Android+Education

875 views
767 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
875
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
33
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • Android+Education

    1. 1. Android + Education  ・・・@dietposterAndroidロボットサミット、Android ADK書籍の比較紹介、日本橋でんもく会の教育コンテンツを 紹介します。
    2. 2. 自己紹介吉田研一(奈良出身・姫路在住)ソシム社「Android ADKプログラミング&電子工作バイブル」上梓Software Design 10月・11月 「Androidからの招待状第30回・31回」記事掲載
    3. 3. 活動AndroidロボットサミットでABC, OSCなどのイベント参加日本橋でんもく会主宰 偶数月第一土曜日 日本橋ROBOBAで定期開催
    4. 4. Android + EducationAndroidと様々なマイコン・FPGAとの接続性”Connectivity”を考え、いかに浸透させていくか。
    5. 5. Androidスキル、組み込みスキル、通信プロト コルのスキルをいかに身につけていくか。 そして/あるいは、その過程
    6. 6. CONTENTS Androidロボットサミット Android ADK書籍の比較紹介 日本橋でんもく会の教育コンテンツ
    7. 7. Androidロボットサミットとは日本Androidの会の支部連携 四国支部(今岡さん)、福岡支部(栗元さん) 横浜支部ロボット部 秋葉原支部ロボット部 神戸支部ハード倶楽部
    8. 8. Activity(1) 2011年7月 ABC 2011 Summerから 2012年3月 ABC 2012 Spring OSC愛媛とハングアウト(中継) 2012年5月 OSC名古屋 Open Seminar岡山2012とハングアウト
    9. 9. Activity(2) 2012年8月 OSC京都 2012年8月 Make Ogaki Meeting 2012年9月 OSC東京 神戸支部メンバーは参加せず 2012年10月のABC 2012 Tohokuは未参加
    10. 10. ロボットサミットの思想Open Source SoftwareとともにOpen SourceHardwareを有効に活用することソフトウェアに逃げがち(!?)な自分の手(=思考・発想・実作業)をモノづくりに向かわせるコト(=コトづくり・ヒトづくり)Social codingとともにSocial makingへ
    11. 11. 「ハードウェア」という制約ハードウェアは「モノ自体のコストが必ずかかる」という制約/デメリットがある。トライ&エラーによる試行が難しい。実作業的にも、教育的にも、商業的にも。
    12. 12. ビットからアトムに 状況は変化しつつある。『WIRED』US版編集長のクリス・アンダーソンは、『MAKERS−21世紀の産業革命が始まる』のなかで、その変化を「ビットからアトムへ」と提唱する。
    13. 13. 「ビットからアトムへ」 いま “ものづくり” が変わろうとしている。 http://wired.jp/conference/maker_01.htmlこれまでの10年間、インターネットによってアイデアがオープン化され、シェアされるようになったことで、誰もがコンテンツを作り、世界中の人々と共有することができるようになった。ただし、それは主にビット(デジタル情報)の世界に限定されたものだった。しかし、これからの10年は、そのビットのプラットフォーム(インターネット)を利用して、現実の世界、つまりアトムの領域に変革が起きる。大量生産に合わないニッチな製品を、無数の個人が安く、素早く製品化し、グローバルに流通できるようになるのだ。
    14. 14. ビットの究極系 GumroadGumroadは誰でも簡単にデータを販売できるようにするサービス。FacebookやTwitterのタイムラインに、GumroadにアップしたデータのURLを貼るだけで、世界中にコンテンツを販売できる
    15. 15. https://gumroad.com/
    16. 16. ビット2番 じ Ameroad 村上福之@fukuyukiさんが5日間で売り切ったシステムAmeroadが生まれてから売却するまでの五日間まとめ http://blogs.itmedia.co.jp/fukuyuki/2012/02/ameroad-693e.html
    17. 17. アトム 日本では…http://www.nhk.or.jp/kawaii/locaspot/spot_121006.html 一点モノのハンドメイド市場の拡大
    18. 18. NHK東京カワイイTV詳細情報 http://topicsnow.blog72.fc2.com/blog-entry-6820.html• 取引規模が1年で1500%拡大!?ハンドメイドサイト 「creema(クリーマ)」の秘密に迫る!※ホームページ:http://www.creema.jp/このサイト登録作家数は5,000人。アイテム数はナント50,000点!今回その仕掛け人が取材に応じてくれました。ビジネス成功のカギとは…??※他にも「iichi」「ハンドメイドマルシェ」「tetote」など、新規ハンドメイドサイトが参入
    19. 19. http://www.creema.jp日本のハンドメイド女子はすでにMAKERムーブメントしてる…
    20. 20. 一点モノと少量生産オークションサイトからのCtoCサイト・少額決済の流れでビットからアトムまで流通の基盤は整うのかも。少量生産についてもKickstarterやCEREVO Dashなどのサイトがある
    21. 21. クラウドファウンディング私も支援しました。まだ届いてませんが^ ^;
