はたらくTOBIRA Internship Program
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

はたらくTOBIRA Internship Program

on

  • 176 views

学生に対して3ヶ月ごとに違う会社でインターンをしてもらうプログラム(=年間で最大4社のインターンへの参加機会を得る)に参加させ、そこでの...

学生に対して3ヶ月ごとに違う会社でインターンをしてもらうプログラム(=年間で最大4社のインターンへの参加機会を得る)に参加させ、そこでの体験や、会社の雰囲気、その業界について、記事を書いてもらう。

Statistics

Views

Total Views
176
Views on SlideShare
153
Embed Views
23

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

2 Embeds 23

https://stucon.jp 22
https://aws.stucon.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

はたらくTOBIRA Internship Program Presentation Transcript

  • 1. ✕ 「16卒の就職活動マーケット」で、 インテリジェンスに投資対象として認定される事業 2014/03/02 1
  • 2. 提案内容 事業領域: 16卒の就職活動マーケット 課題:①入社後3年離職率35% ②就職活動時期の変化 ③地方学生の情報格差問題 ④情報量の増加に伴う情報精度の低さ という中で今回ご提案したいのが… インターンシップ体験プログラム&体験者データベース 『はたらくTOBIRA 2 Internship Program』
  • 3. 概要 インターンシップ体験プログラム&体験者データベース はたらくTOBIRA Internship Program とは + インターン体験 体験者の生の声 学生に対して3ヶ月ごとに違う会社でインターンをしてもらうプログラム(=年 間で最大4社のインターンへの参加機会を得る)に参加させ、そこでの体験や、 会社の雰囲気、その業界について、記事を書いてもらう。 ※何年生でもこのプログラムに参加出来る ※必ず年間で4社のインターンに参加しなければいけない訳ではない ※これはインターン募集の媒体ではなく、あくまでプログラムなのでインターン先は適正を見ながらこちらが指定す る。 3
  • 4. 概要(インターンシップ体験プログラム) 面談(指向性を 加味して次の インターン先) 広告業界 (営業) 面談(指向性を 加味して次の インターン先) IT業界 (メディ ア運用) プログラム参加 への選考、適正 診断、必要があ れば研修 インターン先に紹介 内定出し →承諾 新卒紹介 就職支援、紹介 4 就職活動解禁日に合わせて 本プログラムを終了し新卒紹介へ
  • 5. なぜインターンなのか ②就職活動時期の変化 課題:①入社後3年離職率35% ・自身の適正、やりたいことがハッキリ しないうちに内定をもらい、自分と合わ ない事に気づく ・学生からみた“はたらく”と、実際に “はたらく”時に生じたギャップ ・就職活動時期が後ろ倒しになり、就活 に注力する時間が減る ・今まで以上に自分の適性、やりたいこ と、“はたらく”という事を前々から考え ていくことが必要になる そもそも会社やはたらく事を 良く知らないのに、どうして将来の自身の キャリアを決められるのか インターンを 経験することにより 5 ・実際に“はたらく”ことにより入社後のギャップを減らせる ・興味のある業界、職種を体験することにより将来の自分を想像しやすい ・自身の適正を見極めるきっかけに ・やりたいこと、自分のビジョンをみつけるきっかけに
