Your SlideShare is downloading. ×
一般社団法人日本Rubyの会について
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

一般社団法人日本Rubyの会について

1,378
views

Published on

Published in: Technology

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,378
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 一般社団法人日本Rubyの会 について 高橋征義株式会社達人出版会 / 日本Rubyの会 RubyWorld Conference 2011 2011/09/06
  • 2. Todays Topic 本日 お話ししたいこと
  • 3. My Message 本日 お願いしたいこと
  • 4. Dedevepment by Communityコミュニティ による開発
  • 5. Rubyist
  • 6. Community termsこんな言葉に 違和感はありますか?
  • 7. Rubyist.......??よく聞くけど なんだかしっくりこない
  • 8. ????? 正直 さっぱり分からない
  • 9. More closing to community もう一歩コミュニティに踏み込んで 欲しい
  • 10. Who am I?自己紹介
  • 11. 高橋征義 Masayoshi Takahashihttp://www.flickr.com/photos/recompile_net/4931617016/
  • 12. Web Application developerWebアプリケーション 開発 http://archive.gerhardlazu.com/04sep05/?pid=8&vid=49
  • 13. Ebook publisher/seller 電子書籍制作・販売
  • 14. Director of Ruby no Kai日本Ruby の会代表理事
  • 15. Todays Topic本日のお題
  • 16. Ruby no Kai一般社団法人 日本Ruby の会
  • 17. General incorporated association Ruby no Kai 一般社団法人 日本Ruby の会
  • 18. What? / Why? / How?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
  • 19. progress report 一種の現状報告
  • 20. よろしくお願いします
  • 21. Whats Ruby no Kai・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
  • 22. Our goals目的
  • 23. Support devs and users・開発者の支援・利用者の支援
  • 24. Our activities活動内容
  • 25. RubyKaigi
  • 26. RubyistMagazine
  • 27. Ruby Reference Manual Rubyリファレンス マニュアル
  • 28. Regional RubyKaigi Support地域Ruby会議支援
  • 29. Important Function重要な機能
  • 30. Entrance窓口
  • 31. Title for Rubyists肩書
  • 32. Ruby communities Rubyコミュニティ
  • 33. invisible見えない
  • 34. Loose coupling 何となくまとまっている
  • 35. Not “The Community”一つのもの ではない
  • 36. diversity多様性
  • 37. Making community visible 何となく 見える形に
  • 38. User Interfaceユーザインタ フェース
  • 39. Pre history of Ruby no Kai Rubyの会 発足前史
  • 40. Lightweight Language Saturday
  • 41. Festival for script languages スクリプト言語 のお祭り イベント
  • 42. Support community 協賛団体
  • 43. ←Perl←Python←PHP
  • 44. Who does manage Rubyists?誰に何を言えば いいのか わからない
  • 45. :-(うれしくない
  • 46. Kansai Open ForumKOF
  • 47. Tamatsukuri Onsen玉造温泉
  • 48. Lets go Ruby Onsen tour みんなで行ってみたい
  • 49. planing a tourツアーを 企画
  • 50. problem問題点
  • 51. 個人のprivate event 主催
  • 52. trustlessうさんくさい
  • 53. lots of tasks by myself面倒
  • 54. I should change何とかしたい
  • 55. Tamatsukuri Onsen玉造温泉
  • 56. How about “Ruby no Kai?”「日本Rubyの会」 とかどうでしょうかね?
  • 57. Naming or Ruby no Kai 命名の 地
  • 58. I really appreciate Matz-e! その節は 大変お世話に なりました
  • 59. Thing you must know 大切な こと
  • 60. Ruby communities Rubyコミュニティ
  • 61. We are not the frst one以前から あった
  • 62. ユーザWe are an User Interface インタ フェース
  • 63. Title for Rubyists肩書き
  • 64. Invisible communities 目に見えないコミュニティが背後に広がる、というイメージ
  • 65. http://www.flickr.com/photos/franck_/4460144638/
  • 66. Why incorporation?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
  • 67. Check point・水を飲む・残り時間確認・何か気の利いた ことを言う
  • 68. incorporation法人化
  • 69. Why incorporation 法人化する理由
  • 70. sustainability継続性
  • 71. Incorporated foundation Rubyアソシエーションは一般財団法人に
  • 72. Congratulations!おめでとうございます!
  • 73. Whats difference? Rubyアソシエーション との違い
  • 74. Foundation / Association一般財団法人 と一般社団法人
  • 75. Incorporated foundation財団法人
  • 76. resources「財」
  • 77. Incorporated association 社団法人
  • 78. people「人」
  • 79. Activity of the people 「人」を中心とした 活動
  • 80. = communityコミュニティ
  • 81. We have a few resources Rubyの会自体では あまり持っていない
