社内HCD勉強会の振り返り

2,627 views

Published on

Published in: Technology

社内HCD勉強会の振り返り

  1. 1. 社内HCD勉強会 の振り返り 株式会社サイバーエージェント Ameba事業本部 鈴木千絵2008/03/05
  2. 2. 自己紹介 鈴木千絵(すずきちえ) 株式会社サイバーエージェント Ameba事業本部 ディレクター:Amebaブログ担当 Twitter:@chieihc2011/06/06 1
  3. 3. 本日お話すること 1. 開催のきっかけ 2. 勉強会の内容 3. 勉強会の成果 4. まとめ2011/6/6 2
  4. 4. 本日お話すること 1. 開催のきっかけ 2. 勉強会の内容 3. 勉強会の成果 4. まとめ2011/6/6 3
  5. 5. Twitterでのやりとり2011/6/6 4
  6. 6. 社内勉強会にした理由 個人では主催できないので、会社を使おう 「放課後X」の活動にしよう 社内勉強会にして、HCDを広めよう2011/6/6 5
  7. 7. 本日お話すること 1. 開催のきっかけ 2. 勉強会の内容 3. 勉強会の成果 4. まとめ2011/6/6 6
  8. 8. 概要・目的:『 HCDの認知度を上げ、開発に取り入れる』・内容:HCDの全体像と、活用法を学ぶ・対象:社内の開発に関わり、参加意欲のある人・日程:月1回、各回4時間 興味のある人が気軽に参加できる企画2011/6/6 7
  9. 9. 開催スケジュール 2010年 2011年 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 第1回 観察法 第2・3回 ユーザー評価 第4・5回 ペルソナ/シナリオ法 第6回 ペーパープロトタイピング2011/6/6 8
  10. 10. HCDプロセスでいうと 人間中心設計の 必要性の特定 第2・3回: 第1回:観察法 ユーザー評価 利用の状況の 把握と明示 システムは 要求事項に対する ユーザーと組織の ユーザーと組織の 設計の評価 要求事項の明示 要求を満たす 設計による 第4・5回: 第6回: 解決案の作成 ペーパープロトタイピング ペルソナ/シナリオ法2011/6/6 9
  11. 11. 第1回:HCDの基礎・観察法 2010/8 『カップ焼きそばのパッケージ改善案を考える』2011/6/6 10
  12. 12. 内容 ①HCDプロセスの講義 ②実際に作るところを観察 ③問題点の分析 ④改善案の発表2011/6/6 11
  13. 13. 当日のアンケート システムを作ってもなかなか使ってもらえな いというケースに何度も直面してきたが、そ の打開策の糸口が少し見えた気がした。 Kさん・エンジニア すごく楽しくてワクワクしました。HCD、 UX、ペルソナについて深く理解したいと感じ ました。 Bさん・デザイナー HCDの考え方に興味を持った2011/6/6 12
  14. 14. 第2・3回:ユーザー評価 2010/10 『ミニブログの改善案を考える』2011/6/6 13
  15. 15. 内容 ①タスクを作成 ②テストの観察・録画 ③問題点を分析 ④プロトコル分析・NE比分析2011/6/6 14
  16. 16. 当日のアンケート アクティビティシナリオとインタラクション シナリオの違いを理解できたことは、今後の 運用でもすぐに活かしたいです。 Sさん・デザイナー NE比で明確に結果が出るのは、メンバーへの 共有などにも活用できそうだと思いました。 Oさん・ディレクター アクティビティシナリオの大切さ NE比の説得力2011/6/6 15
  17. 17. 第4-6回:ペルソナ/シナリオ法、 ペーパープロトタイピング 2010/11-2011/02 『モバイルレシピサイトを作る』2011/6/6 16
  18. 18. 内容(ペルソナ/シナリオ法) ①半構造化インタビュー ②ラダーリング ③ペルソナ作成 ④シナリオ作成2011/6/6 17
  19. 19. 内容(ペーパープロトタイピング) ①ストーリーボード作成 ②画面設計 ③タスクシート作成 ④ウォークスルー・テスト2011/6/6 18
  20. 20. 当日のアンケート シナリオが甘かったことで、プロトタイプが 甘くなった。シナリオの大切さを知った。 Sさん・エンジニア プロトタイプでアイディアが形になってくる と、メンバー内での考えのズレや矛盾点など も明確になることがわかりました。 Mさん・エンジニア UIを考えるためにはシナリオが大事 プロトタイプで問題点が見えやすくなる2011/6/6 19
  21. 21. 本日お話すること 1. 開催のきっかけ 2. 勉強会の内容 3. 勉強会の成果 4. まとめ2011/6/6 20
  22. 22. 受講後アンケートの実施 ・全6回終了の3カ月後に実施 ・勉強会参加者47名 アンケート回答40名2011/6/6 21
  23. 23. 各回の参加人数 『毎回20名前後が参加』 カップ焼きそば オブザベーション 18人 ミニブログ ユーザー評価1 15人 ミニブログ NE比分析 15人 レシピアプリ 半構造化インタビュー 22人 レシピアプリ ペルソナ/シナリオ法 26人 レシピアプリ ペーパープロトタイピング 21人 0人 5人 10人 15人 20人 25人 30人2011/6/6 22
  24. 24. 参加回数 『約7割がリピーター』 6回 5人 5回 1回 5人 14人 4回 5人 2回 3回 5人 6人2011/6/6 23
  25. 25. 参加者の職種 『幅広い職種』 その他 2人 マーケティング 2人 エンジニア デザイナー 6人 14人 フロントエンジニア 8人 ディレクター 8人2011/6/6 24
  26. 26. HCDを実務で活用しているか 『活用している人が半数以上』 活用している 2人 全く試していない 13人 部分的に活用している 19人 試したが活用しきれなかった 6人2011/6/6 25
  27. 27. 活用している内容『ユーザビリティーテスト・ユーザー視点』 ユーザビリティーテスト 7人 ユーザー視点 7人 ラダーリング 4人 シナリオ 4人 プロトタイピング 3人 ペルソナ 2人 NE比 2人 観察法 1人 インタビュー 1人 0人 1人 2人 3人 4人 5人 6人 7人 8人2011/6/6 26
  28. 28. 今後やりたいこと 『もう一度やりたい・実務で試したい』 もう一度やってほしい 10人 実務で試したい 9人 活用事例を知りたい 3人 現場に広めたい 3人 インターフェース関連 2人 アジャイルUCD 2人 システム担当者の参加 1人 0人 2人 4人 6人 8人 10人 12人2011/6/6 27
  29. 29. 本日お話すること 1. 開催のきっかけ 2. 勉強会の内容 3. 勉強会の成果 4. まとめ2011/6/6 28
  30. 30. 勉強会は成功したのか目的:『 HCDの認知度を上げ、開発に取り入れる』『HCDの認知度を上げる』・告知や表彰でHCD勉強会の存在は広まった・参加者は募集範囲の約20%と多くはないが、 幅広い職種の方が参加してくれた『開発に取り入れる』・実務での取り組みはまだ少ない・参加者の習熟度や、現場での理解が課題2011/6/6 29
  31. 31. 今後の展望 ・社内の活用事例を共有し、現場での 取り組みを増やす ・成功事例が増えると、理解者も増える ・実践を積み重ね、自社に合ったHCDの やり方をみつける2011/6/6 30
  32. 32. ご清聴ありがとうございました2011/6/6 31

×