達人出版会のご紹介(技術編)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

達人出版会のご紹介(技術編)

on

  • 1,252 views

 

Statistics

Views

Total Views
1,252
Views on SlideShare
1,252
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
2
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

達人出版会のご紹介(技術編) Presentation Transcript

  • 1. eBP様セミナー 達人出版会のご紹介 (技術編) 2011/08/02 株式会社達人出版会 代表取締役 高橋征義
  • 2. 支える技術http://www.f ickr.com/photos/wafonso/5150667894/ l
  • 3. ほとんど全てオープンソース・一番高かったものは ヒラギノ
  • 4. なぜOSSなのか・価格(コスト)・慣れている・カスタマイズ
  • 5. 対応しているフォーマット
  • 6. 2つのフォーマット http://www.f ickr.com/photos/rainerebert/35478 l
  • 7. 同じソースからPDFとEPUBを生成
  • 8. 使っている ツール
  • 9. ReVIEW
  • 10. ReVIEW(オープンソース として公開)
  • 11. PDFの 組版
  • 12. ソース ReVIEW EPUB LaTeX PDF
  • 13. LaTeXの 特徴
  • 14. クセが強いが組版が自動化 できる
  • 15. クセが強いが組版が自動化 できる
  • 16. ■電子書籍を取り巻く構図 紙書籍 電子書籍 Web
  • 17. 電子書籍にはWebの技術が使われている電子書籍のヒントはWeb技術に(も)ある
  • 18. ■Web制作の二極化● デザイン重視 ● デザイナーが個々のページを作 り込む(DreamWeaver等)● 効率重視 ● ベースデザインのみをデザイ ナーが作り、コンテンツは後で 流し込む(CMS利用)
  • 19. ■Web制作の二極化● デザイン重視ボリュームが多い場合 ● こちらにならざるを デザイナーが個々のページを作 えない り込む(DreamWeaver利用)● 効率重視 ● ベースデザインのみをデザイ ナーが作り、コンテンツはあと で流し込む(CMS利用)
  • 20. ■電子書籍制作の三極化● デザイン重視 ● InDesign, Sigil等を使用● 効率重視 ● CMS的なツールを使用● 機能重視 ● インタラクティブ等 ● プログラマが深く関わる – 極めるとアプリになる
  • 21. ■電子書籍用CMSサービス● パブー● forkN● CAS-UB →だいたいWebベース
  • 22. ■Web vs デスクトップ● 将来的にはWebベースになる?● ただ、デザイナー・プログラマが 使うツールは現状デスクトップ ベース ● プロ向けの需要は残るかも
  • 23. デモ
  • 24. ■コンテンツはサーバ上に● 複数人で執筆● レビュアが確認→問題点を指摘● 修正履歴、指摘内容が全て保存
  • 25. http://www.geekpage.jp/blog/?id=2011/6/29/1
  • 26. ■コンテンツのマージ サーバ内で 修正をマージ
  • 27. デモ
  • 28. 今後の展開 について http://www.f ickr.com/photos/awelch/3223191164/ l
  • 29. ■今後の予測● 制作プロセスはWebのそれに限 りなく近づく● ツールのコストは(一部を除い て)無料になる ● WordPress、Blogサービス● →弊社としては面白い仕掛けを 作って差別化していきたい
  • 30. ■今後の展開● クラウド出版 ● Cloud / Crowd● ネットとの親和性が重要 ● いっそCreativeCommons を利用した形で ● もろもろオープンにしないと困 難になりそう
  • 31. 今ある形とは もう少し違う可能性を 実装する http://www.f ickr.com/photos/yu-kubo/407508118/ l
  • 32. ご清聴ありがとう ございましたもう少し http://www.f ickr.com/photos/yu-kubo/407508118/ l