6)Owol活動報告

169 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
169
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

6)Owol活動報告

  1. 1. 2012 年度活動報告&ビジョン会議発表者名2013.1.19 @神奈川県立 かながわ女性センター
  2. 2. ◆2012 年活動報告•茨城 2 カ所及び千葉1カ所での採水/検査の実施。  →協力してくれるボランティアの確保困難。•ゲルマニューム半導体試験機保有の新しい民間検査機関の模索〜提携。  →当初の契約先検査機関から中断の申し入れ。•試験費用調達の為のプロモーション活動の実施。    →検査結果の信憑性 = 検査回数の加増→資金調達必須。•SFJ と OWOL 活動の 2013 年活動に対する方向性を固めるミーティング。  → SFJ 内部での検査結果に対する責任所在問題と OWOL の正義性との葛 藤に関し、方向性を再度市民目線で考え、 2013 年活動方針を固めた。
  3. 3. ◆2013 年度にむけて• ミッション(使命)   SFJ は OWOL の活動である従来の採水〜検査〜報 告に加え、市民の声を行政に届けるべく政策提言を行い、民官一体となっ て水質汚染に対して安全で健全に海と生活出来るよう活動する。• 目標  現在 SFJ 本部所在地である千葉県長生郡一宮町内の海水浴場(一 宮 P )で行っている採水検査を行政側からも参画してもらい回数を増やす 事及び、未だ起きていない水質汚染等の最悪な異変結果に対して、行政が しっかりと解決に当たり、一般市民が安全で気持ち的にも健全に海の利用 を再開出来るような仕組作りを一宮町役場(→千葉県→国と一気通貫す る)に対して提言をする。そして市民が安全で気持ち的にも健全に海を利 用出来るこのケースを全国〜海外に広げて行く。• 戦略  提言内容に賛同を得る為の署名活動を一宮 P で行い、署名千件毎 に町役場へ届け仕組作りを一緒に行う。町役場の動き如何によっては、あ らゆるマスコミュニケーションを利用し、 SFJ が取組む OWOL 活動を流布 し、強力なサポートを期待しながらも、 SFJ の考えに賛同する他の NGO と も共同して、先鋭に町役場に向け活動を図る。
  4. 4. スタートアップ : 2011 年 9 月個人寄付: 150,000 円2011.9 月〜 2012.3ドネーション  68,000 円2012.4-2012.12ドネーション  8,000 円支出 2011. 9調査費  ATOX ( 茨城2カ所、千葉1カ所)95,550 円調査費  ATOC ( 茨城2カ所、千葉1カ所)94,500 円調査費 薬剤師協会(茨城 1 カ所、千葉 1 カ所)57,000 円残高▲ 21,485 円

×