違法駐輪対策のプレゼンテーション

24,226 views
24,083 views

Published on

Published in: Business
0 Comments
34 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
24,226
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
14
Actions
Shares
0
Downloads
27
Comments
0
Likes
34
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

違法駐輪対策のプレゼンテーション

  1. 1. 新しい発想による 抜本的な違法駐輪対策
  2. 2. 190 : 1 : 収納効率が190倍! ※自転車の体積はJIS規格の「一般車」の寸法に基づき立方体として計算、サドルは実験による実寸計算
  3. 3. これぐらいの箱で自転車12台分 台車1台で12箱、144個は余裕!
  4. 4. 現行の違法駐輪対策 ・内容 自転車の撤去 ・目的 道路の違法占有状態の解消 ・効果 高コストで毎日実施できない タテマエ 撤去直後はとめやすくなる逆進性の問題 すぐに再占有につながり効果が低い ・真の目的 ペナルティによる違法駐輪の抑止 ペナルティなら自転車本体を運ぶ必要なし!
  5. 5. 現行の違法駐輪対策 ・コスト分析 平成23年度の自転車対策予算約9億円 ①大量の自転車の運搬コスト 約5億円 ②大量の自転車の保管コスト 約4億円 対象物をダウンサイジングすれば 両方ともコスト改善可能!
  6. 6. 施策の概要 ①事前に周知したうえでサドルを撤去 ②サドルを外す際にIDタグを取り付ける ③IDタグは他のサドルが差し込めないようサドルホールの ロック装置(サドルロッカー)を兼ねたものにする ④徒歩圏内にサドル保管場所を設置しておき 撤去したサドルは台車で運ぶ ⑤サドルの返還を求めてきた所有者にはIDを 確認後、500円程度の保管料を徴収し返却 ⑥これを毎日行う ※サドルが取り外せない自転車があれば自転車ごと撤去
  7. 7. 絶大な効果 ①タダでできる ②毎日できる ③周知効果も 違法駐輪を根絶することが可能!
  8. 8. 施策効果のイメージ比較 駅周辺の時間帯別駐輪数 2,500 2,500 2,000 2,000 1,500 1,000 500 すぐ復元 してしまう 1,500 1,000 現行の対策(自転車そのものを撤去) 500 0 瞬間的には 0になるが… 0 9 11 13 15 17 19 21 23 1 3 5 8 10 12 14 16 18 20 22 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 0 2 4 6 時間帯 1日目 タダだから 毎日できる という メリットは 絶大! 2,500 2,000 1,500 瞬間的な 効果はないが 2日目 3日目 4日目 サドル撤去を毎日実施した場合 毎日の継続により 徐々に減少 1,000 500 0 8 10 12 14 16 18 20 22 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 0 2 4 6 8 10 12 14 16 18 20 22 0 2 4 6 ※上記のグラフはあくまでイメージであり綿密な計算の結果ではありません
  9. 9. 人事管理的にも利点 ①業務オペレーションがシンプル ②人的資源の有効活用 ③施策定着後は人的コストも極小化 余剰人員問題も解消!
  10. 10. 追加的なメリット ①サドルロッカーを新たな製品として歳入増 サドルロッカー (製品イメージ) 装着イメージ ②民間駐輪場やコミュニティサイクルの事業環境整備
  11. 11. 追加的なメリット ③大阪発のイノベーティブな取組み として発信、都市ブランド力強化 ④公共モラルの向上で大阪人の魅力 もアップ 追加的なメリットも満載!
  12. 12. 疑問点? ①サドルがとられた自転車が放置されるのでは? サドルがなくても自転車は曳航でき、返還場所も 徒歩圏内に設けることができるので引取率は大幅上昇 ②法的に問題があるのでは? 道路交通法その他問題なし(条例化は必要) ③クレーム処理が大変では? 事前の周知が重要。自動車駐禁強化は成功
  13. 13. 倫理的問題点? 行政がそんな悪戯じみたことやっていいのか? それをいうなら… ルール違反者の後始末に市民の税金を9億 も使っていることにこそ胸を痛めるべき! 施策をゼロベースで見直す努力を!!
  14. 14. 着目すべきは「目的と効果」の関係性 施策目的 道路の占有解消 施策内容 サドルだけ撤去 直接関係していないことによる違和感 ジュリアーニ NY市長の治安回復策(割れ窓理論) 施策目的 犯罪減少・治安回復 施策内容 落書き消し 直接関係しないがその効果は世界中で話題に!
  15. 15. スティーブ ジョブス曰く… 自転車で移動する効率は最高! 個人には 恩恵絶大! < < 自転車を移動させる効率は? 「Macは知的自転車」 社会に とっては? 税金支出を含む 社会の負担軽減の 工夫を! 個人が負うべきコストを負担!
  16. 16. ご清聴ありがとうございました

×