• Save
CloudStack徹底入門読書会 第4章 4.6 グローバル設定について
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

CloudStack徹底入門読書会 第4章 4.6 グローバル設定について

on

  • 5,117 views

 

Statistics

Views

Total Views
5,117
Views on SlideShare
5,098
Embed Views
19

Actions

Likes
4
Downloads
0
Comments
0

1 Embed 19

https://twitter.com 19

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    CloudStack徹底入門読書会 第4章 4.6 グローバル設定について CloudStack徹底入門読書会 第4章 4.6 グローバル設定について Presentation Transcript

    • CloudStack徹底入門 読書会 第4章- 4.6 グローバル設定について日本CloudStackユーザー会島崎 聡史(Tw: @smzksts)
    • Japan CloudStack User Groupグローバル設定とは?•クラウド全体共通の設定• 各種パラメータのデフォルト値• 制限値• 機能の有効化などなど...•ルート管理者専用2
    • Japan CloudStack User Group使い方1. 設定項目を探す2. 説明をよく読む3. 設定を入力する4. 管理サーバー(cloud-managementサービス)を再起動する3
    • Japan CloudStack User Groupその他• Apache CloudStack 4.0.0では238項目• 説明はWeb UI上に書いてあるだけ、というものが多い• 説明を読んでもイマイチ分からないパラメータも…• 現バージョンでは有効でないものもある• CloudStack徹底入門では…• いくつか有用そうなものをピックアップしています• 実はページ数の関係で掲載できなかったコンテンツが…⇒次のページ以降に載せています4
    • Apache CloudStack 4.0.0グローバル設定 パラメーター 一覧&参考日本語訳5
    • Japan CloudStack User Group注意事項(念のため…)• 以下をご了承のうえ、自己責任にてご利用ください。• 本書に記載されている事柄は、予告なく変更されることがあります。• 出来る範囲で記述内容のチェックをしていますが、内容については全て「無保証」です。• 各パラメーターのより詳細な意味などについて、当方では個別の質問は受けかねます。(※ユーザー会のMLなどをご活用ください。資料作成者自身も、全パラメーターの詳細を把握しているわけではありません。)• 本書の内容の実行および使用に起因する直接的、付随的、二次的およびその他のあらゆる損害ついて、当方では一切責任を負いません。6
    • Japan CloudStack User Group1-207パラメータ名 説明(原文) 参考日本語訳 デフォルト値account.cleanup.interval The interval (in seconds) between cleanup for removed accounts 削除されたアカウントが管理DBからクリーンアップされる間隔(秒) 86400agent.lb.enabled If agent load balancing enabled in cluster setup 管理サーバーが複数台構成の場合に、エージェントの負荷分散を行うか FALSEagent.load.thresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of connected agents after which agentload balancing will start happening負荷分散を開始するしきい値となる、接続済みエージェントの割合(値は0~1で指定) 0.7alert.email.addresses Comma separated list of email addresses used for sending alerts. アラートを送信に使うメールアドレス(複数指定はコンマ区切り)alert.email.sender Sender of alert email (will be in the From header of the email). アラートメールの送信者(メールのFromヘッダー)alert.smtp.host SMTP hostname used for sending out email alerts. アラートメールを送信するためのSMTPサーバーのホスト名alert.smtp.password Password for SMTP authentication (applies only if alert.smtp.useAuth is true).SMTPの認証で使用するパスワード(alert.smtp.useAuthのパラメーターがtrueの場合のみ)alert.smtp.port Port the SMTP server is listening on. SMTPサーバーがリッスンするポート番号 465alert.smtp.useAuth If true, use SMTP authentication when sending emails. "true"の場合、アラートメールを送信する時に、SMTP認証を使用するalert.smtp.username Username for SMTP authentication (applies only if alert.smtp.useAuth is true).SMTP認証を使用する際のユーザー名(alert.smtp.useAuthのパラメーターがtrueの場合のみ)alert.wait Seconds to wait before alerting on a disconnected agent 接続が切れたAgentを検知してアラートを上げるまでの待ち時間(秒)allow.public.user.templates If false, users will not be able to create public templates. "False"を選択すると、ユーザーはパブリックテンプレートが作成不可となる TRUEallow.subdomain.network.access Allow subdomains to use networks dedicated to their parent domain(s) 親ドメインに割り当てられたネットワークをサブドメインで使用可能とするか否か TRUEallow.user.create.projects If regular user can create a project; true by default ユーザーにプロジェクトの作成を許可するか否か TRUEapply.allocation.algorithm.to.podsIf true, deployment planner applies the allocation heuristics at pods first in thegiven datacenter during VM resource allocation"true"を選択すると、Deployment plannerはVMの割り当ての時に、まずpodを選択する(これにより、UserDispersingのallocatorの場合はPodレベルの分散になる)FALSEbackup.snapshot.wait In second, timeout for BackupSnapshotCommand BackupSnapshotCommandのタイムアウト(秒) 21600capacity.check.period The interval in milliseconds between capacity checks キャパシティチェックの間隔(ミリ秒) 300000capacity.skipcounting.hoursTime (in seconds) to wait before release VMs cpu and memory when VM instopped stateVMが停止してから、管理上CPUとメモリの割り当てを開放するまでの待ち時間(秒) 3600check.pod.cidrs If true, different pods must belong to different CIDR subnets.Zone内のPodに指定するCIDRが重複していないかをチェックする(同じサブネットで違うIPレンジを指定したい場合などはFalseにする)TRUEcluster.cpu.allocated.capacity.disablethresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of cpu utilization above whichallocators will disable using the cluster for low cpu available. Keep thecorresponding notification threshold lower than this to be notified beforehand.クラスター内のCPUの空きが少ないとみなして、そのクラスタへの割り当てを無効にする割合のしきい値(値は0~1で指定)0.85
