• Save
CloudStack 4.1 AutoScaling - CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

CloudStack 4.1 AutoScaling - CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌

on

  • 1,555 views

CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌 で発表したCloudStack 4.1とNetScalerの連携によるAutoScalingの説明です。

CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌 で発表したCloudStack 4.1とNetScalerの連携によるAutoScalingの説明です。

Statistics

Views

Total Views
1,555
Views on SlideShare
1,547
Embed Views
8

Actions

Likes
3
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 8

https://twitter.com 8

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

CloudStack 4.1 AutoScaling - CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌 CloudStack 4.1 AutoScaling - CloudStackユーザ会 第14回 in 東京 & 第15回 in 札幌 Presentation Transcript

  • について 2013.9.12-13 日本CloudStackユーザー会 島崎 聡史(Tw:@smzksts)
  • Japan CloudStack User Group Agenda •AutoScalingとは •AutoScalingのセットアップ(管理者) •AutoScalingの使い方(ユーザー)
  • Japan CloudStack User Group AutoScalingとは 負荷状況に応じて 1. インスタンスを自動展開/削除 2. Load Balancingを自動設定 する機能
  • Japan CloudStack User Group システム要件 •Citrix NetScaler 10 Build 73.e 以降 • VPX, MPX, SDXいずれも対応(のはず?) ※VPX(仮想アプライアンス)の場合、ESXi版をサポート Apache CloudStack 4.1以降 or Citrix CloudPlatform 3.0.5以降 •インスタンスのテンプレートが SNMP で監視可能に設定されていること
  • Japan CloudStack User Group AutoScalingの動き CloudStack Traffic 1. CloudStackで設定したオートスケール設定をもとに、 NetScalerに負荷分散設定を適用
  • Japan CloudStack User Group CloudStack 2. オートスケール設定をもとに、NetScalerが インスタンスの状態(レイテンシ、CPU使用率, …) をモニタリング AutoScalingの動き
  • Japan CloudStack User Group CloudStack 3. スケールアップ/ダウンさせる条件に当てはまる状況を、 NetScalerが検知 AutoScalingの動き
  • Japan CloudStack User Group CloudStack CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 4. NetScalerがCloudStackへ伝達
  • Japan CloudStack User Group CloudStack CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 5. CloudStackが設定された、オートスケール設定に基づいて 新しいインスタンスを展開
  • Japan CloudStack User Group CloudStack CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 6. オートスケーリング動作終了後、CloudStackは NetScalerへ負荷分散処理の更新を指示
  • Japan CloudStack User Group CloudStack CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 7. NetScalerが負荷分散の設定を更新
  • Japan CloudStack User Group CloudStack Traffic CloudStackとの連携:オートスケーリング機能 8. 新しいインスタンスへとトラフィックの転送が開始される
  • Japan CloudStack User Group 事前設定(管理者) • グローバル設定の”endpointe.url”を設定 • ex) http://<Management Server Addr>:8080/client/api • [インフラストラクチャ]>[ゾーン]>[物理ネットワーク] >[ネットワーク サービス プロバイダー]にNetScalerを登録 • AutoScalingを使用するユーザーに API Key & Secret Key を 生成 • 拡張ゾーンの場合、事前に1つインスタンスをデプロイして 仮想ルーターを展開させておくこと
  • Japan CloudStack User Group AutoScalingの使い方 • [ネットワーク]>ネットワークの名前を選択 >[表示-IPアドレス](>[新しいIPアドレスの取得]) >IPアドレスを選択>[構成]タブ >[負荷分散]を開く • 負荷分散ポリシーの[名前][パブリックポート][プライ ベートポート][アルゴリズム]を指定した後、 AutoScaleの[構成]をクリック
  • 展開元のOSテンプレート コンピューティング オファリング インスタンスの 最小/最大数 インスタンスを増やす条件 の持続時間 インスタンスを増やす条件 インスタンスを減らす条件 の持続時間 インスタンスを減らす条件
  • Japan CloudStack User Group Tips • テンプレートの作り込みが重要 • インスタンスがオートスケール機能で自動展開されたら、 設定を一切修正せずにサービスが提供できる状態になるように • SNMPの設定はくれぐれも確実に • 失敗しているとインスタンスが無限増殖… • Scale Downの処理はGracefulではない • AutoScalingポリシーを変更する場合、 対象のポリシーを一旦Disableする必要あり。 • Disable中も負荷分散自体はしているので影響は小さい
  • Japan CloudStack User Group まとめ •利用者自身はNetScalerの知識が無くても、 CloudStackのUIだけで使えます •CloudStack Administrator‘s Guideを要Check •NetScaler VPX Expressを使えば無償で試せます