NetworkXによる語彙ネットワークの可視化

4,683 views
4,487 views

Published on

第1回 複雑ネットワーク輪読会 資料

Published in: Technology
0 Comments
12 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,683
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
114
Actions
Shares
0
Downloads
30
Comments
0
Likes
12
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

NetworkXによる語彙ネットワークの可視化

  1. 1. 第1回  複雑ネットワーク輪輪読会 NetworkXによる 語彙ネットワークの可視化 Shintaro  TAKEMURA   d.hatena.ne.jp/taos     twi9er.com/stakemura   facebook.com/shintaro.takemura
  2. 2. NetworkXとは?•  Python製のネットワーク分析ライブラリ  •  基本的なグラフ操作ができる   –  基本的なグラフ⽣生成・最短距離離算出・クリーク抽出   –  ⾚赤本  2.5の中⼼心性の計算もばっちり   –  とはいえ何でもできるわけではない(2.6など)  •  可視化・出⼒力力機能も充実   –  matplotlib(各種画像フォーマット)   –  Graphviz(dot形式やpygraphviz)   –  GML(CytoscapeやGephiと連携できる)   –  GraphML(CytoscapeやGephiと連携できる)  
  3. 3. WordNet•  データベース化された辞書   –  ⽇日本語WordNetだと⽇日英辞書としても使える   –  同義語関係をNetworkXで可視化  
  4. 4. NetworkX+matplotlib•  メリット   –  Pythonだけで完結  •  デメリット   –  レイアウト機能が 専⽤用ツールに⽐比べ て乏しい  
  5. 5. NetworkX+GraphViz(dot経由)•  メリット   –  描画機能がとにかく強⼒力力   –  様々なツールでの動作実績  •  デメリット   –  意図通りにレイアウトされなかった   (調整なしの状態)  
  6. 6. NetworkX+CytoScape(gml経由)•  メリット   –  豊富なレイアウト   –  後から編集も可能  •  デメリット   –  Unicodeが使えない   (⽇日本語が駄⽬目)
  7. 7. NetworkX+CytoScape(GraphML経由)•  メリット   –  豊富なレイアウト   –  GUIによる編集   –  UnicodeもOK  •  デメリット   –  プラグインにバグを 確認   →翌⽇日、開発者の⽅方 から修正します、と のコメントを頂く   –  今後に期待!  
  8. 8. NetworkX+Gephi(GraphML)•  メリット   –  GraphMLの標準サポート   –  GUIによる編集   –  データテーブル   –  UnicodeもOK  •  デメリット   –  特になさそう   –  あえて⾔言えばCytoScapeに ⽐比べると⾃自動レイアウト 機能は弱い  
  9. 9. 考察•  結論論   –  グラフ可視化はGraphML+Gephiが良良さそう  •  課題   –  NetworkXを使ったアルゴリズムの実装  •  参考⽂文献   –  Girvan-­‐Newman  algorithmによるコミュニティ抽出 (@tsubosakaさん)  •  WordNet可視化のソースコードは後⽇日公開します   –  github  -­‐  stakemura  

×