流行のSNSを活用したPR方法

366 views

Published on

学校単位で例えばポスター、ビラ配りなどの告知をしても確かに認知度は上がると思います。しかしそれでは学校側から飲酒奨励ととられ怒られると考えました。なので現代の21歳学生がほかに集まる場所としてLINEやtwitterを用いたシンプルな手法を提案します。端的に言うとLINE公式アカウントを設置しそれをtwitter、facebookそして過去のシリーズである雪マジ!のメーリングリストへ広告を打ち出すというものです。

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
366
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
23
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

流行のSNSを活用したPR方法

  1. 1. 学内75%に認知させるには
  2. 2. まずはじめに •21歳の学生が集まる場所とは ⇒大学。 しかし大学での広報活動はどうしても怒られる、 もしくはネガティブバズへ発展の可能性が出てし まいます。 なので「SNS」を用いてPRする方法を提案します。
  3. 3. SNS① •やはりLINEを使わない学生はいない。 ⇒LINE公式アカウントの設置 これを軸に考えてみます。
  4. 4. SNS② •TwitterとFacebookも利用者が多い (これは雪マジ!の時の拡散ぶりが証拠) ⇒広告やリンクを流す
  5. 5. SNS③ •雪マジ!のメーリスを使う ⇒「今度はビアマジ!という企画やりま す!LINEアカウントでビールが一杯無料 になるクーポン配布」などと告知
  6. 6. あとは •企画内容が良ければ雪マジの時のよう に勝手に拡散されていくと思います。 終わり

×