Nc3開発環境(vagrant)構築(Windows編)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Nc3開発環境(vagrant)構築(Windows編)

on

  • 296 views

Nc3開発環境(vagrant)構築(Windows編)

Nc3開発環境(vagrant)構築(Windows編)

Statistics

Views

Total Views
296
Views on SlideShare
245
Embed Views
51

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 51

http://www.slideee.com 51

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Nc3開発環境(vagrant)構築(Windows編) Presentation Transcript

  • 1. NetCommons3開発環境(Vagrant)構築 (Windows編)
  • 2. Windowsによる環境構築 • virtualbox 4.3.12 – 古いバージョンからバージョンアップすると、環境変数の設定がクリアされる。その ため、手動で環境変数PATHにVirtualboxのパスを通す必要がある • vagrant 1.4.3、vagrant 1.6.3  • msysgit – http://msysgit.github.io/ • NetBeans IDE 8.0による開発 – http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html • NetCommons3 – https://github.com/NetCommons3/NetCommons3.git – C:Users(user)DocumentsNetBeansProjectsNetCommons3に git cloneする。 ※別紙参照
  • 3. Msysgitのインストール
  • 4. hostsファイルの変更 • C:WindowsSystem32driversetcにあるhostsファイルに以下 を追加する 127.0.0.1 app.local sphinx.local phpdoc.local phpldapadmin.local redmine.local jenkins.local
  • 5. 環境変数PATHの設定 (virtualbox 4.3.12) • 古いVirtualboxからvirtualbox 4.3.12にバージョンアップすると、 Virtualboxの実行ファイルへの環境変数PATHがなくなってしまい、 vargrant upでエラーになる。 – コントロール パネル > システムとセキュリティ > システム > システムの詳細 設定 > 詳細設定タブ > システム環境変数 > PATH – C:Program FilesOracleVirtualBox を設定 ※各自VirtualBoxをインストールしたディレクトリをセットする
  • 6. Berksfileの修正 (vagrant1.4.3の場合) • C:Users(user) DocumentsNetBeansProjectsNetCommons3Berksfileを以 下のように修正する ※vagrant up でエラーになる 1行目: (修正前) source 'https://api.berkshelf.com' (修正後) site :opscode
  • 7. Berksfile.lockファイルを削除する (vagrant1.4.3の場合) • C:Users(user) DocumentsNetBeansProjectsNetCommons3Berksfile.lock を削除する ※vagrant up でエラーになる
  • 8. synced_folder 無効化 • C:Users(user) DocumentsNetBeansProjectsNetCommons3Vagrantfile を修正 する ※windowsの場合、シンボリックリンクが解除されてしまう。 31行目: (修正前) config.vm.synced_folder '.', '/var/www/app', :create => true, :owner=> 'www-data', :group => 'www-data', :mount_options => ['dmode=775', 'fmode=775'] config.vm.provider :virtualbox do |vb| vb.gui = false vb.customize ['modifyvm', :id, '--memory', '2048'] end (修正後) config.vm.synced_folder '.', '/var/www/app', disabled: true, :create => true, :owner=> 'www-data', :group => 'www-data', :mount_options => ['dmode=775', 'fmode=775'] config.vm.provider :virtualbox do |vb| vb.gui = false vb.customize ['modifyvm', :id, '--memory', '2048'] end
  • 9. Vagrant pluginのインストール vagrant-hostmanager • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する (コマンド) vagrant plugin install vagrant-hostmanager (確認コマンド) vagrant plugin list
  • 10. Vagrant pluginのインストール vagrant-omnibus • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する (コマンド) vagrant plugin install vagrant-omnibus (確認コマンド) vagrant plugin list
  • 11. Vagrant pluginのインストール vagrant-berkshelf(vagrant1.4.3の場合) • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する (コマンド) vagrant plugin install vagrant-berkshelf --plugin-version 1.3.7 (確認コマンド) vagrant plugin list vagrant status
  • 12. Vagrant pluginのインストール vagrant-berkshelf(vagrant1.6.3の場合) ※dep-selector-libgecodeでエラーが発生するため、下記の対応を施してから、イン ストールを実行する(http://qiita.com/uzuki05/items/ec4c28f6bca08bce0bda) • 下記のサイトから各々ファイルをダウンロードする –http://gnuwin32.sourceforge.net/downlinks/tar-bin-zip.php –http://gnuwin32.sourceforge.net/downlinks/tar-dep-zip.php • ファイルを解凍し、 C:HashiCorpVagrantembeddedmingw にコピーする –コマンドプロンプトから、「tar --version」を実行し、「tar (GNU tar) 1.13」になっていればOK • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する (コマンド) vagrant plugin install vagrant-berkshelf --plugin-version ">= 2.0.1" (確認) vagrant plugin list
  • 13. Vagrant の起動 vagrant up • コマンドプロンプトで以下コマンドを実行する ※ C:HashiCorpVagrantembeddedmingwmingw32env.cmdからコマン ドプロンプトを起動する (コマンド) cd (NetCommons3のパス) vagrant up ※外部のライブラリをインストールする際に、ネットワークの環境等の影響でエラーになることがあります。 そのため、もしエラーが出た場合は、「 vagrant provision」をお試しください。
  • 14. vagrant サーバの設定 • vagrant ssh もしくは、Teraterm等でサーバ(IPアドレス:127.0.0.1、ポート: 2222)にログインする(ID:vagrant、Pass:vagrant) • 下記のコマンドを実行する – /var/www/app 以下ファイルおよびディレクトリのユーザとグループを変更 (コマンド) sudo -s cd /var/www/app chown -R www-data:www-data ./*
  • 15. NetCommonsのインストール① 同意画面
  • 16. NetCommonsのインストール② パーミッション確認
  • 17. NetCommonsのインストール③ データベース設定 [MySQL] ID: root / パスワード: root
  • 18. NetCommonsインストール④ 管理者ユーザ作成 ※この画面が表示されるまで、若干時間がかかります。 ※エラーになったり、ホームの画面が崩れたりした場合は、 app/Config/application. ymlファイルの最終行の「 installed: true」を「 installed: false」に変更した後、作成さ れたDBを削除してhttp://app.local:9090/にアクセスし、インストールを再度試してく ださい。
  • 19. NetCommonsインストール⑤ 完了画面
  • 20. 開発の進め方 • Sambaで10.0.0.10sharedappに接続し、ソースを変更して いく。 ※ただし、共有フォルダとsynced_folder の設定がされていないため、 vagrant destroyやvirtualbox上からOSを削除すると、作業中のフォルダも削除され てしまう。バックアップを取りながら開発する
  • 21. Guardでファイル変更を監視 (Helloworldsの資料を参照) ● Guardって Guardは簡単にファイルシステムの変更イベントを扱えるツールのことで、 Guardで監視しているファ イルの変更が発生した時に、 shellなどのコマンドを実行できます。 https://github.com/guard/guard ● Guardで監視される内容 ○ http://sphinx.local:9090/reference/developer.html ● Guardの実行 ○ SSHで下記コマンドを実行する (コマンド) sudo -s cd /var/www/app/ bundle exec guard -w /var/www/app/app/ ○ Guardの設定ファイルは、下記の通り。 /var/www/app/Guardfile ● Guardの監視から抜ける ○ exitコマンドで監視を抜ける