    • Japan CloudStack User Group21-40cluster.cpu.allocated.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of cpu utilization above which alerts will be sentabout low cpu available.クラスター内のCPUの空きが少ないとみなして、アラートを行う割合のしきい値(値は0~1で指定)0.75cluster.localStorage.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of local storage utilization above which alerts willbe sent about low local storage available.アラートが通知されるローカルストレージの使用率のしきい値(値は0~1で指定)0.75cluster.memory.allocated.capacity.disablethresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of memory utilization above which allocators willdisable using the cluster for low memory available. Keep the corresponding notificationthreshold lower than this to be notified beforehand.クラスター内のメモリの空きが少ないとみなして、そのクラスタへの割り当てを無効にするしきい値(%)(値は0~1で指定)0.85cluster.memory.allocated.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of memory utilization above which alerts will besent about low memory available.クラスター内のメモリの空きが少ないとみなして、アラートを行うしきい値(%)(値は0~1で指定)0.75cluster.message.timeout.seconds Time (in seconds) to wait before a inter-management server message post times out. 管理サーバー間の通信のタイムアウト時間(秒) 300cluster.storage.allocated.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of allocated storage utilization above which alertswill be sent about low storage available.アラートが通知されるプライマリストレージ割り当てのしきい値(値は0~1で指定)0.75cluster.storage.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of storage utilization above which alerts will besent about low storage available.アラートが通知されるプライマリストレージ使用率のしきい値(値は0~1で指定)0.75consoleproxy.capacity.standbyThe minimal number of console proxy viewer sessions that system is able to serveimmediately(standby capacity)Console Proxyがスタンバイとして確保するセッション数 10consoleproxy.capacityscan.intervalThe time interval(in millisecond) to scan whether or not system needs more console proxyto ensure minimal standby capacityシステムが、Console Proxyのスタンバイキャパシティが確保されているかをチェックする間隔(ミリ秒)30000consoleproxy.cmd.port Console proxy command port that is used to communicate with management server Console Proxyが管理サーバーとの通信に使うコマンドポート 8001consoleproxy.disable.rpfilter disable rp_filter on console proxy VM public interface Console Proxy VMのパブリックインターフェースのrp_filterを無効にするか否かTRUEconsoleproxy.launch.max maximum number of console proxy instances per zone can be launched 1ゾーン辺りに起動可能なコンソールプロキシーVMの数 10consoleproxy.loadscan.interval The time interval(in milliseconds) to scan console proxy working-load info Console Proxyの負荷を確認する間隔(ミリ秒) 10000consoleproxy.management.state console proxy service management state Console Proxyのサービスの管理の状態 Autoconsoleproxy.management.state.last last console proxy service management state 前回のConsole Proxyのサービスの管理の状態 Autoconsoleproxy.restart Console proxy restart flag, defaulted to true Console Proxy の再起動フラグ TRUEconsoleproxy.service.offering Uuid of the service offering used by console proxy; if NULL - system offering will be used Console proxyのサービスオファリングconsoleproxy.session.max The max number of viewer sessions console proxy is configured to serve for 1コンソールプロキシー辺りで処理を行うセッション数 50consoleproxy.session.timeoutTimeout(in milliseconds) that console proxy tries to maintain a viewer session before ittimes out the session for no activityConsole Proxyセッションの無操作時のタイムアウト(ミリ秒) 300000consoleproxy.url.domain Console proxy url domain コンソールプロキシVMが利用するURLのドメイン realhostip.com8
    • Japan CloudStack User Group41-609control.cidrChanges the cidr for the control network traffic. Defaults to using link local.Must be unique within pods内部制御用ネットワークのCIDR。デフォルトはlink-local。変える場合は、podごとにユニークであること169.254.0.0/16control.gateway gateway for the control network traffic 内部制御用ネットワークのゲートウェイ 169.254.0.1copy.volume.wait In second, timeout for copy volume command ボリュームコピーコマンドのタイムアウト(秒) 10800cpu.overprovisioning.factorUsed for CPU overprovisioning calculation; available CPU will be(actualCpuCapacity * cpu.overprovisioning.factor)CPUのオーバープロビジョニングの倍率 1create.private.template.from.snapshot.wait In second, timeout for CreatePrivateTemplateFromSnapshotCommand CreatePrivateTemplateFromSnapshotコマンドのタイムアウト(秒) 10800create.private.template.from.volume.wait In second, timeout for CreatePrivateTemplateFromVolumeCommand CreatePrivateTemplateFromVolumeコマンドのタイムアウト(秒) 10800create.volume.from.snapshot.wait In second, timeout for creating volume from snapshot