Your SlideShare is downloading. ×
認知症と「意味の世界」 大井玄先生
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

認知症と「意味の世界」 大井玄先生

1,050
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,050
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 認知症と「意味の世界」≪脳(意識・無意識)の視点から≫桜新町アーバンクリニック大井 玄1
  • 2. 「認知する」とは、知的な情報処理過程それは、環境からの刺激(情報)を記憶と照合して(意識的、無意識的に)判断、記憶、思考すること。「認知症」とは、認知する能力が生活の妨げになるほど衰えた状態2
  • 3. 3
  • 4. 4
  • 5. 5
  • 6. ・作り話には「方向性」がある・かならず自尊心と誇りが保持されるように作られる・作り話を受け入れる絶対の必要性6
  • 7. 7
  • 8. 環境からの刺激(情報):受け取るものによってすべて意味がちがう手を打てば 鯉は餌と聞き鳥は逃げ 女中は茶と聞く 猿沢の池8
  • 9. 9
  • 10. 記憶の「脳・神経モデル」脳の部位・作動記憶 前頭葉(前頭前皮質)・短期記憶 側頭葉内側部(海馬とその周辺)・長期記憶 脳の各部10
  • 11. 作動記憶(ワーキング・メモリ)外界から入ってきた情報(刺激)のどれかに注意を向け、認識し記憶すべきものとして選別する働き。環境からの情報を、過去の記憶された情報と照合する=指紋の照合をする場合:新しく得られた指紋を光源の上に置いて、保存されている指紋と重ね合わせてみる必要がある。情報についてこれを行うのが作動記憶である。例:場所の見当・人の同定認知症の高齢者の中核にある情動は「不安」 11
  • 12. 仮想現実症候群「意識は清明で、脳が過去の経験と記憶に基づく「世界」を組み立てているのを観察できる」石井 毅 200312
  • 13. 認知症高齢者への対応「意味の世界」を推察し、情報ではなく情動を共有する 偽会話個人史(パスワード発見)・触ること・笑うこと看護・介護・社会的支援は広い意味の「認知行動療法」「薬物療法」の効果は限定的 13
  • 14. 鏡神経細胞(ミラー・ニューロン、物まね細胞)私たちの見ている他人の行為は、すべて私たちも 脳(心)の中で、行っているまね・意図・感情・意味14
  • 15. 15
  • 16. まとめ1.作り話は誰もがやる2.脳は経験と記憶に基き世界を創る3.私たちは(認知症・非認知症を問わず)「意味の世界」を紡ぎ住む4.認知症の人の中核にある気持ち(情動)は不安5.認知症高齢者の「意味の世界」に入る:怒らぬ、笑顔、触るそして理解する努力 16