• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
0911 Method
 

0911 Method

on

  • 312 views

 

Statistics

Views

Total Views
312
Views on SlideShare
243
Embed Views
69

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 69

http://www.viz.media.kyoto-u.ac.jp 69

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    0911 Method 0911 Method Presentation Transcript

    • Method
    • Schedule 9/11(水) 9/12(木) 9/13(金) 3限 はじめに (+ Abstract) Results & Discussion Conclusion & Title 4限 Introduction (+ Reference) Results & Discussion Peer Review (2) 5限 Method Peer Review (1) まとめ (執筆 & 質問時 間)
    • 本時の目標 (1) Methodの「型」を掴み、その構造・文体・ 表現等を理解する。 (2) 学術論文の形式をふまえ、実際に英語で Methodを書く。
    • Methodとは…? どんな役割をもったセクションか?
    • Methodとは…? 「手続きを詳細に述べる」セクション (野口他, 2007) →反証可能性(Falsifiability)を残す このセクションを読むだけで、あなたの行った研 究を 他の研究者が再現して妥当性を保証できる か
    • Methodの基本構造 4つのMOVE 対象:研究対象をどのように準備したかを示す MOVE 手順:研究の手順を説明するMOVE 分析:分析方法(e.g. 採点者情報、統計)を示すMOVE + 材料:使用した材料(e.g. 器具、指標)を示すMOVE ※材料MOVEは対象・手順・分析の中に含まれることも多い
    • Methodの基本構造 MOVE 表現 どんな時に使うか? 対象 材料 手順 分析 実際に論文で見てみよう。
    • Method分析(モデル論文 ) モデル論文を読んで、 1. 自分の論文で使えそうな表現を探そう。 例) Data were obtained from... 2. 抜き出した表現は、どんな時に使えそうか 考えてみよう。 例)データの出自を示す  個人で(約10分)→ グループで→ クラスで
    • 先生終わった! ひま! (再掲)
    • やっぱり…追加課題 論文執筆の近道:先輩から学ぶ!  昨年度の論文を見て、使える表現を抜き出そう。 http://www.viz.media.kyoto- u.ac.jp/sympo2013/doc/Proceedings_3.pdf (参考)  http://homepage1.nifty.com/kamegaya/ei_honbu.htm  将来的には、自分なりの表現集が作れるといいです ね
    • 英語論文作成 見通しをもとう。  自分の研究ではどう書くか考えてみよう。  見通しが立ったら、実際にMethodセクションを英語 で書いてみよう。  語数は、研究によって様々。
    • 武器を授けましたね… 英語→日本語 英語の自然さ チェック GOOGLE SPACE ALC 英語サイ ト
    • Peer Review: 1st time Evaluation sheet に書かれた執筆上のポイントをも とに、同じグループ内のメンバーのライティングを 評価・コメントし、お互いのライティングの質を向 上させよう!  個人評価(約10-15分) → 評価シートを参照しながらの討議(約10 分)
    • 本日のまとめ 1. 論文の形式(e.g. IMRaD) 2. Introduction (e.g. MOVE, In-text citation, “alc + google”) 背景→先研→隙間→自研 3. Method, Peer review 対象、手順、分析 + 材料 ◎最後に2つお願い 1. 現時点での論文をメール提出 (researchworlda@gmail.com, 件名は『0911京大花 子』 ) 2. 明日以降の授業のためのアンケート回答