Your SlideShare is downloading. ×
Sn#2 ver1.0min
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

Sn#2 ver1.0min

337
views

Published on


3 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • 要求と仕様となにがどう違うのかの共通認識がないのが問題ですね、
    業界として。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • スプリントで実装対象のものは「仕様」でなければならないです。なぜなら、施主と施工者の間で「要求」では合意できず、「仕様」として明確化してはじめて合意できるものだから。

    要求と呼ぶか仕様と呼ぶかはもしかすると議論があるのかもしれないですけど、呼び方はどっちでもよくて、結局のところ「施主と施工者で合意したものが作れるかどうか」なので、うん、やっぱり要求というと違和感あります。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • 結局のところ、プロダクトバックログ(のアイテム)は[要求]なんでしょうか[仕様]なんでしょうかね。
    結論はどちらでもあり、どちらでもない(コ)んでしょうけど、はじめてのScrumでどっちから入るのがスムーズなのかなぁ...
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total Views
337
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
3
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. スクラムナイト#2 2014.2.26 スクラム道関西
  • 2. スクラムナイト#2 はじめに  本日はスクラム道関西のイベント、 スクラムナイト#2 にお越しいただき、 どうもありがとうございます!  会場を提供いただきました Yahoo!JAPAN大阪さん、 どうもありがとうございます! スクラムナイト#2 2
  • 3. スクラムナイト#2 自己紹介  名前:宇野泰三(うのたいぞう)  職業:自称スクラムマスター 主に基幹系システムの受託開発に従事  社内外でスクラムの布教・提案活動(2013年度)  IT経営に関するコンサル(2014年度~現在)   所属:株式会社オージス総研 + スクラム道関西 スクラムナイト#2 3
  • 4. スクラムナイト#2 本日のテーマ スクラムナイト#2 4
  • 5. スクラムナイト#2 本日のテーマ プロダクトバックログの悩みを、 いっしょに解決してみませんか? スクラムナイト#2 5
  • 6. スクラムナイト#2 イベントの背景 スクラムナイト#2 6
  • 7. スクラムナイト#2 イベントの背景  スクラムを始めるにあたって、 プロダクトバックログ、どうすりゃいいの? そんな質問をよく受ける。 スクラムナイト#2 7
  • 8. スクラムナイト#2 イベントの背景  確かに、スクラムガイドを読んでも いまいちピンとこない。 スクラムナイト#2 8
  • 9. スクラムナイト#2 イベントの背景  学びの場は意外と少ない。 スクラムナイト#2 9
  • 10. スクラムナイト#2 イベントの背景  CSMやCSPOでさえも、ときには腫物のよ うに、ときにはよそよそしく扱う。 スクラムナイト#2 10
  • 11. スクラムナイト#2 イベントの背景  さわらぬ神に祟りなし、と言わんばかり。 スクラムナイト#2 11
  • 12. スクラムナイト#2 イベントの背景  決めゼリフは、 「コンテキストに依存する」 (出ました!コンテキスト!!) (よっ!コンテキスト!!) スクラムナイト#2 12
  • 13. スクラムナイト#2 イベントの背景  確かに正解は自ら見つけないといけない。 スクラムナイト#2 13
  • 14. スクラムナイト#2 イベントの背景  なぜならスクラムはフレームワークだから。 スクラムナイト#2 14
  • 15. スクラムナイト#2 イベントの背景  そのわりには、実装サンプルがあまりにも 少なすぎやしないか? スクラムナイト#2 15
  • 16. スクラムナイト#2 イベントの背景  このままでは、世の中のコマンドラインは Goodbye, Scrum! で溢れかえってしまうではないか! スクラムナイト#2 16
  • 17. スクラムナイト#2 イベントの背景  もう少し踏み込んでNNDをぶつけ合う、 *1 そんな場が欲しい! *1)なんやねん?なんでやねん?どないやねん!の略式表現 スクラムナイト#2 17
  • 18. スクラムナイト#2 イベントの背景  そして今、 スクラムナイト#2 がここにある。 スクラムナイト#2 18
  • 19. スクラムナイト#2 イベントの目的 スクラムナイト#2 19
  • 20. スクラムナイト#2 イベントの目的  悩みや疑問をぶつけ合うことによって、参 加者のプロダクトバックログに関する知識 や理解を深めることを狙いとします。 スクラムナイト#2 20
  • 21. スクラムナイト#2 イベントの目的  そんなわけで本日の内容は参加者全員で 検討します。 スクラムナイト#2 21
  • 22. スクラムナイト#2 イベントの目的 ところで、、  スクラムガイドは熟読してきましたか? スクラムナイト#2 22
