mrubyのすすめ

6,087
-1

Published on

岡山Ruby会議01の懇親会LTにて発表した際に使った資料です。

Published in: Technology

mrubyのすすめ

  1. 1. mrubyの すすめ 2012/07/07日本Rubyの会/達人出版会 高橋征義
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. 高橋征義
  4. 4. 日本Ruby の会
  5. 5. RubyConf 渡航支援(詳細は後日)
  6. 6. 株式会社達人出版会http://tatsu-zine.com/
  7. 7. 宣伝
  8. 8. http://tatsu-zine.com/books/kk2 無料です! (0円) 自由です! (CC BY-NC-SA)
  9. 9. 本題
  10. 10. 最近のRuby
  11. 11. ✔ISO化✔Ruby 2.0✔RubyMotion✔Rails 4✔mruby
  12. 12. ✔ISO化✔Ruby 2.0✔RubyMotion✔Rails 4✔mruby
  13. 13. mruby
  14. 14. mrubyの 特徴
  15. 15. 軽量とか組込み向けとか何とか
  16. 16. それはさておき
  17. 17. mrubyのおすすめポイント
  18. 18. ソースコード がシンプル
  19. 19. そもそも 短い
  20. 20. CRuby(2.0.0)
  21. 21. 70万行以上 (find/wc 調べ)
  22. 22. mruby(昨日の版)
  23. 23. 7万4千行 (同調べ)
  24. 24. 約1/10のコード量
  25. 25. 中身もシンプル
  26. 26. 最適化も (まだ)頑張ってない
  27. 27. それでもそこそこ 早い
  28. 28. 完成度が(まだ) 低い
  29. 29. ツッコミどころが 満載
  30. 30. 今ならまだ いろいろ 提案すれば採用されるかも
  31. 31. CRubyでは 1.1未満の 雰囲気
  32. 32. 【注意】mrubyで動くアプリ開発は修羅の道です
  33. 33. 開発の 舞台
  34. 34. github http://octodex.github.com/original/
  35. 35. 開発MLは 用意しないわざと用意しないでgithubだけでやってみてる、ってまつもとさんが以前書いてたような(うろおぼえ)
  36. 36. http://www.facebook.com/photo.php?fbid=428853827146733
  37. 37. (Matzが) はじめよう ソーシャルコーディング
  38. 38. (あなたも) はじめよう ソーシャルコーディング
  39. 39. はじめ方
  40. 40. 開発環境(C)とgitを導入
  41. 41. # 以下を一行で$ git clonehttps://github.com/mruby/mruby.git
  42. 42. ビルドして実行してみる
  43. 43. コミットログ を読む
  44. 44. $ git log$ git log -p
  45. 45. 困ったらIssues を読む
  46. 46. https://github.com/mruby/mruby/issues/343 コンパイラはC99前提じゃなかったでしたっけ? VCもサポートしたくて。人生は残酷だよね。
  47. 47. 人生も学べる mruby
  48. 48. まとめ
  49. 49. mrubyで ソーシャル コーディング(※言語はC99)
  50. 50. ご清聴ありがとうございました
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×