について
2013.9.12-13
日本CloudStackユーザー会
島崎 聡史(Tw:@smzksts)
Japan CloudStack User Group
Agenda
•AutoScalingとは
•AutoScalingのセットアップ(管理者)
•AutoScalingの使い方(ユーザー)
Japan CloudStack User Group
AutoScalingとは
負荷状況に応じて
1. インスタンスを自動展開/削除
2. Load Balancingを自動設定
する機能
Japan CloudStack User Group
システム要件
•Citrix NetScaler 10 Build 73.e 以降
• VPX, MPX, SDXいずれも対応(のはず?)
※VPX(仮想アプライアンス)の場合、ESXi版...
Japan CloudStack User Group
AutoScalingの動き
CloudStack
Traffic
1. CloudStackで設定したオートスケール設定をもとに、
NetScalerに負荷分散設定を適用
Japan CloudStack User Group
CloudStack
2. オートスケール設定をもとに、NetScalerが
インスタンスの状態(レイテンシ、CPU使用率, …) をモニタリング
AutoScalingの動き
Japan CloudStack User Group
CloudStack
3. スケールアップ/ダウンさせる条件に当てはまる状況を、
NetScalerが検知
AutoScalingの動き
Japan CloudStack User Group
CloudStack
CloudStackとの連携:オートスケーリング機能
4. NetScalerがCloudStackへ伝達
Japan CloudStack User Group
CloudStack
CloudStackとの連携:オートスケーリング機能
5. CloudStackが設定された、オートスケール設定に基づいて
新しいインスタンスを展開
Japan CloudStack User Group
CloudStack
CloudStackとの連携:オートスケーリング機能
6. オートスケーリング動作終了後、CloudStackは
NetScalerへ負荷分散処理の更新を指示
Japan CloudStack User Group
CloudStack
CloudStackとの連携:オートスケーリング機能
7. NetScalerが負荷分散の設定を更新
Japan CloudStack User Group
CloudStack
Traffic
CloudStackとの連携:オートスケーリング機能
8. 新しいインスタンスへとトラフィックの転送が開始される
Japan CloudStack User Group
事前設定(管理者)
• グローバル設定の”endpointe.url”を設定
• ex) http://<Management Server Addr>:8080/client/api
•...
Japan CloudStack User Group
AutoScalingの使い方
• [ネットワーク]>ネットワークの名前を選択
>[表示-IPアドレス](>[新しいIPアドレスの取得])
>IPアドレスを選択>[構成]タブ
>[負荷分散...
展開元のOSテンプレート
コンピューティング
オファリング
インスタンスの
最小/最大数
インスタンスを増やす条件
の持続時間
インスタンスを増やす条件
インスタンスを減らす条件
の持続時間
インスタンスを減らす条件
Japan CloudStack User Group
Tips
• テンプレートの作り込みが重要
• インスタンスがオートスケール機能で自動展開されたら、
設定を一切修正せずにサービスが提供できる状態になるように
• SNMPの設定はくれぐれ...
Japan CloudStack User Group
まとめ
•利用者自身はNetScalerの知識が無くても、
CloudStackのUIだけで使えます
•CloudStack Administrator‘s Guideを要Check
•N...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

CloudStack 4.1 AutoScaling - CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌

1,371

Published on

CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌 で発表したCloudStack 4.1とNetScalerの連携によるAutoScalingの説明です。

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,371
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

CloudStack 4.1 AutoScaling - CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌

  1. 1. について 2013.9.12-13 日本CloudStackユーザー会 島崎 聡史(Tw:@smzksts)
  2. 2. Japan CloudStack User Group Agenda •AutoScalingとは •AutoScalingのセットアップ(管理者) •AutoScalingの使い方(ユーザー)
  3. 3. Japan CloudStack User Group AutoScalingとは 負荷状況に応じて 1. インスタンスを自動展開/削除 2. Load Balancingを自動設定 する機能
  4. 4. Japan CloudStack User Group システム要件 •Citrix NetScaler 10 Build 73.e 以降 • VPX, MPX, SDXいずれも対応(のはず?) ※VPX(仮想アプライアンス)の場合、ESXi版をサポート Apache CloudStack 4.1以降 or Citrix CloudPlatform 3.0.5以降 •インスタンスのテンプレートが SNMP で監視可能に設定されていること
  5. 5. Japan CloudStack User Group AutoScalingの動き CloudStack Traffic 1. CloudStackで設定したオートスケール設定をもとに、 NetScalerに負荷分散設定を適用
  6. 6. Japan CloudStack User Group CloudStack 2. オートスケール設定をもとに、NetScalerが インスタンスの状態(レイテンシ、CPU使用率, …) をモニタリング AutoScalingの動き
  7. 7. Japan CloudStack User Group CloudStack 3. スケールアップ/ダウンさせる条件に当てはまる状況を、 NetScalerが検知 AutoScalingの動き
  8. 8. Japan CloudStack User Group CloudStack CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 4. NetScalerがCloudStackへ伝達
  9. 9. Japan CloudStack User Group CloudStack CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 5. CloudStackが設定された、オートスケール設定に基づいて 新しいインスタンスを展開
  10. 10. Japan CloudStack User Group CloudStack CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 6. オートスケーリング動作終了後、CloudStackは NetScalerへ負荷分散処理の更新を指示
  11. 11. Japan CloudStack User Group CloudStack CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 7. NetScalerが負荷分散の設定を更新
  12. 12. Japan CloudStack User Group CloudStack Traffic CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 8. 新しいインスタンスへとトラフィックの転送が開始される
  13. 13. Japan CloudStack User Group 事前設定(管理者) • グローバル設定の”endpointe.url”を設定 • ex) http://<Management Server Addr>:8080/client/api • [インフラストラクチャ]>[ゾーン]>[物理ネットワーク] >[ネットワーク サービス プロバイダー]にNetScalerを登録 • AutoScalingを使用するユーザーに API Key & Secret Key を 生成 • 拡張ゾーンの場合、事前に1つインスタンスをデプロイして 仮想ルーターを展開させておくこと
  14. 14. Japan CloudStack User Group AutoScalingの使い方 • [ネットワーク]>ネットワークの名前を選択 >[表示-IPアドレス](>[新しいIPアドレスの取得]) >IPアドレスを選択>[構成]タブ >[負荷分散]を開く • 負荷分散ポリシーの[名前][パブリックポート][プライ ベートポート][アルゴリズム]を指定した後、 AutoScaleの[構成]をクリック
  15. 15. 展開元のOSテンプレート コンピューティング オファリング インスタンスの 最小/最大数 インスタンスを増やす条件 の持続時間 インスタンスを増やす条件 インスタンスを減らす条件 の持続時間 インスタンスを減らす条件
  16. 16. Japan CloudStack User Group Tips • テンプレートの作り込みが重要 • インスタンスがオートスケール機能で自動展開されたら、 設定を一切修正せずにサービスが提供できる状態になるように • SNMPの設定はくれぐれも確実に • 失敗しているとインスタンスが無限増殖… • Scale Downの処理はGracefulではない • AutoScalingポリシーを変更する場合、 対象のポリシーを一旦Disableする必要あり。 • Disable中も負荷分散自体はしているので影響は小さい
  17. 17. Japan CloudStack User Group まとめ •利用者自身はNetScalerの知識が無くても、 CloudStackのUIだけで使えます •CloudStack Administrator‘s Guideを要Check •NetScaler VPX Expressを使えば無償で試せます

×