  • 23. スクラムナイト#2 プロダクトバックログ 概要 (おさらい) ~ スクラムガイド2013より ~ スクラムナイト#2 23
  • 24. スクラムナイト#2 プロダクトバックログ概要  プロダクトに必要なものが並べられた一覧 であり、プロダクトに対する唯一の情報元  プロダクトのフィーチャ・機能・要望・修正 が一覧になっている  内容・可用性(要は使い物になるかどうか)・並び順は プロダクトオーナーが責任を持つ スクラムナイト#2 24
  • 25. スクラムナイト#2 プロダクトバックログ概要  並び順が上の項目ほど詳細化されている  スプリントでの開発対象であるプロダクトバ ックログアイテムは「準備完了(Ready)」 でなければならない  プロダクトの項目に詳細・見積・並び順を 追加することをプロダクトバックログのリ ファインメントと呼ぶ  これは開発チームとプロダクトオーナーが協 力して継続的に行う スクラムナイト#2 25
  • 26. スクラムナイト#2 プロダクトバックログ リファインメント スクラムナイト#2 26
  • 27. スクラムナイト#2 プロダクトバックログリファインメント  イベントの目的達成のためのプロダクトバ ックログを用意しています。  プロダクトバックログの詳細化を手伝って ください。 スクラムナイト#2 27
  • 28. スクラムナイト#2 プロダクトバックログリファインメント  初期のプロダクトバックログ # アイテム 説明 見積 (min) 1 プロダクトバックログの 概要を知っている スクラムガイドに書かれている内容 程度にプロダクトバックログとはど ういうものかを知っている 【完了の定義】 スクラムガイド2013を読んでいる 2 プロダクトバックログの 知識・理解がより深まっ ている 3 プロダクトバックログの 作成を支援できる 4 状態 ? Done プロダクトバックログに ついて教えることができ る 120 ・・・ 今回の対象 スクラムナイト#2 28
  • 29. スクラムナイト#2 プロダクトバックログリファインメント (ステップ.1)  プロダクトバックログに関するNNDを書き 出し、チーム内で共有してください。 ? スクラムナイト#2 ? ? 29
  • 30. スクラムナイト#2 プロダクトバックログリファインメント (ステップ.2)  すべてのチーム分を壁に張り出し、マージ します スクラムナイト#2 30
  • 31. スクラムナイト#2 プロダクトバックログリファインメント (ステップ.3)  投票制で優先順(取り上げる順番)を決定 します スクラムナイト#2 31
  • 32. スクラムナイト#2 プロダクトバックログリファインメント (ステップ.4)  最終的なプロダクトバックログはプロダク トオーナーが決めます :p 優先順 スクラムナイト#2 32
  • 33. スクラムナイト#2 プロダクトバックログリファインメント (ここまでの整理)  プロダクトバックログは、チームでメンテ する  提案歓迎・交渉重要  より良い成果のために  最終的にはプロダクトオーナーが判断 スクラムナイト#2 33
  • 34. スクラムナイト#2 NNDの Buzzセッション スクラムナイト#2 34
  • 35. スクラムナイト#2 NNDのBuzzセッション  本日出てきたNNDについて、知識や理解を 深めるために、Buzzセッションの形式で 議論していただこうと思います。 スクラムナイト#2 35
  • 36. スクラムナイト#2 NNDのBuzzセッション  Buzzセッションとは?  ブレストの変型版  議題を取り上げ、6人チームで6分間で議論す る  今日はNNDが議題となる。  人数・時間は調整可  チームの代表者は、出た意見を発表する  必ずしも意見を一つにまとめる必要は無い スクラムナイト#2 36
  • 37. スクラムナイト#2 NNDのBuzzセッション  さて、先ほどのワークでプロダクトバック ログが出来上がりました スクラムナイト#2 37
  • 38. スクラムナイト#2 NNDのBuzzセッション  実はまだ出来ていません スクラムナイト#2 v_v.。 38
  • 39. スクラムナイト#2 NNDのBuzzセッション (Buzzセッションの練習)  プロダクトバックログであるためには、ど うなっていないといけないのでしょう?  Buzzセッションの練習を兼ねて議論して みてください。 スクラムナイト#2 39
  • 40. スクラムナイト#2 プロダクトバックログ とは何か? スクラムナイト#2 40
  • 41. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か? (おさらい)  スクラムのチーム構成 ・スクラムの理解と成立に責任 を持つ。 ・開発チームの作業とプ ロダクトの価値の最大化 に責任を持つ スクラム ・その作業は、組織・ス クラムチーム・個人に よって、大きく異なる ・プロダクトバックログ の管理に責任を持つ ・チームのサーバントリーダー である。 マスター 開発 オーナー スクラムナイト#2 プロダクト ・各スプリントの終わりにリ リース判断可能な「完了」し たプロダクトのインクリメン トを届ける チーム 41
  • 42. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か? 大抵の仕事は、依頼と応答で進んでいきます 依頼 応答 スクラムナイト#2 42
