• Like
  • Save
OpenStack環境構築支援について
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

OpenStack環境構築支援について

on

  • 614 views

株式会社モーフ・ラボが提供するOpenStack環境構築支援サービスについて

株式会社モーフ・ラボが提供するOpenStack環境構築支援サービスについて
OpenStackトレーニングについて

Statistics

Views

Total Views
614
Views on SlideShare
613
Embed Views
1

Actions

Likes
0
Downloads
9
Comments
0

1 Embed 1

http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    OpenStack環境構築支援について OpenStack環境構築支援について Presentation Transcript

    • 株式会社モーフ・ラボ   OpenStackクラウドインテグレーション事業 2014年1月 Confidential & Proprietary
    • I. Morphlabs Introduction
 - モーフ・ラボ社 会社概要 - Confidential & Proprietary
    • 会社概要 Morphlabs(株式会社モーフ・ラボ) ! • 投資家様に支えられております(総額20億円以上)! • 米国:アーキテクチャー/開発、フィリピン:UI開発/QA/サポート
 日本/シンガポール:営業拠点! • 米国本社(2009年)- ロサンゼルス! • オープンソース起業家集団 Confidential & Proprietary
    • 会社概要 オープンソースの企業向け導入が得意で! 既に何度か成功しているチーム! • • • • ! ! ! ! Apache Geronimo > GlueCode > IBM Websphere Apache ActiveMQ > LogicBlaze > Redhat Software Jetty Open Source > Webtide > Intalio! Eclipse Foundation (Maven) > MaestroDev! 受賞実績・参加団体 Confidential & Proprietary
    • 会社概要 製品事業 クラウドインテグレーション事業 教育事業 Confidential & Proprietary !5
    • 会社概要 製品事業 クラウドインテグレーション事業 教育事業 Confidential & Proprietary !6
    • クラウドインテグレーション事業とは • 弊社製品である「mCloud」でなく、顧客ごとのニーズにカスタマイズし たコンサルティングからシステム設計、システム構築、運用設計などを提 供する事業 • あくまでも弊社のコアは、OpenStackであり、それ以外のクラウド基盤 ソフトウェアは対応できません。 Confidential & Proprietary !7
    • 1. OpenStackトレーニング • 既にOpenStackエキスパートを自社内に保有している場合は技術トレーニ ングは不要になります。 弊社の標準型トレーニング(初級、中級、上級) • OpenStackは、まずはシステムに触れてみるべきシステムで、自らインストール、設定、 • パラメータの変更を実施し、問題を解決しながら身につけるべき技術です。 その意味で、ハンズオン型の教育をお勧め致します。 弊社のカスタマイズ型トレーニング • 2日や3日でなく5日間コースなど、もう少し余裕を持った教育を受けたい方向け • また、弊社の標準コースではカバーしない、Ceilometer、Heatなどのハンズオンも対応 • 弊社と協調した運用・サポート体制の構築もカスタマイズ型トレーニングにて対応 Confidential & Proprietary !8
    • 2. 1U もしくは 簡易型PoC構築(アジャイル型クラウド環境構築) • 大規模なプロダクション環境を構築する前に、小規模な簡易型のシステ ムで以下を確認 • 段階導入、段階拡張が可能な点も、OpenStack推奨の理由です。 OpenStack周辺の基礎ノウハウの蓄積 何をどうカスタマイズするのか 誰がどのように運用するのか   どういうスケジュールで段階導入、リリース、拡張するのか   などに関する初期計画の策定 Confidential & Proprietary !9
    • 3. 計画に従い、マルチノード・ステージング環境の構築 仮想ネットワーク 弊社では、特に現時点で推奨するSDNソリューションはございませ ん。顧客の希望に添い、共同で検証を進めさせて頂いております。 仮想コンピュート 弊社では、Red Hat系のRDOもしくはUbuntuディストリビューションの OpenStackを推奨させて頂いております。 仮想ストレージ 弊社では、小規模環境はNexentaベース、中規模以上はCephを推奨さ せて頂いております。 それぞれの拡張方法も同時に検証 Confidential & Proprietary !10