Snapshotからのボリューム作成のタイムアウト(秒) 10800custom.diskoffering.size.max Maximum size in GB for custom disk offering カスタムディスクオファリングで設定できる最大値(GB) 1024custom.diskoffering.size.min Minimum size in GB for custom disk offering カスタムディスクオファリングで設定できる最小値(GB) 1default.page.size Default page size for API list* commands list* APIコマンドのデフォルトのページサイズ 500direct.agent.load.size The number of direct agents to load each time 一度にロードできるダイレクトエージェントの数 16direct.attach.network.externalIpAllocator.enabledDirect-attach VMs using external DHCP server Direct-Attach VMが外部のDHCPサーバーを使うかどうか FALSEdirect.attach.network.externalIpAllocator.url Direct-attach VMs using external DHCP server (API url) Direct-Attach VMが外部のDHCPサーバーを使うか際のAPI urldirect.network.no.default.route Direct Network Dhcp Server should not send a default routeDirect NetworkのDHCPサーバーがデフォルトルートを送らないかどうかFALSEdirect.network.stats.interval Interval (in seconds) to collect stats from Traffic Monitor ネットワークの統計情報をTraffic Monitorから取得する間隔(秒) 86400disable.extraction Flag for disabling extraction of template, isos and volumesテンプレート、ISO、ボリュームの抽出(ダウンロード)を無効化するFALSEeip.use.multiple.netscalersShould be set to true, if there will be multiple NetScaler devices providingEIP service in a zone1つのゾーンにEIPを提供するNetScalerが複数あるか FALSEenable.ec2.api enable EC2 API on CloudStack Amazon EC2のAPIを有効化する FALSEenable.s3.api enable Amazon S3 API on CloudStack Amazon S3のAPIを有効化する FALSEenable.usage.server Flag for enabling usage 使用状況測定サーバーの有効化 TRUE
    • Japan CloudStack User Group61-80encode.api.response Do URL encoding for the api response, false by default APIのレスポンスのエンコーディングにUTF-8を使用するか FALSEendpointe.url Endpointe Url Endpoint APIのURL(AutoScale時に指定が必要)event.purge.delayEvents older than specified number days will be purged. Set this valueto 0 to never delete eventsイベントの削除間隔(日)。0に設定した場合削除されない。 15event.purge.interval The interval (in seconds) to wait before running the event purge thread イベント削除のスレッドが実行される間隔(秒) 86400expunge.delayDetermines how long (in seconds) to wait before actually expungingdestroyed vm. The default value = the default value of expunge.intervalインスタンス削除後(Destroy後)実際に削除されるまでの時間(秒)(デフォルト値はexpunge.intervalの値)86400expunge.interval The interval (in seconds) to wait before running the expunge thread. リソース解放(expunge)のスレッドが実行される間隔(秒) 86400expunge.workers Number of workers performing expunge リソース解放を行うためのワーカーの数 1external.firewall.default.capacity default number of networks permitted per external load firewall device 「共有」の外部FW機器が1台辺り処理するネットワーク数のデフォルト値 50external.lb.default.capacitydefault number of networks permitted per external load balancerdevice「共有」の外部LB機器が1台辺り処理するネットワーク数のデフォルト値 50external.network.stats.interval Interval (in seconds) to report external network statistics. 外部のネットワークトラフィックモニタにレポートする間隔(秒) 300extract.url.cleanup.interval The interval (in seconds) to wait before cleaning up the extract URLs ボリュームやテンプレートのダウンロード用のURLをクリーンナップするまでの時間(秒) 7200extract.url.expiration.interval The life of an extract URL after which it is deleted ボリュームやテンプレートのダウンロード用のURLが削除されてからの有効期間(秒) 14400guest.domain.suffixDefault domain name for vms inside virtualized networks fronted byrouter仮想ルーター配下(DNS/DHCP)にあるインスタンスのデフォルトのネットワークドメイン名(ゾーン、ドメイン、アカウント等に定義が無い場合に使用される)cloud.internalguest.vlan.bitsThe number of bits to reserve for the VLAN identifier in the guestsubnet.サブネットの生成に使うVLAN bit数。デフォルトの12bitは0-4095まで対応可能 12ha.tagHA tag defining that the host marked with this tag can be used for HApurposes only指定したタグのホストは、HAのフェイルオーバー先としての用途のみに使用されるha.workers Number of ha worker threads. HAのワーカースレッド数 5host The ip address of management server 管理サーバーのIPアドレスhost.capacityType.to.order.clustersThe host capacity type (CPU or RAM) is used by deployment planner toorder clusters during VM resource allocationインスタンスを展開するクラスターの決定の際に、考慮されるリソースのタイプ(CPU、またはRAM)CPUhost.retry Number of times to retry hosts for creating a volume ボリューム作成時のホストに対してのリトライ数 2host.stats.interval The interval (in milliseconds) when host stats are retrieved from agents. ホストの統計情報の取得間隔(ミリ秒) 6000010
