Your SlideShare is downloading. ×
0
株式会社ビープラウド	

佐藤治夫
勉強会で発表しようかな

という方へ
BPStudy
• http://connpass.com/series/1/	

• テーマは、IT/Webが多い	

• 2007年9月∼毎月開催	

• 2013年9月26(木) で73回目	

• 代々木駅前の会議室で開催	

• ht...
BPStudyのはじまり
• エンジニア同士の飲み会

知人を介して知り合う

→技術の話で盛り上がる→楽しい	

• 会社移転(2007年8月) がきっかけ

→貸会議室があるビルに移転

→なにかやろうと思い立つ

BPStudy#1∼#4
BPStudy#1 Webアーキテクチャの基本(前編)9名
BPStudy#2 Webアーキテクチャの基本(後編)8名
BPStudy#3 IT最新技術概説(CPU/仮想化編) 7名
BPStudy#4 IT最新技術概...
BPStudy#5∼10
BPStudy#5 JavaScript /Google Web Toolkit 12名	

BPStudy#6 モデル駆動開発と開発プラットフォーム 11名

BPStudy#7 ドメインロジックの実装方法とドメイン...
開催テーマ:BPStudy#12∼23
BPStudy#12 Cubbyによるアプリケーション開発/Gears	

BPStudy#13 AdobeAIR+Rails+Javaでのコラボレーションツール

BPStudy#14 集合知/ Dja...
開催テーマ:BPStudy#24∼35
BPStudy#24 HTML5	

BPStudy#25 MySQL Incline & Pacificによる大規模分散DB

BPStudy#26 集合知/ Django Admin	

BPStudy...
開催テーマ:BPStudy#36∼46
BPStudy#36 DB meets Jiemamy / beproud-bot君の紹介	

BPStudy#37 やっぱりDjango ja night

BPStudy#38 エンジニアなら知ってお...
開催テーマ:BPStudy#47∼54
BPStudy#47 XenServerによるお手軽開発用サーバ / アジャイルな見積もり	

BPStudy#48 OpenStack / GAEで「昼会」/ PyCon JP開催のあれこれ

BPSt...
開催テーマ:BPStudy#55∼63
BPStudy#55 Heroku/ SonicGardenでのherokuの実践活用	

BPStudy#56 USクラウド最新動向勉強会 Softlayer社に学ぶ競争力

BPStudy#57 新た...
開催テーマ:BPStudy#64∼73
BPStudy#64 ドキュメントを作りたくなってしまう魔法のツールSphinx/300万トラ
ンザクション/日を処理するスケールアウト型オンライン帳票システム

BPStudy#65 ふと仕事を離れてそ...
順調にやってきているようにみえる。
が、しかし....
深刻なネタ不足
が叫ばれています
自分の
経験・ノウハウを
勉強会で積極的に
発表しましょう
なぜ発表するのか
何か話せることはあるかと自分の中で探し始める
↓
自分で経験したことを整理する(暗黙知→形式知)
↓
勉強会で話す
↓
自分の専門分野/得意分野が明確になってくる(自他ともに)
↓
将来のキャリアにつながる
心が変われば、 行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わる
習慣が変われば、人格が変わる
人格が変われば、運命が変わる
運命が変われば、人生が変わる
心が変われば人生が変わる!
なぜ発表するのか
1. 発表してみようかなと思い立つ	

 →  心が変わる	

2. 自分の経験・知識を整理し勉強会で話す	

 → 行動が変わる	

3. 何回かやってみる	

 → 習慣が変わる	

4. 自分の専門分野がわかる、自信がつ...
・仕事で得たノウハウ
・自分で取り組んでみて成功した事、失敗した事
・あるある話/本当にあった怖い話
・自分で追っかけているジャンルの最新情報
何を発表するのか
・実際のところどうなのよ?
・使ってみてどうなのよ?
・実践で使ってどうなのよ?
!
ということ
人の興味を引く内容
・Web系エンジニアがiPhoneアプリ開発を1年続けてみて学んだ事
・後悔しないもんごもんごの使い方
・1度は心が折れた俺が士気高く仕事するために身につけた技術と工夫
・Chefで構築するBP-Redmine環境
・受託開発脳から自社開発脳の...
「IT業界のTED」
BPStudyが目指すもの
BPStudy = 技術者の自己表現の場
みたいなもの
もし、発表したいとおもった場合は・・・
!
1.Twitter: @haru860 にD or リプライ
2. Facebook
3. ビープラウド社員につたえる
!
発表ではなくても、LTやりたい!でも大歓迎です
BPStudyで発表するには...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

勉強会で発表してみようかなという方へ(BPStudy)

765

Published on

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
765
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "勉強会で発表してみようかなという方へ(BPStudy)"

