スライド作成入門

1,696 views

Published on

1 Comment
8 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total views
1,696
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
22
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
1
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

スライド作成入門

  1. 1. 伊藤 敬彦
  2. 2. 自己紹介•  PFI で働いてます•  発表は苦手•  Twitter アカウント:takahi_i•  今年 35 歳
  3. 3. 準備:プログラマは発表する•  プログラマ⾃自分のやっていることをスライドで発表する•  発表する機会 –  勉強会 –  オープンソースのカンファレンス•  発表者の希望:発表内容を理理解してもらいたい
  4. 4. 理解させる重要性•  発表者の希望とは別に重要である理由もある –  “コスト”•  発表を聞いている人の時間を消費 –  例:40人に相手に一時間発表 –  一時間で40時間を消費 –  40時間=一人の社員の一週間分の労働時間
  5. 5. 参考図書:理解されないのか •  題⽬目: Beyond bullet points. •  主題:どういうスライドが 理理解しにくいのか –  ⼈人の認知のメカニズム基 に解説 ➥ 以下、この本を下敷き に、”スライドが理理解され るプロセス” を紹介する。
  6. 6. 内容•  スライドによる発表と人の認知•  どういうときに認知を超えてしまうのか
  7. 7. 内容•  スライドによる発表と人の認知•  どういうときに認知を超えてしまうのか
  8. 8. スライドによる発表とは伝えたいことをスライド    の集合を利用して伝える 伝えたいこと
  9. 9. スライドによる発表の特徴スライドを一枚づつ投影する(後戻りはできない) 伝えたいこと 2 1
  10. 10. スライドによる発表が目指すこと登壇者が伝えたいことを、聴衆の記憶に構築する作業 伝えたいこと 聴衆の記憶➥本では二種類の記憶が紹介されている
  11. 11. 人の認知:二種類の記憶領域•  短期記憶 –  直近の記憶 –  領域は限られている(計算機のレジスタ)•  長期記憶 –  過去の記憶 –  大容量(計算機のハードディスク) –  重要:短期記憶に保存されないと長期記憶に保存さ れない
  12. 12. スライドを通じた記憶の構築一枚づつ表示されるスライドが短期記憶を通過して、長期記憶に保存される 短期記憶 長期記憶 伝えたいこと
  13. 13. 発表が理解されない時短期記憶を通過できないスライドが存在する時。 長期記憶 伝えたいこと 通過できない
  14. 14. ではどういうときに短期記憶通過できないのか?
  15. 15. 内容•  スライドによる発表と人の認知•  どういうときに認知を超えてしまうのか
  16. 16. スライドが短期記憶を通過できな い時以下の二つの理由が多い•  一スライドあたりの情報多い•  スライド間のつながりが悪い
  17. 17. スライドが短期記憶を通過できな い時以下の二つの理由が多い•  一スライドあたりの情報多い•  スライド間のつながりが悪い
  18. 18. 問題1:情報が多すぎ一つのスライドに情報が多いと、理解を超えてしまう。 伝えたいこと ……………… ……………… ……………… ……………… ……………… 通れない。。。
  19. 19. 一スライドあたりの情報多い情報が多くなってしまうのは以下の原因がある•  文字が多い –  行数が多い、文が長い•  内容多過 –  トピックが複数 –  新語の説明が無い –  複雑な図
  20. 20. 良くない例Hadoop の概略•  Apache Hadoopは大規模データの分散処理を支 えるJavaソフトウェアフレームワークであり、フ リーソフトウェアとして配布されている。•  Hadoopはアプリケーションが数千ノードおよび ペタバイト級のデータを処理することを可能として いる。•  Hadoop は Rack Awareness をサポートしている。•  HadoopはGoogleのMapReduceおよびGoogle File System(GFS)論文に触発されたものである。 Wikipedia より転載 Wikipedia より内容を一部転載
  21. 21. 改善:文を短くApache Hadoop の概略•  大規模データの分散処理を支えるJavaソフトウェ アフレームワーク•  フリーソフトウェアとして配布•  ペタバイト級のデータを処理することを可能とする •  Rack Awareness をサポート•  Google の論文に触発され制作された Wikipedia より内容を一部転載
