全運転の方法や運転マナーがまだ見えていけない﹂と指摘する包四討議時型車洋浦雪議耀冊叩樽川町特戸い仲斗。慶応大学の湘南睦沢キャンパス(日FC)に通吾韓合設策学部三年、大島血字さん(羽)はインターネットのホームページ化相撲と簡の画面を作った。相撲の方には、自分で撮影した力士の写真や星取表。色は﹁一葬一事着実に歩んでいく生き方が好き﹂で、写真や亀についての情報を載せた。﹁亀の専門家とまわれたんでしょうか2憶が病気になったので治療法を教えてくれ、という電子メールが揮外白亀の飼育者から来ました﹂@すぐに自由自在iFii;45許取;iii??i;iii;;長i;!;;:ii:11詩!iiipFjif1ii!i;jij!?i1fiiiiijj当長記号重宝きま主筆弓言語 Eiijj事。晶子場事すれ ii華社団主主女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメールを通じてトラプ) 1 / ( こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たメ- ) レを使ろととによコてキャンパスライフが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9有志の学生がネット利用調査H運転マナlHに注意をSFC最大の特徴ともいえ一るキャンパス・ネットワーク・システム(CN日)の利用状況を今軍一月、寄志の学室たちが調査した。調査対象の九七晦が翼手メルを利用しており、六五掘が露目シス子ムに接続している。自宅にも逼信モデムやソフトを持っているのは五四持。五九婦が﹁先生にもっと電子メールを利用してほしい﹂と答えたc調査に協力した井下理教授は、メールへの反応に喜思議裂がはっきりしている点を指掃す道焼四58刊C日﹂4MGE麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4高校時代日比制作したビデオ映画す自分をアピールし、同学部民自邑推薦方式で合格した。映像制作のサークルを作ったが﹁テクニックだけあっても、伝える中身がなければ意味がない﹂と患い、サークルを解散。飲料自動販売機の横にマグカップを置く運動を始めた。﹁一日に四、五回は画面をのぞいて、電子メール者確認する。メールのない生活は考えられない﹂と語すa環場情報宇部四年の宮沢緩手さん(幻)は、米オハイオ州立大学が闘いているインターネットのホームペ1ジで友人の名前老若寛した。宮沢さんがオハイオ在住時、近くに住んでいた人四討論的哨当理想古﹂C日目、ハI勺ワークステーションやパソヨンが並...:5く鹿 士 湘 商 藤 沢 キ ャ ン パ ス の メ デ ィ ア センター。「ここに来れば友人に会える」たちだ。﹁長い間運絡をしていなかった友人の消息が分かるなんて。世界を逗︿感じる﹂。夜間も学内で作業学生が必ず立ち寄るのが日FCの中核施設、メディアセンター。インターネットなどにすぐ援臨できる約二百台のワ一!クス(ロ)るc﹁女子学生の二四部がメールを見℃泣いたことがあると答えている。メールを見て怒ったととがあるのは男女ともに六Q部以上。こんなに情緒的な度応があるとは意N円でした﹂と語す。一使い方に慣れていない一年生はメールをめぐるトラブルが比較的幸い﹂と吾一目うのは調査に番加した在学六年目の細江哲志さん(お)。﹁メールはサークルの連絡や一方的な通告には便利ですか、人を傷つ甘かねない両刃の剣でもある﹂。井下教授は﹁情報ハイウエーに合った運転技訴が必要なの比、安全運転の方法や運転マナーがまだ見えていけない﹂と指摘する包四討議時型車洋浦雪議耀冊叩樽川町特戸い仲斗。