Ecobrand2010

2,195
-1

Published on

1 Comment
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,195
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
1
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ecobrand2010

  1. 1. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 日本を環境立国として 世界のお手本=ブランド にする。
  2. 2. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 2
  3. 3. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 東南アジアで見た風景 内戦で傷ついた人々、たくさんの亡骸 遺跡から見た、失われていく森林 ▼彼らに対して何ができるのだろう? ①ODAなど援助の条件として、環境保全を義務づける ②現地NGOに飛び込み、直接支援する ③日本を再び世界から尊敬される国にする 主体的に環境保全に取り組む日本人を通じて、 世界の持続可能な発展のお手本とする 3
  4. 4. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 日本を環境ブランド化する方法 持続可能な発展をする産業 環境立国・日本のブランド化を目指す ▼京都議定書目標達成のための現状の課題 ①太陽光発電・エコカーなどの開発による第二次産業振興 ②スマートグリッド等のエネルギー革新 ③国内森林保全による森林吸収 1990 2007 2012 1,261 (百万t) 1,374 (百万t) 目標値 1,185 (百万t) -9.6% (国内産業) -3.8% (森林吸収) -1.6% (排出量取引) 日本国内の温室効果ガス排出量 (地球温暖化対策本部 公表値) +9.0% 4 日本国土の約70%を 占める森林の有効活用 こそが目標達成の
  5. 5. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. なぜ森林活用か? 5 市場、文化、自給力の観点から有望 森林を活用した第一次産業復興が国家戦略 ①林業を取り巻く産業構造が限界を迎えており、再構築が急務 旧来のしがらみが存在せず、国際競争力を担保する商品開発が容易 ②世界第2位の森林蓄積率、世界第3位の木材需要 需要と供給が近接しており、外材に依存した産業を革新する ③農林水産業に必要な水資源、土壌を保全する 国内の食料資源を生産する農業の持続可能な発展の担保 森・川・海のつながりイメージ図(河川環境管理財団) 森林活用から国家の根幹を支える 第一次産業振興を進める
  6. 6. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 日本国内の各セクターの動き 6 政官民が危機感を持って動き始め、 国産材の利用促進ができる土壌が整う ▼各セクターにおける注目トピックス 国:農水省が「森林・林業再生プラン」を発表、木材自給率50%へ ⇒2009/12に骨子発表、2010年度より法案化・予算計上 民間:「持続可能な森林経営のための30の提言」をまとめる ⇒全国の林業家が連携して、国産材利用の市場をつくっていく提言を行なう 行政:各地方自治体が森林環境税の導入を検討・開始 ⇒住民から水源涵養・自然保護の特定目的税を徴収
  7. 7. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. プロジェクトの現場 7 峡東エリア JR中央本線塩山駅から徒歩10分 のところにある、峡東林産組合の 木材貯留場を舞台に、地域活性化 のイベントを仕掛けていく。
  8. 8. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. ecoコン2010 8 森林保全 合コン=ecoコン で 注目されたイベントのバージョンアップを図る ▼注目度の高いイベント・ecoコンを地域活性化に繋げる ①イベントの課題である、間伐材活用を推進する デザイナーによる商品企画、木質ペレットを使ったBBQなど、生活に繋げる仕掛け ②延べ100名のコミュニティを繋げていく ecoコン参加者を中心に、都会側のマーケティングを展開 ③ TV、新聞、雑誌、Webメディアとの関係性を活用 新しい取組みを随時情報発信していく
  9. 9. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 農林業循環型モデルの構築 9
  10. 10. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 生活と密着した体験テーマパーク 10ecoコン2010 2009年に延べ100名を動員した ecoコンをバージョンアップ、間伐 体験した木材を利用して遊ぶ、間 伐材利用の方法を提案していく。 郷土料理ワークショップ 塩山名物の御影石を使っ たかまどで、本物の火の料 理を体験。 地域のおばあちゃんに、ほ うとう料理などを新鮮野菜 を使って楽しく料理教室。 間伐材を活かした堆肥づくり 微生物の力を利用して、間伐材 から森の腐葉土をアッという間 につくる。 有機よりも安全安心で、植物が 本来持っている防虫防腐性能を 活用した農法を提案する。 3分間クッキング式農業 コンテナ式の野菜畑で、種まきから 収穫までを一日で体験。 森の力によって育てられた野菜の 旨みと安全性を五感で確認する。 家族で楽しめる、食育・環境教育ランド
  11. 11. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. ビジネスとしての具体的戦略 11木材の利用拡大を踏まえた戦略構築 雇用、さらにサービスとして利用できる ▼森林に経済性をもたらす個別戦略を構築する ①森林の付加価値を増大していき、サービス化する ⇒森林保全の現場に対して体験や教育といった価値を訴求していく ②プロとアマチュアの間の断絶を埋める段階をつくっていく ⇒ピラミッド構造をつくることで、森林保全の現場に入る道筋を明確化 ③カーボンオフセットと地域振興を組み合わせた持続可能経済 ⇒電子マネーによる地域通貨を普及させ、地産地消を推進する
  12. 12. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 木材を隅々まで使う商品企画 12 建材、消費財、燃料などの用途拡大 生活に木材を取り入れるソフト利用 建材:木造建築の良さを再定義 ⇒木材の防火性能や断熱性、シックハウス対策などを訴求 消費財:生活のなかで取り入れられる木工品の開発 ⇒地域性や科学的な知見に基づいた商品のマーケティング 燃料:木質ペレットとしての燃料利用、肥料化 ⇒地産地消による経済性の担保、化石エネルギー代替
  13. 13. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 森林保全活動ピラミッド構造 13 森林保全に携わる人を増やすため、 階層構造で都市住民などの参入を促す 林業家・森林組合 (高齢化・過疎化) 森林ボランティア パートタイム木こり ボラバイト 森林のプロフェッショナルと善意のボラ ンティアとの距離が遠くなってしまって いるため、その間を補完するような存 在を増やしていき、雇用を創出する。 現在の予算規模 緑の雇用:6億7,000万円 田舎で働き隊:1億2,000万円
  14. 14. All Right Reserved by EcoBrand Co.,Ltd. 地域電子マ ネーによる木質 バイオマスの カーボンオフ セット集約化 カーボンオフセット×電子マネー 142011年に本格化する国内排出量取引 電子マネーによる集約化・地域活性化 山主さん 地域電子マネー (3,000-4,000円/㌧) 製材工場で ペレット化 国内排出量取引 (5,000-6,000円/㌧) 農業の化石燃料代替 ストーブ燃料 地域商店での 電子マネー利用 地方銀行 取りまとめ 地域経済活性
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×