    • Japan CloudStack User Group81-100hypervisor.list The list of hypervisors that this deployment will use. この環境で使用するハイパーバイザーの種類KVM,XenServer,VMware,BareMetal,Ovmincorrect.login.attempts.allowed Incorrect login attempts allowed before the user is disabled ユーザーが無効化されるまでのログイン失敗回数 5instance.name Name of the deployment instance. インスタンス名の後ろに付く略称("i-X-YYY-VM"の"VM"の部分) VMintegration.api.port Defaul API port 認証無しでAPI処理を受け付けるポートinvestigate.retry.interval Time (in seconds) between VM pings when agent is disconnected エージェントが切断になった際のVMへのpingの間隔(秒) 60job.cancel.threshold.minutesTime (in minutes) for async-jobs to be forcely cancelled if it has been in process forlong非同期ジョブの時間がかかりすぎている場合に、強制的にキャンセルされるまでの時間(分)60job.expire.minutes Time (in minutes) for async-jobs to be kept in system 非同期ジョブの履歴をシステムに残しておく時間(分) 1440json.content.type Http response content type for .js files (default is text/javascript) .jsファイルのHTTPレスポンスのコンテントタイプ text/javascriptlinkLocalIp.nums The number of link local ip that needed by domR(in power of 2) 仮想ルーターが必要とするLink Local IPの数 10management.network.cidr The cidr of management server network 管理サーバーネットワークのCIDRmax.account.networks The default maximum number of networks that can be created for an account 1アカウントが作成できるネットワーク数のデフォルト値 20max.account.public.ips The default maximum number of public IPs that can be consumed by an account 1アカウントが消費できるパブリックIPアドレス数のデフォルト値 20max.account.snapshots The default maximum number of snapshots that can be created for an account 1アカウントが作成できるスナップショット数のデフォルト値 20max.account.templates The default maximum number of templates that can be deployed for an account 1アカウントが作成できるテンプレート数のデフォルト値 20max.account.user.vms The default maximum number of user VMs that can be deployed for an account 1アカウントが作成できるインスタンス数のデフォルト値 20max.account.volumes The default maximum number of volumes that can be created for an account 1アカウントが作成できるボリューム数のデフォルト値 20max.account.vpcs The default maximum number of vpcs that can be created for an account 1アカウントが作成できるVPC数のデフォルト値 20max.project.networks The default maximum number of networks that can be created for a project 1プロジェクトが作成できる最大ネットワーク数のデフォルト値 20max.project.public.ips The default maximum number of public IPs that can be consumed by a project 1プロジェクトが使用できる最大パブリックIP数のデフォルト値 20max.project.snapshots The default maximum number of snapshots that can be created for a project 1プロジェクトが作成できる最大スナップショット数のデフォルト値 2011
    • Japan CloudStack User Group101-120max.project.templates The default maximum number of templates that can be deployed for a project 1プロジェクトが作成できる最大テンプレート数のデフォルト値 20max.project.user.vms The default maximum number of user VMs that can be deployed for a project 1プロジェクトが作成できる最大ユーザーVM数のデフォルト値 20max.project.volumes The default maximum number of volumes that can be created for a project 1プロジェクトが作成できる最大ボリューム数のデフォルト値 20max.project.vpcs The default maximum number of vpcs that can be created for a project 1プロジェクトが作成できる最大VPC数のデフォルト値 20max.template.iso.size The maximum size for a downloaded template or ISO (in GB). テンプレート、またはISOの最大サイズ(GB) 50mem.overprovisioning.factor Used for memory overprovisioning calculation メモリのオーバープロビジョニングの倍率 1migrate.retry.interval Time (in seconds) between migration retries VMのマイグレーションのリトライ間隔(秒) 120migratewait Time (in seconds) to wait for VM migrate finish VMのマイグレーションの終了までの待ち時間(秒) 3600mount.parent The mount point on the Management Server for Secondary Storage. 管理サーバー上でセカンダリストレージをマウントするマウントポイントnetwork.disable.rpfilter disable rp_filter on Domain Router VM public interfaces. 仮想ルーターのパブリックインターフェースでrp_filterを無効にする TRUEnetwork.dns.basiczone.updatesThis parameter can take 2 values: all (default) and pod. It defines if DHCP/DNSrequests have to be send to all dhcp servers in cloudstack, or only to the one inthe same podDHCP/DNSのリクエストがCloudStack全体(all)に送られるか、podのみに送られるかを制御する(all/podのどちらか)allnetwork.gc.interval Seconds to wait before checking for networks to shutdown 使用されていないネットワークのシャットダウンを行う確認間隔(秒) 600network.gc.wait Time (in seconds) to wait before shutting down a network thats not in used ネットワークが使用されていないと判断してシャットダウンするまでの時間(秒) 600network.guest.cidr.limit size limit for guest cidr; cant be less than this value ゲストCIDRのサイズ(bit)この値(22)よりも少ないのは不可。 22network.loadbalancer.basiczone.elb.enabled Whether the load balancing service is enabled for basic zones Elastic LBを基本ゾーンで有効にするか否か FALSEnetwork.loadbalancer.basiczone.elb.gc.interval.minutesGarbage collection interval to destroy unused ELB vms in minutes. Minimum of5使用していないELB VMを削除する間隔(分、最小は5分) 30network.loadbalancer.basiczone.elb.networkWhether the elastic load balancing service public ips are taken from the publicor guest networkELBサービスがパブリックIPを取得するネットワーク(guest/public) guestnetwork.loadbalancer.basiczone.elb.vm.cpu.mhz CPU speed for the elastic load balancer vm ELB VMのCPU速度(MHz) 128network.loadbalancer.basiczone.elb.vm.ram.size Memory in MB for the elastic load balancer vm ELB VMのメモリー容量(MB) 128network.loadbalancer.basiczone.elb.vm.vcpu.num Number of VCPU for the elastic load balancer vm ELB VMのvCPU数 112
