Diploma x KYOTO 2012 自己紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Diploma x KYOTO 2012 自己紹介

on

  • 2,129 views

My self-Introduction at the architectural symposium "Diploma x KYOTO 2012"

My self-Introduction at the architectural symposium "Diploma x KYOTO 2012"

Statistics

Views

Total Views
2,129
Views on SlideShare
2,122
Embed Views
7

Actions

Likes
2
Downloads
5
Comments
0

4 Embeds 7

https://twitter.com 4
http://us-w1.rockmelt.com 1
http://paper.li 1
https://abs.twimg.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Diploma x KYOTO 2012 自己紹介 Presentation Transcript

  • 1. 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiibaDiploma x KYOTO 2012
  • 2. 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba創造性の理論と方法論の構築個人・組織・社会が、いきいきと創造的であるとは、どういうことか? また、どのように支援できるのか?
  • 3. My Interests related to Architecture Pattern Languages Algorithmic Design Autopoiesis
  • 4. Pattern LanguagesAlgorithmic DesignAutopoiesis 生成的プロセス → 抽象 具象 ← もの・こと・ことば
  • 5. Pattern Languages パターン・ランゲージ
  • 6. パターン・ランゲージ‣ ある特定の領域における「デザインの知」(design knowledge;問題発 見+問題解決の知)が記述された言語。‣ どのような「状況」(context) で、どのような「問題」(problem) が生じ やすく、それをどう「解決」(solution) すればよいのかが記述される。‣ 単なるノウハウの記述ではなく、生き生きとした「全体性」や「質」を 生み出すための生成的な構造・過程の探究・再現と、ユーザー参加型の 設計プロセスが目指された。 C. Alexander, et. al., A Pattern Language: Towns, Buildings, Construction, Oxford http:// University Press, 1977 stephania32.wordpress.com/
  • 7. ‣ 建築分野で生まれたパターン・ランゲージの考え方と方法は、ソフトウェアデザインに導入・応用され、大きな成功を収めた。‣ 現在では、 より広いデザイン領域での展開が始まっている。
  • 8. Learning PatternsA Pattern Language for Creative Learningラーニング・パターン創造的な学びのパターン・ランゲージ !"#$%&%()#**"$%+(,((-()#**"$%(!#%.#"(/0$(1$"#*&2"(!"#$%&%(32"$4(54657 5 E"+&%(F0.$(!"#$%&% ? G#C&%(H::0$*.%&*&"+ > 1$"#*&2"()$0D"B* ^ H:"%I)$0B"++(!"#$%&% _ J.;:(K% ` !"#$%&%(<L(K;&*#*&0% a M//"B*&2"(-+C&% b H.*:.*IE$&2"%(!"#$%&% 6 N0$"&%(!#%.#"(M2"$L(E#L c )@#L/.@(!"#$%&% ?5 M;<0O&"O(9C&@@+ 5465 ?? !#%.#"(9P0Q"$ 2"$4( ?> R#%&<@"()&@"+ ?^ R0$%#O0(0/(!"#$%&% ?_ R$&#%@"(9B#@&% ?` 1P#&%(0/(MSB&*";"%*T( ?a RP&%C&%(&%(-B*&0% ?b )$0*0*L:&% ?6 N&"@O(E&2&% ?c G.@*&I1#;"$#(9P00*&% >5 -(U&$OV+I(W(U.V+IML"(8&"Q >? X&OO"%(10%%"B*&0%+ >> N$0%*&"$(N&%O"$ >^ 1$"#*&2"(9Q&*BP >_ N$.&*(N#$;&% >` K%&*&#@(E$#/*(H%@L(X#@/Q#L >a -**$#B*&2"(MS:$"++&0% >b -BB"@"$#*&0%(*0(Y"S* >6 10;;.%&*L(0/(!"#$%&% >c Z00O([&2#@+ ^5 10%+"."%*&#@(M%B0.%*"$ ^? N&$;(E"*"$;&%#*&0% ^> R#@C&%(RP&%C"$ ^^ !"#$%&%(<L(R"#BP&% ^_ H<2&0.+(["#+0% 1$%%&(2 ^` [&P*(]#L ^a ^b U$#2"(1P#%" MS:@0$"$V+()#++&0% !"#$%%&(")$(*+$*& ^6 ^c 9"@/I)$0O.B&% U"(MS*$";"T 8"$4(5465 9":*";<"$=(>5?? ,-".&$%/0&")&$(/(* !"#$%&%()#**"$%+()$0D"B* @"#$%&%:#**"$%+A+/B4C"&04#B4D:ラーニング・パターン プロジェクト(慶應義塾大学SFC 井庭崇研究室)
