0912 results

501 views
436 views

Published on

Published in: Technology, Sports
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
501
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
85
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

0912 results

  1. 1. Results & Discussion
  2. 2. まずは、昨日の復習から… Let’s review the following points (in each group). 1. 論文の構成 →Q. 論文の核となる要素は? ( ) 2. Introduction →Q. 情報のまとまり = ( ) →Q. In-text citationの2つの方法と、その使い分けは ? →Q. 4MOVE = 背景→「 」→ 「 」→自 研 3. Method →Q. 4MOVE = 「 」、材料、手順、「
  3. 3. Results & Discussion
  4. 4. Schedule 9/11(水) 9/12(木) 9/13(金) 3限 はじめに (+ Abstract) Results & Discussion Conclusion & Title 4限 Introduction (+ Reference) Results & Discussion Peer Review (2) 5限 Method Peer Review (1) まとめ (執筆 & 質問時 間)
  5. 5. Schedule 9/11(水) 9/12(木) 9/13(金) 3限 はじめに (+ Abstract) Results Conclusion & Title 4限 Introduction (+ Reference) Discussion Peer Review (2) 5限 Method Peer Review (1) まとめ (執筆 & 質問時 間)
  6. 6. なぜ当初の予定を立てていたか? ↓ Results と Discussionは 密接に関係しているから。
  7. 7. (重要)ResultsとDiscussion (1)
  8. 8. (重要)ResultsとDiscussion (2) Results Discussion Describe Explain Depict Interpret Demonstrate Show
  9. 9. Results
  10. 10. 本時の目標 (1) Results の「型」を掴み、その構造・ 文 体・表現等を理解する。 (2) 学術論文の形式をふまえ、実際に英語で Results を書く。
  11. 11. Resultsとは…? どんな役割をもったセクションか?
  12. 12. Resultsとは…? 「自分の研究の成果をアピールするセクショ ン」 (野口他, 2007)
  13. 13. (重要)Resultsの基本構造 3つのMOVE 観点:分析の観点について述べるMOVE 結果:結果について説明するMOVE (大まかな結果→具体的な結果) 図表:図表について説明するMOVE →得られた結果の数だけ、この3つのMOVEを繰り返 す。
  14. 14. Resultsの基本構造 ムーブ 表現 どんな時に使うか? 観点 結果 図表 実際に論文で見てみよう。
  15. 15. (補足)Resultsで使う表現例 +α ムーブ 表現 どんな時に使うか? 観点 regarding, as for 分析の観点を示す 結果 The regression analysis has shown… The questionnaire has revealed[demonstrate d] that… for example, specifically 回帰分析の結果を示す アンケートの結果を示す 具体的に結果を示す 図表 Figure 1 shows… Table 3 represents… … (see Figure 1). 図表を描写する
  16. 16. 盲点です…( ゚д゚) (゚д゚ ) アラヤダ 図: figure (タイトルは下に記 入) 表: table (タイトルは上に記 入)
  17. 17. 英語論文作成 見通しをもとう。  自分の研究ではどう書くか考えてみよう。  見通しが立ったら、実際にResultsセクションを英語 で書いてみよう。
  18. 18. ご相談があります。 9/11(水) 9/12(木) 9/13(金) 3限 はじめに (+ Abstract) Results Conclusion & Title 4限 Introduction (+ Reference) Discussion Peer Review (2) 5限 Method Peer Review (1) まとめ (執筆 & 質問時 間)
  19. 19. 武器を授けましたね… 英語→日本語 英語の自然さ チェック GOOGLE SPACE ALC 英語サイ ト

×