Ruby本から読み解くRuby考古学 - Ruby Archaeology from the Ruby Book

5,337 views

Published on

ぐんまRuby会議01でのLT発表です。
http://regional.rubykaigi.org/gunma01

Published in: Technology
0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,337
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
348
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ruby本から読み解くRuby考古学 - Ruby Archaeology from the Ruby Book

  1. 1. Ruby本から読み解く Ruby考古学斎藤ただし @_tad_
  2. 2. Ruby
  3. 3. 世の中にあふ れるRuby
  4. 4. 世の中にあふれるRuby本
  5. 5. 最初は一冊し かなかった Ruby本
  6. 6. オブジェクト指向スクリプト言語Ruby 1999/11/1発売 まつもとゆきひろ・ 石塚圭樹共著
  7. 7. この一冊から、皆さんと一緒にRubyとコミュニティを再発 見したい
  8. 8. 懐古厨
  9. 9. 斎藤は群馬の某高校出 身
  10. 10. 2000年の終わりごろ、とある委員会活動の副委員長に
  11. 11. 生徒1000人分くらいの集計処理が 必要に
  12. 12. 「それ機械化 で」
  13. 13. ノーコン族、脳内BASIC
  14. 14. →Excel95でVBA、 K&Rを買って もらった直後
  15. 15. Cで文字列処理だるい
  16. 16. スクリプト言語っていうのがあるらしい
  17. 17. 「Perlはもう 古い」?
  18. 18. Rubyっていうのがあるらしい
  19. 19. 本がある! 買おう!
  20. 20. 4000円! 高い!\(^o^)/
  21. 21. 「図書室の予算余って るよー」
  22. 22. 高校に本を 買って もらおう!
  23. 23. こうして斎藤は Rubyist坂を登りはじめた
  24. 24. 一方
  25. 25. 出版前夜のRubyコミュニ ティ
  26. 26. 「俺達の本が 出る!!」
  27. 27. [ruby- list:6636]23 Feb 1998
  28. 28. Matz「夏に出版 予定」
  29. 29. その夏
  30. 30. 音沙汰無し
  31. 31. [ruby- list:12721]10 Mar 1999
  32. 32. Matz「Ruby本の原稿で…」
  33. 33. \まだ書いてる/
  34. 34. 実際の発売 1999/10
  35. 35. 発見 最初からRubyistの原稿 は遅かった
  36. 36. 偉大な著作は偉大な書き出しから始まる
  37. 37. まえがき
  38. 38. Matz『長女は「お父さん、この本書き終わったらもう書かないでね」 と頼んできました』
  39. 39. 発見著者の家族はやっぱり辛い
  40. 40. 「しかし、娘よ、すまない、そのお願いはかなえてあげられないような気 がする……」
  41. 41. 発見これから生まれる何かへの期待感・ 高揚感
  42. 42. 中身へ
  43. 43. 第一章「Rubyとは」
  44. 44. 「『プログラミング を楽しくする 言語』です」
  45. 45. 発見最初からブレない「楽しさ」の追求
  46. 46. Rubyに向い ていること の最後
  47. 47. ネットワーク プログラム CGIプログラミング
  48. 48. 発見最初から「Web世代の言語」を 意識
  49. 49. 向いていない こと
  50. 50. 数万行にもなる プロジェクト多人数による プロジェクト
  51. 51. 発見最初からここまで育つとは思ってな かった
  52. 52. 第二章「Ruby入門」
  53. 53. もうだいたい 今と同じ
  54. 54. コラム「なぜ『定数 か』」
  55. 55. 「どうしてもクラス変数がほしい時には…定数で代用で きます」
  56. 56. 発見クラス変数なんてなかった
  57. 57. 実装はその後の1.6から 2000/9 (7/20歳)
  58. 58. 第六章Rubyオブジェクト指向プログラミ ング 実践編
  59. 59. KconvString#jlength TRUE / FALSE PStore
  60. 60. 発見栄枯盛衰
  61. 61. 「この言語の性格上商業開発は あまりない」「顧客 == 開発者」
  62. 62. 発見やっぱりここまで育 つとは(ry)
  63. 63. 発見初々しいMatz
  64. 64. 第7章応用Rubyプログラミング
  65. 65. 「古いバージョン (1.0)よりも型チェックが厳密に なったところが」
  66. 66. > "aa" + 1#=> "aa1"> nil + 1#=> 1
  67. 67. 発見Rubyも昔はP○Pだった
  68. 68. 第10章Rubyを取り 巻く世界
  69. 69. CGI言語ソケットプログラ ミング関係データベース
  70. 70. ここにもWeb言語としての芽があった
  71. 71. 「ruby-listの参加者は 506名、ruby-devの 参加者は135名」 「RubyユーザーコミュニティはRubyの最 大の資産」
  72. 72. 発見コミュニティ重 視は昔から
  73. 73. 10.7Rubyの未来(最後の節)
  74. 74. ライブラリ ドキュメントキラーアプリケーション 海外進出
  75. 75. ライブラリ → それGemがドキュメント → それRDocがキラーアプリケーション→ それRails&Webアプリが海外進出 → それPragmaticProgrammerが
  76. 76. 発見「未来」に必要 だったものが 今ある!
  77. 77. 最後に まえがきの最初に戻って
  78. 78. Matz 「コンピュータに触れた はじめのころから自分のプログラミング言語を 作ることは私の夢でした」
  79. 79. 発見私達は今、まつもとさんの夢のなかに 生きている
  80. 80. ありがとうまつもとさん、 石塚さん!
  81. 81.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           O 。                 , ─ヽ________    /,/\ヾ\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__|__|__|_   __((´∀`\ )< という夢だったのサ|_|__|__|__ /ノへゝ/  )ヽ  \_______||__|        | | \´-`) / 丿/|_|_| 从.从从  | \__ ̄ ̄⊂|丿/|__|| 从人人从. | /\__/::::::||||_|_|///ヽヾ\  /   ::::::::::::ゝ/||────────(~~ヽ::::::::::::|/        = 完 =

×