勉強会を始めるまで #java_ja

2,530 views
2,444 views

Published on

java-ja.勉強会勉強会 でしゃべるつもりだった資料です
http://connpass.com/event/3464/

Published in: Technology
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,530
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

勉強会を始めるまで #java_ja

  1. 1. 勉強会を始めるま で java-ja.勉強会勉強会 @sue445
  2. 2. 自己紹介 sue445 ● ドリコムでRailsエンジニアとかいろ いろやってます ● 好きな言語はJava ● TDD狂信者 ● プリキュアとサザエ実況に命をかけ てる
  3. 3. 道のり 1. 勉強会に参加する 2. 勉強会で発表する 3. 勉強会を開催する
  4. 4. 初めて参加した勉強会 2010/06/04 appengine ja night #8 ● Google App Engineの勉強会 ● 会社の先輩に誘われた ● 「こいつらは何を言っているんだ」という カルチャーショック
  5. 5. 勉強会に参加する(社内編) ● メールなり社内SNSで告知される(はず)なので 自然と目にする ○ 弊社の場合:DATND(ATNDクローン)、 Chatter(社内 SNS)で告知 ● 同じ社内で開催されてるので参加への心理的 障壁は低い ○ 社内で何か面白そうなイベントが開催されてれば興味を もつ(よね?)
  6. 6. 勉強会に参加する(社外編) ● 社外勉強会に積極的に参加するような人が身 近にいないとツライ ○ 1人で見知らぬ勉強会やカンファレンスに飛び込む心理 的障壁 ○ そもそも社外で勉強会が開催されていることを知らずに 一生を終えることもある(´;ω;`) ○ そういう意味で、新卒1年目で前述の先輩に勉強会に誘 われてよかった(人生の転機)
  7. 7. 【参考】勉強会の探し方(ステマ) http://azusaar.appspot.com/ ATND beta, eventATND, Zusaar, こくちーず, PARTAKE, connpass, Doorkeeperの横断検索
  8. 8. 【お得情報】 ロゴは ATNDの赤 + Zusaarの青
  9. 9. 初めて発表した勉強会 2012/02/24 appengine ja night #19 ● AZusaar!でのappengine活用事例 ○ 発表といいつつもBeerTalk w ● appengineで作ったアプリがMashup Awards受賞してたので主催者に声をか けられた
  10. 10. 勉強会で発表する(社内編) ● 誰かが勉強会を開催宣言したところで乗っかる のが一番ラク ○ よほどのことがない限りLTを拒否することはないはず ● 身内だけしかいないので話しやすいと思う ○ 切れ味の鋭いマサカリはこないはずw ● 何回もしゃべっていると社内で名前が知られる ○ 他チームとのつながりができる ● 社外で発表する前に社内で経験と失敗を積み 重ねるといい
  11. 11. 勉強会で発表する(社外編) ● LTを募集してる勉強会が狙い目 ○ 一番最初だとLT申し込むのは勇気がいる ○ 何回もやってると慣れるw ● マサカリの数だけ強くなれるよ(生きていれば) ● 場数を踏むことで人前で話すのにも慣れる ○ 名前も売れる ○ 落ちているチャンスを拾わない理由はない ● 勉強会で発表すると懇親会でぼっちにならない (重要) ● スライドを公開してエントリを書けばはてブも稼 げる(重要)
  12. 12. 勉強会で発表する(社外編) お世話になってるコミュニ ティに倍返しだ!
  13. 13. 僕が発表する時に気をつけていること ● スライドに文字を極力書かない ○ 文字が多いとスクリーンで見づらいし、棒読みしてしまう ● 質問が来ない発表は要反省 ○ 質問がないのは「みんな全部分かってる」「わけ分から ん」「興味ない」のいずれか ○ 一番最初ってのはまずありえないので発表内容が悪い ○ 質問がある=興味を持ってくれてるということだと思うの で、頑張って質問してください(懇願) ● 起承(転)結を意識する ○ まとめは必須
  14. 14. 初めて開催した勉強会
  15. 15. 初めて開催した勉強会 http://connpass.com/event/2772/
  16. 16. 勉強会を開催する(社内編) ● 会社の文化が重要 ○ 日常的に社内勉強会が開催されていれば開催しやすい ○ 逆だと厳しい ○ 弊社は月2~3くらいで自発的に勉強会が開催されてる ので勉強会を開催しやすい文化です ○ http://www.drecom.co.jp/recruit/jobs/ ● 主催者のお仕事 ○ 大きめの会議室を押さえる ○ 社員に告知する ○ (必要なら)発表者を募集or依頼
  17. 17. 勉強会を開催する(社外編) ● 大きめな会場を押さえる ○ 気軽に勉強会会場を提供できる部屋が会社にあるとと いろいろと便利 ○ 関東IT健保の会議室が安くておすすめ ○ http://www.its-kenpo.or.jp/fuzoku/kaigi/index.html ● 懇親会の手配は大変 ○ ピザの枚数、ビールの本数など ○ 有識者に相談するのが確実 ○ 大きく赤字も黒字も出さないのが一番大変 ■ 自分の中の目標は±1000円以内 ● 勉強会に参加したり発表するのとは別の経験 値が貯まる(調整力とか見積もり力)
  18. 18. 【参考】ドリコムのスペック ● 60人キャパ x 2部屋 ○ 連結すれば120人 ● ゲストWi-Fi、スクリーン、電源あり ● 長机が少ないので大人数のワークショップは厳 しい ● 目黒駅から雅叙園までの坂がつらいw ● 弊社で勉強会を開催したい時は下記まで ○ http://www.drecom.co.jp/recruit/room/ ○ もしくはお近くのドリコム社員へ ○ 1ヶ月前くらいであれば確実
  19. 19. まとめ 1. 勉強会に参加する 2. 勉強会で発表する 3. 勉強会を開催する
  20. 20. まとめ 1. 勉強会に参加する (Join) 2. 勉強会で発表する (Presentation) 3. 勉強会を開催する (Open)
  21. 21. これが「黄金の回転」だ! 参加 (Join) 発表 (Presentation) 開催 (Open)

×