    • Japan CloudStack User Group121-140network.loadbalancer.haproxy.stats.auth Load Balancer(haproxy) authetication string in the format username:password 仮想ルーターによるLB(haproxy)の統計情報へのアクセス用認証情報 admin1:AdMiN123network.loadbalancer.haproxy.stats.port Load Balancer(haproxy) stats port number. 仮想ルーターによるLB(haproxy)の統計情報へのアクセス用ポート 8081network.loadbalancer.haproxy.stats.uri Load Balancer(haproxy) uri. 仮想ルーターによるLB(haproxy)の統計情報へのアクセス用URLnetwork.loadbalancer.haproxy.stats.visibilityLoad Balancer(haproxy) stats visibilty, the value can be one of the following sixparameters : global,guest-network,link-local,disabled,all,default仮想ルーターによるLB(haproxy)の統計情報の情報の範囲 globalnetwork.lock.timeout Lock wait timeout (seconds) while implementing network ネットワークの作成中のロック待ちのタイムアウト(秒) 600network.securitygroups.defaultadding If true, the user VM would be added to the default security group by default ユーザーのVMをデフォルトのセキュリティグループにデフォルトで追加するか否か TRUEnetwork.securitygroups.work.cleanup.intervalTime interval (seconds) in which finished work is cleaned up from the worktableセキュリティグループの処理で終了した物をDBからクリーンナップする間隔(秒) 120network.securitygroups.work.lock.timeout Lock wait timeout (seconds) while updating the security group work queue セキュリティグループのワークキューをアップデートするロック待ち時間(秒) 300network.securitygroups.work.per.agent.queue.sizeThe number of outstanding security group work items that can be queued to ahost. If exceeded, work items will get dropped to conserve memory. SecurityGroup Sync will take care of ensuring that the host gets updated eventuallyセキュリティグループの処理を1ホスト辺りでキューできる数。これを超えるとDropされる。100network.securitygroups.workers.pool.size Number of worker threads processing the security group update work queueセキュリティグループのアップデートのワークキューを処理するためのワーカースレッド数50network.throttling.rate Default data transfer rate in megabits per second allowed in network. デフォルトの最大データ転送速度(Mbps) 200ping.interval Ping interval in seconds Pingの間隔(秒) 60ping.timeout Multiplier to ping.interval before announcing an agent has timed outエージェントのタイムアウトを判断するまでの間隔。ping.intervalの倍数として指定。デフォルトでは2.5なので、60(ping.interval)x2.5で150秒。2.5pod.privateip.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of private IP address space utilizationabove which alerts will be sent.Podに割り当てたプライベートIPアドレス数がこの割合を超えるとアラートが通知される(%)(値は0~1で指定)0.75pool.storage.allocated.capacity.disablethresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of allocated storage utilization abovewhich allocators will disable using the pool for low allocated storage available.容量が少ないとみなし、プールへのインスタンスの作成を無効にするプライマリストレージ使用率のしきい値(値は0~1で指定)0.85pool.storage.capacity.disablethresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of storage utilization above whichallocators will disable using the pool for low storage available.容量が少ないとみなし、プールへのインスタンスの作成を無効にするプライマリストレージ使用率のしきい値(値は0~1で指定)0.85port Port to listen on for agent connection. エージェント接続に使うポート 8250primary.storage.download.wait In second, timeout for download template to primary storage プライマリストレージにテンプレートをダウンロードする際のタイムアウト値(秒) 10800project.email.sender Sender of project invitation email (will be in the From header of the email) プロジェクトへの招待メールのSender("From"ヘッダー)project.invite.requiredIf invitation confirmation is required when add account to project. Defaultvalue is falseプロジェクトへのアカウント追加時に招待メールによる確認が必要か否か FALSE13
