Your SlideShare is downloading. ×
0
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

第13回CloudStackユーザ会_CloudStack4.1新機能

1,521

Published on

2013年8月2日に行われた、第13回CloudStackユーザ会の資料です。

2013年8月2日に行われた、第13回CloudStackユーザ会の資料です。

Published in: Technology
0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,521
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Apache CloudStack 4.1 新機能について 2013/8/2 第13回 CloudStackユーザ会資料
  • 2. わたし 大削 緑/Midori Oge みろりん @star76popin ☆某SI会社 → 某通信事業者 → NTTコミュニケーションズで の開発を担当しています ☆こんな記事を書いてます オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第1回】 機能を徹底比較! ∼Eucalyptus、CloudStack、OpenStack オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第2回】 【徹底比較】Eucalyptus、CloudStack、OpenStackの仮想マシン性能 ☆いろんなユーザ会にいます
  • 3. でははじめまーす
  • 4. ApacheCloudStackの歴史 4.0 4.0.1 4.2 2012 11/9 2013 2/12 2013 6/5 予定では 8/19にRC1 4.0の バグフィックス版 で はじめての リリース 7/29 コードフリーズ 4.1 ・6/5 4.1がリリースされる (ASF移譲後、初のメジャーアップデート) 4.1.1 もうすぐ 4.1の バグフィックス版
  • 5. それでは 4.1新機能のお話
  • 6. 4.1の新しい機能 VM Snapshots CloudStack Marketplace Proposal Apache CloudStack UIX CloudStack Baremetal Autoscaling Javelin EC2 - Functional Spec for Query API support Reset SSH key Functional Spec Network inline mode functional spec UI - Dynamic Tooltip Login Attempts for Users CloudStack API refactoring API Request Throttling AWS-Style Regions Event Notification with message oriented middleware Proposal CPU and RAM Overcommit Raise cluster size limit to 16 on VMware Support non-contiguous VLAN ranges Site-to-Site VPN 2.0 Persistent Networks CPU and Memory OverCommit S3-based secondary Storage Enhanced Baremetal support on Cisco UCS Cluster Tags Resize Data Volumes FS Investigate and add back KVM snapshot support Add Remove Networks to VMs IPv6 support API Discovery Service from Design Documents
  • 7. 4.1の新しい機能 ・Added Region Support ・Support for EC2 Query API ・Auto-Completing Shell for CloudStack (CloudMonkey) ・API Discovery Service ・Events Framework ・L3 Router Functionality in Nicira NVP Plugin ・Persistent Networks without Running VM ・Add/Remove Network on VM ・Resize Volumes Feature ・Autoscale ・API Request Throttling ・S3 Backed Secondary Storage ・User and Domain Admin Can Create API Key and Secret ・Support Inline Mode for F5 and SRX ・Egress Firewall Rules for Guest Networks ・Reset SSH Key to Access VM from Release Documents
  • 8. あれ? 29 16 ヾ(・∀・;)
  • 9. いくぜ16個! (・∀・)b
  • 10. 1.Added Region Support Cluster Pod Zone SecondaryStorage Host Cluster Host Host Primary Storage Management Server Cluster Cluster Pod Cluster Cluster Zone ClusterPod Cluster ClusterPod Cluster 従来 Zone SecondaryStorage
  • 11. 1.Added Region Support これから Management Server Cluster Region Cluster Pod Zone Host Cluster Host Host Primary Storage Cluster Pod Cluster Cluster Region Zone Management Server Cluster Zone Secondary Storage
  • 12. 1.Added Region Support Zone Zone Zone Zone Zone Zone Zone Zone Region Zone Region Region DR リソースを複数のRegionに分けて配置することで、 障害発生時の被害を最小限に抑え、 ディザスタリカバリを実現することができる
  • 13. 1.Added Region Support Zone Zone Zone Zone Zone Zone Zone Zone Region Zone Region Region Zone Zone Zone Zone Zone Zone Zone Zone Zone 従来 Zoneをグループ化することで、1つのZoneの Management Serverクラスタで地理的に分散された 複数のZoneを管理するのに比べ、 クラウド内のレイテンシを軽減することができる。 これから MS MS MS MS