  • 6. 従来のものとの違い 掲載媒体 はたらくTOBIRA 応募は 媒体から申込み メンターからの推薦 企業の選び方 ビジョンやサービス、そこで学べ る経験に惹かれて応募 メンターと相談し、志向性に合わ せた企業に送り出す 応募者の志向性 (ターゲット) むしろ媒体が無くても自分から 応募出するバイタリティがある 挑戦したいけど一歩踏み出せない どうすればいいか分からない 学生の本サービスに 対する気持ち 媒体を使ってインターン先を見つ けた TOBIRAのプログラムに参加している 背中を押してもらえた 面談を数回してもらえて信頼している 採用形態 バイトとして時給or日給をイン ターン先が支給 派遣の様な形態で賃金はインテリジェ ンスが時給換算で支給 インターンを採用する企業が年々増加傾向にあり、今後益々増えていくと考えられる。 さらに、就職活動の短縮化によりインターンからの採用、もしくはその経験が採用時に注目される。 が、まだまだ認知度及び参加率が低く、またアルバイトと違い参加へのハードルが高い。 そこで「はたらくTOBIRA」のターゲット層である学生に対してインターンという名のプログラムに 興味のある学生取り込み、インターンに送り込む。 6
  • 7. クライアント(紹介先)/学生のメリット 課題 インターン募集しても学生が集まら ない コンスタントに学生が集まる インターンを雇うノウハウがない インターンを採用するにあたりコンサ ルタントを行う 優秀な学生にリーチしたい、採用し たい 本プログラム、媒体で集まった学生を 紹介 課題 解決 インターンやってみたいがどうすれ ばいいか分からない 本プログラム参加するだけで、イン ターンが出来る インターン先が選べない キャリアコンサルと面談し、指向性に 合った企業を紹介 やりたいことはない、気づいていな い 7 解決 インターンや面談を通じて早い段階か ら見つけられる
  • 8. 概要(体験者データベース) インターンでの 経験・業界につ いて記事を書く 広告業界 (営業) インターン先に紹介 内定出し →承諾 どうしてその業界、 職種に決めたのか を書いてもらう 8 新卒紹介 就職支援、紹介 インターンでの 経験・業界につ いて記事を書く IT業界 (メディ ア運用)
  • 9. なぜ体験者データベースなのか ④情報量の増加に伴う情報精度の低さ 課題:③地方学生の情報格差問題 ・インターネットでは情報が溢れている →物理的な意味でセミナーや説明会に参 加出来ない ・地方学生は地方企業に就職という風潮 で調べようとしない 媒体を見れば 9 ・大型掲示板や匿名投稿、発信元が定か で無い情報に踊らされてしまう ・業界やビジネスモデルなど表面的なも のは分かったが、業界特有の雰囲気や慣 例、競合に対してなど内部について分か らない ・実際に“はたらく”を経験した学生の生の声が聞ける ・企業の紹介文ではなく、公正な立場で書かれた情報が手に入る ・会社のみでなく業界についての情報が手に入る ・実名制なので信頼感がある
  • 10. 体験者データベースで載せる情報とは ○インターン先の会社情報とその業界と内定承諾までについて書いてもらう コンセプト:企業・業界研究を、そこでインターンをした学生のレポートで実際のところを知る ◇会社情報 ・自分が体験した業務内容について ・社内の雰囲気 ・社会に対してどういう価値を与えているのか ◇業界情報 ・その業界について思うこと ・その業界に入って気づいたこと ・競合やステークホルダーに対して ◇自分の事 ・今までの考えがどう変わったのか ・次はどういったことがしたいか ・内定承諾に至るまでの経緯(会社・業種について) 10
  • 11. 体験者データベースで載せる情報とは(イメージ) 会社情報 業界情報 株式会社スタコン 資本金 1000万 社員数 30000人 等 人材 市場規模 3兆円 等 田中太郎 職務:営業 皆さん色々教えてくれるけど、なかなか厳 しい職場だった。営業力つけそう! 皆さん色々教えてくれるけど、なかなか厳 しい職場だった。営業力つけそう! 皆さん色々教えてくれるけど、なかなか厳 しい職場だった。営業力つけそう! 山中太郎 職務:メディア運用 皆さん色々教えてくれるけど、なかなか厳 しい職場だった。メディア運用で FacebookとTwitterの更新や記事作成をお こなったけど、ネタ探しがすごく大変で社 11 田中太郎 株式会社スタコン 営業 社員さんによると、人材業界は横のつなが り強いらしい。それに人事の方同士は結構 繋がっているらしい… 私は人材紹介を提案したんだけど、世間的 にはまだまだ良いイメージがないみたいだ けど、実際やってみてそんなことなかった 山田花子 コンスタ株式会社 企画/広告 人材って言っても新卒、中途、派遣とかが あって、私の会社では派遣をメインに紹介