    • Japan CloudStack User Group141-160project.invite.timeout Invitation expiration time (in seconds). Default is 1 day - 86400 seconds プロジェクトの招待の有効期間。デフォルトは1日。(秒) 86400project.smtp.host SMTP hostname used for sending out email project invitations プロジェクトへの招待メールを送るSMTPホスト名project.smtp.password Password for SMTP authentication (applies only if project.smtp.useAuth is true)プロジェクトへの招待メールを送るためのSMTP認証パスワード。(project.smtp.useAuthがtrueの場合のみ)project.smtp.port Port the SMTP server is listening onプロジェクトへの招待メールを送るSMTPサーバーのリッスンポート465project.smtp.useAuth If true, use SMTP authentication when sending emailsプロジェクトへの招待メールを送るためにSMTP認証が必要かどうかproject.smtp.username Username for SMTP authentication (applies only if project.smtp.useAuth is true)プロジェクトへの招待メールを送るためのSMTP認証ユーザー名。(project.smtp.useAuthがtrueの場合のみ)recreate.systemvm.enabled If true, will recreate system vm root disk whenever starting system vm System VMの起動ごとにroot diskを作り直すか否か FALSEremote.access.vpn.client.iprangeThe range of ips to be allocated to remote access vpn clients. The first ip in therange is used by the VPN serverVPNクライアントからのアクセス時に使用するIPレンジ。最初のIPがVPNサーバーに使われる。10.1.2.1-10.1.2.8remote.access.vpn.psk.length The length of the ipsec preshared key (minimum 8, maximum 256) ipsecのpreshared keyの長さ。(最小8、最大256) 24remote.access.vpn.user.limit The maximum number of VPN users that can be created per account アカウントごとの最大VPNユーザー数 8resourcecount.check.intervalTime (in seconds) to wait before retrying resource count check task. Default is 0which is to never run the taskリソースカウントのチェックタスクを再実行するまでの待ち時間。(秒)デフォルトの"0"はこのタスクを実行しない。0restart.retry.interval Time (in seconds) between retries to restart a vm インスタンスの再起動のリトライ間隔(秒) 600router.check.interval Interval (in seconds) to report redundant router status. 冗長化したルーターのステータスをレポートする間隔(秒) 30router.cpu.mhz Default CPU speed (MHz) for router VM. 仮想ルーターのCPUクロック数のデフォルト値(MHz) 500router.extra.public.nics specify extra public nics used for virtual router(up to 5) 仮想ルーターへのパブリックNICの追加数(5まで) 2router.stats.interval Interval (in seconds) to report router statistics. ルーターの統計情報をレポートする間隔(秒) 300router.template.id Default ID for template. ルーターのテンプレートのデフォルトID 1sdn.ovs.controller Enable/Disable Open vSwitch SDN controller for L2-in-L3 overlay networksOpen vSwitch SDN controller( L2-in-L3 overlay)の有効化/無効化FALSEsdn.ovs.controller.default.label Default network label to be used when fetching interface for GRE endpoints GREエンドポイントに使うインターフェースのネットワークラベル cloud-publicsecstorage.allowed.internal.sitesComma separated list of cidrs internal to the datacenter that can host templatedownload servers, please note 0.0.0.0 is not a valid site管理ネットワーク経由でテンプレートをダウンロード可能なCIDRのリスト(複数の場合はコンマで区切る)、0.0.0.0は推奨されない14
    • Japan CloudStack User Group161-180secstorage.capacity.standbyThe minimal number of command execution sessions that system is able toserve immediately(standby capacity)セカンダリストレージが直ちにサービスを提供できる最小コマンド実行数(スタンバイキャパシティ)10secstorage.cmd.execution.time.max The max command execution time in minute セカンダリストレージが1分間に実行可能な最大コマンド数 30secstorage.encrypt.copy Use SSL method used to encrypt copy traffic between zones ゾーン間のコピーの暗号化にSSLを使うかどうか TRUEsecstorage.proxyhttp proxy used by ssvm, in http://username:password@proxyserver:portformatSSVMで使用するhttp proxy。http://username:password@proxyserver:portの形式secstorage.service.offeringService offering used by secondary storage; if NULL - system offering willbe usedSSVMで使用するサービスオファリング。NULLならSystem Offeringを使用secstorage.session.max The max number of command execution sessions that a SSVM can handle 1つのSSVMが実行可能なセッション数 50secstorage.ssl.cert.domain SSL certificate used to encrypt copy traffic between zones ゾーン間のコピーのトラフィックをSSLで暗号化する際の証明書のドメイン realhostip.comsecstorage.vm.mtu.size MTU size (in Byte) of storage network in secondary storage vms SSVMが使用するストレージネットワークのMTU(Byte) 1500security.singlesignon.key A Single Sign-On key used for logging into the cloud クラウドにログインする際のSSOキーsecurity.singlesignon.tolerance.millisThe allowable clock difference in milliseconds between when an SSO loginrequest is made and when it is received.SSOのログインリクエスト受け取った際に許容される時間のずれ(ミリ秒) 300000site2site.vpn.customergateway.subnets.limit The maximum number of subnets per customer gateway サイト間VPNで、カスタマーゲートウェイごとのサブネットの最大数 10site2site.vpn.vpngateway.connection.limit The maximum number of VPN connection per VPN gateway サイト間VPNで、VPNゲートウェイごとのVPN接続数の最大数 4snapshot.delta.max max delta snapshots between two full snapshots.フルスナップショットとフルスナップショットの間の差分スナップショットの最大世代数16snapshot.max.daily Maximum daily snapshots for a volume 1ボリューム辺りで取得可能な毎時スナップショットの世代数 8snapshot.max.hourly Maximum hourly snapshots for a volume 1ボリューム辺りで取得可能な日次スナップショットの世代数 8snapshot.max.monthly Maximum monthly snapshots for a volume 1ボリューム辺りで取得可能な月次スナップショットの世代数 8snapshot.max.weekly Maximum weekly snapshots for a volume 1ボリューム辺りで取得可能な週次スナップショットの世代数 8snapshot.poll.intervalThe time interval in seconds when the management server polls forsnapshots to be scheduled.管理サーバーがスナップショットをスケジュールする際の間隔(秒) 300sortkey.algorithmSort algorithm for those who use sort key(template, disk offering, serviceoffering, network offering), true means ascending sort while false meansdescending sorttemplate, disk offering, service offering, network offeringのソートのアルゴリズム。trueなら昇順、FALSEなら降順FALSEstart.retry Number of times to retry create and start commands CreateとStartのコマンドのリトライ回数 1015