日本経済新聞1995年5月20日女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメ ー ル を 通 じ て ト ラ プ)1"こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9│瀦有ネ麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメールを通じてトラプ) 1 / ( こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たメ- ) レを使ろととによコてキャンパスライフが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9有ネ麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4女2日.925.313.542.137.45日.2メ ー ル を 通 じ 亡 喧 嘩 し た こ と が あ るメールを通じてトラプ) 1 / ( こあったことがあるメ ー ル で デ ー ト 忙 誘 っ た と ど が あ るメ ー ル で デ ー ト に 誘 わ れ たζ と が あ るメ ル を 通 じ て 友 達 に な っ た 人 が い るメ ー ル 壱 通 じ て 友 達 ど ¢ 信 頼 感 が 高 ま っ たメ Jレを使うことによって面と向かつて言いに く い こ と が 言 え たメ- ) レを使ろととによコてキャンパスライフが 豊 か に な っ た 71.9 76.8U主) 慶応大学湘南藤沢一子ャンパス学生育忘却同キャンパスの 学 生 の ろ ち189白人に質問票を郵送。 614人 か ら 有 効回答を得た。 95年 1月実施。58.9有ネ麿 応 大 学 S F Cキ ャ ン パ ス ネ ッ ト ワ ー クシ ス テ ム の 利 用 実 態 調 査 か ら 〈 単 位 幅 )男26.829.024.018.033.841.651.4
  10. 10. 日本経済新聞1995年5月20日ト作成か早慶戦の予約までり学生の指南役、使い方伝授リポートの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカルガイド﹂の九五年版では編集責話者となり、的自ニ百五↓汗分そ執筆したU﹁生協の畜屈でBFC見学の記念ιよく買われている﹂。との刀イド作成や薪しい機械の導入などで、午前二時まで苧内に残る日々が続いた。二十四時間キャンパスを掲げるSFCは夜間の出入りも自由で、午佳十一時から翌朝八時までは夜間残函と呼ばれる。久酋神さんの夜間残留は年間同約三吉田にのぼった白﹁おそらく学内でも最多記録でしょう﹂ロ彼がいない夜は、残留届を回収に摂る警備員が心配するという。1人1人に専用番号一71ションのほか、ビデオ編集瞳などのAV楼器が約百十塑設置されている。機械は空いていれば自由に使亙る。ことで機器の使い方や活用方法について一相談に乗るのが、学生の中から選ばれるコンサルタントたちだ。環境情報学部四年の矢曽神宏さん(辺)はそのコンサルタン道焼四刊日﹂﹁メディアセンターの閉館時刻を在イ一時からもっと延ばしてほしい。二十四時間話業のレストランやシャワー室、仮眠室も必要だと思う﹂。総合股策宇都四年の星俊作さん(お)の希望は多︿の学生に共通する。融合政策学部三年の室田典良さん(却)もとの春体み、コン四討論的哨当理想古﹂日目、ハ勺 サルタントとしてガイドの執筆や機輔の設置付比番加した。﹁=ヲ一時胆レぷか岬朕眠嬰眠事摂y百hJない目州m山続警畠曹霊己呈土ま忌亡したQ塾講師や家庭教師のアルバイトから学校に戻る時、みんな﹃芋控に帰る﹄って言ってますね﹂。インターネットの権威である村井純助教樗お一研究室に在籍Gこの研先室は常にじ、八本のプロジェクトが同時進行しているという忙しさだe同じ研究室の先輩で、との著ナムコに入った藤下真琴さん(辺︺も同様の生培セ送ってきた。現在はゲームセンターで研修中だが﹁夕方五時に研修が時間わって、帰っていいよ、と言われると、すご︿むなしくなる。まだやれるよ、もっと働廿るよ、と叫びたくなる﹂という。卒業生はBFCを巣立った柑埋も、初年度一万円、二年目以降は年間三万円で電子メールの蕃号を持ち続けられる。