0905.methods

545 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
545
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
133
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

0905.methods

  1. 1. Methods,Results & Discussion
  2. 2. スケジュール 9/4(火) 9/5(水) 9/6(木) 9/7(金) Results & Abstract &3限 導入 Method Discussion Title4限 Introduction Results Conclusion Revision5限 Introduction Discussion Conclusion まとめ
  3. 3. スケジュール 9/4(火) 9/5(水) 9/6(木) 9/7(金) Results & Abstract &3限 導入 Method Discussion Title4限 Introduction Results Conclusion Revision5限 Introduction Discussion Conclusion まとめ
  4. 4. Overview of today’s class• Introduction – About me – About English for academic purposes• Methods• Results• Discussion
  5. 5. About me:My research interests:-English for academic purposes (EAP), English as a foreign language, university education, writing
  6. 6. What if I were to submit my paper to...• Applied linguistics• Language learning• TESOL (Teachers of English to Speakers of Other Languages)• 全国英語教育学会• 大学英語教育学会 Discourse community, audience
  7. 7. 復習:Introductionの基本構造4つのムーブ背景:自分の研究分野の重要性を証明するムーブ先研:自分の研究分野の先行研究を紹介するムーブ隙間:さらに研究を進める必要性を明らかにするム ーブ自研:自分の研究で行ったことを示すムーブIntroductionの基本構造
  8. 8. IMRaD
  9. 9. IMRaD
  10. 10. Methods
  11. 11. Methods(1) Methodsのムーブを知る。(2) 「実験についての論文」と「理論について の論文」における時制の違いを知る。本時の目標
  12. 12. Methodsとは…? なぜ、手続きを詳細に述べるのか?
  13. 13. Methodsの基本構造4つのムーブ対象:研究サンプルをどのように準備したかを示す ムーブ手順:研究の手順(作業や行動)を説明するムーブ材料:その他使用した材料(指標なども)を示すムーブ分析:分析の方法(ANOVA etc)を示すムーブMethodsの基本構造
  14. 14. Methodsの構造 ムーブ 対象 調査の対象を示す 調査の期間を示す 手順 調査の手順を示す 材料 材料の情報を示す 材料の準備過程を示す 分析 分析の方法を示すMethods セクション
  15. 15. Methodsの構造 ムーブ 表現 対象 調査の対象を示す data were obtained at~, X were selected for~, participated 調査の期間を示す during 4 years 手順 調査の手順を示す for purposes of~, asked X to ~, 材料 材料の情報を示す for purposes of this study, reviewed what X focused on 材料の準備過程を示す independently read X, identified X, resolved disagreement by~, coding was done blinded 分析 分析の方法を示す report descriptive statistics, calculated X to assess ~, compared features between A & B with YMethods セクション
  16. 16. Methodsの基本構造 時制についてMethodsの基本構造
  17. 17. 補足 剽窃(plagiarism)を防止するために= 他人の作品・学説などを自分のものとして発表する こと。→必ず出典を明記すること。Discussionでは先行研究の結果や手法、今までの定説 と自研の比較を行う。必ず文献を挙げること。e.g.) ○○と同様に××な方法で・・ ○○による××という指標に基づいて・・補足

×