Your SlideShare is downloading. ×
企業向け「パターン・ランゲージ3.0研究会」第2回スライド
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

企業向け「パターン・ランゲージ3.0研究会」第2回スライド

726

Published on

企業向け「パターン・ランゲージ3.0研究会」第2回 …

企業向け「パターン・ランゲージ3.0研究会」第2回
2014年7月11日 @ドットDNP(市ヶ谷)
Designed & Presented by Takashi Iba

Published in: Business
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
726
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
21
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 何かをつくる/実践するときの発想・判断のセ ンスを共有・活用する方法。 ! 過去の成功に潜む共通パターンを言語化する。 パターン・ランゲージ
  • 2. Context Forces Problem Solution Actions JUMP!
  • 3. パターン・ランゲージ 1.0 1970 年代後半∼ 1980 年代後半∼ 1990 年代後半∼ 2000 年代後半∼ パターン・ランゲージ 2.0 パターン・ランゲージ 3.0 パターン・ランゲージ パターン・ランゲージ3.0?
  • 4. What Why How Who When Where 何を 誰が なぜ どこでいつ どのように 「つくる」ことの 本質的な一部 「つくる」ことの 背景にあたる部分 Who When Where 誰が どこでいつ What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのよう に What Why How 何を なぜ どのよう に What Why How 何を なぜ どのように pattern pattern pattern pattern pattern パターン・ランゲージ 1. 発想支援 2. 認識のメガネ 3. コミュニケーションの語彙 experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Glasses of Recognition experience as a whole experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Vocabulary for Communication pattern
  • 5. What Why How Who When Where 何を 誰が なぜ どこでいつ どのように 「つくる」ことの 本質的な一部 「つくる」ことの 背景にあたる部分 Who When Where 誰が どこでいつ What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように pattern pattern pattern pattern pattern パターン・ランゲージ 1. 発想支援
  • 6. experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Glasses of Recognition パターン・ランゲージ 2. 認識のメガネ
  • 7. experience as a whole experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Vocabulary for Communication pattern パターン・ランゲージ 3. コミュニケーションの語彙
  • 8. What Why How Who When Where 何を 誰が なぜ どこでいつ どのように 「つくる」ことの 本質的な一部 「つくる」ことの 背景にあたる部分 Who When Where 誰が どこでいつ What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのよう に What Why How 何を なぜ どのよう に What Why How 何を なぜ どのように pattern pattern pattern pattern pattern パターン・ランゲージ 1. 発想支援 2. 認識のメガネ 3. コミュニケーションの語彙 experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Glasses of Recognition experience as a whole experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Vocabulary for Communication pattern
  • 9. Quality Without A Name alive whole free exact egoless comfortableeternal いきいきとした質 “名づけ得ぬ質”
  • 10. → パターン群によって生成する どうすれば「いきいきとした質」を生み出すことができるか
  • 11. パターンをつくるワケ ● 人間は「分節化」しなければ、世界を認識で きない。 ! ●「分かる」とは「分ける」こと。 ! ● 本当は単純ではない物事を、分節化=分ける ことで分かる。
  • 12. パターン・ランゲージをつくるということは ● 本来は不可分で「全体」として存在しているもの を、分かることができるようにラベルをつけていくと いうこと。 ! ● パターンは「そのもの」ではない。しかし、パター ンがなければ、分ける=分かることはできない。 ! ● パターン・ランゲージをつくるということは、世界 を、そして自分を理解するという試みである。(だか ら、とても難しい。)
  • 13. → パターン群によって生成する どうすれば「いきいきとした質」を生み出すことができるか
  • 14. Context Forces Problem Solution Actions JUMP!
  • 15. パターン・ランゲージは、どうやってつくるのか (1) 自分たちの経験や周囲・世界の事例から抽出(マイニング) (2) パターンの形式(パターン名、状況、問題、解決など)で書く (3) 内容・記述を洗練させる
  • 16. Instruction Card - カードの使い方 ① コラボレーション・パターン・カードは、い ろいろな使い方ができます。基本的な使い方 は以下の通りですが、慣れたら新しい使い方 をぜひ編み出してみてください。 自己分析をする イメージを膨らませる より良くする 振り返りをする 事例を研究する 経験を語り合う 経験を聞く 自分の経験の把握 コラボレーションの実践 コラボレーションのセンス 1 人 で行う 複数人 で行う カードの使い方 Instruction Card - カードの使い方 ① コラボレーション・パターン・カードは、い ろいろな使い方ができます。基本的な使い方 は以下の通りですが、慣れたら新しい使い方 をぜひ編み出してみてください。 自己分析をする イメージを膨らませる より良くする 振り返りをする 事例を研究する 経験を語り合う 経験を聞く 自分の経験の把握 コラボレーションの実践 コラボレーションのセンス 1 人 で行う 複数人 で行う カードの使い方 コラボレーション パターン・カード 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ コラボレーション・パターン
  • 17. 経験を語り合う コラボレーション・パターン・カードを用い て、経験談を語り合います。  パターン・カードだけを集め、トランプを 切る要領でシャッフルします。このとき、パ ターン名のない裏面を上にして切ります。  1 人あたり 3∼5 枚配り、残りの山を裏面 が上になるように置きます。参加者は配られ たカードを手に持ちます。  そして順に、手持ちのカードのなかから自 分が経験したことがあるパターンを選んで、 それをみんなに見せながら、その経験談を語 ります。語り終わったら、そのカードを自分 の前に、みんなに見える向きで置きます。  手持ちのカードに経験したことがあるパ ターンがなくなった場合には、テーブルの山 から 1 枚引いて、補充してください。 Instruction Card - カードの使い方 ⑦ 経験を聞く 自分が取り入れ て、他の人の経  パターン・カ 切る要領でシャ ターン名のない  それからパタ ∼7 枚ずつ配り 手に持ちます。  そして順に、 分が取り入れて をみんなに見せ ねます。経験者 す。話を聞き終 の前に、みんな  経験済のパタ みたい場合には Instructionードの使い方 ① ン・カードは、い 。基本的な使い方 たら新しい使い方 さい。 1 人 で行う 複数人 で行う
