俺のローカル開発環境 - MTDDC Meetup NAGOYA 2014

  • 1,412 views
Uploaded on

 

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,412
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 俺のローカル開発環境 2014.01.18 taiju @ MTDDC Meetup NAGOYA 2014
  • 2. 自己紹介 • @taiju ( 東 大樹 / HIGASHI Taiju ) • アルファサード サポートエンジニア ( 2年目 ) • ブログ => あと味 • 去年は MT + PowerCMS 漬け • 今年はコードを書く時間を増やす
  • 3. サポートエンジニア • 製品 ( PowerCMS + MT ) の質問への回答 • 不具合の検証・修正 • パッチ作成 • 新機能のテスト • 機能開発
  • 4. 本題
  • 5. 軽快で簡単に作れる ローカル開発環境ほしい
  • 6. 求める要素 • できるかぎり速く • ソフトウェアの設定を極力せず • ポータブルで • いつでもどこでも作れる
  • 7. (すべて俺基準)
  • 8. 最初
  • 9. ローカル開発環境の作り方 • PSGI で MT を使う ( MT::PSGI ない時は、 miyagawa さんの gist で ) • ワンライナーでサーバー起動 $ starman --pid=mt.pid mt.psgi • /path/to/mt-static/sites をウェブサイトの公 開パスにする ( Apache, Nginx 等の HTTP サーバー不要に ) • DB の作成と mt-config.cgi の設定のみ
  • 10. 不満だったこと • ウェブサイトの URL が mt-static のサブディ レクトリになる http://localhost:5000/mt-static/sites/ • index.html などのファイル名を省略できない
  • 11. 2013年
  • 12. http://taiju.hatenablog.com/entry/20130203/1359885017
  • 13. 達成したこと • app.psgi で、任意の Plack ミドルウェアを適 用することで、静的ファイルの配信周りを自由 に制御できるようになった $ starman --pid=mt.pid app.psgi • ウェブサイトの URL から mt-static 消えた http://localhost:5000/
  • 14. 不満だったこと • app.psgi を用意する必要があった ※現在のように Plack ミドルウェアを適用する手段がなかった • PHP ( ダイナミック ) 使う時は、 結局 Apache or Nginx を使っていた
  • 15. 2014年
  • 16. それらの不満を解消する プラグインを作り始める
  • 17. Nakaisan (仲居さん)
  • 18. Nakaisan • MT プラグイン ( Plack ミドルウェア ) https://github.com/taiju/mt-plugin-Nakaisan • Server -> 給仕係 -> 仲居さん • プラグインを設置すると、ドメインルートで 静的ファイルを配信できるようになる • PHP ( ダイナミックパブリッシング・ DynamicMTML ) にも対応
  • 19. DEMO
  • 20. ご清聴ありがとうございました