0
クラウドワークスを徹底的に使った、
これまでになかったバーチャル開発術
株式会社イノーバ
開発責任者
佐藤 公哉 (SATO, Kimiya)
なぜクラウドワークスなのか
開発リソースの不足
外注する?
きくもとさん
イベントで今回の内容を発表
CEO宗像がたまたま聴講
きくもとさんを弊社に招聘してMTG
100%失敗しない
クラウドワークス活用術
これしかない!
(以下、きくもとメソッド)
疑問
きくもとメソッドは
Rails以外でも通用するのか?
開発環境の違い
開発言語: PHP
フレームワーク: concrete5
きくもとメソッドの修正
PHPできくもとメソッドを活かすために
修正したポイント
募集のハードルをより上げる
ユニットテスト作成の義務化
concrete5のキャッチアップにお金は払わない
etc....
開発環境を統一する
Vagrant + Ansible
github flow
git flowよりも単純明快
issue を branch / pull-request に
Jenkins / PHPUnit / Selenium
自動テスト環境の構築
請求関連は徹底してクリーンに
「イノーバは何に対してお金を払うのか」
アウトプットの定義
ルールブックの作成
コミュニケーション
Chatwork
(これはオリジナルと同じですが重要なので)
9月に開発スタート
社内の仕様策定に時間をとられたため
着手が遅れる
9月4週から開発を本格化
10 / 22 closed β release.
1.5ヶ月でリリース
開発手法の修正
11月以降の開発では手法を修正
github flow から git flow へ
やっぱりブランチ管理はちゃんとしたい
Document First
c5を理解する
足りないドキュメントは作成する
ドキュメント作成にお金を惜しまない
Redmine + Backlog
Storyを管理したい
issue の前後関係を社内で管理する
(予算があればJIRAを使いたい...)
pull-request の相互 review
pull-requestのreviewもissueとして扱い
請求対象に
鋭意 開発進行中
またご報告しますね!
きくもとメソッドで
できないこと
デメリット
インフラ運用
募集要項から乖離しているので
InnovaのCW-teamでは無理
(別途、募集をかければ可能かも?)
常駐エンジニアを0に
プロジェクトをコントロールできなくなる
きくもとメソッドで
できること
メリット
開発の優先順位は常に変わる
常に優先順位を変更できる状態にできる
いつでも開発を一時停止できる
固定的に長期間のタスクを発注するよりも効率的
重要なポイント
きくもとメソッドを活かすには?
いかに優秀な人材を集めるか
すべてはチーム
優秀な人材ほど忙しい
空いた時間を上手にいただく
採用のハードルは下げない
応募が少なくても我慢!
まずは 2 - 3 人からスモールスタート
we're hiring
http://innova-jp.com/careers/
クラウドワークスを使ったバーチャル開発術
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

クラウドワークスを使ったバーチャル開発術

268

Published on

By: 宗像 淳(CEO at Innova, Inc.)

2013年12月12日のイベント「エンジニアの働き方を変える最新開発手法!〜 開発スピードを500%アップさせるクラウドソーシング徹底活用セミナー〜」の資料です。

イノーバCTOの佐藤がクラウドソーシングを活用して開発を進めるための最新ノウハウをシェアしました。

優秀なエンジニアに時給制で依頼する事で、社外のリソースを活用し、開発を高速スピードで進める事が出来ます。

参加者には、「超面白かった」「すぐ実践したい」と感想をもらっています。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
268
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "クラウドワークスを使ったバーチャル開発術"

  1. 1. クラウドワークスを徹底的に使った、 これまでになかったバーチャル開発術 株式会社イノーバ 開発責任者 佐藤 公哉 (SATO, Kimiya)
  2. 2. なぜクラウドワークスなのか 開発リソースの不足 外注する?
  3. 3. きくもとさん イベントで今回の内容を発表 CEO宗像がたまたま聴講 きくもとさんを弊社に招聘してMTG
  4. 4. 100%失敗しない クラウドワークス活用術 これしかない! (以下、きくもとメソッド)
  5. 5. 疑問 きくもとメソッドは Rails以外でも通用するのか?
  6. 6. 開発環境の違い 開発言語: PHP フレームワーク: concrete5
  7. 7. きくもとメソッドの修正 PHPできくもとメソッドを活かすために 修正したポイント
  8. 8. 募集のハードルをより上げる ユニットテスト作成の義務化 concrete5のキャッチアップにお金は払わない etc....
  9. 9. 開発環境を統一する Vagrant + Ansible
  10. 10. github flow git flowよりも単純明快 issue を branch / pull-request に
  11. 11. Jenkins / PHPUnit / Selenium 自動テスト環境の構築
  12. 12. 請求関連は徹底してクリーンに 「イノーバは何に対してお金を払うのか」 アウトプットの定義 ルールブックの作成
  13. 13. コミュニケーション Chatwork (これはオリジナルと同じですが重要なので)
  14. 14. 9月に開発スタート 社内の仕様策定に時間をとられたため 着手が遅れる 9月4週から開発を本格化
  15. 15. 10 / 22 closed β release. 1.5ヶ月でリリース
  16. 16. 開発手法の修正 11月以降の開発では手法を修正
  17. 17. github flow から git flow へ やっぱりブランチ管理はちゃんとしたい
  18. 18. Document First c5を理解する 足りないドキュメントは作成する ドキュメント作成にお金を惜しまない
  19. 19. Redmine + Backlog Storyを管理したい issue の前後関係を社内で管理する (予算があればJIRAを使いたい...)
  20. 20. pull-request の相互 review pull-requestのreviewもissueとして扱い 請求対象に
  21. 21. 鋭意 開発進行中 またご報告しますね!
  22. 22. きくもとメソッドで できないこと デメリット
  23. 23. インフラ運用 募集要項から乖離しているので InnovaのCW-teamでは無理 (別途、募集をかければ可能かも?)
  24. 24. 常駐エンジニアを0に プロジェクトをコントロールできなくなる
  25. 25. きくもとメソッドで できること メリット
  26. 26. 開発の優先順位は常に変わる 常に優先順位を変更できる状態にできる いつでも開発を一時停止できる 固定的に長期間のタスクを発注するよりも効率的
  27. 27. 重要なポイント きくもとメソッドを活かすには?
  28. 28. いかに優秀な人材を集めるか すべてはチーム
  29. 29. 優秀な人材ほど忙しい 空いた時間を上手にいただく
  30. 30. 採用のハードルは下げない 応募が少なくても我慢! まずは 2 - 3 人からスモールスタート
  31. 31. we're hiring http://innova-jp.com/careers/
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×