  1. 1. 株式会社ビープラウド 佐藤治夫 勉強会で発表しようかな
 という方へ
  2. 2. BPStudy • http://connpass.com/series/1/ • テーマは、IT/Webが多い • 2007年9月∼毎月開催 • 2013年9月26(木) で73回目 • 代々木駅前の会議室で開催 • http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1112/15/ news007.html ITMedia「コミュニティー運営の要諦:技術と人、人と人がつながる場所を作りたい」? で紹介されました
  3. 3. BPStudyのはじまり • エンジニア同士の飲み会
 知人を介して知り合う
 →技術の話で盛り上がる→楽しい • 会社移転(2007年8月) がきっかけ
 →貸会議室があるビルに移転
 →なにかやろうと思い立つ

  4. 4. BPStudy#1∼#4 BPStudy#1 Webアーキテクチャの基本(前編)9名 BPStudy#2 Webアーキテクチャの基本(後編)8名 BPStudy#3 IT最新技術概説(CPU/仮想化編) 7名 BPStudy#4 IT最新技術概説(ソフトウェア編) 11名 書籍をトリガーとして
 自由に話し合う(内輪) 2007年9月∼
  5. 5. BPStudy#5∼10 BPStudy#5 JavaScript /Google Web Toolkit 12名 BPStudy#6 モデル駆動開発と開発プラットフォーム 11名
 BPStudy#7 ドメインロジックの実装方法とドメイン駆動設計 16名 BPStudy#8 ネットワークエンジニアってこんなことしてます 19名
 BPStudy#9 Count Down Open Source 春の2時間SP 17名
 BPStudy#10 次世代高速スクリプト言語Scala 17名 BPStudy#11 mercurial 28名 ! 
 
 内輪の会から一般の方々が参加する会に
  6. 6. 開催テーマ:BPStudy#12∼23 BPStudy#12 Cubbyによるアプリケーション開発/Gears BPStudy#13 AdobeAIR+Rails+Javaでのコラボレーションツール
 BPStudy#14 集合知/ Django Admin BPStudy#15 ORマッパー対決2008秋
 BPStudy#16 Linuxシステムの物理制約とシステム監視
 BPStudy#17 新春O/Rマッパー対決2009 BPStudy#18 リーンソフトウェア開発/Erlang BPStudy#19 AmazonEC2/ Googleと私
 BPStudy#20 Wicket / Linux 仮想化 BPStudy#21 OpenID / AMQP & XMPP BPStudy#22 Scala/lift on GAE/J / GAE/Jってどう使う? BPStudy#23 edge2.cc クラウドコンピューティング研究
  7. 7. 開催テーマ:BPStudy#24∼35 BPStudy#24 HTML5 BPStudy#25 MySQL Incline & Pacificによる大規模分散DB
 BPStudy#26 集合知/ Django Admin BPStudy#27 Amazon Web Serviceにまつわるいろいろ / Python3
 BPStudy#28 java-ja.js
 BPStudy#29 テストドリブン開発 BPStudy#30 Sphinx Rails vs Django BPStudy#31 継続的インテグレーションツール「Hudson」
 BPStudy#32 CouchDB再入門 / Chrome Extension with ECMAScript5 BPStudy#33 Google I/O 2010 App Engineセッションレポート/ Slim3
 BPStudy#34 EC2/Tornadoなどによるチャットシステム構築 / Erlang/OTP BPStudy#35 Python x Django x AWSで作るソーシャルアプリ/ key/valueDBとpython
  8. 8. 開催テーマ:BPStudy#36∼46 BPStudy#36 DB meets Jiemamy / beproud-bot君の紹介 BPStudy#37 やっぱりDjango ja night
 BPStudy#38 エンジニアなら知っておきたい仮想マシンの仕組み/ 大LT大会 BPStudy#39 node.js入門 / モダンWebUI with JSTPad
 BPStudy#40 GAE1.4.0概説/GAE1.4.0ソースコードリーディング(python編)
 BPStudy#41 JavaScriptマスタリング非同期読み込み / gitの歴史改変について BPStudy#42 MongoDBとMyBikeとわたし / MongoDB with Ruby BPStudy#43 pyramidを登る / 在宅勤務の可能性を探る / 大LT大会
 BPStudy#44 1度は心が折れた俺が士気高く仕事するために身につけた技術と工 夫 / 陸前高田のいま / Amazon Elastic MapReduceを利用した大規模システム BPStudy#45 iOSの位置情報サービスの勘所/ Jenkins / 大LT大会
 BPStudy#46 色彩センスのいらない配色講座 / iOSアプリ開発初心者が必ず間違え るUIViewControllerの実装
  9. 9. 開催テーマ:BPStudy#47∼54 BPStudy#47 XenServerによるお手軽開発用サーバ / アジャイルな見積もり BPStudy#48 OpenStack / GAEで「昼会」/ PyCon JP開催のあれこれ
 BPStudy#49 秋のScala祭り!PythonistaによるPythonistaのためのScala紹介/非同期 RPC / Server/Client Framework twitter/finagle / Implicit Explicit Scala BPStudy#50 勉強会祭り app engine ja night/ hbstudy / qpstudy / bpstudy
 BPStudy#51 クラウドってこうやってうごいています / GAE倹約のススメ
 BPStudy#52 「すごい会議」の進め方 /エンジニアの自分が会社をつくって5年 間で起こったこと、学んだこと BPStudy#53 hb qp bp study 新年LT&ビアバッシュ2012 BPStudy#54 クラウドのセキュリティ / 今年はPython3.3!