  • 9. Learning PatternsA Pattern Language for Creative Learning No.21 No.23 隠れた関係性から学ぶ 鳥の眼と虫の眼 No.20 広がりと掘り下げの「T字」 No.24 量は質を生む No.19 No.22 フロンティアンテナ 右脳と左脳のスイッチ No.18 偶有的な出会い No.26 目的へのアプローチ No.16 No.17 動きのなかで考える No.27 No.25 捨てる勇気 フィールドに飛び込む 自分で考える No.15 No.2 学びのなかの遊び No.29 研究プロジェクト中心 「はなす」ことでわかる No.13 No.28 No.14 アウトプットから始まる学び 学びの共同体をつくる プロトタイピング No.30 No.0 ライバルをつくる 学びのデザイン No.12 No.1 No.3 言語のシャワー SFC マインドをつかむ SFC をつくる No.10 No.32 身体で覚える 外国語の普段使い No.11 No.31 成長の発見 教えることによる学び No.33 小さく生んで大きく育てる No.7 No.9 まずはつかる 教わり上手になる No.35 No.8 No.34 「書き上げた」は道半ば 「まねぶ」ことから 魅せる力 No.4 No.37 No.36 学びの竜巻 セルフプロデュース ゴール前のアクセル No.6 研究への情熱 No.38 No.5 断固たる決意 知のワクワク! No.39 突き抜ける
  • 10. Presentation PatternsA Pattern Language for Creative Presentationsプレゼンテーション・パターン創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ !"#$%%&(")$(*+$*&",-".&$%/0&"#&1&(%$%/-(1 プレゼンテーション・パターン 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ Ver. 0.50プレゼンテーション・パターン プロジェクト Presentation Patterns Project(慶應義塾大学SFC 井庭崇研究室)
  • 11. Presentation PatternsA Pattern Language for Creative Presentations 11. 12. 魅力のちょい足し 10. 適切な情報量 31. 独自性の追求 ぶんび両道 9. はてなの扉 14. リアリティの演出 8. 驚きの展開 15. 参加の場づくり 13. イメージの架け橋 7. メリハリ 16. 細部へのこだわり 2. 心に響くプレゼント 6. 図のチカラ 17. 表現のいいとこどり 5. ことば探し 0. 創造的プレゼンテーション 18. 不快感の撲滅 4. ストーリーライン 33. 生き方の創造 1. メインメッセージ 3. 成功のイメージ 19. スキマをつくる 30. 終わりが始まり 22. 場の仕上げ 20. きっかけスイッチ 29. 即興のデザイン 21. テイクホームギフト 23. 成功のリマインド 28. 世界 への導き 24. 自信感の構築 32. 魅せ方の美学 27. ひとりひとりに 26. 25. キャスト魂 最善努力
  • 12. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 13. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 14. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 15. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 16. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 17. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 18. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 19. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 20. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 21. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 22. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 23. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 24. 井庭研 プレゼンテーションパターン プロジェクト2011@SFC
  • 25. 「ことば」にできない暗黙知を「ことば」にする。そう簡単にできるわけがない。しかし、生みの苦しみを乗り越えた「ことば」だけが、力を持つ。だから、僕らはいつも、いまある「ことば」と格闘する。よりよい「ことば」を探す。そして、新しい「ことば」を紡ぎだす。
  • 26. Pattern Languages 3.0 2000 年代後半∼ 1990 年代後半∼ パターンランゲージ 3.0 1980 年代後半∼ パターンランゲージ 2.0 1970 年代後半∼ パターンランゲージ 1.0
  • 27. パターンランゲージ パターンランゲージが支援する パターンランゲージの パターンランゲージの の進化とその特徴 デザインの対象 使い方 作り方 人間行為 それぞれ異なる経験をもつ 多様なメンバーによる協働的な (例:学び , 教育 , 変革行動) 多様な人たち(行為者)をつなぐ パターンの掘り起こし/記述/改善パターンランゲージ 3.0 ? A Pattern Language 非物質的なもの デザインの熟達者と非熟達者 デザインの熟達者 によるパターンの 協働的な改善 (例:ソフトウェア , 組織) の差を埋める 掘り起こし/記述パターンランゲージ 2.0 ? A Pattern Language 物質的なもの デザインする人と使う人 デザインの熟達者による (例:建築) の断絶に橋渡しをする パターンの掘り起こし/記述/改善パターンランゲージ 1.0 A Pattern Language
  • 28. Experience Mining and Dialogues Workshopat Keio University SFC
  • 29. Experience Mining and Dialogues Workshopin the COINs2011 Conference
  • 30. Algorithmic Designアルゴリズミック・デザイン
