• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Inside PyCon JP 2012 #bpstudy61
 

Inside PyCon JP 2012 #bpstudy61

on

  • 1,791 views

Inside PyCon JP 2012 - with some secrets -

Inside PyCon JP 2012 - with some secrets -

Statistics

Views

Total Views
1,791
Views on SlideShare
931
Embed Views
860

Actions

Likes
1
Downloads
2
Comments
0

5 Embeds 860

http://takanory.net 677
http://urasoko.hatenablog.jp 164
https://twitter.com 16
https://si0.twimg.com 2
http://webcache.googleusercontent.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

CC Attribution License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • PyCon JP の中身全部見せます、ポロリもあるよ\n
  • \n
  • PyCon JP そのものの説明から\n
  • \n
  • 今回開催された PyCon JP 2012 の概要\n
  • 2日間のカンファレンスと1日の開発スプリント。2倍以上になったものには2倍マークが付きます\n
  • 2つのキーノート\n
  • 日英合わせて3つのトラック\n
  • 3つのハンズオン\n
  • 4つのPython関連コミュニティによる併設イベント。新しいネタには new マークが付きます\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 4人+2社のパトロン\n
  • 22のスポンサー\n
  • 併設イベントを含めると50以上のセッション\n
  • 約480人の参加者(スタッフ、スポンサー含む)\n
  • PyCon JP の中身にスタッフ視点で触れていきます。今回挑戦したところと、実際どんな感じだったかを中心に話します。\n
  • まずはスタッフと事前のやりとりについて\n
  • コアと当日はどちらも20人くらい。スタッフの役割はこんな感じでデザインが新しく加わった。このロゴやあとで出てくるグッズもデザインしてくれました。\n
  • スタッフが使用したツールはこんな感じ。チケットにconnpassを使用したのと、サイトをSphinxで、あと Blogger でブログを作成した\n
  • 前日に行われた事前準備\n
  • 前日準備では、ホールにイスを並べたり、名札を準備したり、ノベルティをトートバッグに入れたり、スポンサーバナーを吊ったりしましたが\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • ものすごく大変でした。前日作業を手伝ってくれた方には感謝です\n
  • \n
  • オープニング\n
  • 座長の寺田さんと私が英語でしゃべった。寺田さんの原稿は事前に英会話の先生の確認済(ずるい)。私達の英語は通じていたのだろうか....あと同時通訳が入っているので、逆に翻訳されるのがなんかはずかしい。\n
  • コミュニティ紹介\n
  • 会場の広さの都合でランチ時間が長くなった。なにか暇つぶしが必要でこのイベントを実施。話し始めるまでは聴衆が少ないので、最初は知り合いのコミュニティ紹介から行った。来年はオープンスペースでやってもいいかも\n
  • 沢山のコミュニティが紹介してくれました。漏れがあったらすいません。\n
  • スポンサーブース\n
  • 1日目のホールが広かったのでブースを用意することにした。10社以上がブースを設営。人の流れを考えるのは難しい。ホールの中がよかったのか外がよかったのか...\n
  • Tシャツ\n
  • 前回はスタッフTのみでしたが、今回はスタッフ、併設スタッフ、参加者、スピーカーと4種類も作りました。併設、スピーカーは数が少ないため、サイズ確認が地味に大変でした。Tシャツ余ったんで500円で売った\n
  • リクルーティングセッション\n
  • スポンサー企業のうち10社以上が求人情報等を発表。40名以上の聴衆。今後も継続するなら発表内容とかも助言すべきなのだろうか...\n
  • オープンスペース\n
  • オープンスペースは枠が増えたがほぼほぼ埋まったのでよかった。オープンスペースを埋めるためにnew.python.jp をやってもらった。\n
  • ティーブレイク\n
  • ティーブレイクに出したどらやきが好評でした\n
  • \n
  • これを選んだ人はお菓子選定センスある。\n
  • それは私です(ドヤッ)\n
  • CodeIQ\n
  • CodeIQというサイト上でプログラミングコンテストを実施。夏合宿で問題を作成して、しみずかわさんが問題を解くプログラムを作ってくれた。表彰式直前はバタバタで吐きそうだった。で、第1位のTop of Pythonisitaは...\n
  • Rubyistでした\n
  • 開発スプリントはカンファレンスの後に行われる開発イベントです\n
  • 10以上のチームと80人くらいの参加者がいました。Sprintは放置でいいので管理が楽です。私は #himopy Sprint をやってきました。\n
  • Sprint の場所\n
  • これが #himopy です\n
  • 併設イベントはどうだったか\n
  • 代表者にコメントをもらいました\n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • 10以上の新しいことをやって、サイズは全体的に2倍になって\n
  • 正直やりすぎた。けどやりがいはあった。\n
  • 自分も含めてスタッフが燃え尽きないように注意する必要がある。私も途中危ないときがあった。\n
  • スタッフも楽しみましょう!!\n
  • \n

