• Like
0911 Method
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
163
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Method
  • 2. Schedule 9/11(水) 9/12(木) 9/13(金) 3限 はじめに (+ Abstract) Results & Discussion Conclusion & Title 4限 Introduction (+ Reference) Results & Discussion Peer Review (2) 5限 Method Peer Review (1) まとめ (執筆 & 質問時 間)
  • 3. 本時の目標 (1) Methodの「型」を掴み、その構造・文体・ 表現等を理解する。 (2) 学術論文の形式をふまえ、実際に英語で Methodを書く。
  • 4. Methodとは…? どんな役割をもったセクションか?
  • 5. Methodとは…? 「手続きを詳細に述べる」セクション (野口他, 2007) →反証可能性(Falsifiability)を残す このセクションを読むだけで、あなたの行った研 究を 他の研究者が再現して妥当性を保証できる か
  • 6. Methodの基本構造 4つのMOVE 対象:研究対象をどのように準備したかを示す MOVE 手順:研究の手順を説明するMOVE 分析:分析方法(e.g. 採点者情報、統計)を示すMOVE + 材料:使用した材料(e.g. 器具、指標)を示すMOVE ※材料MOVEは対象・手順・分析の中に含まれることも多い
  • 7. Methodの基本構造 MOVE 表現 どんな時に使うか? 対象 材料 手順 分析 実際に論文で見てみよう。
  • 8. Method分析(モデル論文 ) モデル論文を読んで、 1. 自分の論文で使えそうな表現を探そう。 例) Data were obtained from... 2. 抜き出した表現は、どんな時に使えそうか 考えてみよう。 例)データの出自を示す  個人で(約10分)→ グループで→ クラスで
  • 9. 先生終わった! ひま! (再掲)
  • 10. やっぱり…追加課題 論文執筆の近道:先輩から学ぶ!  昨年度の論文を見て、使える表現を抜き出そう。 http://www.viz.media.kyoto- u.ac.jp/sympo2013/doc/Proceedings_3.pdf (参考)  http://homepage1.nifty.com/kamegaya/ei_honbu.htm  将来的には、自分なりの表現集が作れるといいです ね
  • 11. 英語論文作成 見通しをもとう。  自分の研究ではどう書くか考えてみよう。  見通しが立ったら、実際にMethodセクションを英語 で書いてみよう。  語数は、研究によって様々。
  • 12. 武器を授けましたね… 英語→日本語 英語の自然さ チェック GOOGLE SPACE ALC 英語サイ ト
  • 13. Peer Review: 1st time Evaluation sheet に書かれた執筆上のポイントをも とに、同じグループ内のメンバーのライティングを 評価・コメントし、お互いのライティングの質を向 上させよう!  個人評価(約10-15分) → 評価シートを参照しながらの討議(約10 分)
  • 14. 本日のまとめ 1. 論文の形式(e.g. IMRaD) 2. Introduction (e.g. MOVE, In-text citation, “alc + google”) 背景→先研→隙間→自研 3. Method, Peer review 対象、手順、分析 + 材料 ◎最後に2つお願い 1. 現時点での論文をメール提出 (researchworlda@gmail.com, 件名は『0911京大花 子』 ) 2. 明日以降の授業のためのアンケート回答