Okinawa Open Daysでの講演(OpenStackトレーニングなど)

  • 539 views
Uploaded on

APAC地域におけるクラウド動向について …

APAC地域におけるクラウド動向について
OpenStackハンズオン・トレーニングについて

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
539
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
11
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. APAC地域におけるクラウド動向について - Cloud Opportunities in APAC 2013年12月12日 Morphlabs, Inc. Christopher Aedo (クリストファー・エイドー) Confidential & Proprietary 0
  • 2. I. Morphlabs Introduction - モーフ・ラボ社 会社概要 - Confidential & Proprietary 1
  • 3. Morphlabs Snapshot – 会社概要 About Us - 会社概要 • • • • • Morphlabs delivers software for fully integrated Infrastructure as a Service (IaaS) platforms Headquartered in Los Angeles, CA – ロサンゼルス Operations in Japan, Philippines and Singapore - 日本、フィリピン、シンガポール Venture Funded: $22.5M – 20億円以上の投資 Founding Gold Member of the OpenStack Foundation – OpenStack Foundationゴールドメンバー • Experienced Open Source Entrepreneurs (Apache Geronimo, ActiveMQ, Jetty and others) - オープンソース起業家集団 About Our Customers – ターゲット顧客 Enterprises → 一般企業向けプライベートクラウド基盤 Aiming to dramatically lower their TCO for integrated Compute and Storage Service Providers → サービスプロバイダー向けクラウドサービス基盤 Seeking a platform to deliver competitive outsourced infrastructure Confidential & Proprietary 2
  • 4. What do we do? – 会社概要 Product Business – 製品事業 Professional Service – SIコンサルティング事業 Training Business – 教育事業 Confidential & Proprietary 3
  • 5. Well Positioned to Target in Dynamic Infrastructure – 動的基盤に必要な要素を全て持ち合わせている STRATEGIC DIFFERENTIATION: 差別化要因 Morphlabs Products Deliver Price and Performance − 価格&パフォーマンス Systems Approach – システム提案 Margin optimized (50+% over AWS) – マージン調整済み Optimized Hardware – ハードウェア調整済み Modular Framework – モジュール型フレームワーク PRODUCTIZED OPEN SOURCE: 製品化されたオープンソース Fully Integrated for Service Providers & Enterprise – フルシステム mCloud OpenStack+ Software – OpenStack+ Integrated Billing Software – 課金システム Automated Deployment shortens time-to-market – 独自インストーラー ENABLING DYNAMIC INFRASTRUCTURE: 動的基盤を実現 Best IaaS for Service Providers – サービスプロバイダー向けIaaS に最適化 Both Hosted Private Clouds / Metered Public Clouds – 各種クラウドに対応 Broader vision for Dynamic Infrastructure – 先を見据えた構造 Dynamic Infrastructure - 動的基盤: ユーザーが自由に仮想リソースを操作可能なSWとHWを含む基盤 Confidential & Proprietary 4
  • 6. II. Morphlabs Solutions and Technology - モーフ・ラボ社の ソリューション & テクノロジー - Confidential & Proprietary 5
  • 7. OpenStack Solutions : Modular and Scalable - ソリューション: モジュール & スケーラブル 1U検証用 プロジェクト・サーバー OpenStack for SP Professional Services Pre-built Public Cloud with signup and billing Resilient Architecture mCloud Project Server Start as POC and scale into mCloud Helix or mCloud Osmium 2xMCs for every 4000 vCPU mCloud Project Server Controller and Compute Node 40 vCPU 1U OpenStack for Enterprise Grows to an Average of 8500 vCPUs Enterprise-ready Private Cloud Resilient Architecture 2xMCs for every 4000 vCPU Grows to an Average of 600 vCPU mCloud Controller mCloud Controller mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Storage Node Scale Out Storage mCloud Storage Node 冗長化プライベートクラウド mCloud Controller mCloud Controller mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Compute Node mCloud Storage Node Scale Out Storage mCloud Storage Node mCloud Storage Node 課金機能付きパブリッククラウド Confidential & Proprietary 6
