EPUBと               その制作について        株式会社達人出版会/日本Rubyの会                 高橋征義        2012/03/06 W3C横浜フォーラム2012年3月6日火曜日
本日お話ししたいこと        •      自己紹介        •      当社の読者傾向        • 制作方法        • 縦書き対応2012年3月6日火曜日
自己紹介2012年3月6日火曜日
自己紹介        •株式会社達人出版会代表取締役        •Webアプリケーション開発者        •一般社団法人日本Rubyの会代表理事        •Readium野良コントリビュータ        •要するにプログラマ2...
達人出版会について               • 主にITエンジニア向け電子書籍の                制作と販売を行う、電子専業の出                版社兼書店               • 2010年6月設立、1...
当社の刊行書籍       • ITエンジニア向けの技術書        • プログラミング関連        • オープンソースライセンス等も       • 技術エッセー2012年3月6日火曜日
縦書きの需要       • それほど高くはない        • IT技術書は縦書きに向かない        • ソースコードとか無理       • とはいえ、技術エッセー等では縦書き           の需要も一定層あるのではないか20...
当社読者の       傾向について2012年3月6日火曜日
読者傾向の調査       •   2011年末にとった、読者へ           のアンケート結果より           •   回答者:49名2012年3月6日火曜日
どのフォーマットで読むか          両方読む     EPUBのみ         PDFのみ               未読                    0人   10人   20人   30人2012年3月6日火曜日
両方読む              EPUBのみ               PDFのみ             未読                            2%                30%              ...
閲覧フォーマット               •               2/3以上がEPUBで読ん               でいる               •               1/2近くがEPUBもPDF       ...
購入された電子書籍を閲覧する環境                       PC                      iPad                    iPhone  Androidスマートフォン             ...
読者の閲覧環境          •    PCでも読む          • スマートフォンでも読む               ⇒PCサイズからスマフォ               サイズまでの対応が必要               ⇒EP...
閲覧環境(端末)の所有数        1台        2台        3台        4台        5台               0人   5人   10人   15人   20人   25人   30人2012年3月6...
1台              2台         3台               4台              5台                          6%                     2%         ...
読者の閲覧環境        •      3/4以上が複数端末で読ん               でいる           •   複数端末の対策は必要               ⇒ それぞれの端末に推奨環               境...
当社の電子       書籍制作方法2012年3月6日火曜日
電子書籍制作の分類                既存・再利用   新規作成    紙+電子    電子のみ2012年3月6日火曜日
電子書籍制作の3分類        •デザイン重視           • 個々のページについて見た目のチューニング           • DreamWeaver・InDesign的制作手法        •分量重視           • ...
当社が重視するポイント        •速さ         •紙より速く刊行できる→速く書け、               速く(多人数で)確認・修正できる        •細かい精度よりも多くの端末・環境の               サポ...
ReVIEW        •オープンソースの文書整形・変換シス               テム        •Wikiのような簡易記法のソースから               EPUB、PDF(LaTeX)、InDesign等      ...
制作フロー        •git(分散バージョン管理システム)で               ソース管理        •ReVIEWで変換        •Redmine(チケット管理・修正管理シ               ステム)で修正...
縦書き制作フロー        •現状はまだ整っていない         •sigilで手動で調整して制作         •ReVIEWを改造して変換2012年3月6日火曜日
sigil      •EPUB2用の電子書籍エディタ       •頑張ればEPUB3にできなくもない?2012年3月6日火曜日
sigilの問題点      •バイナリファイルで管理       •修正点がわかりにくい        •差分が容易にとれない       •複数人で修正した時にマージできない      •当社としては使いづらい2012年3月6日火曜日
ReVIEWを改造    •試しに実験的実装     •page-progression-direction追加     •見出しの連番は全角に置換    •デモ2012年3月6日火曜日
現状の縦書きの課題      •動作検証環境をどうするか      •読者への推奨環境をどうするか      •縦書き・横書きの変換の自動化?       •正立の問題      •安定的に使える仕様はどの辺りか2012年3月6日火曜日
縦横が混ざる?2012年3月6日火曜日
ご清聴                ありがとう               ございました2012年3月6日火曜日
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

EPUBとその制作について

2,826 views
2,761 views

Published on

2012 春 W3C横浜フォーラムで登壇した際に使った資料です

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,826
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
33
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

