バラバラの同僚を社内勉強会でつなげよう

24,048
-1

Published on

「DevLOVE現場甲子園2013」での発表資料です。

0 Comments
101 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
24,048
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
21
Actions
Shares
0
Downloads
84
Comments
0
Likes
101
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

バラバラの同僚を社内勉強会でつなげよう

  1. 1. バラバラの同僚を 社内勉強会でつなげよう 2013.11.9 すぎいまさかつ 1
  2. 2. はじめまして 比較的大きなSIerで働くエンジニアです。 大阪府枚方市出身、東京都町田市在住です。 2000年にプログラマ始めました。14年目。 「SIの現場にアジャイルを」をテーマに日々精進してます。 認定スクラムマスター(2012.10) ブログやってます「HOW TO GO」 http://sugiim.hatenablog.com/ 生活の大半はサッカー FC東京/町田ゼルビア/少年サッカー/4級審判員 2
  3. 3. 今日のお話 3
  4. 4. 勉強会を始めたきっかけ 4
  5. 5. 僕らの職場 比較的大きなSIer 社会的に影響が大きな仕事が多く 敗北は許されない 5
  6. 6. 職場で起きていること • 度々おこる激しい炎 かき集められる人材 • 急場しのぎのチーム • 人海戦術、生産が最優先 戦略なき人材の移動の繰り返し 6
  7. 7. 「組織」は機能しているか? • 隣の人は何やってるんだろう…? • なんとなく同じ部署 • 助け合いは皆無 大きいだけで「強い組織」と言えるのか? 7
  8. 8. - 人はバラバラ、烏合の衆に - 組織の力はどんどん弱体化してるので は? 8
  9. 9. そんなモヤモヤの日々… 9
  10. 10. 酒飲んで愚痴 そんな現状を嘆き「こんな会社どうなのよ?」って愚痴を散々言った 何人かの同僚も同じ思い。共感しまくりの愚痴大会。 愚痴を言っても変わらないよね。何かやってみよう。 「勉強会しようぜ。とりあえず居酒屋で」 ずっと愚痴ばっか言ってました 「そもそもこの会社はー」 「親会社はー」 「若手がー」「SIってー」 10
  11. 11. 何か変えよう • そろそろ愚痴も言い飽きた • とは言え、会社の中で何か始めるのは面倒 • とりあえず仲間内で何かやってみようか 誰かが言った 「勉強会やってみようぜ、例えば居酒屋で」 11
  12. 12. 居酒屋で勉強会やってみた 12
  13. 13. 「集まって話す」が目的 • みんなそれなりのプロジェクトでそれなりの仕事をしている • 工夫、ノウハウもそれなりにあるはず・・・? • 同僚が何やってるかを知る 集まって話をするだけでも価値がある! …ような気がする 13
  14. 14. まずは身近なところから簡単に • 少人数の仲間でスタート、 プレゼンは持ち回り制 • キレイなプレゼン、レベルの高いプレゼンじゃなくてもいい • 酒の肴にするくらいの話で十分 とりあえず続けられるように敷居は低く… 14
  15. 15. 飲みながら語る場 • 技術の話/組織の話、 失敗した話、ノウハウの共有 •「そのあたりの技術に強いヤツ紹介しようか」 • なんとなく前向きな感じ ちょっとだけ質のいい愚痴になった 15
  16. 16. 1年半くらい続けてます • 開催数:14回 • 参加者:173人 • 発表者:42人 • 発表テーマ:アジャイル/自動化/Selenium/Jenkins/Trac/コード レビュー/ライセンスの話/リーンキャンバス /Bootstrap.css/BMC/VisualStudio/マシュマロチャ レンジ/デザイン思考 無理のないペースで継続中 16