    • 4. 同時並行で必要に応じて、UIや機能などのカスタマイズ Pythonベース OpenStack Native APIなどを活用し、カスタマイズをサポートさせて頂 きます。 RoRベース Fogや弊社が開発したAviatorなどを活用し、カスタマイズをサポートさ せて頂きます。 その他 ご要望に応じ、サポートさせて頂きます。 Confidential & Proprietary !11
    • 5. 弊社のサポートに関する考え方 L4サポート バグ修正 顧客やパートナーと弊社の協調体制が必要 L3サポート 新規トラブル解決 顧客やパートナーと弊社の協調体制が必要 L2サポート 既知トラブル解決 顧客やパートナー自身が用意 L1サポート 問合せ受付 顧客やパートナー自身が用意 弊社は裏方としてL3やL4のサポートをするものの、顧客やパートナーがL1からL3のみならず、L4サ ポートまで主導権を持ち自ら進めていける状況にまでトレーニングすることで安定したクラウドシス テムの構築を目指します。 ! そのため、教育事業は非常に重要な事業として位置づけられております。 Confidential & Proprietary !12
    • 6. プロダクション環境リリース前の前提条件 L4サポート L3サポート バグ修正 安定的にシステムを運営するには、特にL3とL4レ 新規トラブル解決 ベルの問題を解決できる共同体制作りが必須で す。両社が納得できる体制を構築した上でのみ、 リリースとなります。 • 一通りの技術共有、サポート・運用体制構築ができた時点で、ステージング環境へ弊社が故意に トラブルを埋め込みます。 • L1∼L4それぞれのトラブルを数個ずつ埋め込み、一つずつ共同で解決できるかどうかを確認させ て頂きます。 • ! 両社が納得できる体制作りが何よりも重要だと考えております。 Confidential & Proprietary !13
    • Appendix Confidential & Proprietary
    • RoR型 システム例 御社独自のUI カスタマイズ ダッシュボード(UI) Orchestration, Graphing User/Resource Management Network/Security API Storage Node Compute Node Scheduler Identity Compute Volume Network Images * Ceph Solution: to be introduced soon 共同サポート体制 Support Configuration Management Systems Management 24/7 Support Hardware and Software サポートスキーム !15 Confidential & Proprietary
    • 拡張型システム例 - Step by Step - Confidential & Proprietary
    • ① 1台構成(冗長化無し) 1G 1G PS 合計 2U プロジェクトサーバー !17 Confidential & Proprietary
    • ② 2台構成(冗長化無し) 1G 1G MC CN マスター・コントローラ 合計 3U コンピュート・ノード VM1 !18 Confidential & Proprietary
    • ③ 3台構成(冗長化無し) 1G 1G MC SN マスター・コントローラ CN 合計 5U コンピュート・ノード ストレージ・ノード VM1 Vol1 !19 Confidential & Proprietary
    • ④ 最小冗長化構成 1G 1G 1G 1G スタンバイ アクティブ 10G 同期 マスター・コントローラ マスター・コントローラ 10G MC MC イメージ スナップショット (OP) (オプション) SN 冗長化スイッチ 10G 10G CN CN コンピュート・ノード ストレージ・ノード VM1 VM2 コンピュート・ノード 合計12U Vol1 !20 Confidential & Proprietary
    • ⑤ 推奨構成 - ハーフラック 1G 1G 1G 1G スタンバイ アクティブ 10G 同期 マスター・コントローラ マスター・コントローラ 10G MC MC イメージ スナップショット (OP) (オプション) SN 冗長化スイッチ 10G 10G CN CN コンピュート・ノード VM2 コンピュート・ノード VM3 VM1 コンピュート・ノード CN CN コンピュート・ノード ストレージ・ノード 合計14U Vol1 !21 Confidential & Proprietary
    • ⑥ サービスプロバイダー構成 - フルラック 1G 1G 1G 1G スタンバイ アクティブ 10G 同期 マスター・コントローラ マスター・コントローラ 10G MC MC イメージ スナップショット (OP) (オプション) SN x 2 冗長化スイッチ 10G 10G CN CN コンピュート・ノード VM2 コンピュート・ノード VM3 VM1 コンピュート・ノード x 4 CN x 4 CN x 4 コンピュート・ノード x 4 ストレージ・ノード Vol1 Vol2 (BS) ストレージ・ノード 合計24U or 26U (バックアップ・サーバ) !22 Confidential & Proprietary