RDS(MySQL)の利用と注意点

9,933 views
9,732 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
11 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
9,933
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,963
Actions
Shares
0
Downloads
58
Comments
0
Likes
11
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

RDS(MySQL)の利用と注意点

  1. 1. @suz_lab(好きなサービスは Oracle RDS)
  2. 2. RDS(MySQL) AWS上でMySQLを簡単に構築、運用、拡張す ることができるサービス 構築  AWS Management Console  Multi-AZ 運用  自動バクアップ, 自動パッチあて  CloudWatch 拡張  スケールアップ/ダウン  リードレプリカ
  3. 3. Multi-AZ Aゾーン 自動フェイルオーバー Bゾーン RDS RDS (active) 同期 (standby) レプリケーション
  4. 4. インスタンスクラスと価格インスタンス ECU ECU 仮想 メモリ I/O 価格 Multi クラス (全) (単) コア GB /時 AZm1.small 1.0 1.00 1 1.7 中 $0.11 $0.22m1.large 4.0 2.00 2 7.5 大 $0.44 $0.88m1.xlarge 8.0 2.00 4 15.0 大 $0.88 $1.66m2.xlarge 6.5 3.25 2 17.1 大 $0.65 $1.30m2.2xlarge 13.0 3.25 4 34.0 大 $1.30 $2.60m2.4xlarge 26.0 3.25 8 64.0 大 $2.60 $5.20 1 ECUは、1.0-1.2 GHz 2007 Opteron または2007 Xeon プロ セッサと同等のCPU能力を提供 リサーブドインスタンスも利用可能 ストレージ料金: $0.10 GB/月, Multi-AZ, $0.20 GB/月 IO料金, データ転送料金もかかる
  5. 5. RDSの作成(1)
  6. 6. RDSの作成(2)
  7. 7. RDSの作成(3)
  8. 8. RDSの作成(補足1) 利用できるバージョン  5.5.8, 5.5.12, 5.1.57, 5.1.50 DB Parameter Group  MySQLのパラメータ  独自のグループを作成可能  途中で変更可能 Security Groups  ファイアウォール  途中で変更可能
  9. 9. RDSの作成(補足2) Backup Retention Period  自動バックアップの期間  Restore To Point In Time で戻れる期間 Backup Window  自動バックアップする時間帯  毎日, 最短でも30分必要 Mentenance Window  システムメンテナンスする時間帯  毎週, 最短でも30分必要
  10. 10. Restore To Point In Time
  11. 11. リードレプリカ Read Bゾーン RDS Read (standby) Write Aゾーン 非同期 RDS レプリケーション RDS (active) (standby)
  12. 12. リードレプリカ
  13. 13. CloudWatch
  14. 14. DB Parameter Group AWS Management Consoleでは閲覧のみ 値の変更はAPIを利用する必要がある
  15. 15. よく使うパラメータ utf8  skip-character-set-client-handshake true  character_set_client utf8  character_set_connection utf8  character_set_database utf8  character_set_filesystem utf8  character_set_results utf8  character_set_server utf8 クエリキャッシュ  query_cache_size 268435456 スロークエリーログ  Slow_query_log on  Long_query_time 1
  16. 16. タイムゾーンはUTCのみ パラメータでは指定できない  init_connectパラメータは指定できる  set time_zone = ‘Asia/Tokyo’  適用されるRDSと、適用されないRDSが?  適用されるRDSで運用したらフェイルオーバー で適用されないRDSに…  プレミアムサポートに確認したらサポートして いないと… アプリケーション側で対応  UTCで開発  set time_zone ‘Asia/Tokyo’  convert_tz(dt, from_tz, to_tz)
  17. 17. 自動フェイルオーバー Multi-AZ 別ゾーンに切り替わる  もう一度フェイルオーバーするまで元の ゾーンに戻らない ○ 大量の連続したトランザクションを処理する ため、あえて同一ゾーンにしていた場合は… フェイルオーバーするとDNSの書き換 えが発生  Aレコードを監視することでフェイルオー バーをキャッチ
  18. 18. その他 手動でスナップショット可能 セキュリティ  DBセキュリティグループ ○ EC2セキュリティグループ ○ CIDR  SSLで通信可能

×