  17. 17. 居酒屋勉強会のノウハウ • プロジェクターや個室具合は下見が必須、安定の北海道 • 電源タップ、ディスプレイコード持参が無難 • 機密事項は死守(純粋な技術の話だけか事前にチェックする) • 思ったよりも多いドタキャンにイライラするな • コース料理はドタキャンに弱いのでやめ(お得なんだけど) • ドリンク飲み放題+料理は個別注文がベスト • 発表の途中に料理がくるとなんか気まずい • 大抵の場合、予定通り進まない(雑談が長引く) • 途中で寝るヤツがいる • たまに女子がくるとみんなテンションすごい 17
  18. 18. 居酒屋勉強会の良いところ • 発表のハードルが下がる • 途中から雑談になって、色んな話が聞ける • 酔うと心が広くなって「俺、次何か発表するわ!」 • たまに熱い話になる • 若手の練習の場になる • 発表がイマイチな感じでも「飲んで楽しかった」と思える 18
  19. 19. 何が変わったか? 19
  20. 20. ぼっちじゃなくなった •「デブサミっていう素敵なイベントがあります」←ぼっち参加 •「アジャイルジャパンって(ry」←ぼっち参加 •「xxってコミュニティの勉強会・・・」←ぼっち参加 最近では、 (たまに)同僚・後輩が一緒に来てくれるように! 20
  21. 21. 若者が動き始めた • 黙々と与えられた仕事をする若者達だったけど… • 何人かがテーマを持って社外の勉強会に参加し始めた • 仕事にも積極的になってきた(ような気がする…) 井の中から大海へ目線を広げ始めた 21
  22. 22. 人が繋がってきた • みんな職場の人を連れてくる • グループ会社の人達も多く参加 • それぞれの得意分野を知り、仕事で困った時に聞く 自分だけの戦いからみんなの戦いに 22
  23. 23. 偉い人も認めはじめた(かも…) • 若手の発表内容、仕事への意欲の変化 • 勉強会の繋がりから始まった仕事 • 「若手を杉井に任せてみては」なんていう声も 偉い人に成果を見せよう 23
  24. 24. 会社公認の勉強会でDevLOVE • DevLOVE「インセプションデッキ ワークショップ」が 会社にきてくれた! • 会社全体の勉強会としてDevLOVEのコンテンツを実現 • コミュニティの雰囲気を会社に紹介できた 24
  25. 25. 考えたこと 25
  26. 26. いい仕事をするには • システムは人がつくる • 継続した人材育成が大事 • 組織、指導者、場、etc… 人が育つ環境が大事 26
  27. 27. あれ? どっかで聞いたことが… 27
  28. 28. サッカーの育成と同じじゃないか? 28
  29. 29. Jリーグ100年構想 • 地域密着、サッカー文化の醸成 • プロクラブだけじゃなく、町のサッカークラブまで •「グラスルーツなくして強化はない」 http://www.jfa.or.jp/training/players_first/index.html 大好きなサッカー界も同じこと言ってた 29
  30. 30. サッカーの育成現場 • 上手い子、そうでない子も平等に育てる • まずはサッカーを好きなってもらう • 目の前の結果に固執せず、個の成長を大事にする 現場での底上げが全体の強化に繋がる 30
  31. 31. サッカー界を支えているのは 町クラブの名もなきコーチ 31
  32. 32. 聴いてみた “なんでコーチやってるんですか?” 32
  33. 33. 未来を担う子供達に、 大好きなサッカーを伝えられるって最高じゃないですか! 33
  34. 34. IT業界にも草の根でやる育成が必要だ! 34
  35. 35. エンジニアの育成について サッカー選手の育成について 35
  36. 36. 大きなことはできない すぐにプロ選手を育てることはできない 36
  37. 37. 自分の会社をGoogleにはできない 町クラブが日本一になることは難しい 37
  38. 38. 周りをちょっとずつ良くすることはできる ちょっとずつ人とチームを強くすることはできる 38
  39. 39. 上を見て愚痴を言うだけじゃ何も変わらない ヨーロッパのサッカーは僕たちのサッカーじゃない 39
  40. 40. 自分の現場で頑張ることが大事! 我が町のサッカーを盛り上げよう 40
  41. 41. 今そこにある開発現場を愛せ 今そこにあるサッカーを愛せ 41
  42. 42. 強く、愛されるチームをめざして 42
  43. 43. ご清聴ありがとうございました 43

×