  22. 22. 改善:用語の解説を追加Apache Hadoop の概略•  大規模データの分散処理を支えるJavaソフトウェ アフレームワーク•  フリーソフトウェアとして配布•  ペタバイト級のデータを処理することを可能とする •  Rack Awareness (サーバクラスタの地理的位 置を考慮した最適化) のサポート•  Google の論文に触発され制作された Wikipedia より内容を一部転載
  23. 23. 改善:スライドを分けるスライドを “概略” と ”スケーラビリティ” の二つに分解するHadoop の概略 Hadoop: Scalability•  大規模データの分散処理 •  ペタバイト級のデータを を支えるJavaソフトウェ 処理することを可能とす アフレームワーク る•  フリーソフトウェアとし •  Rack Awareness (サーバ て配布 クラスタの地理的位置を•  Google の論文に触発さ 考慮した最適化) のサポー れ制作された ト
  24. 24. よくない実例:情報が多い
  25. 25. スライドが短期記憶を通過できな い時以下の二つの理由が多い•  一スライドあたりの情報多い•  スライド間のつながりが悪い
  26. 26. 問題2:スライド間のつながり•  各スライドの情報量は適切でも、問題は起こる ➥ スライド間のつながりが悪いために理解が阻害 1.  昔のトピックを扱う 2.  何の前ふりも無く別のトピックに移動する➥ 上記二つの問題について具体例を見てゆく
  27. 27. 問題:昔のトピックを扱う•  通常一つの発表では複数のトピックを扱う –  例: Hadoop に関する発表 •  Hadoop の概要説明 •  Hadoop の運用 Tips •  負荷の検証実験•  解説が終わったトピックを、再び後のスライドで扱うと 聴衆の理解に負荷がかかる
  28. 28. 例:昔のトピックを扱う•  Jubatus によるレシピの自動分類を紹介する発表。•  問題点:手法説明がタスク(レシピ分類)の前後に分断。Jubatus Jubatus レシピ レシピ分類 Jubatus 概要 性能 分類 タスク説明 で大規模処理    ?•  最後のスライドを見ている時、聴衆は Jubatus の詳細を 忘れている。
  29. 29. 改善:昔のトピックを扱うタスクが混線しないように整理 –  はじめにタスク(レシピ分類) –  次にJubatus を利用するメリットを説明 レシピ レシピ分類 レシピは流 Jubatus Jubatus 分類 タスク説明 量が多い… 概要 性能
  30. 30. 問題:何の前ふりも無く別のト ピックに移動する•  通常一つの発表では複数のトピックを扱う•  トピックが遷移するときに情報が無い ➥ 聴衆を置いてけぼりにする
  31. 31. 例:トピックの良くない移動以下のスライドはつながりが悪い理由:精度向上のスライドの直後に実験が始まっている自動分類の精度向上 実験•  レシピの自動分類に Support •  レシピの自動分類精度を評価す Vector Machine (SVM) る実験を行った [Vapnik] を利用した •  データ:COOKPAD のお料理•  ここで SVM は二値分類器 カテゴリを利用 •  高い汎化性能を誇る •  非線形問題にも対応 •  アルゴリズム:SVM, Deep Learning, Passive-Aggressive
  32. 32. 改善:トピックの移動•  精度向上のスライドの最後に次は実験を行うと宣言する。 NOTE: スライドの最後の一行は次のスライドへの布石自動分類の精度向上 実験•  レシピの自動分類に Support •  レシピの自動分類精度を評価す Vector Machine (SVM) る実験を行った [Vapnik] を利用した •  データ:COOKPAD のお料理•  ここで SVM は二値分類器 カテゴリを利用 •  高い汎化性能を誇る •  非線形問題にも対応 •  アルゴリズム:SVM, Deep Learning, Passive-Aggressive→ 以下、性能を実験により評価
  33. 33. まとめ•  本、Beyond the bullet points の紹介 –  人の理解の過程 –  どのような状況で分かりにくくなるのか•  スライドの改善例を提示•  注: 営業資料、提案資料の作成技術は今回行った話とは 大きく異なる❗
  34. 34. 理解しやすいスライドを作る•  声に出してスライドを読む•  内容についてあまり詳しくない人に聞いてもらう•  時間内に説明が難しい場合は思い切って削除
  35. 35. ご清聴ありがとうございました。

×