Marble port解説1

784
-1

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
784
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Marble port解説1

  1. 1. marblePORT を使えばこんなに簡単以下は 200x96 サイズの画像をスマートタグのディスプレイに表示させるためのコードです。private void showImage(Bitmap bitmap){ Intent intent = new Intent(MpHelper.MARBLE_PORT_ACTION); //(1) intent.putExtra(MpHelper.EXTRA_FUNCTION_NO, MpHelper.FN_SHOW_IMAGE); //(2) intent.putExtra(MpHelper.EXTRA_BITMAP, bitmap); //(3) intent.putExtra(MpHelper.EXTRA_DITHER, true); //(4) startActivity(intent); //(5)}※"MpHelper"はパラメータで使われる値を定数として定義したものを納めたクラスです。こちら(http://www.hello-aioi.com/rfid_smarttag/download.html)でダウンロードできます。コード解説(1) インテントのインスタンスを作成します。(2) Intent オブジェクトの putExtra メソッドを使ってスマートタグに処理させたい機能の番号を指定します。(3) スマートタグに表示する画像(Bitmap オブジェクト)を指定します。(4) 画像を白黒に変換するときにディザリングを行います。(省略した場合は false。)(5) marblePORT を起動します。(5)の実行後、画面中央にスマートタグをかざすよう促す画面が表示されます。(画面は英語版のものです。) スキャン待ち画面ここでスマートタグをかざすとスマートタグに画像が転送され、完了後、スマートタグを離すと元のアプリの画面に戻ります。Copyright (C) AIOI・SYSTEMS Co., Ltd. All rights reserved.

×