日FC一期生で、昨年春、大日本日耐にまでも一日に平問二十通の電子メールを受け取る。大学の友人との連結や小廿押さんが呼び掛けて設立したBFC三回全の通知、後輩からの就厳相識もあるG社内でインターネットについての舎議があった昨年十月、小揮さんは日FCの後輩に連日晴を取ったロ﹁そっちへ行くから、ちょっと教えてよ﹂。仕事が終わった午佐十一時、世田替の自宅から車でSFCに向かったロ一自分で函面吾作ろう﹂e教えてもらいながら、画面串﹂完成させると朝の五時国車で自宅に掃り、出社した。﹁思い立ったが吉日とか言いますよねつ卒業後もネット維持一期生たちは在学時からインターネットと日常的に務Uていたわけではないロしかし﹁卒藷してからも新しいことを学ぶ環境が整っている。ありがたいですね﹂。電子メールの寄日吉ぜ持っている友人とはメールのやりとりだげでなく、実際民会ろととも多いという。キャンパス内のコンピューター・ネットワークは卒業後の人的京ットワークを維持し、広げる効果も持っているようだロ広瀬融ロ田討議時型車洋浦雪議耀ト作成か早慶戦の予約までり学生の指南役、使い方伝授リポートの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカルガイド﹂の九五年版では編集責話者となり、的自ニ百五↓汗分そ執筆したU﹁生協の畜屈でBFC見学の記念ιよく買われている﹂。との刀イド作成や薪しい機械の導入などで、午前二時まで苧内に残る日々が続いた。二十四時間キャンパスを掲げるSFCは夜間の出入りも自由で、午佳十一時から翌朝八時までは夜間残函と呼ばれる。久酋神さんの夜間残留は年間同約三吉田にのぼった白﹁おそらく学内でも最多記録でしょう﹂ロ彼がいない夜は、残留届を回収に摂る警備員が心配するという。1人1人に専用番号一71ションのほか、ビデオ編集瞳などのAV楼器が約百十塑設置されている。機械は空いていれば自由に使亙る。ことで機器の使い方や活用方法について一相談に乗るのが、学生の中から選ばれるコンサルタントたちだ。環境情報学部四年の矢曽神宏さん(辺)はそのコンサルタン道焼四刊日﹂﹁メディアセンターの閉館時刻を在イ一時からもっと延ばしてほしい。二十四時間話業のレストランやシャワー室、仮眠室も必要だと思う﹂。総合股策宇都四年の星俊作さん(お)の希望は多︿の学生に共通する。融合政策学部三年の室田典良さん(却)もとの春体み、コン四討論的哨当理想古﹂日目、ハ勺 サルタントとしてガイドの執筆や機輔の設置付比番加した。﹁=ヲ一時胆レぷか岬朕眠嬰眠事摂y百hJない目州m山続警畠曹霊己呈土ま忌亡したQ塾講師や家庭教師のアルバイトから学校に戻る時、みんな﹃芋控に帰る﹄って言ってますね﹂。インターネットの権威である村井純助教樗お一研究室に在籍Gこの研先室は常にじ、八本のプロジェクトが同時進行しているという忙しさだe同じ研究室の先輩で、との著ナムコに入った藤下真琴さん(辺︺も同様の生培セ送ってきた。現在はゲームセンターで研修中だが﹁夕方五時に研修が時間わって、帰っていいよ、と言われると、すご︿むなしくなる。まだやれるよ、もっと働廿るよ、と叫びたくなる﹂という。卒業生はBFCを巣立った柑埋も、初年度一万円、二年目以降は年間三万円で電子メールの蕃号を持ち続けられる。日FC一期生で、昨年春、大日本日耐にまでも一日に平問二十通の電子メールを受け取る。大学の友人との連結や小廿押さんが呼び掛けて設立したBFC三回全の通知、後輩からの就厳相識もあるG社内でインターネットについての舎議があった昨年十月、小揮さんは日FCの後輩に連日晴を取ったロ﹁そっちへ行くから、ちょっと教えてよ﹂。仕事が終わった午佐十一時、世田替の自宅から車でSFCに向かったロ一自分で函面吾作ろう﹂e教えてもらいながら、画面串﹂完成させると朝の五時国車で自宅に掃り、出社した。﹁思い立ったが吉日とか言いますよねつ卒業後もネット維持一期生たちは在学時からインターネットと日常的に務Uていたわけではないロしかし﹁卒藷してからも新しいことを学ぶ環境が整っている。ありがたいですね﹂。