  10. 10. 開催テーマ:BPStudy#55∼63 BPStudy#55 Heroku/ SonicGardenでのherokuの実践活用 BPStudy#56 USクラウド最新動向勉強会 Softlayer社に学ぶ競争力
 BPStudy#57 新たな価値観へのITビジネス視点での転換/執筆プロジェクトの継続的ビ ルド / LT大会 BPStudy#58 Web系エンジニアがiPhoneアプリ開発を1年続けてみて学んだ事/ エ ンジニアが本とつきあう方法 / PyCon Taiwan
 BPStudy#59 開発者としての心/DjangoでDBを水平分割した話/LT
 BPStudy#60 Play!Framework / ECMAScript5時代のJavaScriptライブラリ BPStudy#61 ソニックガーデンは2度ピポットした/PyConJP2012の裏側全部みせ ます/ 私の履歴書 エンジニアの自分が会社をつくるまで BPStudy#62 モデリングの神髄 / iOS6/iPhone5最前線 BPStudy#63 Team Foundation Server / Scalaプログラミングマニアックス

  11. 11. 開催テーマ:BPStudy#64∼73 BPStudy#64 ドキュメントを作りたくなってしまう魔法のツールSphinx/300万トラ ンザクション/日を処理するスケールアウト型オンライン帳票システム
 BPStudy#65 ふと仕事を離れてそもそも人生の何が人生の幸せに繫がるのか考える2時間 BPStudy#66 Client & Server side of Dungeons and Golf / Goのススメ
 BPStudy#67 受託開発脳から自社開発脳の切り替えの7つの壁への取り組み(実践 編)/ SQLアンチパターン
 BPStudy#68 明日からはじめるChef入門 / Chefで構築するBP-Redmine環境 BPStudy#69 ITエンジニアのためのつらい「肩こり」「腰痛」解消法 BPStudy#70 価値のデザイン / ITエンジニアのためのゼロから始める英語勉強法 BPStudy#71 運用が楽になる分散DBRiak /後悔しないもんごもんごの使い方 BPStudy#72 ヌーラボのサービス開発の裏側 / SPDY &HTTP2.0 & QUIC BPStudy#73 ドメイン駆動設計入門/ 「組織パターン」の読み方

  12. 12. 順調にやってきているようにみえる。 が、しかし....
  13. 13. 深刻なネタ不足 が叫ばれています
  14. 14. 自分の 経験・ノウハウを 勉強会で積極的に 発表しましょう
  15. 15. なぜ発表するのか 何か話せることはあるかと自分の中で探し始める ↓ 自分で経験したことを整理する(暗黙知→形式知) ↓ 勉強会で話す ↓ 自分の専門分野/得意分野が明確になってくる(自他ともに) ↓ 将来のキャリアにつながる
  16. 16. 心が変われば、 行動が変わる 行動が変われば、習慣が変わる 習慣が変われば、人格が変わる 人格が変われば、運命が変わる 運命が変われば、人生が変わる 心が変われば人生が変わる!
  17. 17. なぜ発表するのか 1. 発表してみようかなと思い立つ →  心が変わる 2. 自分の経験・知識を整理し勉強会で話す → 行動が変わる 3. 何回かやってみる → 習慣が変わる 4. 自分の専門分野がわかる、自信がつく → 人格が変わる 5. 周りの人から認められる → 運命が変わる 6. キャリアが変わる → 人生が変わる
  18. 18. ・仕事で得たノウハウ ・自分で取り組んでみて成功した事、失敗した事 ・あるある話/本当にあった怖い話 ・自分で追っかけているジャンルの最新情報 何を発表するのか
  19. 19. ・実際のところどうなのよ? ・使ってみてどうなのよ? ・実践で使ってどうなのよ? ! ということ 人の興味を引く内容
  20. 20. ・Web系エンジニアがiPhoneアプリ開発を1年続けてみて学んだ事 ・後悔しないもんごもんごの使い方 ・1度は心が折れた俺が士気高く仕事するために身につけた技術と工夫 ・Chefで構築するBP-Redmine環境 ・受託開発脳から自社開発脳の切り替えの7つの壁への取り組み(実践編) ・私の履歴書 エンジニアの自分が会社をつくるまで ・エンジニアの自分が会社をつくって5年間で起こったこと、学んだこと !                             などなど どんなテーマ?(例)
  21. 21. 「IT業界のTED」 BPStudyが目指すもの BPStudy = 技術者の自己表現の場 みたいなもの
  22. 22. もし、発表したいとおもった場合は・・・ ! 1.Twitter: @haru860 にD or リプライ 2. Facebook 3. ビープラウド社員につたえる ! 発表ではなくても、LTやりたい!でも大歓迎です BPStudyで発表するには・・・
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×