    • Japan CloudStack User Group181-200stop.retry.interval Time in seconds between retries to stop or destroy a vm インスタンスの停止、または削除をリトライする時間(秒) 600storage.cleanup.enabled Enables/disables the storage cleanup thread. ストレージのクリーンアップの有効/無効化 TRUEstorage.cleanup.interval The interval (in seconds) to wait before running the storage cleanup thread. ストレージのクリーンアップ処理の実行間隔(秒) 86400storage.max.volume.size The maximum size for a volume (in GB). ボリュームの最大サイズ(GB) 2000storage.max.volume.upload.size The maximum size for a uploaded volume(in GB). アップロードできるボリュームの最大サイズ(GB) 500storage.overprovisioning.factorUsed for storage overprovisioning calculation; available storage will be(actualStorageSize * storage.overprovisioning.factor)プライマリストレージのオーバープロビジョニングの倍率(空き容量は、実際のストレージ容量 x このstorage.overprovisioning.factorとして計算される)2storage.pool.max.waitseconds Timeout (in seconds) to synchronize storage pool operations. ストレージプールの操作を同期する際のタイムアウト時間(秒) 3600storage.stats.interval The interval (in milliseconds) when storage stats (per host) are retrieved from agents. ストレージ統計情報を取得する間隔(ホストごと)(ミリ秒) 60000storage.template.cleanup.enabledEnable/disable template cleanup activity, only take effect when overall storagecleanup is enabledテンプレートのクリーンナップを実行させるか否か(ストレージ全体のクリーンアップが有効の場合のみ)TRUEswift.enable enable swift swiftの有効化の有無 FALSEsync.interval Cluster Delta sync interval in seconds クラスターの状態の同期間隔(秒) 60system.vm.auto.reserve.capacity Indicates whether or not to automatically reserver system VM standby capacity. システムVMのスタンバイキャパシティを自動的に確保するか否か TRUEsystem.vm.default.hypervisor Hypervisor type used to create system vm システムVMが作成されるハイパーバイザーの指定system.vm.random.password Randomize system vm password the first time management server starts最初に管理サーバーが開始した際にシステムVMのパスワードをランダム化するか否かFALSEsystem.vm.use.local.storage Indicates whether to use local storage pools or shared storage pools for system VMs. システムVMがローカルストレージを使用可能か否か FALSEtask.cleanup.retry.intervalTime (in seconds) to wait before retrying cleanup of tasks if the cleanup failedpreviously. 0 means to never retry.タスクのクリーンナップに失敗した際に、再実行するまでの待ち時間(秒)0にするとリトライしない。600total.retriesThe number of times each command sent to a host should be retried in case offailure.ホストに対する命令が失敗した際のリトライ回数 4update.wait Time to wait (in seconds) before alerting on a updating agent エージェントのアップデートのアラートを行うまでの待ち時間(秒) 600usage.aggregation.timezone The timezone to use for usage stats aggregation 使用状況レコードのタイムゾーン GMTusage.execution.timezone The timezone to use for usage job execution time 使用状況測定のとりまとめジョブ実行時間のタイムゾーン16
    • Japan CloudStack User Group201-220usage.sanity.check.interval Interval (in days) to check sanity of usage data 使用状況データの健全性チェックの実施間隔(日)usage.stats.job.aggregation.rangeThe range of time for aggregating the user statistics specified in minutes (e.g.1440 for daily, 60 for hourly.使用状況測定のジョブの実行間隔(分) 1440ならば1日ごと、60ならば1時間ごと。1440usage.stats.job.exec.timeThe time at which the usage statistics aggregation job will run as an HH24:MMtime, e.g. 00:30 to run at 12:30am.使用状況測定のとりまとめジョブの処理を開始する時刻(HH24:MMの形式で)0:15use.external.dns Bypass internal dns, use exetrnal dns1 and dns2 内部DNSをバイパスし、外部DNSを使用する FALSEvm.allocation.algorithmrandom, firstfit, userdispersing, userconcentratedpod_random,userconcentratedpod_firstfit : Order in which hosts within a cluster will beconsidered for VM/volume allocation.インスタンス展開を行う際のホスト決定のアルゴリズム(random, firstfit,userdispersing, userconcentratedpod_random,userconcentratedpod_firstfitの中から選択)randomvm.destroy.forcestop On destroy, force-stop takes this value インスタンスの削除の際に、強制終了をするか否か FALSEvm.network.throttling.rateDefault data transfer rate in megabits per second allowed in User vms defaultnetwork.