National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Pro...
NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Pro...
NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Pro...
National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project           ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

被災地災害対応における相互運用型WebGISの有効性

1,206
-1

Published on

2011年10月30日に日本災害情報学会第13回研究発表大会@名古屋大学の発表資料です。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,206
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

被災地災害対応における相互運用型WebGISの有効性

  1. 1. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project BOSAI-DRIP 東日本大震災におけるeコミュニティプラットフォームを 活用した被災地情報支援 その2 ~被災地災害対応における相互運用型 ter WebGISの有効性~ (独)防災科学技術研究所 社会防災システム研究領域NIED BOSAI-DRIP ○田口 仁, 臼田裕一郎, 長坂俊成 李泰榮, 須永洋平, 坪川博彰, 岡田真也 2011年10月30日 日本災害情報学会 第13回研究発表大会 1
  2. 2. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project はじめに BOSAI-DRIP 背景 » 応急期から復旧、復興期における地理情報システム(GIS) の活用 • 福岡県西方沖地震(浦川ら, 2005)、中越地震(澤田ら, 2005)、中 越沖地震(古屋ら, 2008)など • 情報集約や地図提供の支援までは実現 » 被災地自らが地図を作成・活用し、判断・意思決定に活用 被災地自ら 地図を作成 活用 、判断 意思決定 活用 ter できることが大切である 本研究で発表する内容 » 被災地自ら地図を作成・活用できる「道具としてのGIS」のNIED BOSAI-DRIP 要件を検討 » 東日本大震災において、ボランティアセクターにおける WebGISによる被災情報支援の取り組みを紹介 2
  3. 3. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 被災地災害対応のためのGISの要件の検討 BOSAI-DRIP データの利用環境 » 被災地外から様々な地理空間情報が利用可能なため、それらを被災地 側で取得して、重畳表示やマッシュアップができることが大切 • 例えば、地理空間情報の流通方式でISO/TC211で標準化されたWMS, WFS, OGCでオープンスタンダードとなったKMLなどへの対応により、データ 変換や移行をせず、被災地側で容易に利用可能 » 国際標準の地理空間情報の流通方式(相互運用方式) ter GIS » 利用者にとって導入が容易であることと、後方支援が行いやすいことが 大切である • インターネット経由でGISが利用できれば、インターネット接続可能なパソコ ンからウェブブラウザから利用でき、インストール作業が不要NIED BOSAI-DRIP • システムやデータベースのメンテナンスや、機能追加を行うなどの後方支援 が行いやすい » WebGISの利用 • 閲覧だけでなく、情報登録、印刷出力、検索機能の基本機能を有すること が前提 3
  4. 4. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 東日本大震災にて支援に使用したWebGIS BOSAI-DRIP FOSS4Gを基盤にした、情報登録、検索機能、印刷機能などのGISの基本 機能を備えたオープンソースのWebGIS「eコミマップ」 (防災科研, 2009) 国際標準の地理空間情報の流通方式である、Web Map Service (WMS)、 Web Feature Service (WFS)、Web Coverage Service(WCS)をはじめ、Google のKMLに対応しており、動的に地図上に重ね合わせることが可能 民間からクラウド環境の支援を受け、震災から3日後には環境を構築 地域住民等 地域住民等 自治体 ID, パスワード ter 統合型 統合型GIS でログイン ハザードマップ 地域住民等による情報 航空写真 分 散 相 大学・研究 機関等 互 各種地図・図表 シミュレーション 運NIED BOSAI-DRIP 用 環 NIED 境 地震動予測地図 地すべり地形分布図 洪水ハザードマップ 4
  5. 5. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 相互運用方式で利用可能となった地理空間情報 BOSAI-DRIP 国土地理院 産総研(GEO Grid) 道路状況 NTT‐ME 参加型マッピング ・被災後空中写真 ・ASTER衛星画像 ・本田技研 ・被災前後空中写真 ・OpenStreetMap ・震度分布図 ・トヨタ ・道路地図 ・Googleマイマップ ‐炊き出しマップ ・宮城県情報 ‐避難マップなど JAXA(ALOS) 気象庁 国土数値情報 ・だいち衛星画像 ・気象情報 ・公共施設など ハザードマップ 防災科研 ・J-SHISなど 分散相互運用環境 ter ゼンリン (WMS, WFS, KMLなど) ・住宅地図 日本地理学会 ・津波被災マップNIED BOSAI-DRIP ALL311(先ほどの須永の発表)で所在情報を収集 上記の地理空間情報が相互運用方式で順次公開され、即座にeコミマップ 上で重畳表示できるようになった。 5
