Your SlideShare is downloading. ×
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
0911 Introduction
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

0911 Introduction

243

Published on

タイムテーブル

タイムテーブル

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
243
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Introduction
  • 2. Schedule 9/11(水) 9/12(木) 9/13(金) 3限 はじめに (+ Abstract) Results & Discussion Conclusion & Title 4限 Introduction (+ Reference) Results & Discussion Peer Review (2) 5限 Method Peer Review (1) まとめ (執筆 & 質問時 間)
  • 3. 本時の目標 (1) Introductionの「型」を掴み、その構造・文 体・表現等を理解する。 (2) 学術論文の形式をふまえ、実際に英語で introductionを書く。
  • 4. Introductionとは…? どんな役割をもったセクションか?
  • 5. Introductionとは…? 「自分の研究がいかに重要で、必要なのかを 説明するセクション」 (野口他, 2007)
  • 6. Introductionの基本構造 その前に・・・  大切な用語; MOVE = 論の流れをつくるための情報のまとまり 例)先行研究の紹介、自分の研究の紹介 MOVE1 MOVE2 MOVE3
  • 7. (重要)Introductionの基本構造 4つのMOVE 背景:自分の研究分野の重要性を証明するMOVE 先研:自分の研究分野の先行研究を紹介するMOVE 隙間:さらに研究を進める必要性を明らかにする MOVE 自研:自分の研究で行ったことを示すMOVE
  • 8. Introductionの基本構造 ムーブ 表現 どんな時に使うか? 背景 先研 隙間 自研 実際に論文で見てみよう。
  • 9. Introduction分析(モデル論文 ) モデル論文を読んで、 1. 自分の論文で使えそうな表現を探そう。 例)Research on ~ has presented… 2. 抜き出した表現は、どんな時に使えそうか 考えてみよう。 例)先行研究の概観  個人で(約10分)→ グループで→ クラスで
  • 10. 先生終わった! ひま!
  • 11. では…追加課題 論文執筆の近道:先輩から学ぶ!  昨年度の論文を見て、使える表現を抜き出そう。 http://www.viz.media.kyoto- u.ac.jp/sympo2013/doc/Proceedings_3.pdf (参考)  http://homepage1.nifty.com/kamegaya/ei_honbu.htm  将来的には、自分なりの表現集が作れるといいです ね
  • 12. In-text citation  剽窃(plagiarism)とは? = 他人の作品・学説などを自分のものとして発表する こと。 →必ず出典を明記すること。 1) Kato(2013) found that… According to Kato (2013), … 2) Kyoto university students are said to “love takoyaki, sashimi and natto” (Kato, 2013, p. 166).
  • 13. 英語論文作成 見通しをもとう。  自分の研究ではどう書くか考えてみよう。  見通しが立ったら、実際にIntroductionセクションを 英語で書いてみよう。(約300-400語?)
  • 14. 武器を授けます… 英語→日本語 英語の自然さ チェック GOOGLE SPACE ALC 英語サイ ト

×