  • 82. We have “a few” resouces Rubyの会自体では「あまり」持っていない
  • 83. Modest expression控えめな 表現
  • 84. Budget of RubyKaigiRubyKaigi の予算
  • 85. 400x5000(yen) for a party懇親会だけで 400人 ×5000円=200万規模
  • 86. A private organization 任意団体
  • 87. No sustainability継続性の なさ
  • 88. Pros / consメリットとデメリット
  • 89. The frst RubyKaigi 最初のRubyKaigi
  • 90. like The Last RubyKaigi 来年できるとは思わないでやろう
  • 91. Once in a lifetime一期一会
  • 92. Do our best at that timeその時々で全力を尽くす
  • 93. Do not think of next time 今後はあとで考える
  • 94. Do not conservative保守的にならない
  • 95. good attitude for small team ある程度の 規模では 効果的
  • 96. But no scalability 規模が大きいと 弊害が
  • 97. incorporation法人化
  • 98. sustainability継続性
  • 99. Sustainable team/system持続的な 体制
  • 100. Sustainable activities 持続的な 活動
  • 101. Turn in our policy方針を 転換
  • 102. how?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
  • 103. Check point・深呼吸・残り時間確認・何か気の利いた ことを言う
  • 104. membership / activities・組織形態・活動内容
  • 105. membership 今後の組織形態
  • 106. Almost same as current one 原則現状の 形を残す
  • 107. Current members現在の会員
  • 108. general members一般会員
  • 109. current directors現在の理事
  • 110. current directors・高橋征義・角谷信太郎・安積伸弥・島田浩二
  • 111. same directors今後も理事
  • 112. representative directors 会長は「代表理事」
  • 113. 会長 → 代表理事理事 →  理事 会員 → 一般会員
  • 114. 会長 → 代表理事理事 →  理事 ?? →  正会員会員 → 一般会員
  • 115. Regular member正会員
  • 116. Regular member一般社団法人の 「社員」
  • 117. Join general meeting社員総会 の参加
  • 118. Center of activities活動の要
  • 119. Same as directors at frst 最初は理事と 同じメンバー
  • 120. Add others in future 将来的には 別のメンバー も検討
  • 121. ・代表理事・理事 ・正会員・一般会員
  • 122. activities活動形態
  • 123. Board meeting定例の理事会
  • 124. Annual general meeting来年には社員総会
  • 125. Almost same as current oneそれ以外は現状を継承
  • 126. Loose coupling 地域Ruby コミュニティとはゆるく連携
  • 127. activity plan活動計画
  • 128. Stay tuned...これから
  • 129. Same without RubyKaigiRubyKaigi以外は継続
  • 130. Support with dev. meeting 開発者会議 支援
  • 131. Rubyist Magazine meetingるびま会議
  • 132. Reference Manual meetingるりま会議
  • 133. Another Ruby EventRubyKaigi 以外の イベント
  • 134. Try to hold実施していきたい
  • 135. 2013年
  • 136. thRuby 20 anniversaryRuby20周年
  • 137. celebrationお祝い
  • 138. logoロゴ
  • 139. Webサイト
  • 140. Wiki spam spam spam... Wiki スパム
  • 141. Were so sorry... ご迷惑をおかけして おります (_o_)
  • 142. Move to GithubGithub
  • 143. Github
  • 144. Social coding services gitベースの ソースコード 共有SNS
  • 145. Move to Githubs wikiGithubs Wiki
  • 146. https://github.com/ruby-no-kai/official/wiki
  • 147. Web site for Ruby no Kai会のサイト も用意
  • 148. http://ruby-no-kai.org/
  • 149. Moving page by page 徐々に 移行検討
  • 150. Our concern懸念点
  • 151. How about Github? Githubってどうよ
  • 152. SocialCoding
  • 153. Development by communityコミュニティによる開発
  • 154. Cutting edge service 総本山 かつ 最先端
  • 155. You should use itぜひ触れて ほしい
  • 156. Cutting edge of Ruby dev.Ruby開発 の総本山
  • 157. http://redmine.ruby-lang.org/
  • 158. What you can do today今日あなたにできること
  • 159. Github and rubys redmine GitHubと Rubys redmine
  • 160. Make your account 自分のアカウントを作ってみる
  • 161. Clone your favorite repository 気になるレポジトリをcloneする
  • 162. fork your favorite repository 気になるレポジトリを forkする
  • 163. Send pull request Pull requestも 送ってみる
  • 164. Read issue list Issueを 眺めてみる
  • 165. Read commit logsコミットログを眺めてみる
  • 166. Conclusionまとめ
  • 167. incorporation法人化
  • 168. sustainability持続的
  • 169. people「人」
  • 170. Rubyist
  • 171. More closing to community もう一歩 コミュニティ に踏み込んで 欲しい
  • 172. ご清聴ありがとうございました