  • 31. C. Alexander, Notes on the Synthesis K. Terzidis, Algorithmic Architecture,of Form, Harvard University Press, Architectural Press, 20061964
  • 32. xn+1 = a xn ( 1 - xn )
  • 33. Chaotic Walk Plotting the dots on the two-dimensional space, as follows. θn = 2πxn xn+1 = a xn ( 1 - xn ) s fo otprint s of chao 0. Assigning a starting point and an initial direction. 1. Calculating next value of x and then θ. 2. Turning around at θ angle. 3. Moving ahead a distance L. 4. Drawing a dot (small circle). 5. Repeat from step 1. The trail left by such a walker is investigated. K. Shimonishi & T. Iba, "Visualizing Footprints of Chaos", 3rd International Nonlinear Sciences Conference (INSC2008), 2008 K. Shimonishi, J. Hirose & T. Iba, "The Footprints of Chaos: A Novel Method and Demonstration for Generating Various Patterns from Chaos", SIGGRAPH2008, 2008
  • 34. The parameter for tuning the finitude would be another hidden control parameter of complex systems d =1 d =8 d =16 irregular regular d The parameter for finitude controls the number of possible states, and, as a result, it controls the system’s behavior.Iba, T. & Shimonishi, K. (2011), "The Origin of Diversity: Thinking with Chaotic Walk," in Unifying Themes in Complex Systems Volume VIII:Proceedings of the Eighth International Conference on Complex Systems, New England Complex Systems Institute Series on Complexity(Sayama, H., Minai, A. A., Braha, D. and Bar-Yam, Y. eds., NECSI Knowledge Press, 2011), pp.447-461.
  • 35. Autopoiesisオートポイエーシス
  • 36. P. S. Schumacher, The Autopoiesis P. S. Schumacher, The Autopoiesisof Architecture: A New Framework of Architecture, Volume II: A Newfor Architecture, Wiley, 2011 Agenda for Architecture, Wiley, 2012
  • 37. Autopoietic System H. Maturana F. Varela N. Luhmann(1) Element as Momentary Event(2) Boundary Reproduction of the System(3) Element Constitution based on the System Iba, T. (2009) “An Autopoietic Systems Theory for Creativity”, COINs2009.
  • 38. Creative Systems Theory based on the autopoietic systems theoryA creative process is defined as an autopoietic system whoseelements are discoveries.Creative process is a (re-) production network of discoveries.Each discovery is emerged only when a synthesis of the followingthree selection occurs: idea, association, and finding. 《アイデア》 《関連づけ》 《見出す》 Iba, T. (2009) “An Autopoietic Systems Theory for Creativity”, COINs2009.
  • 39. “Creation” asCoupling of Creative, Psychic, and Social Systems Iba, T. (2009) “An Autopoietic Systems Theory for Creativity”, COINs2009.
  • 40. Pattern LanguagesAlgorithmic DesignAutopoiesis 生成的プロセス → 抽象 具象 ← もの・こと・ことば
  • 41. 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba『複雑系入門:知のフロンティアへの冒険』 『 【リアリティ・プラス】 社会システム理論:(井庭崇, 福原義久, NTT出版, 1998) 不透明な社会を捉える知の技法』(井庭 崇 編著, 宮台 真司. 熊坂 賢次, 公文 俊平, 慶應義塾大学出 版会, 2011)