RDS(MySQL)の利用と注意点
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

RDS(MySQL)の利用と注意点

on

  • 9,536 views

 

Statistics

Views

Total Views
9,536
Views on SlideShare
5,913
Embed Views
3,623

Actions

Likes
11
Downloads
54
Comments
0

9 Embeds 3,623

http://kenichi.kurosaki.me 1606
http://www.cloudpack.jp 1031
http://blog.suz-lab.com 828
http://blog.cloudpack.jp 139
http://webcache.googleusercontent.com 13
http://s.deeeki.com 2
http://translate.googleusercontent.com 2
https://www.google.co.jp 1
https://twitter.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

RDS(MySQL)の利用と注意点 Presentation Transcript

  • 1. @suz_lab(好きなサービスは Oracle RDS)
  • 2. RDS(MySQL) AWS上でMySQLを簡単に構築、運用、拡張す ることができるサービス 構築  AWS Management Console  Multi-AZ 運用  自動バクアップ, 自動パッチあて  CloudWatch 拡張  スケールアップ/ダウン  リードレプリカ
  • 3. Multi-AZ Aゾーン 自動フェイルオーバー Bゾーン RDS RDS (active) 同期 (standby) レプリケーション
  • 4. インスタンスクラスと価格インスタンス ECU ECU 仮想 メモリ I/O 価格 Multi クラス (全) (単) コア GB /時 AZm1.small 1.0 1.00 1 1.7 中 $0.11 $0.22m1.large 4.0 2.00 2 7.5 大 $0.44 $0.88m1.xlarge 8.0 2.00 4 15.0 大 $0.88 $1.66m2.xlarge 6.5 3.25 2 17.1 大 $0.65 $1.30m2.2xlarge 13.0 3.25 4 34.0 大 $1.30 $2.60m2.4xlarge 26.0 3.25 8 64.0 大 $2.60 $5.20 1 ECUは、1.0-1.2 GHz 2007 Opteron または2007 Xeon プロ セッサと同等のCPU能力を提供 リサーブドインスタンスも利用可能 ストレージ料金: $0.10 GB/月, Multi-AZ, $0.20 GB/月 IO料金, データ転送料金もかかる
  • 5. RDSの作成(1)
  • 6. RDSの作成(2)
  • 7. RDSの作成(3)
  • 8. RDSの作成(補足1) 利用できるバージョン  5.5.8, 5.5.12, 5.1.57, 5.1.50 DB Parameter Group  MySQLのパラメータ  独自のグループを作成可能  途中で変更可能 Security Groups  ファイアウォール  途中で変更可能
  • 9. RDSの作成(補足2) Backup Retention Period  自動バックアップの期間  Restore To Point In Time で戻れる期間 Backup Window  自動バックアップする時間帯  毎日, 最短でも30分必要 Mentenance Window  システムメンテナンスする時間帯  毎週, 最短でも30分必要
  • 10. Restore To Point In Time
  • 11. リードレプリカ Read Bゾーン RDS Read (standby) Write Aゾーン 非同期 RDS レプリケーション RDS (active) (standby)
  • 12. リードレプリカ
  • 13. CloudWatch
  • 14. DB Parameter Group AWS Management Consoleでは閲覧のみ 値の変更はAPIを利用する必要がある
  • 15. よく使うパラメータ utf8  skip-character-set-client-handshake true  character_set_client utf8  character_set_connection utf8  character_set_database utf8  character_set_filesystem utf8  character_set_results utf8  character_set_server utf8 クエリキャッシュ  query_cache_size 268435456 スロークエリーログ  Slow_query_log on  Long_query_time 1
  • 16. タイムゾーンはUTCのみ パラメータでは指定できない  init_connectパラメータは指定できる  set time_zone = ‘Asia/Tokyo’  適用されるRDSと、適用されないRDSが?  適用されるRDSで運用したらフェイルオーバー で適用されないRDSに…  プレミアムサポートに確認したらサポートして いないと… アプリケーション側で対応  UTCで開発  set time_zone ‘Asia/Tokyo’  convert_tz(dt, from_tz, to_tz)
  • 17. 自動フェイルオーバー Multi-AZ 別ゾーンに切り替わる  もう一度フェイルオーバーするまで元の ゾーンに戻らない ○ 大量の連続したトランザクションを処理する ため、あえて同一ゾーンにしていた場合は… フェイルオーバーするとDNSの書き換 えが発生  Aレコードを監視することでフェイルオー バーをキャッチ
  • 18. その他 手動でスナップショット可能 セキュリティ  DBセキュリティグループ ○ EC2セキュリティグループ ○ CIDR  SSLで通信可能