Inside PyCon JP 2012 #bpstudy61 Inside PyCon JP 2012 #bpstudy61 Presentation Transcript

  • Inside PyCon JP 2012 2012-09-28 BPStudy #61 Takanori Suzuki
  • お前だれよ(Who am I)• 鈴木たかのり / Takanori Suzuki• Twitter: @takanory• http://takanory.net/• PyCon JP 2011, 2012 Staff• Python Bouldering Club(#kabepy)
  • What is PyCon JP ?
  • What is PyCon JP ?• PyCon = Python Conference• PyCon JP = Python Conference Japan• PyCon mini JP: 2011 Jan 29• PyCon JP 2011: 2011 Aug 27, 28
  • PyCon JP 2012• 2 Days Conference • September 15(Sat), 16(Sun)• 1 Day Development Sprints • September 17(Mon, National holiday)
  • 2 Keynotes@mitsuhiko @dankogai
  • 2 Japanese + 1 English Tracks Japanese English
  • 3 Hands-on@tokibito @ransui @atsuoishimoto
  • 4 Joint events &
  • 6 PyCon JP Patrons
  • 6 PyCon JP Patrons @BlueSkyDetector@hajime_nakagami @tell-k Marici Inc. @rokujyouhitoma PC SHOP ARK
  • 22 Sponsors
  • 22 Sponsors
  • 50+ Sessions !(include Joint event sessions)
  • 480 Participants !!
  • Inside PyCon JP- with some secrets -
  • takanory takuan_oshoStaff
  • Staff• Core/Joint/Temporary staffs: 20/15/20 • Chairperson, Vice-Chairperson, Account • Publicity, Program, Sponsorship, Site • Secretariat, Liaison, Sprints, Reception • Design
  • Staff tools• communication: Google groups, Skype• social: Twitter• ticket: PayPal + Connpass• site: Bitbucket + Sphinx, Blogger• other: Google drive, 調整さん
  • Preparing
  • Preparing• Hall layout• 500+ Name cards• Insert novelties to 500+ tote bag• Hang 10+ Sponsor banners
  • Hall layout + Banner Banner
  • Name Cards Shimizukawa’s wife
  • Insert Novelties
  • Novelties
  • HAAAAARD Work !!
  • Time Table Day 1 Day 2 Sprints Opening Keynote Recruiting Session Lunch Open SpacesPython Community Keynote Sprints Tea Break LT Party Closing
  • Opening
  • Opening• Terada-san and I talked in English• Terada-san’s script verified by English teacher• Do you understood our talk?• Simultaneous translation available
  • Introduce Python Communities
  • Introduce Python Communities• Lunch spaces are small • Long time lunch• We need light event• A small audience in the main hall :( • Familiar communities first
  • Introduce Python Communities#kabepy, #pyhack, pypyja, NVDA Taiwan,OSC, Python Seattle, Python Taiwan,Python Malaysia, Python札幌, 自宅ラック友の会, 駒.py, Imagination, NVDA,TokyoMercurial, Plone研究会, エキPy読書会, Japan Windows Azure User Group
  • Sponsor Booths
  • Sponsor Booths• 10+ Companies built booths• Flow planning is difficult !
  • T-shirts
  • T-shirts
  • Recruiting Session
  • Recruiting Session• 10+ Companies talked• 40+ audience
  • Open Spaces
  • Open Spaces• 4 time slots x 7 rooms• 80% filled spaces
  • Tea Break
  • Tea Break• DORAYAKI is Yummy!
  • Tea Break
  • Tea Break
  • Tea Break
  • Tea Break It’s ME !(`・∀・´)
  • CodeIQ
  • CodeIQ• We made CodeIQ problems in Summer camp• Shimizukawa-san made a solver program• the “Top of Pythonista” is ...
  • Rubyist
  • Development Sprints
  • Development Sprints• 10+ Sprint teams• 80+ Sprinters(Developers)• Easy to manage• #himopy Sprint
  • Sprints
  • #himopy Sprint
  • Joint events
  • Joint events
  • App Engine Conference 2012
  • Django & Pyramid Con JP 2012
  • Django & Pyramid Con JP 2012
  • SphinxCon JP 2012
  • NVDA Workshop in Japan
  • Inside PyCon JP- with some secrets -
  • 10+ new Event and WorkDays, Person and etc. has 2x
  • Too MuchBut Challenging !
  • Be careful to “Burn Out”
  • Enjoy !
  • Thank You