EPUBとその制作について

  1. 1. EPUBと その制作について 株式会社達人出版会/日本Rubyの会 高橋征義 2012/03/06 W3C横浜フォーラム2012年3月6日火曜日
  2. 2. 本日お話ししたいこと • 自己紹介 • 当社の読者傾向 • 制作方法 • 縦書き対応2012年3月6日火曜日
  3. 3. 自己紹介2012年3月6日火曜日
  4. 4. 自己紹介 •株式会社達人出版会代表取締役 •Webアプリケーション開発者 •一般社団法人日本Rubyの会代表理事 •Readium野良コントリビュータ •要するにプログラマ2012年3月6日火曜日
  5. 5. 達人出版会について • 主にITエンジニア向け電子書籍の 制作と販売を行う、電子専業の出 版社兼書店 • 2010年6月設立、13冊刊行 (PDFとEPUBで提供) • 会員数約3,000人2012年3月6日火曜日
  6. 6. 当社の刊行書籍 • ITエンジニア向けの技術書 • プログラミング関連 • オープンソースライセンス等も • 技術エッセー2012年3月6日火曜日
  7. 7. 縦書きの需要 • それほど高くはない • IT技術書は縦書きに向かない • ソースコードとか無理 • とはいえ、技術エッセー等では縦書き の需要も一定層あるのではないか2012年3月6日火曜日
  8. 8. 当社読者の 傾向について2012年3月6日火曜日
  9. 9. 読者傾向の調査 • 2011年末にとった、読者へ のアンケート結果より • 回答者:49名2012年3月6日火曜日
  10. 10. どのフォーマットで読むか 両方読む EPUBのみ PDFのみ 未読 0人 10人 20人 30人2012年3月6日火曜日
  11. 11. 両方読む EPUBのみ PDFのみ 未読 2% 30% 49% 19%2012年3月6日火曜日
  12. 12. 閲覧フォーマット • 2/3以上がEPUBで読ん でいる • 1/2近くがEPUBもPDF も合わせて読んでいる2012年3月6日火曜日
  13. 13. 購入された電子書籍を閲覧する環境 PC iPad iPhone Androidスマートフォン Kindle Androidタブレット Sony Reader iPod touch その他のタブレット 0人 10人 20人 30人 40人 50人2012年3月6日火曜日
  14. 14. 読者の閲覧環境 • PCでも読む • スマートフォンでも読む ⇒PCサイズからスマフォ サイズまでの対応が必要 ⇒EPUBに期待2012年3月6日火曜日
  15. 15. 閲覧環境(端末)の所有数 1台 2台 3台 4台 5台 0人 5人 10人 15人 20人 25人 30人2012年3月6日火曜日
  16. 16. 1台 2台 3台 4台 5台 6% 2% 21% 23% 47%2012年3月6日火曜日
  17. 17. 読者の閲覧環境 • 3/4以上が複数端末で読ん でいる • 複数端末の対策は必要 ⇒ それぞれの端末に推奨環 境が求められる2012年3月6日火曜日
  18. 18. 当社の電子 書籍制作方法2012年3月6日火曜日
  19. 19. 電子書籍制作の分類 既存・再利用 新規作成 紙+電子 電子のみ2012年3月6日火曜日
  20. 20. 電子書籍制作の3分類 •デザイン重視 • 個々のページについて見た目のチューニング • DreamWeaver・InDesign的制作手法 •分量重視 • 多量のページ・書籍を安価に作成 • CMS的制作手法 •UI・UX重視 • 動きについてのこだわり、使い心地を追求 • アプリ的、Flash的制作手法2012年3月6日火曜日
  21. 21. 当社が重視するポイント •速さ •紙より速く刊行できる→速く書け、 速く(多人数で)確認・修正できる •細かい精度よりも多くの端末・環境の サポート ⇒ CMS的な制作手法を採用2012年3月6日火曜日
  22. 22. ReVIEW •オープンソースの文書整形・変換シス テム •Wikiのような簡易記法のソースから EPUB、PDF(LaTeX)、InDesign等 のファイルを生成 • http://github.com/kmuto/review2012年3月6日火曜日
  23. 23. 制作フロー •git(分散バージョン管理システム)で ソース管理 •ReVIEWで変換 •Redmine(チケット管理・修正管理シ ステム)で修正項目管理 オープンソースソフトウェア的な開 発手法を駆使2012年3月6日火曜日
  24. 24. 縦書き制作フロー •現状はまだ整っていない •sigilで手動で調整して制作 •ReVIEWを改造して変換2012年3月6日火曜日
  25. 25. sigil •EPUB2用の電子書籍エディタ •頑張ればEPUB3にできなくもない?2012年3月6日火曜日
  26. 26. sigilの問題点 •バイナリファイルで管理 •修正点がわかりにくい •差分が容易にとれない •複数人で修正した時にマージできない •当社としては使いづらい2012年3月6日火曜日
  27. 27. ReVIEWを改造 •試しに実験的実装 •page-progression-direction追加 •見出しの連番は全角に置換 •デモ2012年3月6日火曜日
  28. 28. 現状の縦書きの課題 •動作検証環境をどうするか •読者への推奨環境をどうするか •縦書き・横書きの変換の自動化? •正立の問題 •安定的に使える仕様はどの辺りか2012年3月6日火曜日
  29. 29. 縦横が混ざる?2012年3月6日火曜日
  30. 30. ご清聴 ありがとう ございました2012年3月6日火曜日

×