  • 8. Beyond Price Performance: 価格/パフォーマンス最適化の次は Enabling Dynamic Infrastructure for Enterprise: 動的基 盤 Scale Out Infrastructure スケールアウト・インフラ User Defined Virtual Resources ユーザー定義型・仮想リソース vCPU Variable Size Compute Nodes vRAM 仮想コンピュート Volume Software Defined Network 仮想ネットワーク IOPS Replicas Software Defined Storage 仮想ストレージ Confidential & Proprietary 7
  • 9. Software Defined Storage with Ceph ソフトウェア・デファインド・ストレージ: Ceph Ceph: 大規模分散ストレージ向けオープンソース・ソフトウェア • • • • 1. Massively scalable open source distributed file system Enables Object, Block and file system storage in a unified cluster Unlimited scalability, auto-scaling, auto-healing No single point of failure オブジェクト・ストレージ RADOSGW – REST gateway to object store 2. ブロック・ストレージ RBD – Virtual Block Device (tightly integrated with Linux, KVM and OpenStack) 3. ファイル・システム CephFS – Distributed file system Data placement with CRUSH “Controlled Replication Under Scalable Hashing” 擬似ランダム・マッピング Confidential & Proprietary 8
  • 10. III. Market Overview - 市場概況 - Confidential & Proprietary 9
  • 11. IaaS Landscape – IaaS概況 Gartner Says Worldwide Public Cloud Services Market to Total $131 Billion - 13兆円市場 IaaS Continues as Fastest-Growing Market Segment, growing 42.4 percent in 2012 to $6.1 billion and expected to grow 47.3 percent in 2013 to $9 billion. IaaSは今後年率40%以上での成長が予想されている Confidential & Proprietary 10
  • 12. AWS Dominates the Tier 1 IaaS Market - 先進国のIaaSマーケットは、AWSが事実上独占 $4B in Revenue 2013年 想定売上 4,000億円 AWS is dominating the cloud infrastructure market 2位から15位までのクラウド・サービスプロバイダーのインフラサイズ合計の5倍以上 More than 5x the capacity of the next 14 providers combined Partnering Strategy: FinQloud, GovCloud, CIA Cloud The faster AWS grows, the less room there is for everyone else Confidential & Proprietary 11
  • 13. Asia Pacific Cloud Services Market - APACクラウドサービス市場 Around the world, it’s still early, and there’s still room for growth 4,000億円市場 Revenue (Millions) 1,500億円市場 CAGR of 10.64% for IaaS IaaSは年率約11%成長予想 CAGR of 21.81% for Hosted Private Cloud ホスティングされたプライベートクラウドは、年率約22%成長予想 Forrester, Sizing the Cloud Markets in Asia Pacific, 2/3/2012 Confidential & Proprietary 12
  • 14. Growing Demand for Cloud IaaS in the APAC Region - APAC地域におけるIaaSクラウドに対する需要増 今後12ヶ月間で、御社のIT部門がアプリケーションかITインフラのアウトソーシングを予定していますか? 未検討 高優先度 必須 ...and it’s an underserved market Confidential & Proprietary 13
  • 15. Asia Pacific Cloud Services Market in 2016 - 2016年におけるAPACクラウドサービス市場 インフラは、4,000億円市場 上位レイヤーを含めると その4倍の1.6兆円市場 Owning infrastructure gives premier access to additional high margin revenue 2016年のAPACクラウドインフラ上では、更なる上位レイヤー・ビジネスの成長も予測されている Confidential & Proprietary 14
  • 16. Go To Market :: Enterprise - エンタープライズ Enterprise Use Cases エンタープライズの導入事例 Drupal Siebel Zimbra OwnCloud MS Exchange Symantec Oracle SAP Pronto MS Dynamics PeopleSoft External Web Webシステム Internal Utility 社内コミュニケーション CRM applications POS systems Marketing sites Hadoop Next Gen 次世代システム Big Data Analytics Mobility File sharing Reporting tools Provisioning tools Internal Core 基幹システム ERP applications Database systems Legacy systems APAC諸国の様々な産業へ展開 i.e. Finance, Healthcare, Consumer Goods Confidential & Proprietary 15
  • 17. Case Study: private cloud for an Indonesian conglomerate - 事例 – インドネシアの某財閥企業への導入 sync Redundant Controller (cloud & network) Indonesia SQL Dump Boot from volume OS image snapshots VM data snapshots Ceph Storage Pool (OS base images) Multiple Compute Nodes (no local disk usage for VM data) Confidential & Proprietary 16