    22. 22. データもモノもビット(データ)もアトム(モノ)も経済的・商業的に成り立つ基盤が整いつつあるのかもしれない。同時にオープンでフリーなものの基盤立てを整えていく必要がある。
    23. 23. Open SourceOSS(Open Source Software) LAMPが代表的。Androidもそう。OSHW(Open Source Hardware) ハードウェア自体もオープンに OpenForceの河野さんが詳しい
    24. 24. 教育的な観点オープンでフリーなハードウェアは、とっかかりやすく、 投資を押さえつつ試すには良い。ただし、使い方などのノウハウをいかに伝える事ができるかがキーになる。
    25. 25. 知識・スキルの提供基盤が整いつつあるなかで、自分たちができることは… 本、書籍 オンライン・コンテンツ
    26. 26. CONTENTS Androidロボットサミット Android ADK書籍の比較紹介 日本橋でんもく会の教育コンテンツ
    27. 27. Androidとマイコン書籍AndroidとArduinoなどマイコンの接続について書かれた書籍は8冊ほど今回雑誌については触れません。
    28. 28. PIC Fanサイト&PIC関連書籍で有名な後閑さんの書籍PICとADK,USB Host API接続について回路自作から詳しく述べられている
    29. 29. RT-ADK+RT-ADSボード、Arduino Uno+USBホストシールド、PIC24FでADK, MicroBridge接続を中心に紹介コラムが多彩で、Androidとの接続全般の知識習得に役立つ
    30. 30. RT-ADK+RT-ADS,Microchip ADKボード(PIC24F)とどちらも純正ボードでADK, USB Host API接続を行う。Android同士を接続する実験が面白い。
    31. 31. mbedとイーサネットLAN接続(http/TCP/UDP)
    32. 32. Arduino ADKボードをターゲットにしてADK, MicroBridge,USB Host API接続について記載最もページ数が多く、値段も一番高いwリファレンス的価値が高い
    33. 33. Arduino ADKボードをターゲットにしてADK接続について記載クラウド側のサービスの紹介が多彩。BaaSのParseなどMacでの操作説明のみ査読しました(協力欄に記載)
    34. 34. 2012年8月Make Ogaki Meetingいわたん Stoneさん(左)と itogさん(右)
    35. 35. Arduino Unoボードと技適を通ったBluetoothシールドでAndroidと接続夜子ままさん作のAndyLibを使っている。一番値段が安く&ページ数が少ない
    36. 36. Beagle Board-xMなどの組み込みAndroidボードとADK, Bluetooth,USB ホスト接続を記載巻末にAndroidシステムイメージ(v.4.0.1)作成法がある。
    37. 37. 総括というか言いたい事Arduinoを使ったADK, MicroBridge接続の書籍で「不備」 トラブルの多いgoogle純正のライブラリし か紹介していない。 さらに不具合に対してパッチを当てたりし ている
    38. 38. Yaoadkを使いましょうArduino 1.0.1にも0023にも対応Arduino ADKの”OSCOKIRQ fail”にも対処済み 実はかなりの人が積み基板にしてい る可能性がある
    39. 39. githubでzipを落とすだけhttps://github.com/ADKstudyGroupTokyo/Yaoadk/ Android ADK勉強会(東京)でメンテ ナンスされています ADKもMicroBridgeもやってみたい と言う人には是非
    40. 40. CONTENTS Androidロボットサミット Android ADK書籍の比較紹介 日本橋でんもく会の教育コンテンツ
    41. 41. オープンな知識・スキル本を読むだけでは実際に手を動かすには至らない知識を提供する場や、その様(さま)をみせることがハードウェアの技術習得には必要
    42. 42. 何をオープンにする?スキル(知恵を含む技術)を共有Social CodingからSocial Makingとかハードウェアのgithub的サイトの必要性
    43. 43. でんもく会は何をするかAndroidとマイコン/FPGAとの接続性に関し、各メンバーが高いスキルを持っている「イチからはじめるXXX」と題して、自分の専門分野以外の人がはじめることができるようなスキル共有・ドキュメンテーションを行ってみよう
    44. 44. イチからはじめるシリーズADK,MicroBridge(Arduino)…吉田(済)USBホストAPI…鈴木さん(済)Luaridaーマイコン…たろサさんXilinx ボード … 小山さんALTERA DE0 … 伊勢さん
    45. 45. イチからはじめるシリーズPIC24F, Ruby他…石井さん?がじぇるね他…赤川さんAndyLib…夜子ままさん?資料作成・発表は吉田がサポートします
    46. 46. アーカイブ映像第5回日本橋でんもく会「イチからはじめるADK」 http://www.youtube.com/watch?v=9OOQkn2_flE第7回日本橋でんもく会[1]「イチからはじめるUSB Host API」 http://www.youtube.com/watch?v=xBUVuvy-0bI
    47. 47. もう少し改善したい↓これ読んで、考えた。 「パワーポイントのスライドを使った授業 が恐ろしくつまらない理由」 http://bit.ly/VtB5Qlスライド発表を映像にして流すだけだとどーもよろしくない。
    48. 48. 検討事項スライド進行の中に、制作過程を示す映像を入れる等、工夫が必要。鈴木さんの発表スライドでJuJuさんの映像がウケた。吉田の冬休みの宿題。12月で4コンテンツできるので、それを自分なりに再構成する。
    49. 49. 以上、ご清聴ありがとう ございました

    ×