電子メールの寄日吉ぜ持っている友人とはメールのやりとりだげでなく、実際民会ろととも多いという。キャンパス内のコンピューター・ネットワークは卒業後の人的京ットワークを維持し、広げる効果も持っているようだロ広瀬融ロ田討議時型車洋浦雪議耀ト作成か早慶戦の予約までり学生の指南役、使い方伝授リポートの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカルガイド﹂の九五年版では編集責話者となり、的自ニ百五↓汗分そ執筆したU﹁生協の畜屈でBFC見学の記念ιよく買われている﹂。との刀イド作成や薪しい機械の導入などで、午前二時まで苧内に残る日々が続いた。二十四時間キャンパスを掲げるSFCは夜間の出入りも自由で、午佳十一時から翌朝八時までは夜間残函と呼ばれる。久酋神さんの夜間残留は年間同約三吉田にのぼった白﹁おそらく学内でも最多記録でしょう﹂ロ彼がいない夜は、残留届を回収に摂る警備員が心配するという。1人1人に専用番号一71ションのほか、ビデオ編集瞳などのAV楼器が約百十塑設置されている。機械は空いていれば自由に使亙る。ことで機器の使い方や活用方法について一相談に乗るのが、学生の中から選ばれるコンサルタントたちだ。環境情報学部四年の矢曽神宏さん(辺)はそのコンサルタン道焼四刊日﹂﹁メディアセンターの閉館時刻を在イ一時からもっと延ばしてほしい。二十四時間話業のレストランやシャワー室、仮眠室も必要だと思う﹂。総合股策宇都四年の星俊作さん(お)の希望は多︿の学生に共通する。融合政策学部三年の室田典良さん(却)もとの春体み、コン四討論的哨当理想古﹂日目、ハ勺 サルタントとしてガイドの執筆や機輔の設置付比番加した。﹁=ヲ一時胆レぷか岬朕眠嬰眠事摂y百hJない目州m山続警畠曹霊己呈土ま忌亡したQ塾講師や家庭教師のアルバイトから学校に戻る時、みんな﹃芋控に帰る﹄って言ってますね﹂。インターネットの権威である村井純助教樗お一研究室に在籍Gこの研先室は常にじ、八本のプロジェクトが同時進行しているという忙しさだe同じ研究室の先輩で、との著ナムコに入った藤下真琴さん(辺︺も同様の生培セ送ってきた。現在はゲームセンターで研修中だが﹁夕方五時に研修が時間わって、帰っていいよ、と言われると、すご︿むなしくなる。まだやれるよ、もっと働廿るよ、と叫びたくなる﹂という。卒業生はBFCを巣立った柑埋も、初年度一万円、二年目以降は年間三万円で電子メールの蕃号を持ち続けられる。日FC一期生で、昨年春、大日本日耐にまでも一日に平問二十通の電子メールを受け取る。大学の友人との連結や小廿押さんが呼び掛けて設立したBFC三回全の通知、後輩からの就厳相識もあるG社内でインターネットについての舎議があった昨年十月、小揮さんは日FCの後輩に連日晴を取ったロ﹁そっちへ行くから、ちょっと教えてよ﹂。仕事が終わった午佐十一時、世田替の自宅から車でSFCに向かったロ一自分で函面吾作ろう﹂e教えてもらいながら、画面串﹂完成させると朝の五時国車で自宅に掃り、出社した。﹁思い立ったが吉日とか言いますよねつ卒業後もネット維持一期生たちは在学時からインターネットと日常的に務Uていたわけではないロしかし﹁卒藷してからも新しいことを学ぶ環境が整っている。ありがたいですね﹂。電子メールの寄日吉ぜ持っている友人とはメールのやりとりだげでなく、実際民会ろととも多いという。キャンパス内のコンピューター・ネットワークは卒業後の人的京ットワークを維持し、広げる効果も持っているようだロ広瀬融ロ田討議時型車洋浦雪議耀
