MacでのJavaFX事情 at 第7回JavaFX勉強会

6,153 views
6,088 views

Published on

第7回JavaFX勉強会のLT、「MacでのJavaFX事情」の資料です

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,153
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,143
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • MacでのJavaFX事情 at 第7回JavaFX勉強会

    1. 1. MacでのJavaFX事情 第7回 JavaFX勉強会 青江 崇(@aoetk)
    2. 2. 自己紹介• 青江 崇• (株)ノーチラス・テクノロジーズ所属• Twitter ID: aoetk / Hatena ID: aoe-tk• 以前はSI屋、最近は分散ミドルの運用周りの 基盤開発とかやってます• Flex、JavaScriptを使ってのRIA開発経験あり • でもやっぱりJava使いたいのでJavaFXをウォッチ中
    3. 3. 今日のお話• JavaFX2.0はWindows先行で開発が進んで いるようだけど、Macではどの程度使え るの?についてのお話しです• 時間が余ればMac版ならではのバグの話 もしたいと思います
    4. 4. 結論から言っちゃいます • 先日OracleからリリースされたMac版 JDK7があれば普通に開発できます! • 現時点の最新バージョンは7 Update5 • 以下のサイトからインストーラーを入手し てインストール → Java Preferences.app で JavaSE 7を先頭にhttp://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/ jdk7-downloads-1637583.html
    5. 5. AppletやWeb Startは?• 次のバージョン(7 Update6)で対応• 一足先に試したい人はDeveloper Previewで http://jdk7.java.net/download.html • JREとJDK両方のインストー ルが必要なので注意 • JREはシンボリックリンクの 張り替え作業も必要です • リンク先の説明を良く読んで!
    6. 6. でもちょっと困ったことが• 正式版はJDK7同梱版のみ • Preview版はJDK6でも開発できるようZIP配 布しているが、正式版が出るとリンクが消 えてしまいます• 配布を考えるとJDK7をインストールし てもらうのはちょっと敷居が高い? • 今までMacのJavaは何もしなくても入ってい たので...
    7. 7. しかも!• JDK7はLion以降のみサポート! • LionのAPIを使っているのでSnow Leopard以前 は対応は難しいとのこと(下記URL参照) https://blogs.oracle.com/henrik/entry/ oracle_jdk_and_javafx_sdk
    8. 8. しかも!• JDK7はLion以降のみサポート! • LionのAPIを使っているのでSnow Leopard以前 は対応は難しいとのこと(下記URL参照) https://blogs.oracle.com/henrik/entry/ oracle_jdk_and_javafx_sdk古いものは容赦なく切り捨てるApple文化に 大変忠実でよろしいですね(棒)
    9. 9. ではどうやってJDK6環境で 使ってもらう? • JDK7u6からネイティブバンドラーがつ くことに! • Antのタスクを追加することでJavaFXのラン タイムはおろか、JREも同梱して .app にパッ ケージング! • 触ってみたので詳しくはブログを見てくだ さいhttp://d.hatena.ne.jp/aoe-tk/20120623/1340473448
    10. 10. ただし現状だとJDKが丸ご と付いてきますw このあたりは追々改善されるで しょう...
    11. 11. もう1つの方法• Macに付属のJARバンドラーでJavaFXのJAR と共有ライブラリのみを .app に同梱する という手もあり • Developer PreviewはJDK6向けに配布されてたの で... • 私はこの方法で自分で作ったJavaFXアプリを仕 事場のマシンとかで使っています ※自己責任の範囲内でお願いします
    12. 12. Spotlightから “JAR バンドラー” で検索(/usr/share/java/Tools にあります) JavaFXランタイムのJARと共有 ライブラリを全部含める
    13. 13. まとめ• JDK7でMacでも普通に開発できるようにな りました • JDK6な方はDeveloper Previewが出ている間だけ...• 7 Update6でApplet、Web Startも動くので、 もうすぐWindowsと同条件に• JDK7インストールが必要なので、配布では 今後のネイティブバンドラーの進歩に期待
    14. 14. まとめ• JDK7でMacでも普通に開発できるようにな りました • JDK6な方はDeveloper Previewが出ている間だけ...• 7 Update6でApplet、Web Startも動くので、 もうすぐWindowsと同条件に• JDK7インストールが必要なので、配布では 今後のネイティブバンドラーの進歩に期待 MacでもEnjoy JavaFX!
    15. 15. Mac版での残念なバグ達1. JavaFX2.1GA版は日本語入力ができない状 態でリリースしてくれました... • 流石に次の2.2ではOKです2. アプリ外ファイルのドラッグ&ドロップ はバグが出ては直っての繰り返し... • 最近ではRT-22447とか3. EDT上でAWTのクラスに触っても HeadlessException • RT-20784というチケットがあるが未対応

    ×