  • 18. プレゼンテーション パターン・カード 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations コラボレーション パターン・カード 創造的コラボレーションのパターン・ランゲージ コラボレーション・パターン
  • 19. (1) 自分たちの経験や周囲・世界の事例から抽出(マイニング) ● 自分の経験を振り返ったり(リフレクション)、実践者にインタ ビューをしたりする(インタビュー) ! ● うまくいっている例をイメージし、それを分析・理解し、解決→問 題→状況へと逆に る。 ! ● いつも、念頭には、ものすごくうまくいっている象徴的な対象を思 い浮かべ、それがどのような構成要素(パターン)によって生成さ れているのかをイメージする。
  • 20. パターンの掘り起し方 ● リフレクティブ・マイニング:自分の経験を振り返る ! ! ● インタラクティブ・マイニング:インタビューによって聞き取る ! ! ● ホリスティック・マイニング:自分たちの経験から全体に迫る
  • 21. パターンの掘り起し方
  • 22. ● リフレクティブ・マイニング:自分の経験を振り返る
  • 23. ● インタラクティブ・マイニング:インタビューによって聞き取る
  • 24. ● ホリスティック・マイニング:自分たちの経験から全体に迫る
  • 25. パターンの掘り起し方 部分からの展開 全体的な把握から
  • 26. パターンの掘り起し方
  • 27. パターンの掘り起し方 ● リフレクティブ・マイニング:自分の経験を振り返る ! ! ● インタラクティブ・マイニング:インタビューによって聞き取る ! ! ● ホリスティック・マイニング:自分たちの経験から全体に迫る
  • 28. パターンの掘り起し方 ● リフレクティブ・マイニング:自分の経験を振り返る ! ! ● インタラクティブ・マイニング:インタビューによって聞き取る ! ! ● ホリスティック・マイニング:自分たちの経験から全体に迫る
  • 29. Presentation Patterns Project, Iba Lab. 2011@Keio University Ver. 0.50 Presentation Patterns Project 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations プレゼンテーション・パターンができるまで The Making Story of the Presentation Patterns
  • 30. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 31. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 32. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 33. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 34. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 35. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 36. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 37. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 38. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 39. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 40. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 41. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 42. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 43. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 44. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 45. Presentation Patterns Project 2011@Keio University
  • 46. Ver. 0.50 Presentation Patterns Project 創造的プレゼンテーションのパターン・ランゲージ プレゼンテーション・パターン A Pattern Language for Creative Presentations 1. メインメッセージ 2. 心に響くプレゼント 3. 成功のイメージ 4. ストーリーライン 5. ことば探し 6. 図のチカラ 7. メリハリ 8. 驚きの展開 9. はてなの扉 10. ぶんび両道 11. 適切な情報量 12. 魅力のちょい足し 13. イメージの架け橋 14.リアリティの演出 15. 参加の場づくり 16. 細部へのこだわり 17. 表現のいいとこどり 18. 不快感の撲滅 19. スキマをつくる 20. きっかけスイッチ 21. テイクホームギフト 22. 場の仕上げ 23. 成功のリマインド 24. 自信感の構築 25. キャスト魂26. 最善努力 27. ひとりひとりに 28. 世界 への導き 29. 即興のデザイン 30. 終わりが始まり 31. 独自性の追求 32. 魅せ方の美学 33. 生き方の創造 0. 創造的プレゼンテーション プレゼンテーション・パターン 創造的プレゼンテーション のパターン・ランゲージ
  • 47. Holistic Pattern Mining 1. Element Mining ! 2. Visual Clustering ! 3. Seed Making
  • 48. 1.Element Mining (Brain Storming) https://www.youtube.com/watch?v=plpwld6dIms
  • 49. 2.Visual Clustering (KJ method) https://www.youtube.com/watch?v=plpwld6dIms
  • 50. 3.Seed Making (Pattern Writing) https://www.youtube.com/watch?v=plpwld6dIms
  • 51. パターンの掘り起し方 ● リフレクティブ・マイニング:自分の経験を振り返る ! ! ● インタラクティブ・マイニング:インタビューによって聞き取る ! ! ● ホリスティック・マイニング:自分たちの経験から全体に迫る
  • 52. ● インタラクティブ・マイニング:インタビューによって聞き取る
  • 53. No.0 マイニング・インタビュー! ! No.1 どうしても伝えたいこと! No.2 問題の掘り起こし! No.3 状況の特定! ! No.4 本人の言葉で! No.5 共感のレスポンス! No.6 経験の重ね合わせ! ! No.7 自分の聞きたいこと マイニング・インタビュー・パターン! 効果的にパターンを聞き出すためのパターン・ランゲージ
  • 54. パターンランゲージを一緒に 導入する仲間をつくる 一人では変化を引き起こすことはできない ので。 パターン・ランゲージをまったく知らない組 織内で、自分も経験がないという場合 Solution → 理由 Problem → Context → 次回(8/1)までにつくってきてほしいもの (インタビューの結果) A5サイズ
  • 55. パターン・ランゲージ3.0研究会 第2回 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp takashiiba

×