cloudpack(AWS運用事業)一周年でわかってきたこと

4,349 views

Published on

0 Comments
9 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,349
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,412
Actions
Shares
0
Downloads
57
Comments
0
Likes
9
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

cloudpack(AWS運用事業)一周年でわかってきたこと

  1. 1. @suz_lab
  2. 2. @suz_lab (suz-lab)
  3. 3. cloudpack 2010/4/19開始 AWS関連事業  導入支援 ○ AWSプロダクトの啓蒙 ○ 障害に強い構成のリコメンド  運用保守 ○ 定期的なバックアップの取得 ○ 24時間365日の監視と復旧
  4. 4. AWS用語用語 意味ELB ロードバランサーEIP 固定IPアドレスEC2 仮想マシンEBS 仮想ディスクRDS データベース(MySQL/Oracle)SNAPSHOT ディスク(EBS)イメージAMI マシン(EC2)イメージS3 WebストレージSQS キュー
  5. 5. AWS概要アメリカ東岸 アメリカ西岸 アイルランド シンガポール EIP ELB 東京 Aゾーン Bゾーン EC2 EBS EC2 RDSS3 SNAPSHOT AMI SNAPSHOT SQS
  6. 6. 100+インスタンスを1年運用 EC2は稀に無反応 他のプロダクトは大丈夫  多少障害が発生しても許容範囲内  RDSは常にMulti-AZを利用 Aゾーン 自動フェイルオーバー Bゾーン RDS RDS (active) 同期 (standby)
  7. 7. まず薦めること AMIは”EBS Image”を利用  EBS Image : Stop/Start可能  Instance-store Image : Terminateのみ EC2を複数ゾーン分けてELBで分散 ELB Aゾーン Bゾーン EC2 EC2 できるだけRDS(MySQL)を利用
  8. 8. EC2が無反応になったら(1) “EBS Image”を前提 EBSは生き残っている 無反応化直前の状態に復旧可能
  9. 9. EC2が無反応になったら(2)
  10. 10. EC2が無反応になったら(3) 最後に復旧したEC2にEIPを切り替え EIP 切り替え EC2 EC2 バックアップからの復旧はまだ未経験  定期的なSNAPSHOT  ファイルコピー、データエクスポート
  11. 11. S3をいかに利用するか 設計  耐久性: 99.999999999%  可用性: 99.99%  単一の施設でのデータ喪失を防ぐ ツール  Client : AWSコンソール, S3Fox Organizer  Server : AWS SDK, s3fs, s3cmd(s3sync) WEBホスティング機能  インデックス/エラードキュメントを指定
  12. 12. S3の利用例(1) Webホスティング EC2から定期的にS3にデータ(JSON/XML) やコンテンツ(HTML)をアップロード EC2とJSONPで非同期通信(Ajax) EC2 S3 HTML Batch CSS JSON/XML JavaScript 静止画/動画 API SWF
  13. 13. S3の利用例(2) S3関連ツール EC2 EC2  s3fs Nagios Apache  s3cmd / s3sync 対象ファイル ログ s3fs s3fs  Webコンテンツ 同期  設定ファイル  ログ ログ Webコンテンツ  バックアップ バックアップ 設定ファイル S3
  14. 14. SQSも使ってみる SQS メッセージ メッセージ メッセージ EC2 EC2 EC2 EC2 非同期で処理できるもの(バッチ処理など) EC2に障害が発生してもキューにメッセージが 残っていればEC2を復旧することで処理を再開 できるだけ非同期処理化
  15. 15. まとめ EC2は稀だが無反応になる前提で  無反応でもサービスが止まらないように  無反応になったときの復旧手順 RDSを可能な限り利用する S3を可能な限り利用する EC2以外の対策はお金や時間と相談
  16. 16. おすすめ日本語資料 AWS アーキテクチャセンター  http://aws.amazon.com/jp/architecture/  AWS 上での耐障害性の高いアプリケーションの設計に関 するホワイトペーパー ○ http://media.amazonwebservices.com/jp/wp/AWS_WP_Fa ult_Tolerant_JP_v20110517.pdf slideshare  http://www.slideshare.net/kentamagawa/  AWSを用いた耐障害性の高いアプリケーションの設計 ○ http://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-7991623  AWSを用いたWebホスティング ○ http://www.slideshare.net/kentamagawa/aws-8078526  クラウドのためのアーキテクチャ設計 - ベストプラク ティス - ○ http://www.slideshare.net/kentamagawa/ss-8023416

×