インスタンスのデフォルトネットワークで許可される最大データ転送速度(Mbps)のデフォルト値200vm.op.cancel.interval Time (in seconds) to wait before cancelling a operation 操作をキャンセルするまでの待ち時間(秒) 3600vm.op.cleanup.interval Interval to run the thread that cleans up the vm operations (in seconds) インスタンスに対する操作をクリーンアップする処理の実行間隔(秒) 86400vm.op.cleanup.wait Time (in seconds) to wait before cleanuping up any vm work items インスタンスの実行アイテムをクリーンアップするまでの待ち時間(秒) 3600vm.op.lock.state.retry Times to retry locking the state of a VM for operations インスタンス操作のためにをVMをロックしようとリトライできる回数 5vm.op.wait.interval Time (in seconds) to wait before checking if a previous operation has succeededインスタンスに対する直前の操作が成功したかどうかを確認するまでの待ち時間(秒)120vm.stats.interval The interval (in milliseconds) when vm stats are retrieved from agents. エージェントからインスタンスの統計データを読む間隔(ミリ秒) 60000vm.tranisition.wait.interval Time (in seconds) to wait before taking over a VM in transition state Transitionの状態のインスタンスをTake Overするまでの待ち時間(秒) 3600vm.user.dispersion.weightWeight for user dispersion heuristic (as a value between 0 and 1) applied toresource allocation during vm deployment. Weight for capacity heuristic will be(1 - weight of user dispersion)インスタンスのデプロイ時にUser Dispersionのアルゴリズムを適用する割合。0~1を指定で、1を指定した場合が最大1vmware.additional.vnc.portrange.size Start port number of additional VNC port range VMwareで、VNCポートの数 1000vmware.additional.vnc.portrange.start Start port number of additional VNC port range VMwareで、VNCポートの開始番号 50000vmware.management.portgroup Specify the management network name(for ESXi hosts) VMwareESXiホストでのManagement Networkのポートグループ名 Management Networkvmware.percluster.host.max maxmium hosts per vCenter cluster(do not let it grow over 8) 1vCenterクラスター辺りの最大ホスト数(8以上に変えてはいけない) 8vmware.recycle.hung.wokervm Specify whether or not to recycle hung worker VMs VMwareで、ハングしたワーカーVMを再利用するか否か FALSE17
    • Japan CloudStack User Group221-238vmware.reserve.cpuSpecify whether or not to reserve CPU based on CPU overprovisioningfactorCloudStackのCPUのオーバープロビジョニングの倍率を元に、VMware上でCPUを「予約」するか否かFALSEvmware.reserve.memSpecify whether or not to reserve memory based on memoryoverprovisioning factorCloudStackのメモリーのオーバープロビジョニングの倍率を元に、VMware上でメモリを「予約」するか否かFALSEvmware.root.disk.controllerSpecify the default disk controller for root volumes, valid values are scsi,ideVMwareで、ROOTボリュームのデフォルトのディスクコントローラー。(scsi/ide) idevmware.service.console Specify the service console network name(for ESX hosts)VMwareで、サービスコンソールのネットワーク(ポートグループ名)。ESXはサポート外となったため、現行バージョンでは意味のない項目。Service Consolevmware.systemvm.nic.device.typeSpecify the default network device type for system VMs, valid values areE1000, PCNet32, Vmxnet2, Vmxnet3VMwareで、システムVMのデフォルトのネットワークデバイスタイプ。(E1000,PCNet32, vmxnet2, vmxnet3)E1000vmware.use.nexus.vswitch Enable/Disable Cisco Nexus 1000v vSwitch in VMware environment VMware環境で、Cisco Nexus 1000VのvSwitchを有効にするか否か FALSEvpc.cleanup.interval The interval (in seconds) between cleanup for Inactive VPCs アクティブではないVPCをクリーンアップする間隔 3600vpc.max.networks Maximum number of networks per vpc VPC内で作成可能なネットワーク数 3wait Time in seconds to wait for control commands to return コマンドが返ってくるまでの待ち時間(秒) 1800workers Number of worker threads. ワーカースレッドの数 5xapiwait Time (in seconds) to wait for XAPI to return XenServerのXAPIへの応答待ち時間(秒) 600xen.bond.storage.nics Attempt to bond the two networks if found Storage Networkに2つのネットワークがある場合にBondingを実施するか否かxen.heartbeat.interval heartbeat to use when implementing XenServer Self FencingXenServerのSelf Fencing(切断されたホストの隔離)に使用するハートビートの間隔(秒)60xen.setup.multipath Setup the host to do multipath XenServerホストの追加時にiSCSIマルチパスの設定をするか否か FALSEzone.directnetwork.publicip.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of Direct Network Public IpUtilization above which alerts will be sent about low number of directnetwork public ips.ダイレクトネットワークのパブリック IPアドレス数の割り当てがこのしきい値(割合)を上回るとアラートが通知される(値は0~1で指定)0.75zone.secstorage.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of secondary storage utilizationabove which alerts will be sent about low storage available.セカンダリストレージの使用率がこのしきい値(割合)を上回るとアラートが通知される(値は0~1で指定)0.75zone.virtualnetwork.publicip.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of public IP address spaceutilization above which alerts will be sent.IPアドレス数の割り当てがこのしきい値(割合)を上回るとアラートが通知される(値は0~1で指定)0.75zone.vlan.capacity.notificationthresholdPercentage (as a value between 0 and 1) of Zone Vlan utilization abovewhich alerts will be sent about low number of Zone Vlans.ゾーンのVLAN数の割り当てがこのしきい値(割合)を上回るとアラートが通知される(値は0~1で指定)0.7518