  • 12. マネタイズ ○インターンシップ体験プログラム 派遣として斡旋し、時給のうち数%をもらう 採用課金 インターン先 新卒紹介 ○体験者データベース 広告や告知の掲載料 採用課金 新卒紹介 12
  • 13. 競合に関して ◇確認 はたらくTOBIRA Internship Programの特徴 従来の「インターンを自ら探す」ものから「体験プログラム」で斡旋、紹介を行う。 また新卒紹介の他に、派遣と同じようなビジネスモデルを内包し収益をあげる。 そこから派生し、「会社・業界研究の一つ」として活用されるメディアを立ち上げる。 その記事のメインはインターン体験者の体験談、気づいたことをまとめ、情報を集約。 また、メディアを通じて学生の集客と広告を出し収益をあげる。 ◇インターンシップ体験プログラムに関して ・大手R社やP社を始めに多くのインターン掲載媒体が存在 ・学生団体やNPO法人が斡旋等を行っている →ターゲット学生との住み分けが出来ている(p7参照) ◇体験者データベース ・某みんなで就活情報を記載するページや大手ナビ媒体の記事、特集 ・ネットに溢れる情報 →情報の集約化 →実名制による信頼性 13
  • 14. 営業活動について 大手、中堅企業をメインに業種業界問わずインターン生受け入れ先を確保するための営業 ○提案内容 インターンの採用 自社メディア掲載 新卒紹介 目玉として ・コンスタントにインターン生を斡旋する ・このプログラムに参加している優秀な学生を紹介できる また、地方企業にも営業をして、地方学生にもインターンを提供したい 14
  • 15. 収益計画(売上) インターン(派遣)(1時間あたり200円)1日4時間を週3で計算→1週間一人あたり2400円 ※1人2社6ヶ月勤務想定→一人あたり57600円の利益 1ヶ月で一人あたり9600円 新卒紹介(単価90万) ディスプレイ広告(1ヶ月10万) 特集記事(1本3万) ○インターン体験プログラム ○売上 1年目(7月にサービスローンチ) プログラム参加者60人 ※提携企業数20社 新卒紹介(3割が決まると想定)18人 1年目 ディスプレイ広告2本 特集記事3本 インターン345万6千円 新卒紹介1620万 ディスプレイ広告20万 特集記事9万 2年目 プログラム参加者120人(1社3人想定) ※提携企業数40社 1新卒紹介(3割が決まると想定)36人 2年目 ディスプレイ広告5本 特集記事15本 インターン691万2千円 新卒紹介3240万 ディスプレイ広告50万 特集記事45万 3年目 プログラム参加者180人(1社3人想定) ※提携企業数60社 新卒紹介(3割が決まると想定)54人 15 ○体験者データベース 3年目 ディスプレイ広告15本 特集記事45本 インターン1036万8千円 新卒紹介4860万 ディスプレイ広告150万 特集記事135万
  • 16. 収益計画(簡易経費計算) 人件費(約) ディレクター 営業 キャリアコンサルタント デザイナー エンジニア 35万 28万 33万 27万 28万 ○インターン体験プログラム 1年目 ディレクター 1人 営業 3人 キャリアコンサルタント 2人 ○人件費総額 一ヶ月240万 一年で2880万 2年目 ディレクター 1人 営業 6人 キャリアコンサルタント 3人 2年目 デザイナー 1人 エンジニア 2人 一ヶ月357万 一年で4284万 3年目 ディレクター 1人 営業 8人 キャリアコンサルタント 4人 16 ○体験者データベース デザイナー 1人 エンジニア 2人 3年目 デザイナー 1人 エンジニア 2人 一ヶ月375万 一年で4500万
  • 17. 収益計画 ○売上 1年目 2年目 4026万2000円 3年目 17 1994万6000円 6181万8000円 ○経費 ○利益 2880万 -885万4000円 4284万 -257万8000円 4500万 1681万8000円