  6. 6. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 災害ボランティアセンターへの情報支援 BOSAI-DRIP 対象:宮城県および県下13市町村の社会福祉協議会 ※ 社会福祉協議会は、災害発生後、災害ボランティアセンータを立ち上げる 状況 » 地震発生直後、外部への情報発信や、活動のために必要な情報の収 集・分析・活用を行うための仕組みが無い 支援内容 » 発災と同時に準備・構築したクラウド上のeコミマップ/グループウェア ter を活用し 災害ボランティアセンタ の情報面での運用支援を実施 を活用し、災害ボランティアセンターの情報面での運用支援を実施 • ALL311で支援を受けたノートパソコン、通信端末、プロッター、複合機をボ ランティアセンターへ貸与 • クラウド上にWebGISを構築NIED BOSAI-DRIP • ALL311において、災害ボランティアセンターに代わって災害情報ボランティ アを募集し、地図を活用できる体制を構築 6
  7. 7. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 災害ボランティアセンターのeコミマップ活用状況 BOSAI-DRIP 〜4月上旬 » 地域の被害状況把握のために被災後空中写真や衛星画像、通行実績 マップ、津波被災マップを利用 » 沿岸被災地へは仙台から地図を印刷して持ち込む 4月中旬〜 » マップ上に情報登録するなど、ボラセン業務への活用を開始 各ボランティアセンターの作成したマップの一覧 terNIED BOSAI-DRIP 7
  8. 8. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter 実施 ボランティアニーズマップ(東松島市) » 申請ベースでボランティアニーズがある箇所と進捗状況を管理。 ボランティアセンター自ら作成したマップの例(1) » 被災後空中写真を重ね合わせ、潜在的なニーズのある場所のローラー作戦を8 BOSAI-DRIP
  9. 9. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter 炊き出し履歴マップ(石巻市) ために、地図上に履歴集約して管理 ボランティアセンター自ら作成したマップの例(2) » 自衛隊、NPO、NGO等が炊き出しを実施したが、地域的な偏りが無いようにする9 BOSAI-DRIP
  10. 10. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter 地図閲覧 地図上への情報登録、 eコミマップの活用の実際の様子 活動調整・確認 活動内容の掲示・共有 地図の印刷 BOSAI-DRIP10
  11. 11. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 考察 BOSAI-DRIP 相互運用方式による地理空間情報の取得と利用の有効性 » 相互運用方式により、重畳表示やマッシュアップが容易に実現し、それ ぞれのボラセンが必要な地図を作成 • 例1)国土地理院空中写真は火災の煙で利用できない地域があったが、煙 の無い民間の空中写真がWMSで公開されたため、公開日に即座に切り替 えて利用 • 例2)住宅地図に津波被災マップ(日本地理学会作成の浸水エリア)をWMS で取得して重ね合わせ、浸水被害の把握に利用 ter WebGISの有効性 有効性 » 各ボラセンにノートパソコンと通信端末を持ち込むことで、事前設定を完 了しておくことで接続さえすれば、すぐにGISが利用可能に » 現地の要望を受けて機能追加を実施することで後方支援が実現 • 例)地図の中心の住所を確認したいというボラセンの要望により、逆ジオコNIED BOSAI-DRIP ーディングによる表示機能を実装 相互運用性を有するWebGISは、被災地災害対応における地図の活用に貢 献できる道具として有効なことが分かった 11
  12. 12. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 今後の課題 BOSAI-DRIP 被災地で災害対応としてGISを活用するためのツールとしての パッケージ化 » 本研究で言及したツールだけでなく、人的、物的支援等による後方支援 を受けながら災害対応を支援するためのパッケージ化が大切 被災地が作成した地図を外部に発信する仕組みづくり » 分散相互運用環境下であれば、被災地が作成した地理空間情報を、外 側が集約して利用可能であり、それを実現する仕組みづくりが必要 側が集約して利用可能であり それを実現する仕組みづくりが必要 ter ネットワークが喪失した箇所におけるGISの利用 » オフラインとオンラインがシームレスに移行可能なGISの開発、外部地 図データをキャッシュするツールの開発NIED BOSAI-DRIP 災害情報クリアリングハウスの構築 » 利用可能な地理空間情報の所在情報を一元的に確認できるポータル サイトの構築が大切 12
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×