  11. 11. 日本経済新聞1995年5月20日ト作成か早慶戦の予約までり学生の指南役、使い方伝授リポートの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカルガイド﹂の九五年版では編集責話者となり、的自ニ百五↓汗分そ執筆したU﹁生協の畜屈でBFC見学の記念ιよく買われている﹂。との刀イド作成や薪しい機械の導入などで、午前二時まで苧内に残る日々が続いた。二十四時間キャンパスを掲げるSFCは夜間の出入りも自由で、午佳十一時から翌朝八時までは夜間残函と呼ばれる。久酋神さんの夜間残留は年間同約三吉田にのぼった白﹁おそらく学内でも最多記録でしょう﹂ロ彼がいない夜は、残留届を回収に摂る警備員が心配するという。1人1人に専用番号一71ションのほか、ビデオ編集瞳などのAV楼器が約百十塑設置されている。機械は空いていれば自由に使亙る。ことで機器の使い方や活用方法について一相談に乗るのが、学生の中から選ばれるコンサルタントたちだ。環境情報学部四年の矢曽神宏さん(辺)はそのコンサルタン道焼四刊日﹂﹁メディアセンターの閉館時刻を在イ一時からもっと延ばしてほしい。二十四時間話業のレストランやシャワー室、仮眠室も必要だと思う﹂。総合股策宇都四年の星俊作さん(お)の希望は多︿の学生に共通する。融合政策学部三年の室田典良さん(却)もとの春体み、コン四討論的哨当理想古﹂日目、ハ勺 サルタントとしてガイドの執筆や機輔の設置付比番加した。﹁=ヲ一時胆レぷか岬朕眠嬰眠事摂y百hJない目州m山続警畠曹霊己呈土ま忌亡したQ塾講師や家庭教師のアルバイトから学校に戻る時、みんな﹃芋控に帰る﹄って言ってますね﹂。インターネットの権威である村井純助教樗お一研究室に在籍Gこの研先室は常にじ、八本のプロジェクトが同時進行しているという忙しさだe同じ研究室の先輩で、との著ナムコに入った藤下真琴さん(辺︺も同様の生培セ送ってきた。現在はゲームセンターで研修中だが﹁夕方五時に研修が時間わって、帰っていいよ、と言われると、すご︿むなしくなる。まだやれるよ、もっと働廿るよ、と叫びたくなる﹂という。卒業生はBFCを巣立った柑埋も、初年度一万円、二年目以降は年間三万円で電子メールの蕃号を持ち続けられる。日FC一期生で、昨年春、大日本日耐にまでも一日に平問二十通の電子メールを受け取る。大学の友人との連結や小廿押さんが呼び掛けて設立したBFC三回全の通知、後輩からの就厳相識もあるG社内でインターネットについての舎議があった昨年十月、小揮さんは日FCの後輩に連日晴を取ったロ﹁そっちへ行くから、ちょっと教えてよ﹂。仕事が終わった午佐十一時、世田替の自宅から車でSFCに向かったロ一自分で函面吾作ろう﹂e教えてもらいながら、画面串﹂完成させると朝の五時国車で自宅に掃り、出社した。﹁思い立ったが吉日とか言いますよねつ卒業後もネット維持一期生たちは在学時からインターネットと日常的に務Uていたわけではないロしかし﹁卒藷してからも新しいことを学ぶ環境が整っている。ありがたいですね﹂。電子メールの寄日吉ぜ持っている友人とはメールのやりとりだげでなく、実際民会ろととも多いという。キャンパス内のコンピューター・ネットワークは卒業後の人的京ットワークを維持し、広げる効果も持っているようだロ広瀬融ロ田討議時型車洋浦雪議耀ト作成か早慶戦の予約までり学生の指南役、使い方伝授リポートの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカルガイド﹂の九五年版では編集責話者となり、的自ニ百五↓汗分そ執筆したU﹁生協の畜屈でBFC見学の記念ιよく買われている﹂。との刀イド作成や薪しい機械の導入などで、午前二時まで苧内に残る日々が続いた。二十四時間キャンパスを掲げるSFCは夜間の出入りも自由で、午佳十一時から翌朝八時までは夜間残函と呼ばれる。久酋神さんの夜間残留は年間同約三吉田にのぼった白﹁おそらく学内でも最多記録でしょう﹂ロ彼がいない夜は、残留届を回収に摂る警備員が心配するという。1人1人に専用番号一71ションのほか、ビデオ編集瞳などのAV楼器が約百十塑設置されている。機械は空いていれば自由に使亙る。ことで機器の使い方や活用方法について一相談に乗るのが、学生の中から選ばれるコンサルタントたちだ。環境情報学部四年の矢曽神宏さん(辺)はそのコンサルタン道焼四刊日﹂﹁メディアセンターの閉館時刻を在イ一時からもっと延ばしてほしい。二十四時間話業のレストランやシャワー室、仮眠室も必要だと思う﹂。