ロボットによるサッカー対決

  • 59 views
Uploaded on

子どもの興味をひかせるため、スポーツから入り、その中で、男女で一番人気であったのが、「サッカー」であった。 …

子どもの興味をひかせるため、スポーツから入り、その中で、男女で一番人気であったのが、「サッカー」であった。
そのため一番興味のある要素に、ロボットと言う要素を合わせたプロモーション企画である。

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
59
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. HatchUp 企画書 東洋大学理工学部 四年 菊池航
  • 2. ゴール設定 *ゴール ①子どもが自主的に「やりたい!」と思わせる ②10組の集客をする。 *理由 ①一回の講座の参加では、日本が抱える社会課題解決にならず、講座の継 続が必須になる。またそれが売り上げに直結することにもなる。そのため には、子どもが自らやるという意志をもたないと継続は成り立たない。意 志を持った子どもは責任から継続することになる。 ②現段階での講座の定員が10名であるため。
  • 3. 基本要素 タイトル「ロボットでサッカーごっこ」 ①who:ロボットとそのエンジニア ②where:子どもが集まる公園や広場、ショッピングマーケット ③how:ロボットが動ける程度の小さいスタジアム(野球版などをイメージ)を 用意する。もちろん多くのオーディエンスが見れるような広い場所で。 ④what:ロボット対抗サッカー対決 ⑤why:子どもが興味を持たなければいけない。まずは、スポーツから入り、男 女共通で何のスポーツが一番人気かというアンケートにサッカーと答えていたた め(他社調べ) ⑥result:ロボット開発によりどんなことが出来るかを認知させる。子どもに興 味を持たせる。
  • 4. 実現可能性 *参入障壁 ①場所の許可が下りるか ②サッカーをやる用のロボットが作る(または借りれるか) *解決案 ①ショッピングモールなどは、許可が必要だが、公園だと問題ない。→公園 で行う。 ②0から開発するとなると、コストがかかるので、実際に行っている人に実演 を依頼する。