  • 43. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か? (質問)  スクラム以前、開発者は作業のためのイン プット情報をどこから得ていましたか? ? ? ? 依頼 開 発 者 応答 スクラムナイト#2 43
  • 44. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か? (例)  要件担当者  ビジネス分析者  設計担当者  プロジェクトマネージャー  技術リーダー  システムアーキテクト  顧客、オンサイト顧客(XP) スクラムナイト#2 44
  • 45. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か?  偉大なるスクラムの発明品 プロダクトバックログ --------------------- PO 依頼 開 発 者 応答 プロダクトオーナー(PO)は、プロダクトバックログによってのみ 開発者に作業を依頼することができる。 スクラムナイト#2 45
  • 46. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か?  依頼であって指示・命令ではない  提案や交渉の余地がある  依頼内容は、実施可能でなければならない スクラムナイト#2 46
  • 47. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か? (質問)  みなさんは何を使ってプロダクトバックロ グアイテムを表現していますか?  ユースケース  ユーザーストーリー  或いは、他の何か スクラムナイト#2 47
  • 48. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か? (質問)  どんなふうにプロダクトバックログアイテ ムを伝え/聴いていますか?  口頭でのコミュニケーション中心  ホワイトボード等で詳細ディスカッション  詳細なドキュメント(仕様書) スクラムナイト#2 48
  • 49. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か? (質問)  要求と仕様の違いは分かりますか? スクラムナイト#2 49
  • 50. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か?  要求と仕様  要求:システムを利用することで実現したい こと  要求は曖昧で移ろいやすく、そのまま実装できない  仕様:システムが何をしなければならないの かを明確化したもの  実装できるようにするために、仕様が介在する 要求 利用環境 インターフェース 仕様 実装 システム スクラムナイト#2 50
  • 51. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か? (質問)  プロダクトバックログは要求でしょうか、 それとも仕様でしょうか? スクラムナイト#2 51
  • 52. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か?  現実のシステム開発の“システム”は、階層構造に なっている。 ----- 依頼 ----- ----- ----- ----- 応答 ----- ----- ----- スクラムナイト#2 52
  • 53. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か?  それぞれの階層における関心事 ----- 依頼 ----- ----- ----- ----- 応答 ----- ----- 抽象的 概念的 スクラムナイト#2 ----- 具体的 説明的 53
  • 54. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か?  スクラムにおける “システム”はシンプル --------------------- PO 依頼 開 発 者 応答 スクラムナイト#2 54
  • 55. スクラムナイト#2 プロダクトバックログとは何か?  チームや製品の成熟度に合わせて、依頼内 容は異なってくる  共通言語の獲得  ベースとなる製品 スクラムナイト#2 55
  • 56. スクラムナイト#2 プロダクトバックログ を探求する スクラムナイト#2 56
  • 57. スクラムナイト#2 プロダクトバックログを探求する プロダクト バックログ スクラムナイト#2 57
  • 58. スクラムナイト#2 プロダクトバックログを探求する プロダクト オーナー プロダクト バックログ スクラムナイト#2 58
  • 59. スクラムナイト#2 プロダクトバックログを探求する プロダクト オーナー プロダクト バックログ スクラムナイト#2 59
  • 60. スクラムナイト#2 プロダクトバックログを探求する プロダクト オーナー ~の管理に 責任を持つ 1 プロダクト バックログ スクラムナイト#2 60
  • 61. スクラムナイト#2 プロダクトバックログを探求する スクラムナイト#2 61
  • 62. スクラムナイト#2 プロダクトバックログ とは何か? ー終わりの始まりー スクラムナイト#2 62
  • 63. スクラムナイト#2 終わりの始まり スクラムナイト#2 63
  • 64. スクラムナイト#2 本日の振り返り スクラムナイト#2 64
  • 65. スクラムナイト#2 ありがとうございました! スクラムナイト#2 65