総合股策宇都四年の星俊作さん(お)の希望は多︿の学生に共通する。融合政策学部三年の室田典良さん(却)もとの春体み、コン四討論的哨当理想古﹂日目、ハ勺 サルタントとしてガイドの執筆や機輔の設置付比番加した。﹁=ヲ一時胆レぷか岬朕眠嬰眠事摂y百hJない目州m山続警畠曹霊己呈土ま忌亡したQ塾講師や家庭教師のアルバイトから学校に戻る時、みんな﹃芋控に帰る﹄って言ってますね﹂。インターネットの権威である村井純助教樗お一研究室に在籍Gこの研先室は常にじ、八本のプロジェクトが同時進行しているという忙しさだe同じ研究室の先輩で、との著ナムコに入った藤下真琴さん(辺︺も同様の生培セ送ってきた。現在はゲームセンターで研修中だが﹁夕方五時に研修が時間わって、帰っていいよ、と言われると、すご︿むなしくなる。まだやれるよ、もっと働廿るよ、と叫びたくなる﹂という。卒業生はBFCを巣立った柑埋も、初年度一万円、二年目以降は年間三万円で電子メールの蕃号を持ち続けられる。日FC一期生で、昨年春、大日本日耐にまでも一日に平問二十通の電子メールを受け取る。大学の友人との連結や小廿押さんが呼び掛けて設立したBFC三回全の通知、後輩からの就厳相識もあるG社内でインターネットについての舎議があった昨年十月、小揮さんは日FCの後輩に連日晴を取ったロ﹁そっちへ行くから、ちょっと教えてよ﹂。仕事が終わった午佐十一時、世田替の自宅から車でSFCに向かったロ一自分で函面吾作ろう﹂e教えてもらいながら、画面串﹂完成させると朝の五時国車で自宅に掃り、出社した。﹁思い立ったが吉日とか言いますよねつ卒業後もネット維持一期生たちは在学時からインターネットと日常的に務Uていたわけではないロしかし﹁卒藷してからも新しいことを学ぶ環境が整っている。ありがたいですね﹂。電子メールの寄日吉ぜ持っている友人とはメールのやりとりだげでなく、実際民会ろととも多いという。キャンパス内のコンピューター・ネットワークは卒業後の人的京ットワークを維持し、広げる効果も持っているようだロ広瀬融ロ田討議時型車洋浦雪議耀ト作成か早慶戦の予約までり学生の指南役、使い方伝授リポートの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカルガイド﹂の九五年版では編集責話者となり、的自ニ百五↓汗分そ執筆したU﹁生協の畜屈でBFC見学の記念ιよく買われている﹂。との刀イド作成や薪しい機械の導入などで、午前二時まで苧内に残る日々が続いた。二十四時間キャンパスを掲げるSFCは夜間の出入りも自由で、午佳十一時から翌朝八時までは夜間残函と呼ばれる。久酋神さんの夜間残留は年間同約三吉田にのぼった白﹁おそらく学内でも最多記録でしょう﹂ロ彼がいない夜は、残留届を回収に摂る警備員が心配するという。1人1人に専用番号一71ションのほか、ビデオ編集瞳などのAV楼器が約百十塑設置されている。機械は空いていれば自由に使亙る。ことで機器の使い方や活用方法について一相談に乗るのが、学生の中から選ばれるコンサルタントたちだ。環境情報学部四年の矢曽神宏さん(辺)はそのコンサルタン道焼四刊日﹂﹁メディアセンターの閉館時刻を在イ一時からもっと延ばしてほしい。二十四時間話業のレストランやシャワー室、仮眠室も必要だと思う﹂。総合股策宇都四年の星俊作さん(お)の希望は多︿の学生に共通する。融合政策学部三年の室田典良さん(却)もとの春体み、コン四討論的哨当理想古﹂日目、ハ勺 サルタントとしてガイドの執筆や機輔の設置付比番加した。﹁=ヲ一時胆レぷか岬朕眠嬰眠事摂y百hJない目州m山続警畠曹霊己呈土ま忌亡したQ塾講師や家庭教師のアルバイトから学校に戻る時、みんな﹃芋控に帰る﹄って言ってますね﹂。インターネットの権威である村井純助教樗お一研究室に在籍Gこの研先室は常にじ、八本のプロジェクトが同時進行しているという忙しさだe同じ研究室の先輩で、との著ナムコに入った藤下真琴さん(辺︺も同様の生培セ送ってきた。現在はゲームセンターで研修中だが﹁夕方五時に研修が時間わって、帰っていいよ、と言われると、すご︿むなしくなる。