Yesod and Auth

1,532 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,532
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Yesod and Auth

  1. 1. Yesod と認証プラグイン 島崎 清山 @seizans
  2. 2. 自己紹介• @seizans  • 勤務:ワークスアプリケーションズ(ERPパッケージ)• エンジニア歴:3年• Haskell歴:1年• Haskell made me リア充.• 結婚することになったので Yesod を使い始めた • @shokosさん, @dekosukeさん達とYesod遊びはじめ
  3. 3. 作っているサイト
  4. 4. Yesod の認証• オープンな認証各種のためのプラグインがある • BrowserId, GoogleMail, OAuth, OpenId • 使い方 • まず App を YesodAuth のインスタンスにして • ・・・とか思っていたら • 1.0 では yesod init したら出来てる • /auth/login でログイン画面が出る • that’s all.  • と思ったけどちゃんと動かないので後で解決します
  5. 5. 想定されていないこと• 想定されていないこと• メッセージ送信機能の基盤としての利用• 管理者の承認の元で認証すること • 自分で自分のアカウントを作れる仕様が前提
  6. 6. 出来合いのメール認証でできること• 自分がメアドを持っていればアカウント発行できる• 記入したパスワードのhash化などはしてくれてる• 余談:サンプルコードでは前提として• デプロイ環境がsendmailできること
  7. 7. 解決したかったこと• アカウントは管理者だけが発行できるように• routingをてきとうに増やして機能つける• sendmailなしでも動くように• 認証系の文言を変更する
  8. 8. やること• メール認証プラグインをとりあえず作って使う• YesodAuthEmail をコピペする• とりあえずパッケージ化する• cabal install する• 以上
  9. 9. やること• アカウントを管理者だけが発行できるように• アカウント発行用のリソース(url)には管理者権限が必 要なようにする • Yesod Book の Authorization そのまま書けばいいだけ• そのかわりパスワードリセット用リソースを追加 • 認証プラグインの方でroutingとhandler書く • そのurlへのリンクを画面に入れる
  10. 10. やること• sendmail できない環境で使うために • サンプルで Network.Mail.Mime の箇所を変える • 普通に SMTP ライブラリ使う • Network.SMTP.Client を普通に使えばよい • ということで自分のアプリの記述変えればOK
  11. 11. やること• 認証系の文言を変更したい• デフォルトは Yesod.Auth.Message の defaultMessage で、 機能に対応する文言を指定している• AuthMessage -> Text な関数を自分で作ればよい• Appを YesodAuth インスタンスにするところで renderMessage メソッドを上書きする• ということで自分のアプリの記述変えればOK
  12. 12. リポジトリ• https://github.com/seizans/happiage • https://github.com/seizans/yesod-auth-mail 

×