  • 18. Case Study: in Japan - 事例 – 沖縄企業への導入 Confidential & Proprietary 17
  • 19. A tip: profile your workload - 成功の秘訣 – まずはターゲット・ワークロードを理解しよう When designing an OpenStack environment • Understand your target workload first – ターゲット・ワークロードの理解 • Load test – ロードテストを作成 • Benchmark – ベンチマークを実施 • Get a sense of required IOPS (with iostat) – IOPSの理解 Confidential & Proprietary 18
  • 20. Next Steps To Win This Market この市場で成功するステップ Solutions Integrators: ソリューション・インテグレーター • • • Adopt and standardize on open platform (OpenStack) – オープンな基盤上にプロセスも標準化 - not just technologies but also your processes around cloud Migrate Enterprise applications – アプリの移行 Educate your market (enormous advantages in cloud) − 市場の教育 Service Providers: サービスプロバイダー • • Adopt and standardize on open platform (OpenStack) – 標準化 Not just technologies, but also community development is critical to achieve − 各国のコミュニティの立ち上げも重要 • “Hosted Private Cloud” is the keyword − ホスティングされたプライベートクラウドがキーワード • Collaborate with SI’ers to move their users to cloud − SI事業者との協業が重要に APAC Confidential & Proprietary 19
  • 21. IV. Training Overview - トレーニング概況 - Confidential & Proprietary 20
  • 22. Our Training Program 教育プログラム クラウド管理フレームワークであるOpenStackは、自分で導入、設定して 触ってみないとわかりにくいシステムです。 ということで、弊社はハンズオンに特化したプログラムを立ち上げました。 ハンズオン特化型 プログラム Confidential & Proprietary 21
  • 23. Our Training Program 教育プログラム ハンズオン演習 (Day2) ハンズオン演習 (Day3) Storage Node設定 (Day3) Network Node設定 (Day2) Compute Node設定 (Day2) Compute Node設定 (Day1) Controller Node設定 (Day1) Controller Node設定 (Day1) OpenStackコンポーネント OpenStack概要 (コンポーネント概要) OpenStack概要(簡略版) ハンズオンなし ハンズオンあり ハンズオンのみ 無料(2時間) 10万円(2日間) 25万円(3日間) 初心者コース 中級者コース 上級者コース Confidential & Proprietary 22
  • 24. Our Training Program 教育プログラム 中級者コース 受講後の到達目標 • OpenStackプロジェクトを説明できる • OpenStackの各コンポーネントを説明できる • OpenStack環境(マルチノード)を構築できる • UIとCLIを利用してOpenStackを管理できる • OpenStack関連資料の入手やコミュニティへの問い 合わせができる • OpenStackの構成パラメータを設定できる Confidential & Proprietary 23
  • 25. Our Training Program 教育プログラム 中級者コース 受講条件 ※ 以下のすべてを満たしている方。 • Linuxネットワーク管理系コースを修了、または同等 知識をお持ちの方 • 仮想化技術の基本知識をお持ちの方 • OpenStackの概要を理解している方 ※ グループでハンズオンを実施して頂きます。 ※ 進捗スピードを合わせるため、設定できなかった場合は 設定済みのイメージを提供し、授業は進めさせて頂きます。 Confidential & Proprietary 24
  • 26. Our Training Program 教育プログラム 中級者コース 第 1 章 OpenStack概要 • OpenStackとは • OpenStack各種コンポーネントの理解 第 2 章 OpenStackのマニュアル・インストール I • Controller Nodeのインストールと設定 – – – – – 1日目 OpenStack Databaseのインストール Messaging Queueのインストール Keystoneのインストール Glanceのインストール Novaのインストール 第 3 章 OpenStackのマニュアル・インストール II • Compute Nodeのインストールと設定 – Nova-Computeのインストール – Nova-Networkのインストール – Horizonのインストール(Controller Node) 2日目 第 4 章 ハンズオン課題 • 環境設定後のハンズオン課題 Confidential & Proprietary 25
  • 27. Our Training Program 教育プログラム 第 1 章 OpenStackのマニュアル・インストール I • Controller Nodeのインストールと設定 上級者コース 1日目 第 2 章 OpenStackのマニュアル・インストール II • Compute Nodeのインストールと設定 第 3 章 OpenStackのマニュアル・インストール III • Network Nodeのインストールと設定 2日目 第 4 章 OpenStackのマニュアル・インストール IV • Storage Nodeのインストールと設定 第 5 章 ハンズオン課題 • 環境設定後のハンズオン課題 3日目 ※ ハンズオンのみのプログラムです。 OpenStackの基礎を理解している方のみ受講下さい。 Confidential & Proprietary 26
  • 28. Our Training Program 教育プログラム 随時開催予定 2014年 1月16~17日 2月17~18日 2014年 2月26~28日 ハンズオンなし ハンズオンあり ハンズオンのみ 無料(2時間) 10万円(2日間) 25万円(3日間) 初心者コース 中級者コース 上級者コース Confidential & Proprietary 27
  • 29. Thank you! ご清聴ありがとうございました。 Confidential & Proprietary 28