まだやれるよ、もっと働廿るよ、と叫びたくなる﹂という。卒業生はBFCを巣立った柑埋も、初年度一万円、二年目以降は年間三万円で電子メールの蕃号を持ち続けられる。日FC一期生で、昨年春、大日本日耐にまでも一日に平問二十通の電子メールを受け取る。大学の友人との連結や小廿押さんが呼び掛けて設立したBFC三回全の通知、後輩からの就厳相識もあるG社内でインターネットについての舎議があった昨年十月、小揮さんは日FCの後輩に連日晴を取ったロ﹁そっちへ行くから、ちょっと教えてよ﹂。仕事が終わった午佐十一時、世田替の自宅から車でSFCに向かったロ一自分で函面吾作ろう﹂e教えてもらいながら、画面串﹂完成させると朝の五時国車で自宅に掃り、出社した。﹁思い立ったが吉日とか言いますよねつ卒業後もネット維持一期生たちは在学時からインターネットと日常的に務Uていたわけではないロしかし﹁卒藷してからも新しいことを学ぶ環境が整っている。ありがたいですね﹂。電子メールの寄日吉ぜ持っている友人とはメールのやりとりだげでなく、実際民会ろととも多いという。キャンパス内のコンピューター・ネットワークは卒業後の人的京ットワークを維持し、広げる効果も持っているようだロ広瀬融ロ田討議時型車洋浦雪議耀約までりトの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカ約までりトの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカ約までりトの筆頭格。キャンパス・ネyトワーク・システム(CNB﹀と呼ぷSFCのコンピューター.システムについて、利用者の質問やトラブル化対応するeコンピュ!タi利用ハンドブック﹁CNSローカ“自宅でもパソコンを操る”!
  12. 12. 応急処置「 」
  13. 13. 応急処置的な社会・組織
  14. 14. 「新しくつくる」「つくり直す」ことの回避・封印応急処置的な社会・組織
  15. 15. 3. 分化・断片化した組織・専門1. コスト(時間、労力、お金)2. 「よい」ものをつくれる自信「新しくつくる」「つくり直す」ことの回避・封印応急処置的な社会・組織
  16. 16. 「新しくつくる」「つくり直す」古い制度・仕組みにがんじがらめになったまま、そこから抜け出せない。(つくる能力・経験の喪失)ことの回避・封印応急処置的な社会・組織
  17. 17. 古い制度・仕組みにがんじがらめになったまま、そこから抜け出せない。(つくる能力・経験の喪失)制度・仕組みを新しくつくったり、つくり直されたりする社会。(つくる能力・経験の継承・発展)「新しくつくる」「つくり直す」ことの回避・封印応急処置的な社会・組織
  18. 18. 制度・仕組みを新しくつくったり、つくり直されたりする社会。(つくる能力・経験の継承・発展)理想
  19. 19. 理想論?3. 分化・断片化した組織・専門1. コスト(時間、労力、お金)2. 「よい」ものをつくれる自信
  20. 20. 理想状況に合わせることができる実行できる巻き込むことができる
  21. 21. 理想状況に合わせることができる実行できる巻き込むことができる
  22. 22. 理想状況に合わせることができる実行できる巻き込むことができる
  23. 23. 理想理想を実現するコツを小さな単位で言語化する
  24. 24. 理想理想を実現するコツを小さな単位で言語化するパターン・ランゲージ
  25. 25. 実現するコツを小さな単位で言語化するパターン・ランゲージ状況に合わせることができる!実行できる!巻き込むことができる!
  26. 26. 実現するコツを小さな単位で言語化するパターン・ランゲージ状況に合わせることができる!実行できる!巻き込むことができる!理想みんなでつくります。次回のITSではをを
  27. 27. 7月27日(土)内田洋行・東京ユビキタス協創広場 CANVAS次回 ITSお楽しみに!

×