  • 14. AWS Cloud Stack AWS SDK もOK! <?php error_reporting(-1); header("Content-type: text/html; charset=utf-8"); require_once '../sdk.class.php'; $ec2 = new AmazonEC2(); $ec2->set_hostname('https://pyonkeycloud.net/awsapi/'); $ec2->disable_ssl(); $ec2->set_max_retries(0); $response = $ec2->describe_instances(); echo "nDescribeInstances n"; print_r($response->body); ?> 2.Support for EC2 Query API
  • 15. 2.Support for EC2 Query API CloudStack のAPI 独自API ・SOAP AWS互換 API - EC2 API Toolsを使用 - 証明書登録や環境設定が必要 ・Query - CloudStackのAPI Key,Secret Keyが使える - JavaとPHPに対応 今回追加 ・サポートされるAWS APIバージョンは「2012-08-15」 ・サポートされるAPIは、SOAP、Queryともに同じ ・AWS SDK for Java 1.3.22、AWS SDK for PHP 1.5.17に対応 現在Java版は入手が不可。PHP版は以下からダウンロード可。 http://pear.amazonwebservices.com/get/sdk-1.5.17.tgz …41個 …391個
  • 16. 3. CloudMonkeyAuto-Completing Shell for CloudStack コマンドをTAB補完 してくれる APIの実行ツール
  • 17. 「sync」コマンドで APIリストを取得 4.API Discovery Service 使用可能な APIリストが更新される 「listAPIs」コマンドで、そのアカウントで 利用可能なAPI一覧を取得できる ☆CloudMonkeyでも使われてます …(snip)
  • 18. 5.Events Framework イベントログをCloudStackから取り出せるようにする機能 Advanced Message Queuing Protocol(AMQP)を使用するため、 RabbitMQ等が動作している外部サーバとログの連携が容易に できる Events ログインやVMを作成した時間など 外部のサーバ
  • 19. 6.L3 Router Functionality in Nicira NVP Plugin Nicira Network Virtualization Platform(NVP) …ネットワーク仮想化ソフトウェア Layer2に加えて、Layer3のネットワーク機能も提供 ・Gateway ・SourceNAT ・StaticNAT ・PortForwarding の4つに対応 Virtual Routerを使わず、オファリングを作成できる!
  • 20. 7.Persistent Networks without Running VM Guest Networkには、必ずVMが存在する必要があった VMが存在しなくてもNetworkは残るように 設定できるようになった VMを消すと作ったネットワークが消えちゃう… これ Network offering
  • 21. 8.Add/Remove Network on VM NICは1つ 「monkey-vm01」のNICsタブ ネットワーク「monkey-nw」 に所属している このネットワークが デフォルトネットワークである
  • 22. 「addNicToVirtualMachine」APIで ネットワーク「monkey-nw2」 に仮想NICを追加 8.Add/Remove Network on VM 新しいネットワーク 「monkey-nw2」 を作成した後に…
  • 23. 8.Add/Remove Network on VM 「updateDefaultNicForVirtualMachine」 APIでデフォルトNICを「NIC2」に変更
  • 24. 9.Resize Volumes Feature 増やす 減らす KVM CLVM ◯ ◯ KVM QCOW2 ◯ × Xen SRs ◯ (停止が必要) ◯ (停止が必要) VMwareVMware ◯ × APIでできるよ! ー> "resizeVolume"
  • 25. 9.Resize Volumes Feature 5GB Datadisk
  • 26. 9.Resize Volumes Feature 20GBに増えた!
  • 27. まだあと半分・・・ ┐(´д`)┌ $ date 2013年 8月 2日 金曜日 2:05:54 JST
  • 28. 10.Autoscale 島崎さん(@smzksts) やぎちゃん かわいい〜 ・NetScaler 10 Build 73.e以降が必要 まずはNetScalerの仮想アプライアンス版である VPXの評価版で試してみるのがいいかも? ※ ※なずなちゃんではなかったようです・・・
  • 29. 11.API Request Throttling Management Server DoS攻撃 Management ServerごとのAPI処理数に 制限をかけられる 「true」にする デフォルト…1秒間に25リクエスト
  • 30. 12.S3 Backed Secondary Storage ZoneA ZoneB Secondary Storage Secondary Storage S3 ベースのストレージ Zone間コピー やCross Zone 設定が必要 Template ISO Snapshot Zoneを気にしなくてOK! Snapshotは Template化が 必要
  • 31. 13.User and Domain Admin Can Create API Key and Secret Keyが生成された User権限 「Generate keys」
  • 32. 14.Support Inline Mode for F5 and SRX ファイアウォールをロードバランサの前に置いて、 インターネットとのゲートウェイとして設定することが 可能に! Firewall Juniper SRX LoadBalancing F5 Big IP+ Virtual Router Firewall LoadBalancing
  • 33. 15.Egress Firewall Rules for Guest Networks ネットワーク単位Egress rules Firewall IPアドレス単位
  • 34. 16.Reset SSH Key to Access VM 「createSSHKeyPair」 Monkey VM 公開鍵 秘密鍵 Monkey 登録APIの返り値 「deployVirtualMachine」 keypair=Monkey 「resetSSHKeyForVirtualMachine」 VM作成 鍵のリセット
  • 35. 深堀りメンバー募集 新機能を一緒に調査・検証してくれる方を 募集しています。
  • 36. 深堀りメンバー募集 現在20名のメンバーで14のテーマに取り組んでいます。
  • 37. 深堀りメンバー募集 9/14 OSC 北海道 そろそろ4.2始めます! 9/12(予定) 第14回 CloudStackユーザ会 東京 10/19,20 OSC 東京 11/16 OSC 福岡 2014 CloudStack Day 2013 冬 CloudStackユーザ会 イベントもたくさん☆(・∀・)
  • 38. ありがとうございました 資料はこちら

×